人気ブログランキング |

2021年!

2021年がやってきてもう10日以上が経ちました。
例年なら、元旦におせちの写真をアップしてるんですが、今年はコロナ禍で息子たちは帰省せず、
したがってお節料理も作らなかった・・・・
これまで、誰に食べさせようとしてせっせとお料理してたか、
夫と二人でお正月を過ごすのに、なんでおいしいものを作るのよ、ってことよね(ニヤリ)。

で、まあ、こんな画像を作ってみました。
去年の奈良のあれこれです。
2021年!_d0007913_12163176.jpg
2021年、こんな奈良を見に来てくださいね~、って感じ。
真ん中の白いものは、近鉄西大寺駅にある、AIロボット。
4か国語を操って皆様をご案内します・・・・が、今は開店休業中で~す。

今年は誰も帰省しなかったので、お正月は基本的にめっちゃヒマ。
夫は二日から四日までゴルフだったのと(あ~清々する)(笑)東京の柘榴石ちゃんが中学受験ということで
阿部文珠院に合格のお願いに行ってきました☆
桜井駅からシャトルバスが出ててすっごく便利だったんですが、バスがガラガラ(汗)
ありがたいやら、奈良交通が心配になるやら・・・・
           
2021年!_d0007913_12164099.jpg
でも、文殊院自体は密にはならないけど、それなりの人出。
2021年!_d0007913_12164304.jpg
合格祈願鉛筆とお守りを購入し、絵馬を奉納して、合格をお願いしてきました。
2021年!_d0007913_12170215.jpg
阿倍仲麻呂さん、渡海文殊菩薩様、うちの孫娘をよろしくお願いいたします。
2021年!_d0007913_12164785.jpg
境内の文殊院西古墳
2021年!_d0007913_12165912.jpg
その中の願掛け不動さまにもお願いしてきましたよ~。
2021年!_d0007913_12165189.jpg
パンジーで作った今年の干支の丑と、合格の二文字が!!!
2021年!_d0007913_12165838.jpg
何かご利益がありそうでしょ☆
この後石上神宮へも行き、翌日3日は西大寺、菅原天満宮、喜光寺、とお願いしまくりのお正月でしたが、続きはまた後程。




# by nagiwi | 2021-01-12 12:33 | 奈良 | Comments(4)
先週あたりからコロナの第三派が毎日ニュースをにぎわせています。
連休中、奈良への観光客が増えてきたなあ、という実感がありましたが、それにつれてでしょうね、奈良でも連日感染者は二桁。
年末年始はおうちにおこもり、ということになりそうです。

10月末から11月にかけて、奈良国立博物館で正倉院展がありました。
もちろん、日時指定の予約のみ。
私は10月26日の12時入場のチケットを予約しました。
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_11435634.jpg
この日、奈良公園は見事な秋晴れ。
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_11440573.jpg
奈良国立博物館の旧館、素敵☆
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_11441193.jpg
今年のお気に入りは、象の歯の化石?!?と 雄黄(鶏冠石)、大黄などのお薬類。
っていうか、象の歯の化石がお薬になるなんてウソでしょ(汗)
歯はカルシウムで出来てる?それとも石灰?
雄黄って、毒だったはず・・・などとブツブツ独り言を言ってしまいましたわ(笑)
見事だったのは、刺繍の帯や幡。
帯は繊細で美しい刺繍で彩られ珠で飾られていますし、幡は表からも裏からも同じように見えるように刺繍されてて、技術の高さに驚きました。
他にも、鏡や琵琶や、献物台、フェルトの敷物・・・・
何より、人数制限されてたので、ゆっくり楽しんで見られて、満足感がいつもの5割増しぐらい。
私的には、これからずっと日時予約でいいような気がしました。
ただ、会期が始まってからも、ネットが使えない方が何人も観光案内所に来られて、「正倉院のチケットはどうしたら買えるの?」と。
情報弱者にはつらいシステムですね。

会場を出たらおなかが減ったので、敷地内で売っていたお弁当を買って、テントで食べました。
いつも満員だから、こんなこと、できたことなかったわ~。
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_11443819.jpg
お茶付きで1300円だったかな?
お隣の日本庭園では紅葉が始まってました。
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_11442019.jpg
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_11443138.jpg
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_11442677.jpg
いつもならお茶席があって、このお庭にも出られるんですが、今回は見るだけ~。
私のゲットした正倉院グッズ。
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_11444368.jpg

いつものカレンダーに鏡の模様の眼鏡拭き、マスクケース、そして正倉院模様の紙マスク!
紙マスクっていうことは、使い捨てなんですよね、悲しい・・・・・
この後、文楽に行った時と、七五三に行った時と、二度使ったので、残り三枚です。
来年の正倉院展まで残ってるかしら?

