災害列島

異常なほど暑かった夏が終わりに近づいて、少ししのぎ易くなってきたかと思っていたら、
9月4日、巨大台風が関西を直撃しました。

幸い我が家では何の被害もなく済みましたが、大阪の息子の家では屋根瓦が飛び、
ガレージのシャッターが切れて風に巻き上げられ、開け閉めできなくなったり、
屋根瓦が飛んだせいで雨が漏ったり、したようです。
困ったことに、大阪の被害が大きかったため、屋根やさんもガレージやさんも修理に追われて、なかなか順番が回ってきません。
公共の建物や、緊急性のある被害箇所が優先されるので、雨が漏るぐらいじゃダメなんですって。
やむを得ず、息子と夫でブルーシートを屋根にかぶせましたが、そのブルーシートを安定させるために、土嚢が50個も・・・・
全部をかぶせ終わった翌日から雨が降ったので、何とか間に合ってよかったなあ。と。

我が家はその程度の被害でしたが、
50年に一度とも言われる強烈な台風のせいで、関西空港の連絡橋に船が激突。
全面復旧は今月末になるとか。
走っているトラックが橋の上で転がって行ったり、駐車場の沢山の車がゴロンゴロンと転がって大破したり、
ビルの壁が剥がれたり、飛んでいるトタン屋根がマンションの8階に飛び込んで犠牲者が出たり・・・・
目を疑うような映像が次々流れて、
今日もまだ停電してるお宅がけっこうあります・・・・・

その二日後、今度は北海道で震度7の地震が。
とんでもないことに、全道が停電し、大きな地滑りや液状化現象があったりして、
沢山の被害者が出て、見ている私も言葉を失いました。

自然災害にはだれもかなわない、と改めて実感した9月です。




[PR]
by nagiwi | 2018-09-13 15:39 | 雑記 | Comments(0)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi