別れが一つ

15年余りを一緒に過ごしたビーグル犬のダンボに死なれて
もうすぐ一年になるんですが
先週の金曜日に、
もう一匹のビーグル犬ボビーに死なれてしまいました。

ボビーはダンボの息子で、もうすぐ15歳になるところで
この冬も年齢の割には元気に過ごしていました。
水曜日に一日食欲がなかったんですが、
木曜日にはしっかり食べて、庭をうろうろしていたのに
金曜の朝には立てなくなり、すぐ入院しましたが
午後二時過ぎに逝ってしまいました。

肺炎ということで、老齢なので進行が早かったようです。

ボビーは庭にいるのが大好きで、
病気になっても家の中に入れられるのを嫌がっていました。
金曜日に立てなくなった時も、家の中から庭を眺めて
何とかして出たそうにしていました。

もう少し落ち着いたら、庭のどこかにお墓を作ろうと思っています。

一年のうちに二匹の犬に別れてしまって
特に今回は、
あまりにも突然で、予期していなかったことだけに
なんだか呆然としています。

少しでいいから看病してやりたかったです・・・・・
[PR]
Commented by りら at 2009-02-17 09:16 x
ご愁傷様です・・・・

ペットというのは家族ですものねぇ。
一年のうちに続けて、というのはさぞショックを受けられているだろうと思います。
なぎさんが参ってしまわれないように、お身体大切になさってくださいませ。
Commented by なぎ at 2009-02-17 16:16 x
りらさん
ありがとうございます。

高齢だったんですが毎日元気にしてたので、びっくりしてしまいました。
家の中が微妙に寒い気がします・・・
by nagiwi | 2009-02-16 21:05 | 雑記 | Comments(2)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・