今年は、7歳の孫娘と3歳の孫息子の七五三の年だったのに、このコロナ禍です。
私も夫もすでに高齢者だし、夫は基礎疾患持ちの喫煙者で、もし罹患したら悲惨なことになりかねないので、
今回は息子一家で大阪住吉大社にいくことに。
ただ、私的には行きたい!
ちらっとでいいので、行きたい!
食事もせず、お参りしてさっと帰るということにして一人で参加してきました。
7歳の孫娘はこの七五三を楽しみにしていて、ことに、日本髪を結って簪がつけたいから、と髪を長く伸ばしていたんです・・・・
11歳のお姉ちゃんも、着物が着たいということだったので、手伝い方々行ってきました。
ママと7歳、3歳は住吉大社で着付けとヘアをお願いし、お姉ちゃんは私が着付け、写真も住吉大社の写真館が撮ってくれます。
住吉さん、さすが大阪ですね~、お商売がお上手!
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_15005538.jpg
良いお天気で、暖かで、七五三日和。
コロナもなんのその、たくさんの家族連れが来てましたが、さすがにおばあさんおじいさんは少ない!
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_15010236.jpg
日本髪を上手に結ってもらって、お気に入りの簪で、ご満悦でした!

コロナと正倉院展と七五三_d0007913_15005970.jpg

ただし、男の子は着物には感動がないらしく、最初の一瞬は「タンジロウ」と喜んでましたが、しばらくすると動きにくいのか、しかめっ面~(笑)
この「タンジロウ」って、今はやりの「鬼滅の刃」ですよね・・・・三歳でも知ってるんだわ!
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_15011667.jpg
特に草履が歩きにくかったらしく、お参りの後スニーカーに履き替えたらご機嫌さんになって、あちこち駆け回ってました。
写真撮るときぐらいじっとしててよ~~。
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_15010884.jpg
それにしても子供の成長はあっという間ですね。
コロナと正倉院展と七五三_d0007913_15011390.jpg
お姉ちゃんのこの着物は私の羽織を仕立て直したもので、今年のお正月にはかろうじて肩揚げもあったんですが、
コロナの間に7センチ以上背が伸びたそうで、もう肩揚げが取れませんでした。
この着物を着るのも最後になるから、と無理して着てくれましたが、やっぱり小さかったな~。

お参りが終わるやいなやそそくさと帰宅、もう10日ほどたちますが、私、特に感染の兆候がないので大丈夫だったようです。

お正月は帰ってこないほうがいいでしょう、おせちを作るならリモートで、ということになりましたが、
この先一体どうなるんでしょう・・・・・・


# by nagiwi | 2020-11-30 15:17 | Comments(2)

コスモスの般若寺

台風接近!のニュースが流れる前日に、般若寺に行ってきました。
奈良坂にある般若寺は、8世紀に平城京の鬼門を守る寺として建立されましたが、奈良と京都の境にあるため、平重衡の南都焼き討ちで焼失しました。
鎌倉時代に再建されましたが、その後もたびたび戦火を蒙ったのに加え、明治以後廃仏毀釈で荒れ果てていたのですが、
20世紀後半(1970年前後?)から境内に花を植えるなどして頑張っておられ、
1993年設立された関西花の寺25霊場に参加しておられます。
冬は水仙、春はヤマブキ、夏はアジサイ、そして秋はコスモスが美しいのですが、中でも、秋のコスモスは有名で、コスモス寺の異名を持っています。
満開には少し早そうですが、行ってきました!
コスモスの般若寺_d0007913_11060342.jpg
コスモスは三分咲きぐらいだと思いますが、真っ青な秋空と相まって、とってもきれい!
コスモスの般若寺_d0007913_11061610.jpg
13世紀ごろ来日した南宋の石工伊行末作の十三石塔。
コスモスの般若寺_d0007913_11062660.jpg
鎌倉時代作、国宝の楼門!
本堂の正面に建つ十三石塔は、この楼門から入っても、真正面に見えます。
コスモスの般若寺_d0007913_11063799.jpg
伊行末の息子によって建てられた笠塔婆の周りにもコスモスが咲き乱れ
コスモスの般若寺_d0007913_11064494.jpg
最近、コロナ禍で手水鉢が使えないので、そこに花を浮かべる「花手水」というものが各寺社で流行中。
底にあるのはビー玉かな?
コスモスの般若寺_d0007913_11064904.jpg
水面には、空と木が写りこみ、コスモスやヒガンバナと共演してます。
コスモスの般若寺_d0007913_11070413.jpg
境内には烏瓜も蜜柑色の実をつけてました。
昔はあちこちで見かけた烏瓜ですが、最近自生してるのを見るのは珍しい!
青い空がホントにきれいですね。
コスモスの般若寺_d0007913_11065963.jpg
沢山ある石仏もコスモスに彩られて・・・

