9日は朝早めに起きて朝ごはんを食べ、空港へ。
ブルネイに行くのです☆

ひろこさんはキナバル山の写真が撮りたかったのにずっと曇ってたんですが、
この飛行機の窓から撮れました・・・わかるかな?
キナバル山は標高4095メートル、ボルネオ島の最高峰です。
d0007913_13221252.jpg
コタキナバル~ブルネイ間はマレーシア航空とロイヤルブルネイ航空の共同運航で、
飛行時間は50分ほど、となってるんですが、
実際には飛び立って降りるまで、20分ぐらいかしら。
名古屋と大阪間、って感じ?
とにかく近いです☆

ブルネイのバンダル・スリブガワン空港では、アルコール持ち込みの申請をしました。

ブルネイは英連邦の一員ですが、結構厳格なイスラム教国なので、マレーシアでは可能だったホテルでもアルコールは禁止です。
ただし、イスラム教徒でない人がアルコールを持ち込んで、部屋の中で飲むことは可能だとか。
だから、アルコール持ち込みを申請してそれを室内で飲むのはOKです☆

ブルネイはとても小さな国ですが、石油や天然ガスのおかげでとってもお金持ち☆
所得税も教育費も医療費も無料だそうで、GDPは日本以上・・・・と聞いていたので、興味津々だわ☆

空港には友人が迎えに来てくださってて、そのまま市内観光へ。
お目にかかるのは数年ぶりですが、ご無沙汰の時間をあっという間に飛び越えて、
相変わらずテキパキと有能感満載で懐かしい♪
まず第一に連れて行ってもらったのは、布地やさん!
一枚、帯にできるようなバテックの生地が欲しいと思ってたので、自分の目がらんらんと輝くのがわかりましたわ(笑)
青色地の花柄の生地を買い込みました☆

次に行ったのは、市場。
d0007913_13224349.jpg
知ってる野菜も知らない野菜も、たくさん並んでました。
d0007913_13223279.jpg
魚市場には、美味しそうなカニにエビ☆
d0007913_13225125.jpg
コタキナバルに比べると、広くて清潔でした。

次に向かう途中で雨が降り出しました。
さすが南国の雨期、ドバ~~~って感じ!
それで予定を少し変更して、先にランチをしてから、王室資料館に向かうことに。
ランチはブッフェスタイルでした。
私の前には、いろんなものを取ったお皿と麺の鉢がありますが、
この麺はフォーとも違う、どっちかっていうと中華麺でした。
d0007913_13284918.jpg
マレーシアでもブルネイでも、12月は冬休みだそうで、このレストランも子供連れでいっぱいでした。

住宅街の中にいきなり現れたオオトカゲ(?)
1mぐらい?もっと大きい?
d0007913_13230965.jpg
いつもこの辺にいるそうです・・・・・

王室資料館は、今の王様に関する資料が収蔵されてるんですが、どこを見ても、
金、大理石、金!
d0007913_13232060.jpg
凄いですね~、戴冠式の時の王様の乗り物だそうで、この金もホンモノだそうです(汗)
d0007913_13232925.jpg
富に圧倒されましたわ・・・・・

つぎに、ブルネイ川にある水上集落見学(カンポン・アイール)へ。
d0007913_13233919.jpg
船着場からボートに乗ったんですが、これが、まあ、早いのなんの!
暴走ボートって感じ?(笑)
d0007913_13235083.jpg
水上集落って言葉からは、ニッパ椰子で屋根を覆った木造の家々、を連想しませんか?
実際には、現代的な建物が立ち並び、集落には学校もモスクもあります。
とは言っても、家から家には、手すりのない木製の橋を渡っていくんですよね。
ちょっと怖かったわ~。
ここでは、現地の方のお宅訪問!
お茶とお菓子も出ました。
椰子の葉で巻いて蒸したお菓子や、カスタードみたいな緑のお菓子や、カステラみたいなものとか。
この緑色は、バンタン・リーフという木の葉で色付けしたものらしくて、
パンにも、ジャムにも、色付けとして使われてるそうです。
そういえば、コタキナバルのホテルで鮮やかな緑色のパンがあって、
何で色付けしたのか聞いてみたら、バンタン・リーフと。
このあたりでよく使われるらしいですけど、鮮やかな色がいかにも南国的!
d0007913_13240087.jpg
屋内は思ったより広々してて、特にリビングルームはたくさんのお客さんを招けるようになってました。
イスラムのラマダン明けの時など、親せきやお知り合いがお互いを訪問しあうそうで、
そういうときにはこの広い部屋で、ご馳走が振舞われるんでしょうね。

