タグ:文化財学演習Ⅱ ( 3 ) タグの人気記事

平城宮跡の続き&三日目

昨日の平城宮跡の写真の続きです。

これは造酒司の井戸。
井戸枠や周辺は樹脂で固めてありますが、
覆い屋は出土しなかったので現代風に作ってあるとのこと。
出土しないものを中途半端に想像で復原しない、って言うことなんですね。
d0007913_2032543.jpg

これは大垣と門の復原したもの。
こういうのが都をぐるっと取り巻いてたんですね。
d0007913_2035111.jpg

平城京では、政治をつかさどるところは朱塗りの柱に瓦葺、
生活空間では白木の柱に萱葺きだったそうです。うむ、なるほど。
d0007913_20353663.jpg

これは大極殿の復原模型。
d0007913_20361262.jpg


先生のお話を聞いてから見ると、これまでとはまるで違うものが見えました♪

さて、今日の午前中は千田先生のご専門の
小牧城とその城下町の復元事例を通じて、ポスター発表のための研究構成を学んだ。
すごく面白かったのと同時に、
先生が学生のときに書かれたという、地籍図から作った復原地図を見て、絶句。
すごすぎる!!
隣の席の方と、
「やっぱり、出来る人は学生の頃から出来るのね~」「どんな子供やったんかしら」
と、話しました。
講義の構成やプリントからも、
洒脱な見かけの下にとても緻密な先生が隠れてるらしい、のが伺えるよ(にっこり)。

午後からはポスター製作。
今日が始めての演習という人と、私のように二回目、という人も居るので
私はちょっとゆっくりした気分。
この間から、二つのテーマの間で悩んでたんですが、
ギモンがどんどん広まって興味が尽きない「島の山古墳」をテーマにすることを決心。
ナントカやっつけました。
d0007913_2048835.jpg


これを卒論のテーマにしようかな・・・と考えてます。

まあ、何しろ、泥縄、場当たり的性格の私のことだから、
どうかした拍子に気が変わるかもしれませんけど、ね(笑)。
[PR]
by nagiwi | 2005-09-19 20:51 | 学校 | Comments(8)

二日目♪

今日の午前中は平城宮跡探検。
平城宮跡も三度目ですが、今日は復元された東院庭園と、大極殿遺構へ行きました。
大極殿遺構は二度目ですが、案内の先生が違うと印象がまるで違う・・・・
これまでは遺構の復元にギモンを持ってたんですが、
今日遺構の復元のコンセプトをお聞きして、ある程度納得。
でも、復元されたものを見てしまうと、イメージが固まってしまうのが、やっぱりちょっと納得しがたいな。
で、これが東院庭園。
d0007913_2334371.jpg
しっかり晴れ上がって、また日焼けしたよ・・・・・

午後からは図書館を案内してもらって、その後、航空写真実体視実習。
少し視点の違う二枚の航空写真を、
実体視用のナントカというメガネみたいなものを使ってみると、
あら不思議!写真がジオラマになる!
もう、すっかりはしゃいじゃいましたわあ。
この不思議はやったものでないと分からないでしょう。

そのほかいろいろアップしたいものもあるけど、詳細はまた明日。
[PR]
by nagiwi | 2005-09-18 23:12 | 学校 | Comments(2)

文化財学演習Ⅱ

駅まで自転車で走っても、ひんやり気持ちいい朝でした。

今日はお髭がキュートな千田先生の演習Ⅱ。
先日のトーク・セッションでは、軽妙な話術を楽しませていただいたけど、
講義は、分かりやすいスライドを使用し、所々クイズをしたりした後、
綺麗に要点をまとめたプリントを配布されるなど、
とっても計算が行き届いたものでした。
ちょっとイメージと違ったかな?(って、どういう意味だろう・・・先生ゴメンなさい)(笑)。

講義は「エキスパートになろう」という第一講、
第二講は「遺跡を読む」で少しばかり各自で問題を解き、
具体的な論文作成の手引きを「「論文・報告書を読む/書く/描く」という第三講で学び、
その後、二十数人づつの班に分かれて自己紹介しました。

各班ごとに分かれた後、一人の方がアシスタント・ティーチャーの学生さんに
「どうしてこういう勉強をしようと思ったの?」と質問を投げかけられたら、
学生さんが(ローマ時代の碑文の解読が専攻ですって)
「その時代の人の感情が直接迫ってくる感じがする」(言い回しは少し違うかも)と
答えられて。
なんだかその答えに感動してしまった。
そんな風に思えることに出会って、大学でそれが学べるなんて、
すごく幸せなことだよね・・・・・

学ぶこと、知ること、に感動するって、いいなあ。

大学の一角には通信生のために「何でも相談所」が解説されてて、
ボランティアの学生さんが詰めておられます。
史料や、奈良のパンフレットや、こんな物もありました。
赤米と黒米。お赤飯のルーツです。
d0007913_21495015.jpg


明日は平城宮跡へ行きます。
曇ってると良いなあ。
[PR]
by nagiwi | 2005-09-17 21:54 | 学校 | Comments(0)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・