満開にはまだ早いこの日でしたが、おかげで参拝客もそこまで多くなくて、お天気にも恵まれたのはラッキーでした。
参拝の皆さんは、風に揺れるコスモスや花手水の写真を撮るのに夢中でしたよ。
(私も、ですが)(汗)
たぶん、満開になったら、境内は人でごった返すことでしょう・・・・

十三石塔から見つかった秘仏も公開中でしたが、何度か見たことがあったので、それはパスしました。
また次回、拝見しま~す!





# by nagiwi | 2020-10-08 11:35 | 奈良 | Comments(6)

正倉院展☆

これなしでは奈良の&私の秋は語れない、正倉院展ですが、このコロナ禍の中どのように開催されるのか、とっても不安でした。

なにしろ、入場するのに並んで、入ってからも目玉展示物はぐるぐる巻きが普通だし、
入場制限なしでは、三密は免れないですものね。
情報も少なくて、気をもんでいたのですが、10月24日から始められることになり
チケットは、日と時間を指定した予約となり、ローチケやピアで9月26日10時から売り出しとなりました。
例年は初日の初回に並ぶことにしていたのですが、今年の初日はもしかしたら他の用事が入るかも、という恐れが!
いつもの前売り券とは違って、行けなかったらパーになるし・・・(涙)
いろいろ悩んだ挙句、10月26日の午後でゲット成功~!

9月の連休の奈良は、近県からと思われる観光客であふれかえるほどで、
カフェでもレストランでも並ぶ人が出たほどでした。
10月から、gotoキャンペーンには東京も含められるし、この後の感染の見通しはまだ立っていませんが
何とか持ちこたえて、秋らしい秋を楽しみたいものです!!!

さきほどローチケのサイトを見てきたのですが、10月中の分は最終組以外はほぼ完売でしたわ・・・




タグ:
# by nagiwi | 2020-10-02 15:18 | 奈良 | Comments(0)

久し振りに

京都で遊んできました~♪
大学クラブのOB総会が京都であって。
このご時世だから、幹部だけでごく少人数でされたんですが、それに便乗して呼んでもらい、
そのあと、ほんとに久しぶりに外食した、というわけです☆
久しぶりに会う懐かしい人達と、マスク越しとはいえたっぷりおしゃべりして、
一緒においしいものを食べて、おいしいお酒を遠慮なく飲んで、
それに、それに、着物も着て行ったし、
あ~~ホントにほんとに楽しかったよ~~!!!
で、これもまたほんとにひっさしぶりのおいしい画像です!
お食事したのは、押小路高倉西 の 志喜
 ミシュランのビブグルマンに掲載されたお店です
久し振りに_d0007913_11415969.jpg
お店の前で先輩と。
わくわくです!!
カウンタ-7席と小上がり一室の小さなお店。
私たちはもちろん小上がりでしたが、カウンターもほぼ満席、なかなかの盛況ぶりでしたよ。
久し振りに_d0007913_11420685.jpg
はものこの卵とじとか、蛸のたいたんとか、小芋さんの冷たいの、南瓜・・・お酒もいろいろありましたが、まずは秋田の冷酒・・・
至福の時間の始まり~~。
久し振りに_d0007913_11421094.jpg
お造りは何とかカツオに、コリコリおいしい何とか鯛に、マグロにホタテ。
お酒にあいます☆
久し振りに_d0007913_11421618.jpg
で、カニの甲羅にカニがぎっしり!!!
ちゃんとほぐしてあるので、むしゃむしゃいけるんですよね~。
食べても食べてもたっぷりあるし、実に素晴らしい☆
あ、脚の身は別に出ましたよ。
久し振りに_d0007913_11421915.gif
鶏肉の焼き物
久し振りに_d0007913_11422342.jpg
餡掛けの茶わん蒸し☆
久し振りに_d0007913_11422685.jpg
天ぷらですね~。
このころまでに、お酒の種類を変えながらせっせと飲み続け、食べ続け、しゃべり続けていたので、
記憶があいまい(汗)
魚の種類も聞いたんですが、忘れました(汗)
なんだっけ?こち?違うかな?
とにかく、おいしかったのは間違いありません。はい。
久し振りに_d0007913_11422945.jpg
締めのご飯とお味噌汁。
焼き茄子のお味噌汁が沁みます~~♪

