春が来た~♪のかな?

寒さに凍えていたのが昨日のようですが、奈良はすっかり春の暖かさです☆
それというのも、奈良ではお水取りが終わったら春になる、と言われているんですが、
そのお水取りは14日が最終日。
お水取りがもう終わるんやし、暖かになるはずやんね~というのが合言葉です☆

今回はお水取り関係の写真を色々アップしていきます。
近年、お水取りにも外国の観光客が増えたので、東大寺さんから通訳の要請が来て、私も二日ほどご奉仕に行って来ました。
何か質問があったらこたえられるように、と国立博物館でやってるお水取り展に行って下勉強。
博物館のホールには籠松明が展示されていました。
籠松明は12日に使われるもので、その他の日のものより一回り大きく、重く、よく燃えます。
d0007913_22235205.jpg
最初のご奉仕は4日。
午後五時ごろ二月堂に行ったら、松明用の青竹がずらっと。
d0007913_22261366.jpg
ちなみに、お水取りは正式には「修二会」。
これまでの罪の穢れを浄め、新しい春に世界平和や豊穣、人々の幸せを祈る仏教の儀式です。
これがお水取りと呼ばれるようになったのは、
752年、東大寺の僧がこの修二会をする際に、日本中の神様に集合をかけたところ、若狭の神様が遅刻したそうな。
その神様はお詫びの印に、若狭から二月堂に毎年お香水を送ると約束したそうで、
それ以来お水取りと呼ばれるようになりました。
で、このお松明は、その修二会には東大寺の僧が二月堂にお籠りして行をするんですが、
その僧が二月堂に上がる階段を松明で照らしたのが始まりだそうです。
この松明は僧のお付きの童子が自分で作り、火をつけて担ぎ上げて、回廊を振り回しながら走るんです~。
できた松明は階段に並んでました。
d0007913_22263736.jpg
d0007913_22265145.jpg
五時半になるとそろそろ参拝客が増えだしました。
d0007913_22270379.jpg
待つこと1時間半、あたりが暗くなってきた7時に点火。
10本の松明は、階段を一つづつ担ぎ上げられ、振り回されます・・・・・が、ご奉仕の身では写真を撮れません(涙)
東大寺の法被を着てる間はカメラを出さないで、と叱られた・・・・・残念!!!!
この写真は10年以上前に行った時のもので、しかも色々加工してあります(汗)
少しでも雰囲気が伝わってほしいです。
d0007913_22271295.jpeg
30分ほどで全部燃え付き、あたりは静寂に戻りました。
これは燃え終わったお松明。
d0007913_22272488.jpg
 二度目のご奉仕は11日。
この日行ってみたら、翌日用の籠松明の用意ができてて。
d0007913_22423301.jpg
d0007913_22432993.jpg
閼伽井屋の榊も青々と
d0007913_22430343.jpg
ご香水もありました。
d0007913_22435219.jpg
混雑は四日の比ではなく、四月堂前の広場も満員でした。
それでも、終わるとアッという間に静かになって
d0007913_22440421.jpg
お松明が回廊を走るといっぱい燃えさしがこぼれるので、職員の人が濡らした竹ぼうきで必死で掃きたててました。
これは水につけられた竹箒。
d0007913_22441462.jpg
安全第一!ですよね~。
昨夜が籠松明、明後日には修二会は終わり、奈良はすっかり春になります☆

[PR]
Commented by marie004 at 2018-03-25 18:44 x
こんな大がかりな行事だったんですか!!
びっくりです~~
すごい人出なんですね。確かに面白そうです!

神様が遅刻って面白いエピソードですね。若狭と奈良は古くから関係が深かったということでしょうか?
Commented by nagiwi at 2018-03-27 22:55
marieさん
そうなんですよ~、最近は有名になってしまって、ものすごい人です。
お松明は2時間以上待って30分で終わってしまうんですが、その後も二月堂の中では練行衆によってお籠りがされてて、その様子を垣間見ることもできます。

若狭の神様は、魚釣りに行ってて余りの豊漁に遅刻したとか。
昔の神様は人間臭かったのね(笑)
by nagiwi | 2018-03-13 22:49 | 奈良 | Comments(2)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi