江戸から昭和の着物展

奈良県立美術館で行われてる Kimono Beauty 展を見に行って来ました。

奈良駅に着いたのは丁度お昼前。
腹が減っては戦はできぬ、ので、まず腹ごしらえ(-_^)
近鉄奈良駅近くの「百夜月」というお蕎麦屋さんです。
d0007913_18304997.jpg
最初は大人しくお蕎麦だけを頂くつもりだったんですが、前の席の方がお酒を注文されたのを見て、私達も…
d0007913_1830529.jpg

朱雀門、美味しかったです!
d0007913_18305360.jpg

お蕎麦は10割のミョウガぶっかけ☆
オクラも入ってて、なかなかの歯ごたえでした。

近鉄奈良駅を見たところ。
行基さんに屋根ができました。
d0007913_1830544.jpg


今回の特別展にはボストン美術館から出展の婚礼衣装が12領ほどあって、その保存の良さにビックリ‼
その他の出品物も量も質も充実してて、満足満足。
それに着物姿の人が結構多くて、楽しかったです♪

この日は天気予報より気温が低く風もあって、過ごし安かったので、猿沢池そばの遊中川に行きました、が、人が多い…
ここは穴場の筈だったのに^^;
d0007913_18305555.jpg

店内も改装されてて、多数のお客さんに対応できるようになってたし、カフェも一部かわってましたが、無事お茶してきました。
ケーキとコーヒーを前にご機嫌の私です。
d0007913_18305671.jpg


穴場が穴場でなくなるのは、嬉しいような悲しいような。
またどこか、人が少なくてオシャレで、長い時間落ち着いて座れるところ、探さなくちゃ!
[PR]
by nagiwi | 2013-06-02 18:01 | 博物館&資料館美術館 | Comments(2)

一年がたちました。

先日、母の1周忌を済ませました。

私達の他、叔父、叔母、従兄弟など、十人あまりが参加してくださり、無事法要を務めることができました。
1年って早いものですね。
また、この法要にあわせて、お墓をそれまであった祖父の実家の檀那寺から、現在の檀那寺に引越したので、その法要も一緒に行いました
…そのお寺というのが、徳融寺で・・・・・実は私は中将姫とご縁が…有るわけないです(笑)

法要のあとは、若草山の月日亭でお食事。
ここは私達全員始めてです!
d0007913_17111268.jpg

楓の新緑につつまれた玄関
d0007913_17111375.jpg
庭は見事に苔むし、山水が引かれていました。
d0007913_17111460.jpg
…しかし、ここに料理旅館を建ててもいいのか・・・・今なら絶対許可されなかったはず・・・・・ウム・・・・ま、私が悩んでも仕方ないわね・・・

とは言え、お料理は大変結構でした・・・・・

抹茶胡麻豆腐
d0007913_17111530.jpg
お造りはカンパチ、烏賊、鳥貝、マグロ。
d0007913_17111579.jpg
蓬かるかんと鮎の清汁
d0007913_17111631.jpg
ツブ貝旨煮、東寺巻き寿司、茄子とか、いろいろ。
d0007913_17111777.jpg
寄せ豆腐とアマゴ(?)のあんかけ
d0007913_17111727.jpg
鰆の焼き物と筍
d0007913_1711189.jpg
大和茶の麺にアナゴがのったものと、蛍烏賊と刺し身蒟蒻の酢味噌かけ
d0007913_17111975.jpg

この後筍ご飯と赤出汁、果物が出ました。

お味は誠に結構で、御酒がすすみ、私から離れて座った(意図的にか???)トミーちゃんは焼酎を二本あけてベロンベロンになり(焼酎なんか置かないでよ!!)(劇汗)帰りのタクシーの中で撃沈いたしました(怒)

とは言え、私は、となりの席に座ってくださった、祖父の実家の当主・・・・私のまた従兄弟だと思ってたんですが・・・・・父のまた従兄弟だった・・・・と50数年ぶりにゆっくり話したんですが(何しろ最後に話した記憶が、お互い幼稚園の時で。その後葬式などで顔は合わせてましたが)(汗)、すっかり話が盛り上がりまして。
お互いがどういう関係だったか、初めてはっきりわかったという、有意義な時間が持てましたわ(笑)