どれもこれもおいしくて気が利いていて、垢ぬけているうえ、
写真でもわかると思いますが、ほんとに量がたっぷりで、リーズナブル。
満席なのは当然だと思いましたわ☆
(このお店が近所にあったら、毎晩通いたいよ・・・・・・)

久し振りに飲んだんですけど、・・・・ちゃんと家に帰りついて二日酔いもなかったから、
それほどでもなかったんでしょう、多分ね。
おほほほほ。


# by nagiwi | 2020-09-15 12:04 | Comments(2)

災厄の夏

梅雨明けから猛暑となって、外出も思うに任せない日々ですが、思い立って大仏殿と奈良国立博物館に行ってきました。
災厄の夏_d0007913_11302185.jpg
東大寺では、7月28日に「解除会(げじょえ)」が行われましたが、これは神道の「夏越の祓い」に当たる法要で、
この日に茅の輪をくぐると夏の疫病にかからないとか。
今年は、その茅の輪が八月八日まで大仏殿内に置かれて、誰でもくぐれるようになっていました。
災厄の夏_d0007913_11303311.jpg
コロナ対策として大仏殿の扉が開け放たれていたため、堂内はいつもより明るくて。
災厄の夏_d0007913_11302684.jpg
大仏殿の裏を見たのは初めて。
緑が広がっていました。
災厄の夏_d0007913_11303006.jpg
脇侍の如意輪観音の左頬に窓からの光が当たっています・・・・

災厄の夏_d0007913_11303797.jpg

奈良国立博物館では「よみがえる正倉院宝物・・・再現模造にみる天平の技」をやっています。
災厄の夏_d0007913_11535771.jpg
久し振りの博物館を楽しんで、こういうミュージアムグッズを発見。
災厄の夏_d0007913_11304422.jpg
五弦の琵琶にエコバッグが入ってて、つい連れて帰ってしまいました。
災厄の夏_d0007913_11304797.jpg


暑さにもかかわらず良い一日だった、と帰宅したのですが、
本が一冊送られてきていました。
私の敬愛する陶芸家、國領寿人先生のご本です。
災厄の夏_d0007913_12061160.jpg


表紙の[1939-2020」の文字にも、一枚目に挟み込まれていた奥様の手紙にも気づかず、読みすすんで・・・・
あれ?と。
もう一度見直して「令和二年六月七日逝去しました」との文面に心づきました。

2007年、奈良大学学友さんのご紹介で当時安堵町にあった「富本憲吉記念館」にご一緒させていただいたhttps://birdinwind.exblog.jp/5544934/のが最初のご縁で。
そのすぐあと、ご自宅にお邪魔させていただきhttps://birdinwind.exblog.jp/5609186/、至福の時間を過ごしました。
先生は、芸術品ではなく毎日使う器を、というのがご信条で、二年か三年に一度大阪で展示会を開かれるたびに誘っていただいてました。
伺うといつも優しい笑顔で迎えてくださり、「正倉院展に行きましたか?」「外国に行きましたか?」などと聞いてくださって
楽しくて楽しくて、時間を忘れるほどでした。
知り合いのお嬢さんの結婚祝いに、と彼女を連れて先生のお宅に伺った時も、それはそれは歓待してくださり、
「銀杏の黄葉を見に行きましょう!」とドライブに連れて行って下さいました。
思い出はあとからあとから湧き上がってきて、書き尽くせません。
展示会のたびに少しづつ頂いた先生の食器が、毎日の食卓に上らない日はないというのに
今年は無理でも、来年にはまたお目にかかれるかと思っていたのに、
先生は逝ってしまわれた・・・・

「素人と玄人の間が一番いい」とおっしゃっていた先生、正倉院御物の見事な職人技が大好きだった先生の訃報が届いたのが、
「よみがえる正倉院宝物」を見た日だったのは何かのご縁かも・・・・・・

ご冥福をお祈りいたします・・・・・
災厄の夏_d0007913_11305194.jpg







# by nagiwi | 2020-08-11 12:31 | Comments(2)

AIロボット

近鉄大和西大寺駅に、AIを使って案内するロボット、「ARISA]と「RYN」が登場!
これがARISA
AIロボット_d0007913_23030747.jpg
日、英、中、韓国語をしゃべる・・・・
AIロボット_d0007913_23031319.jpg
駅構内や、乗換案内、観光情報も教えてくれるらしい。
こちらがRYN
AIロボット_d0007913_23031819.jpg
せっかく設置されたのに、誰も使ってる人がいません・・・・
だって、外国人観光客が誰もいないんだもん(涙)


# by nagiwi | 2020-07-14 23:08 | Comments(0)

吉城園

吉城園は依水園の隣。
奈良県の持ち物で、昔は少しばかり荒れていたのですが、近年整備が進んできれいに整ってきました☆
それに、昨年からは誰でも入場無料になってるので、梅雨のお庭を見に行ってきました。
ここは依水園と同じく、明治期に開発された豪商の別荘だったそうですよ。
吉城園_d0007913_15002962.jpg
高低差を利用した東屋から、池とお座敷が見下ろせます。
吉城園_d0007913_15003798.jpg
巨大な手水鉢!
吉城園_d0007913_15004409.jpg
お茶室へ続く小道沿いの燈籠。
苔むした手水鉢も~。
吉城園_d0007913_15004831.jpg
お茶室の向こうには広々した苔庭が広がっています。
吉城園_d0007913_15005651.jpg
梅雨の時期は苔の色がひときわ鮮やか!
吉城園_d0007913_15010594.jpg
庭の一角では、主に、お茶室に飾るためのお茶花を育てています。
吉城園_d0007913_15011096.jpg
このお庭はアップダウンが結構あって、どこへ行くのも石段を通って行かなくてはなりません。
吉城園_d0007913_15011751.jpg
庭の中の小さいほうの池(っていうか、ほぼ水たまりぐらいの大きさです)(汗)には
モリアオガエルが住んでいて、
池のそばの木の枝に、もこもこした泡を産み付けます!!
この泡の中に卵が産みつけられていて、一週間ほどで孵化し、池の中へ落ちるらしい。
このカエル、大人は森など陸上で生活し、産卵は池のそばの木の上の泡の中という生態が珍しくて
奈良県では絶滅寸前らしいです・・・・
吉城園_d0007913_15012202.jpg
池のそばの気の葉の下にモリアオガエル発見!
小さすぎてわかりにくいですね・・・・

☆梅雨時ならではの風景でした☆



    

# by nagiwi | 2020-06-20 15:21 | 奈良 | Comments(0)

薬師寺東塔

梅雨入り直前の暑い日、薬師寺に行ってきました。

CORONAウイルスの感染拡大で、各寺院の拝観もほぼできなくなっていましたが、
6月に入って、拝観はできるようになってきました。
それでも、たくさんの人が集まるような行事はほぼ中止です。
いつも楽しみにしている唐招提寺の鑑真像の拝観も中止・・・さびしい。

薬師寺でも、東塔の平成大修理が終わって落慶法要が五月に予定されていましたが、中止。
でも、東塔は覆いを取ってそこにあるし、で、見てきました。
薬師寺東塔_d0007913_12382931.jpg
周囲はまだフェンスに囲まれていますが、その姿は記憶の中の美しさ☆
薬師寺東塔_d0007913_12384611.jpg
青空に映える「凍れる音楽」
薬師寺東塔_d0007913_12383598.jpg

西塔と何度も見比べましたが、同じ形のはずなのに、なぜか違う気がする!
たぶん、品格が違う?
西塔は彩色されていますが、この東塔は歴史の中で色を失い、品格を得たのではないかと・・・・・
薬師寺東塔_d0007913_12385197.jpg

弥勒堂からは、金堂越しに二つの塔が見えます!

薬師寺東塔_d0007913_12385796.jpg
いつものように、大好きな東院堂で聖観音を拝観してきました。

例年なら受付で梅の実がいただけるんですが、今年はありませんでした・・・・残念!!!!