このあと、ブルネイ川をボートでマングローブを見学。
d0007913_13241313.jpg
これがマングローブ。
マングローブって、海水か汽水の波の少ない所に生えてて、大気中に根を出して呼吸する(気根)そうです。
この木から垂れ下がってるのがその気根。

町からほんの10分かそこらの距離を行っただけなのに、ワニやテングザルがいました。
d0007913_13242562.jpg
雨のせいで水は濁ってますが、川面に映る木々の姿も美しい。

この後、モスクへ。
d0007913_13243883.jpg
これは新モスクかな?
旧モスクかな?
忘れちゃいましたが(汗)絵のようです☆→上の写真の水上のでっかい玉ねぎが旧モスクで
大小いろんな大きさの玉ねぎさんが写ってる下の写真は新モスクだそうです!(12月23日追記)
d0007913_13244853.jpg
とにかく、ゴージャスの極みです。
d0007913_13245699.jpg
これは王宮!
王様は車がお好きだそうで、王宮の地下には2000台のコレクションがあるそうです!!
d0007913_13250685.jpg
門前にはブルカ兵が二人門衛を務めていて、時々かっこよく動いてました☆

この後、友人宅にお邪魔して、夕食をご馳走になり、泊めていただきました。
あ、ワタクシ、友人宅のプールでひと泳ぎさせていただきましたわ~~ん♪

プールにポカ~~んと浮かんでると、青い空に白い半月がかかっていて。
それが少し時間が経つと、空は紺色になり、月は黄色に色を変えていました。

赤道直下のプールに浮かんで見た黄色い半月を、私はきっと忘れないでしょう。










[PR]
by nagiwi | 2016-12-22 15:16 | 旅行 | Comments(4)

恐れていたマレーシア航空の飛行機は、お食事もおいしくて、
フライトアテンダントさんの制服はマレーシアのバテックでとっても綺麗だし、
何より定刻通りにクアラルンプール着、乗り継ぎもスムーズにコタキナバルにつきました。
飛行場には、お願いしてあった日本語のガイドさん(すごく流暢!)付きの送迎の車が来ており、スムーズにホテルへ!
この旅行中、ホテルは大きめのツインの部屋にエキストラベッドを入れてもらうよう頼んでありました。
外国のリゾートホテルはシングルの部屋が少ないかわり、エクストラベッドは普通に入れてもらえることが多いようです。
それに、三人で一室のほうがお値段的にもお得☆
この後ずっとこの方式で泊まるので、エキストラベッドに寝る人はローテーション、ということにしました。

これがロビー。
マレーシアもクリスマス仕様でした。
d0007913_17020095.jpg
ホテルにはプールもあるし
d0007913_17065885.jpg
レストランの壁面には伝統的な織物がディスプレイされ
d0007913_17072233.jpg
朝ごはんはビュッフェスタイルですが、麺類から炒飯からコンチネンタルブレックファストから甘いケーキまで、なんでもあり!
このお皿は最初の一皿で、この後、何度お代わりをしに立ったことか。
もう満腹だ~~!!
d0007913_17232145.jpg
満腹になったところで、市内観光に。
昨夜空港に迎えに来てくださったガイドさんが、この日もガイドしてくださいました。
これは市立モスク。
d0007913_17243607.jpg
海の水を引き込んだ池(?)の上に立ってます。

マレーシアはマレー半島とボルネオ島の北部からなる国で、元はイギリスの植民地。
第二次世界大戦中は日本の植民地だったこともありますが、現在は英連邦の加盟国だそうです。
クアラルンプールはマレー半島にあって、ここ、コタキナバルはボルネオ島最大の都市でサバ州の首都。
マレーシアって多民族国家で、マレー系、中華系、インド系と、たくさんの先住民族で構成されてて、多数派のマレー民族はイスラム教を信仰してるとか。
その他の民族はそれぞれの信仰を持ってるので、イスラム系のレストランではお酒は禁止だけど、ホテルや中華系のレストランではお酒が飲めます!
ただ、イスラム教の人と結婚したら、男女にかかわらずイスラム教にならなくてはいけないらしい。
ガイドのファビアン氏は先住民族の出身でクリスチャンなんですって。

次はその中華系の人の建てたお寺に。
d0007913_17244568.jpg
お~~、いかにも中華風!
d0007913_17245678.jpg

反り返った屋根が幾重にも重なって、きれいです☆
d0007913_17251438.jpg

そして、お庭には色鮮やかな花々が。
見たことのあるような花ですが、名前がわかりません。
この後ずっと、いろんな花を見ましたが、私には名前がわからなくて悲しい(涙)
ひろこさんは一生懸命写真を撮って検索されてましたわ☆

次に行ったのは博物館♪
d0007913_17253531.jpg

サバ州立博物館です~。
博物館、大好き☆
d0007913_17254968.jpg

建物の前の傘状のもの、アフリカでもこんな感じの傘がありましたわ。
暑い国に共通の材料と手法かな。

この中で見たものの中で一番衝撃的だったのは、首狩り族!
サバ州では100年ぐらい前まで首狩りの風習があったそうです。
結婚するには誰かの首を取ってくる必要があったらしい。
首を取った相手の力が自分のものになると思われてたんでしょうね。
とった首は匂いをごまかすためハーブと交互に並べて軒に干してあったとか(汗)

広い博物館だったので、もっとゆっくりしたかったんですが、動物園に移動。
d0007913_17260674.jpg

これは、姫猩々椰子、というそうです。
茎が赤くて、まるで何か色を塗ったみたい。
以前にベトナムでもこれを見たことが思い出されます。
南国では普通にあるようで、この後あちこちで見かけました。

動物園には、世界で一番小さい象
d0007913_17262063.jpg

森の哲人・オランウータン
d0007913_17261462.jpg

テングザル
d0007913_17262634.jpg

そのほか、ハリマオ(マレー語でトラのこと・・・・昔そういうタイトルのテレビ番組がありましたが、動物園のハリマオは水遊びしてました)(笑)や、世界で一番小さい熊というマレーグマ、などなど、いろんな動物がいて、いろんな花が咲いてて、面白かったです☆
この動物園は昔はゴムのプランテーションだったそうで、広くて、のんびりしました。

この後、ランチは中華の飲茶。
中華系のレストランだったので、ビールで乾杯したのは言うまでもありません(笑)
で、お土産物屋さんに行って、あれこれいろいろ買いこみ、一度ホテルに戻ったあと、街歩きに。
かるほさんは郵便局で自分宛てにはがきを書いて送ってました~。
いいアイデアですね☆
……めんどくさいので自分ではやりませんが(笑)・・・・・

これは、地元のウエットマーケット
d0007913_17263839.jpg

野菜、魚、肉などが所狭しと並んでてとっても面白かった!!

ハンドクラフトマーケットなども見てたら、雨がぱらぱらしてきたので
ホテルに戻りました。

この日の夕食はルームサービスでサンドイッチとウイスキーを頼んだんですが、
ここでちょっとしたトラブルが。
部屋にルームサービスのメニューがない!
フロントに電話したら、
「無くても大丈夫!何が欲しいか言ってください」
??普通、メニューを持ってくるんじゃ?と思いつつ
「何があるの?」と聞くと
「サンドイッチにパスタに、なんたらかんたら」
後半はうまく聞き取れないし、面倒になって、サンドイッチとウイスキーを頼んじゃいました。
このサンドイッチが思いのほかおいしくて。
さすが元イギリス領?