お葬式やその後の法事って、従兄弟の同窓会だ、とよく言われますが、その通りですね。
[PR]
by nagiwi | 2013-05-18 09:19 | 奈良 | Comments(2)

ベトナム旅行を案内して下さった彼女が、矢田寺そばの山荘でベトナム料理を披露して下さるけど、一緒にいかが?と言うお誘いを受けて、行ってきました☆

私が到着した時には、ご一緒に旅行した皆さんはじめ20人ほどのお客様が揃っておられました。
皆さんは早めに行ってお手伝いされたそうですが、怠け者の私は、ギリギリに着いて、食べるだけ~♪(笑)

d0007913_23591579.jpg
バインセオ(ベトナム風お好み焼き)と揚げ春巻きと、ニョックマム風味のたれ。
バインセオの皮は、バインセオ用の粉をココナッツミルクと卵で溶いたもので、中身はもやしとエビとスライス玉ねぎ。
ごく単純に見えるバインセオですが、もやしはさっと湯通し、玉ねぎはスライスして冷水に取ってあるとか。
だからでしょう、もやしはシャキシャキで癖がなく、玉ねぎも臭みがありません。
手間かかってる~!
揚げ春巻きは生春巻きの皮で豚肉とエビのすり身を巻いてあげたもの。
皮が薄くて美味しい!
d0007913_23591523.jpg
フォー☆
とっても薄味のスープで、一口目はちょっと物足りないかな?と思う程なんですが、あっさりした中に実にコクがあって。
手羽と鳥肉を肉桂を入れて二時間ほどあくを取りながら煮て取ったそうですが、そこに余計な味付けをしてないのが美味しくて、一滴も残さず飲み干しましたわ。
d0007913_23591664.jpg
デザートのプリン
キャラメル以外甘みの入ってない固めのプリンに、瓶に入ってるコーヒーを掛けて頂きました。

ベトナム料理って、素材の味を大切にしてるって言うか、余計な味付けがないんですよね~。
バインセオも、春巻きも、フォーのスープも、一見、殆どなんの味付けもしてない素朴で単純な料理に思えます。
ですが、聞いてみたら、下ごしらえにしっかり手間と時間を掛けてある。
それだから、味付けが薄くても美味しくいただけるんですね。

香辛料もそれほど強くないし、ほんとに食べ飽きない、また食べたいお料理でした☆

食事のあとで、皆さんとベトナムの写真を見たり、子育てについて色々お話ししたり。
とっても楽しい時間を過ごしました☆

いつも一緒に出かける友人ですが、このところかけ違って二人でお出かけするのは久しぶりなので、会が終わった後、お茶することにしました。
私たちにぴったりなラブリーなケーキを頂きましたわ(笑)
d0007913_23591796.jpg
このお店の内装、素敵ですね。

d0007913_23591893.jpg
アジアンテイストかな?
d0007913_23591859.jpg
久しぶりだから、それはもう、色々あれこれ、喋って喋って、ああ楽しかった(笑)
[PR]
by nagiwi | 2013-04-04 23:58 | 奈良 | Comments(0)

この日は朝4時半に起床し(ホテルで朝ご飯のお弁当をもらいました☆)ツーリストの車でホーチミン空港に向かい、7時半の飛行機で一路ダナンへ。
朝4時半って、私にとっては「夜と朝の間」って感じですが、街にはすでにたくさんの単車が走ってて。
ガイドさんに聞いたら、お仕事に行くところだとか。
ホーチミンみたいな暑い場所では、早朝や夕方からが活動時間なんですね、なるほど~、でした。

ダナン国際空港は去年出来たばかりの、とても広くて明るくて綺麗な空港!
d0007913_1584697.jpg

ここでもツーリストのお迎えがあり、ダナンとホイアン観光には運転手さんとガイドさんが同行してくれます。
こちらのガイドさんは30代ぐらいの男性で、アインさん。
勿論日本語ぺらぺら、車はベンツのバンで、優雅な気分~♪(笑)

ダナンは、19世紀中ごろから港湾都市として栄え、ベトナム戦争当時は米軍の基地があった町で、現在は大規模な産業都市として発展中だとか。
市街はどこもかしこも新しく、とても綺麗で、あちこちで橋をかけたり大規模な工事が行われていました。

まず最初に訪れたのは、チャンパ王国の遺物を展示しているチャム彫刻博物館。
d0007913_15261519.jpg

チャンパ王国と言うのは、ベトナム中部に3世紀ごろから栄えた王国だそうで、古代チャム人は優れた航海技術を持っていて、チャム王国は交易国家として繁栄したらしい。
そして、正倉院のかの有名な香木蘭奢待は、9世紀ごろにチャムから日本に持ち込まれたものだそうです!
また、沈香を求めて、家康からチャンパ王に当てた親書も残ってるとか。
まあ~~~~、そんなご縁があったのね、と、チャンパ王国に一気に親近感が増しました☆
チャンパ王国は、時代によってあちこちの国と争い、あるいは影響を受け、王国の形も変わり、信じた宗教も仏教やヒンズー教、その混合したもの、と変わっているようでした。
この博物館には、そのチャンパから出土した数々の遺産が展示されてて、見ごたえ十分。
ガンダーラ風?手が四本
d0007913_1537133.jpg

立ってるのはガヌーシャと・・?。台座の彫刻が見事です!!
d0007913_15393993.jpg
ガルーダですね~。仏教にとりこまれて八部衆の迦楼羅となりました。これはヒンズーの像なので、もろ、蛇を食べてます(笑)
d0007913_15402141.jpg
これは、金剛力士像かな?
d0007913_15442964.jpg

法隆寺の銅像にどこか似てる気が・・・・・
d0007913_15471421.jpg
チャンパには青銅器時代の有ったらしい。上の段にあるのは銅鐸か?
d0007913_15495273.jpg
チャンパはまた中国の影響も強く受けてます。これは中国の銅銭ですね。
d0007913_15522771.jpg
博物館の庭には、大きなガジュマルの木が心地よい影を作ってました・・・・ベトナムはどこでも木が大きくて驚きました。
d0007913_1553141.jpg


More 続きはこちらから
[PR]
by nagiwi | 2013-02-26 17:06 | 旅行 | Comments(0)

16日は6時起床の予定で携帯にアラームをかけて寝たのに、なぜか、午前四時半にいきなり電話が!
17日の朝に頼んでおいたモーニング・コールが一日早かったんですよ…・・こういうとこ、ちょっとアジア的?
もう一寝入りして6時起床、BREEZE SKY BARで朝ご飯です。
d0007913_15151722.jpg
朝食は、普通のパンやソーセージのほかにチャイニーズのメニューがあったので、そこを重点的に取ってみました。
d0007913_15164293.jpg
パンケーキとパッションフルーツ
d0007913_15173781.jpg
勿論、このほかにヨーグルトや珈琲なども頂きました☆

朝のサイゴン川
d0007913_15193030.jpg
ホーチミン空港に着陸する時上空から見た川は、平らな大地の上を、これでもか、と言うほど何度も蛇行を繰り返し、どちらが上流か、下流かもわかりませんでした。
このサイゴン川も、どちらが上流?

この日もまたベトナム人の彼女が案内して下さるというので、9時にホテルのロビーで待ち合わせ、さあ、街歩きの始まりです☆
ホテルから少し行くと、とってもおもしろい飾り付けのホテルが!
これって二匹の金色の蛇で、口からお金を吐き出してます☆
ドンコイ通りの真ん中にあるので、この後何度もこの前を通ることになって、この蛇とすっかりお友達になった気がしました(笑)
d0007913_1533169.jpg

市民劇場の前では音楽を演奏していて、沢山の単車や人が聞き入っていました。
d0007913_15354495.jpg


ドンコイ通りにはいろんなお店が並んでいて、とっても楽しい。
ここは骨董屋さん・・・
d0007913_15363512.jpg

ひまわりの咲きそろう新しいビルと、屋上に古い瓦ぶきの家がたってるビルが、隣り合わせにある風景。
アジアらしい?
d0007913_15392186.jpg


More続きはこちらから
[PR]
by nagiwi | 2013-02-23 17:33 | 旅行 | Comments(0)

オツトメを終えた私は、15日からベトナムで骨休めをしてきました☆

結婚式が済んで気が抜けたのか三日ばかり風邪気味でしたが、ベトナムに出発する前夜には気合で治って(笑)荷物をパッキング・・・・・真冬に夏物のTシャツを探すのって、なんだか寒々しかったけど・・・・・「15日出発、帰国は20日よ」と夫に言い聞かせ(何度も!)留守中の食事用にカレーと鍋の用意を簡単にして、心はもう機上の人となりました☆

ベトナムは最近はベトナム料理や雑貨で有名ですが、私の年代だとまず思い出すのはベトナム戦争。
アメリカとの激しい戦争が終結してから40年弱、その後は社会主義国となり、今は観光メインに急成長を遂げつつあるベトナム、その実像はどんなものかしら・・・・

今回は私を含め5人のメンバーですが、私が実際に存じ上げてるのはそのうち二人。
時折国内旅行にご一緒するご近所の仲良しさんとその方の英会話の先生。
あとのお二人はその先生のお友達ですが、友達の友達はみんな友達(笑)きっと素敵な方たちに違いない、と心も軽く当日の朝を迎えました。
仲良しさんのお嬢さんがうんと早起きして我が家まで迎えに来てくれ、空港リムジンの乗り場まで送ってくださいましたが・・・・私が乗り込んで100メートルも行かないうちに、彼女がチケットを忘れたことを思い出し、慌てて取りに戻り・・・・・いや~~、早く気がついてよかったね~~~と大喜びでバスに乗り込んで行くことしばし、彼女が「携帯が無い、どこかに忘れたのかなあ???」・・・・急いでお嬢さんにメールすると「車の中にありました」・・・・うみゅ~~~~~、この旅行、もしかして、前途多難じゃないよね????と怯えたりしましたが・・・・・・・お陰さまで、それ以後は無事でした(笑)

空港で無事集合し、10時半、ほぼ満員のベトナム航空に乗って飛ぶこと4時間余り、
13時45分(時差2時間)の予定が一時間ほど遅れてホーチミン空港に到着しました!
d0007913_12101628.jpg
空港には先生のお知り合いの若い奥さんとツーリストが車でお出迎え☆
この若奥さんは日本人と結婚したベトナム人で、日本在住なんですが、ちょうどこの時期旧正月でベトナムに帰郷されてて。
しかも、ベトナムでは日本語ガイドとして働いておられて、日本語ぺらぺら、ベトナム事情に精通されてるという誠に有難い存在♪

旧正月の飾りつけが美しいホーチミンの街を抜けて車はどんどん走り・・・道路には信号がなく、ベトナム名物(?)の二人乗り、三人乗りの単車がビュンビュウ~~ンと走る様子や、町の飾りつけの写真がとりたいと思っても、と、車が止まらないので、写真が撮れない(汗)

向かったホテルは☆ホテル・マジェスティック☆
このホテルはフランス統治時代に建てられたアールヌーボー式?コロニアル式?の美しいホテルで、
フランスのミッテラン元大統領やカトリーヌ・ドヌーブはじめいろんな有名人が宿泊してます。
ベトナム戦争当時は世界中の記者が宿泊しプレスセンターのようになっていて、そのころ新聞記者だった開高健が宿泊したことでも有名で、道を隔ててサイゴン川に面しています。
d0007913_12115593.jpg
エレベーターホール
d0007913_12123045.jpg
ロビーは白を基調にしてます。
d0007913_12131366.jpg
これが私たちのお部屋。
ベッドの上には蘭の花が置かれ、窓の外、道の向こうはサイゴン川!
d0007913_12134843.jpg
ウエルカム・フルーツがエキゾティック☆小さいモンキーバナナとちょっとトゲトゲのランブータンとマ~ンとかなんとか(汗)
さすが五つ星のホテル、どこもかしこもお洒落です☆

More続きはこちらから
[PR]
by nagiwi | 2013-02-23 11:15 | 旅行 | Comments(1)

あちこちウロウロ その1

12月の初め、毎年恒例の京都南座へ顔見世に行ってきました。
d0007913_1215264.jpg


今年は新勘九郎襲名披露の口上があるということで、夜の部のチケットを取ってました。
口上って、役者さんの生の声が聞けて、素敵なんですよ。
d0007913_1215879.jpg

勘九郎の名前入りの新しい幕!

それが丁度勘三郎が亡くなった次の日になって。
そう言えば、以前誰かさんが暴力事件を起こした直後に来たこともあったような^^;
私たちって縁起がわるいのかしら^^;

坂田藤十郎はじめとする役者さんたちの思いの篭った口上が良かったのは勿論ですが、新勘九郎の「船弁慶」の知盛の亡霊が渾身の演技で、ほんとにすごかったです‼
…が、前半の静御前はね…弁慶よりデカイ静…ありえへんし(笑)

幕間のお弁当
d0007913_1215669.jpg

小さくみえますが、ほんっとに満腹になりました‼

この着物は丸窓に梅☆
d0007913_1215992.jpg

帯は塩瀬に箔、帯留は琥珀のブローチです。
[PR]
by nagiwi | 2012-12-25 11:09 | 着物 | Comments(4)

雨の熊野路

大学時代のクラブの先輩に誘われて、10月27日28日と一泊で熊野古道に行ってきました。

一般に関西で熊野古道と言うと、和歌山の田辺から入る中辺路、高野山から行く小辺路、あるいは、奈良検定的な(笑)大峰奥駆道のどれか、というイメージですが、今回は伊勢神宮から熊野本宮に至るルートの途中の熊野市で先輩が語り部をしておられるので、そこを訪問し松本峠を歩く、ということになったのです。
今回は10人余りの先輩と御一緒だったんですが、実は私はその中のお二人しか知らなくて、ちょっと気が重かったんですが、この伊勢から入る熊野古道は、誘っていただいたときでないと行くことがないだろうと参加することにしました。
ところで、この熊野市って、関西から行くとすご~~く遠い感じがします!
まず、近鉄で松阪まで行ってからJRに乗り換えて熊野市まで行くことになるわけで。
これって紀伊半島を横断した後で紀伊半島を半分ぐらい南下するイメージで、我が家から熊野市までまっすぐ行ったら、直線距離は半分ぐらいかもしれません。
それができないのは、紀伊半島南部が紀伊山地に属する外帯山地で、ほぼ山また山(汗)大台ケ原や大峰山は奈良県内にその最高峰があって、山越えがとっても大変なせいですね。
そのうえ紀伊半島の海岸線には平地はほとんどなく、JRはひたすら海のそばを走ったわけですが、その海岸沿いの線路には山が迫っていて山ほど(笑)トンネルがありました。
それなら、と紀伊半島の西側の海岸線を下っていっても所要時間はあんまり変わらないそうです。

とは言っても、12時頃に家を出た私が熊野市駅に到着したのは午後四時ごろ。
d0007913_20433878.jpg
これを遠いというかどうかは、日頃が都会暮らしか、田舎に住んでるか、によって違うようです(笑)
それに、松阪からは先輩と合流したので、それからの二時間ほどはず~~っと喋りっぱなしで楽しくて、ちっとも遠いとは思いませんでしたわ☆

熊野市の駅前には、語り部の先輩とこの日の宿泊場所 里創人熊野倶楽部のバスが待っていてくれました。
バスが海岸線を走っていると窓から獅子岩が見えました!
d0007913_20424126.jpg

こういう風に動物の名前のついた岩って、時には首をかしげたくなったりするんですが、これはほんとに獅子が海に向かって吠えているように見えました!
天然記念物で世界遺産に指定されてるって聞くと、それはそうでしょう~って感じ♪

山を登っていくと山の上の方に熊野倶楽部に到着したんですが・・・・空模様がイマイチで・・・明日古道を歩けるかが不安になってきました。
d0007913_2044426.jpg
熊野倶楽部は広くて新しくて、スタッフさんがとってもフレンドリ~♪
d0007913_20441827.jpg

私たちの部屋は「桃」という名前で、私たちはこの部屋に二人で泊まりましたが、4人ぐらいは泊まれる感じ。
d0007913_20444911.jpg
お部屋のテラスからは向かいの山の眺めが見事でした。
d0007913_2045275.jpg

お風呂は内風呂もありましたが大浴場はすこし下った先にあって。
先輩と二人でぶらぶら歩いて夕方の空の下、露天風呂を楽しみました。

この旅行の目的は熊野古道ですが、実は先輩後輩の親睦を深めるためのものだそうで、そうなるとメインはやっぱり宴会でしょ(笑)
というわけで、宴会へ突入です~~!!
これがメニュー、お酒は飲み放題だからいくら飲んでも良いわよ、と先輩(笑)。
分かりました~~と割り勘負けしたことのない私はニコニコでしたわ・・・・・

これがメニューです。
d0007913_20455387.jpg

前菜
d0007913_20461149.jpg
サンマのバジル風味
d0007913_20462443.jpg
これはワインにぴったりでした!
お造り
d0007913_20463631.jpg

このあたりでお酒の登場ですが、この熊野三山と言うお酒はほんとに美味しかった~☆
d0007913_20465126.jpg

メインの熊野牛のステーキ。お魚をチョイスすることもできるようでしたが、熊野牛って美味しかったですよ
d0007913_2047488.jpg

秋ナスと熊野地鶏の肉みそ。このお味噌が美味しくて、これをなめるだけでいくらでもお酒が飲めそうでしたわ(酒飲み好み?)
d0007913_20472838.jpg

この後むかごご飯とみそ汁があってデザート。むかごって初めてでしたが、栗の柔らかいのみたいなホコホコした感じでした
d0007913_20474667.jpg

宴会の一番末席で先輩と二人でひたすらお料理に舌鼓を打ち、お酒を酌み交わしてはぐびぐび(笑)
実に楽しい一夜でした~♪
これが全員の記念写真
d0007913_20482369.jpg
恥ずかしながら、半分ぐらいの人しかお名前が思い出せませんが(汗)皆さん、とっても楽しそうでしたわ☆

さて、私と同室の先輩は大変行きとどいた素敵な方で、この熊野市には丸山千枚田というのがあると調査済み☆
この千枚田は日本の棚田百選にも選ばれていて、日本でも最大規模のものだそうなんですが、宴会で酔っ払ってるさなかに、語り部の先輩に、翌朝朝一番で連れて行って下さるように交渉して下さいました!

翌朝起きてみると空は真っ黒でしたが、雨はまだぽつぽつ程度。
お約束の7時より早く語り部の先輩が迎えに来てくださって、千枚田へ出発しました。
どうも私たちの予想より千枚田は遠かったらしく、車がすれ違えるかどうか、という細い山道をぶっとばして走ること30分弱。
眼下に見事な風景が広がりました!
d0007913_20493717.jpg

一枚の田んぼの小ささと、それを積み重ねてできたこの風景に、しばし言葉もありませんでした。
違う角度から見るとこんな感じ。
d0007913_20494528.jpg

かつてはこのあたりを木の国と呼んだそうですが、いかにもと言う山の深さで、山のそこここからも川筋からも白く霧が上がって流れていました。
語り部さんによると、この辺りは日本でたった一か所、インドのアッサムから持ち込んだ紅茶が根付いたところだそうで、それはこの辺りの霧の多い気候がアッサムのそれと似ていたからでしょう、とのことでした。
帰り道を行くと雨脚がひどくなってきてて、ザザぶり…
熊野倶楽部に戻って朝食。
d0007913_20502845.jpg


朝食を終えても雨は上がる気配もなく、って云うかどんどんひどくなる一方で…・
熊野古道の松本峠を歩くことは無理、ということになり、花窟(はなのいわや)神社へバスで送っていただくことになりました。
花窟というのは、イザナミノミコトがカグツチノミコト(火の神さま)を産んだ時に焼かれて亡くなった後根の国に葬られた、と古事記にある日本最古の神社だそうで、世界遺産に登録されています。
御神体はそのイザナミノミコトを葬ったといわれる窟のある岩そのものだそうです。
土砂降りの向こうに古色豊かな鳥居☆
d0007913_20512294.jpg

この神社は御神体の岩の上から、花や扇子などを結び付けた170メートルの長さの縄を、境内南隅の松の御神木にわたす縄掛け神事でも有名だそうで、その縄の余った分(?)をここに巻きつけてあるんですね。
d0007913_20521470.jpg

悪天候のせいでよく分かりませんが、そのお縄の飾りつけ・・・・見えにくいですね。
d0007913_20521412.jpg

御神体はとにかく大きな岩でした!
d0007913_20524137.jpg


この写真でもわかるように、とにかくひどい雨で、足元を雨が流れ、ついには警報らしきサイレンが響くというありさま。
神社前の土産物店でお土産を買ったりお団子(美味しかった!)を頂いたり、色々してるうちに、JRが尾鷲で立ち往生しているというニュースまで流れました(汗)

神社から熊野倶楽部に一度戻り昼食の後、JR熊野市駅に戻ってみたら、ニュースの通り確かにJRは遅れておりました(劇汗)
それでも、仲間があるというのはありがたいもので、先輩と一緒にあれこれ色々お喋りしてると時間がたつのは早く感じられ、結局一時間半ほど遅れただけで無事帰宅できました。