 









タグ:
# by nagiwi | 2020-06-12 12:51 | お寺と仏像 | Comments(2)

山辺の道を歩く

6月1日に緊急事態宣言が解除され、電車の乗客も増えてきました。
各博物館も開館され、小学生は登校するし、私の行ってるスイミングもデパートも再開。
プールでは、お友達に久しぶりに会って、笑いあう時間が戻ってきました☆
町は少しづつ明るくなってきた感じ。
でもでも、まだまだ第二波、第三波が怖いですね。

5月の中頃に山辺の道を3~4時間ほど歩いてきました。
ちょうどいいハイキングって感じですね。
JR柳本駅から徒歩数分での行燈山古墳(崇神天皇陵)。
全長約242m、4世紀後半(古墳時代前期後半)の築造。
緑が鮮やかで周濠に沿って歩くと気持ちいです。
山辺の道を歩く_d0007913_11131634.jpg
ここから山辺の道を北に、トレイルセンターから長岳寺に向かいました。
長岳寺は平安時代、弘法大師によって開かれ、釜の口山の中腹にあることから「釜口大師」として親しまれていて
狩野山楽が描いた「地獄絵図」でも有名です。
山辺の道を歩く_d0007913_11134221.jpg
肘切門
山辺の道を歩く_d0007913_11135484.jpg
長岳寺は四季折々の花が美しくて、関西花の寺の札所の一つ。
この日はまだヒラドツツジが満開でした。
山辺の道を歩く_d0007913_11134612.jpg
平安時代建築の鐘楼門(重要文化財)
山辺の道を歩く_d0007913_11140822.jpg
池の周りにはカキツバタ~池の水面に映りこんできれい☆
山辺の道を歩く_d0007913_11141358.jpg
池の周りをぐるっと歩くと、本堂が♪
本尊は1151年作の阿弥陀三尊で、平安時代の定朝様式とは違い鎌倉の写実的な作風のさきがけと言われています。
この三尊像は玉眼が入っていて、玉眼を使用した仏像の中で制作年代のわかる最古の例。
山辺の道を歩く_d0007913_11142185.jpg
本堂から池を見るとこんな感じ。
様々な緑が折り重なっていますね。

ぶらぶら歩いていくと、そこここに古墳や小さい神社があって楽しめます。
そんな神社で猫ちゃんズが休憩中。
山辺の道を歩く_d0007913_11142878.jpg
このあたりで、こんもりした所を見つけたらたいていは古墳だと思います~。
有名なところでは 手白皇女衾田陵(西殿塚古墳)や中山大塚古墳とか。この二つは写真を撮ってもちょっとした森にしか見えないのが悲しい・・・
山辺の道を歩く_d0007913_11143563.jpg
これはいかにも古墳らしい古墳ですね☆
西山塚古墳。
手白皇女陵は実は西殿塚古墳ではなく、年代的にはこちらではないかと言われています。
山辺の道を歩く_d0007913_11144256.jpg
夜都伎神社(やつぎ、が正式な読み方ですが、やとぎ、やつき、などとも・・・)
この辺りは乙木町(おとぎ)で古くから春日大社とのかかわりが深かったとか。
山辺の道を歩く_d0007913_11145257.jpg
見事な茅葺の本殿。
素敵ですね☆
近年、山辺の道の整備が進んで舗装され、道標はあちこちにあるし、確かに歩きやすいのですが、
私の記憶の中の山辺道はこんな風。
山辺の道を歩く_d0007913_11145564.jpg
今は脇道になっていて、この横に広くて舗装されたルートがあります。
わたしはこの良い感じのこのルートを取りましたが、凄く急で、でもあっという間に新しい車道兼用の道に合流しました・・・・
この後、内山永久寺跡のあたりではこういう道も通ります。
山辺の道を歩く_d0007913_11150353.jpg
これぞ、山辺の道、って感じ☆
この日は、竹ノ内、萱生の環濠集落にはいかず、西側の道で石上神宮まで行って、自宅に戻りましたが、このルートだと結構上り路があったような。
環濠集落に行ったらどうだったのか?
昔はそっちの道を歩いたのかな?
石上神宮から南行したほうがアップダウンは少ないのかな~
などと疑問がいくつかあって、そのうち石上から環濠集落をとおって行ってみたいと思っています。。



















タグ:
# by nagiwi | 2020-06-04 12:23 | 奈良 | Comments(4)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi