タグ:美術館 ( 1 ) タグの人気記事

京都相国寺で

開基足利義満600年記念として
「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」
開催されてるのを見に行ってきました。

相国寺は、相国寺は臨済宗相国寺派の本山で、
相国寺派には金閣寺・銀閣寺などが含まれてます。
d0007913_21461848.jpg

すごく立派なお寺ですね~。

江戸時代、京都錦小路の青物問屋の息子に生まれた若冲は、
絵を描くことにしか興味を示さなかった人で、
家督を早々と弟に譲り、80歳までの一生を絵を描くことに専念したそうです。
彼は相国寺の大典禅師と深く交流し、
相国寺に釈迦三尊増と動植綵絵を寄贈しました。
動植綵絵はその後宮内庁に献上されましたが、今回120年ぶりに里帰りしたんですね。
館内には、金閣寺にある若冲の描いた障壁画も展示されていました。

今日は爽やかないいお天気で、それはもう沢山の人出・・・

若冲は奇想の画家と呼ばれてますが
どの絵もそれはもう強烈な迫力があって、見るものを激しくひきつけ、動けなくさせます。
じっと見てると、頭がかっと熱くなり、なんだか汗ばむよう。
それでも、絵の前に立ちつくしてると、過呼吸になるかと思うほど・・・
色鮮やかで精密な様々の植物や花々
鶏に代表される恐ろしいほど緻密な鳥たち、鳳凰、虫、魚、雪
墨で描かれた障壁画の、水墨画なのに感じられるなんともいえない色彩感。
画面から飛び出しそうな鶴や芭蕉の葉。

それらが言い尽くせないほどの力で迫ってきて
素晴らしいものを見せて貰った一日になりました。

相国寺は同志社大学のすぐ傍にあるので、ランチは同志社大学寒梅館のレストランで。
ちなみに、私も35年前はここの学生でした。
d0007913_21383551.jpg

寒梅館は元の学生会館・・・数年前に立て替えられてすごく綺麗になってます。
d0007913_2139394.jpg

昔の汚い、寒い学生会館を知ってる私としては、なんだかウソみたい(笑)。
大学の周りもかなり変わりましたが、それでも、ところどころに昔の面影があって
懐かしかった・・・

近所には、有名な和菓子店も有ってその玄関先にはこんな面白い手水鉢。
d0007913_22181913.jpg

龍が水盤を抱えてるの。龍も喉が渇くらしいね(笑)

会期が終わりに近づくともっと混雑するから早めに、と薦められて行ったんですが、
大正解。

今の私は充足感で一杯です。
[PR]
by nagiwi | 2007-05-21 22:22 | 雑記 | Comments(14)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・