雨にたたられはしましたが、先輩のおかげで美しい景色を見、美味しいお酒を酌み交わし、心は学生時代に戻って、なんとも良い時間を過ごした旅でした。
[PR]
by nagiwi | 2012-11-01 20:52 | 旅行 | Comments(6)

秋三題

10月も半ばとなって、本格的な秋が到来したので、秋らしい行事を3つばかりやっつけて(笑)きました☆

まずは芸術の秋。

10月14日、京都観世会館であった河村禎二追善別会を見てきました☆
d0007913_22553652.jpg
これが観世会館。
平安神宮のそばにあって、客席数は500余り。
一般に能楽堂は席数が少ないため、演者の息づかいまで聞こえるような臨場感があります。
私は学生時代に少し能をかじったことがあって、その時に今回シテ(主役)を務められた能役者さんとお知り合いになりました。今回はその当時の先輩や後輩の皆さんに誘っていただいて、久しぶりに観世会館に足を運んできました。
当時はお互い学生同士だったので気楽なものでしたが、彼は数十年の時を経て(笑)鸚鵡小町を披かれた(初めて演じられた)んです・・・・この鸚鵡小町と言う能は100歳過ぎた小野小町が主人公と言う「老女もの」と呼ばれる範疇に入り、家元のお許しがないと演じられませんし、そのお許しはそう簡単に出るものではないと聞いています。
d0007913_2318318.jpg
館内は撮影禁止ですが、始まる前に、そっと撮りました・・・まずかったかな~・(汗)
私の席は橋掛と言う舞台と幕の内側をつなぐ通路の真横(この通路は「あの世とこの世をつなぐ橋」だと私は思ってます…・)
舞台の正面に描かれてるのは影向の松。
この現物は(笑)春日大社の参道に有りましたが、今は枯れて新しい松が植えられてますね。
能は、日常生活とは違うリズムを持っているように感じられ、番組が進むにつれて、その非日常的な時間が心地よくなって・・・・・ついつい居眠りしたりしましたが(汗)
久しぶりの観能で、充実した時間を過ごせましたわ☆
そのあとは先輩後輩と一緒に会食し、遠慮会釈のない会話を十二分に楽しんで帰宅の途に着きました!

次には祭りの秋です☆

10月15日は石上神宮の布留祭りです。

このお祭りは田村渡とも呼ばれていて、朝、田町(旧田村)から従者を連れた稚児が馬に乗って御幣を担いで石上神宮まで参詣します。
その後神宮で例祭を行うんですが、この時稚児は今年の新米の稲束を奉り奉幣の儀を行います。
それが済むと昼食となり、昼食後に田町の厳島神社(お御旅所ですね)まで片道4キロを,
御霊代を載いた御鳳輦とともに,総勢200人の時代行列を繰り広げるんですよ。
私はその田町に住んでいるのでおなじみの秋祭りなんですが、今年はうちのトミーちゃんが隣組(カイト、と呼びます)の世話役が当たって、この行列の従者となって参加しました。
従者姿の夫の雄姿です(笑)
d0007913_1831145.jpg

これが朝田村から参詣するお稚児さんと従者村人一行ですね~。
d0007913_1832591.jpg

で、この後普通なら、御鳳輦の時代行列の写真や説明があるべきところなんですが…・私は夫の身支度を手伝って送り出した後、即座にお出かけし(汗)一日遊んできました(汗、汗)
息子たちは二人とも子供のころにお稚児さんとなって馬に乗せていただいたというのに、
誠に罰当たりな母でございます(劇汗)

そして三題目は、食欲の秋です!

お祭りにトミーちゃんを送り出した後、矢田寺近くのお知り合いの山荘でのランチパーティに参加、
美味しいものをしこたま頂いて、お喋りの花を咲かせてまいりましたのよ~♪

d0007913_18271385.jpg
この山荘にはいつも素敵なお花が活けてあります。
d0007913_18274613.jpg

お部屋のしつらえ。テーブルに敷かれているのは昔の帯ですね。
お料理は西ノ京の山代屋のシェフが出張してこられてます!
お昼ですけど、赤ワインを頂きましたわ☆
d0007913_182885.jpg

オードブル・・・・パテ、にし貝、さんまのマリネ、ワカサギのエスカベージュ、白アスパラ、バケットに乗ってるのはココナッツの甘みが効いたグリーンカレー!めっちゃワインに合います☆
d0007913_18283661.jpg

パスタ・・・・マッシュルームの風味が秋らしい☆
d0007913_1829310.jpg

魚料理はイトヨリのポワレ、牡蠣のリゾット添え・・・・このリゾットはほんとに美味しいです~牡蠣、大好きだわ♪
d0007913_18293399.jpg

肉料理はフォワグラを添えたヒレステーキ・・・・・フォワグラの濃厚な風味が、ワインを呼んでました(笑)
d0007913_18295139.jpg

デザートは、アケビとチョコレートケーキとアイスクリーム・・・・アケビ、珍しいですよね~、きれいな紫色で季節感満載でしたわ!
d0007913_18311444.jpg

山代屋のお食事がおいしくて、集まられた皆さんの会話が、芸術の話や教育の話や健康の話とそれはもう多岐にわたって楽しくて、あっという間に時間が経ってしまいました。

夕方帰宅してしばらくすると、布留祭りが終わったトミーちゃんが、お下がりのお神酒や野菜などを頂いて帰宅してまいり、ありがたやありがたや、でございました。

実に充実した秋の日々でございました、はい。☆
[PR]
by nagiwi | 2012-10-16 18:08 | 雑記 | Comments(2)

昨年の秋、かのミシュラン・ガイドに奈良県版が加わり、三つ星1、二つ星3、一つ星21店舗のお店が掲載されましたね~。
その中で一つ星を貰ったラ・カシェットに連れて行って貰いました!

このお店は、学園前の閑静な住宅街のどまん中で、メイン道路から外れたある意味裏通りにあって。
隠れ家的、ってよく言いますが、ほんとに御近所でなければ気がつかないような立地条件の、小さな、でも瀟洒なお店です。
d0007913_1142120.jpg

今回連れて行って下さったお友達は、ここから徒歩数分のところにお住まいで
「お誕生日とか、お客様とか、何かある時にはここに来るのよ」と仰ってました。

私たちが行ったのは平日のお昼の12時頃でしたが、20人位入る店内は、満席。
予約してもらってないと無理だったでしょうね~。

今回いただいたのは2800円のランチコース。

最初に出てきたのは、フロマージュのサブレ。
お皿はマイセン、カトラリーはシルバーでしょう?
d0007913_115698.jpg


これって、鱧なんですよ!!
一口一口しっかり味わっていただきましたが、
「何で味つけてるって分からないけどメッチャ美味しいね~~~」と意見が一致しました。
d0007913_1145819.jpg


かぼちゃのポタージュスープ
この日は10月と入ってもまだ暑かったので、冷たいスープがピッタリでしたわ☆
d0007913_1153576.jpg


自家製パン
ハーブを練り込んだのが、軽くて良い感じ~♪
d0007913_1152823.jpg


メインは、お肉二種類(鴨と白金豚)とお魚(これは一種類だけ・・・・ホタテだったかな?)から選べましたが、私は鴨をチョイスしました。
柔らかくて癖がないけどほのかな野性味はあって、美味しゅうございましたわ。
付け合わせのサツマイモのチップスが良いアクセントになってました。
d0007913_1161251.jpg


デザート
カラメルが香ばしくて、程よい甘み。
d0007913_1161042.jpg


コーヒーと焼き菓子
d0007913_1165091.jpg


私的には、前菜の鱧がとにかく美味しかったです~♪
白のグラスワイン(チリ産だったかな)を頂きましたが、良くあってましたわ。

この学園前一帯はオシャレで上品な住宅街で。
お料理はコクはあるけど脂っこくなくて、品の良い店内の飾りつけや環境と相まって、いかにも学園前らしい、って感じでした☆

こういう所に住んで、こういうお店にぶらぶら歩いて夕食に来て、美味しい食事とワインをしこたま頂いて、
酔いをさましながら歩いて帰れたら良いのにな~、と痛切に感じました☆
・・・ベロンベロンになって抱えられて帰ったりして(爆)

このお店は有名ではありますが、ホームページなどもなくこじんまりとやっておられるようで、そこがまた良い感じでしたわ♪
[PR]
by nagiwi | 2012-10-06 11:08 | 奈良 | Comments(1)