お腹がいっぱいになると瞼が下がってきて、早々にベッドにもぐりこみました。

平気なつもりでも、結構疲れてたんだなあ、私。








[PR]
by nagiwi | 2016-12-22 11:49 | 旅行 | Comments(0)

12月6日から11日まで、ボルネオ島のコタキナバル(マレーシア)とブルネイ・ダルサラーム国へ行ってきました☆

奈良大学の通信制に通っていたころの友人がブルネイに赴任中なんですが、
彼女が来年の春ぐらいには帰任するそうで、それまでに一度来ませんか?と
誘ってくださったのです。
お誘いを受けた途端、私的には、
行きたい!!
ブルネイなんて、誘ってもらわなければ一生行くことのない所やし、絶対行きたい!!!と
気もそぞろ(笑)
幸い、かるほさん、ひろこさんという良いお仲間も一緒に行けることになって。
ルンルン気分で飛んで行った、というわけです~♪

ちなみに、ボルネオ島はインドネシア、マレーシア、ブルネイ三国の領土で
インドネシア領が一番広くて人口も多い(1150万人ぐらい)
次に広いのがマレーシア領で人口500万人~600万人ぐらい
そして、ブルネイ・ダルサラーム国は面積は三重県ぐらいで人口は40万人・・・・・小さい!!
でも、石油とか天然ガスががっぽり出るので、とってもお金持ちの国らしい☆

当初は二泊三日ぐらいでブルネイにだけ行こうかと思ったのですが、
彼女から「シンガポールかコタキナバルに寄って行ったら?」という助言を頂いたので、
コタキナバルにも少し寄ることにしました。
幸い彼女から、コタキナバルとブルネイでのツアを扱っていて、日本語の通じる旅行会社
を紹介して貰えて
三人の中で一番暇な私が旅程を練ることにしました。

ネットで航空券を色々チェックして、
関西空港~クアラルンプール(トランジット)~コタキナバル(二泊)~ブルネイ(二泊)~クアラルンプール(トランジット)~関西空港
というマレーシア航空のチケットを予約しました。

旅程としては
コタキナバルには6日夜の9時ごろ到着なのでホテル・ハイアット・リージェンシーに直行。
7日午前中は、ツアで市内観光と動物園に行き、午後から市内をうろうろ、ハイアット泊。
8日はコタキナバルからブルネイへ。
友人と合流して市内観光、彼女宅泊、旧交を温める
9日はブルネイ領のテンブロン国立公園という熱帯雨林を探索、ジ・エンパイア・ホテル&カントリークラブ泊
(ジ・エンパイアホテルは、世界に二つしかない七つ星ホテル!の一つ!ん??ななつぼし??すごいよね?!?)
10日、午前中は七つ星ホテルを堪能、帰国の途に就く
という計画にしました。
こう書くと、ハイアットに二泊して、その上七つ星ホテルに泊まるなんて、ものすごいゴージャスなお高い旅行、って感じですよね(汗)
でも、お値段のことを言うと、コタキナバルのハイアット・リージェンシーは「世界で一番安いハイアット」と言われてるとか。
マレーシアの物価が安いのでそうなるんだと思いますが、奈良のビジネスホテルよりまだ安い!
(このときはまだ知らなかったんですが、もんの凄~く豪華な朝ごはんがついてました!)
エンパイアホテルも、東京のビジネスホテルより安い・・・・・ウソだ~と思われる方は、検索してみてくださいませ。
余りのゴージャスさとお安さにのけぞること、請け合います(笑)

で、マレーシア航空なんですが。
一昨年でしたか、二回ぐらい墜落してます(汗)
その後経営状態は悪くなるし、当然、ネット上の評判は相当ひどい…
一番いやなのが「しょっちゅう遅れる」「後のケアがない」というもので。
だって、往路のクアラルンプールでのトランジットが2時間しかないんです・・・・
クアラルンプールはそこまで大きな空港じゃないので、二時間あれば大丈夫なはずだし。
普通、同一航空会社間のトランジットは問題なくできる(遅れても待っててくれるか、次の便に乗せてくれる)のが常識なんですけど・・・・
ネットの口コミを読んでるうちにみんな不安になってきて(汗)
時折クアラルンプールに仕事で出かける友人に問い合わせたところ、
1、同一航空会社間の乗り継ぎは待ってくれるのが普通。
2、天候の問題がなければ、関空発の国際線はそこまで遅れない(機材トラブルがあっても予備機がスタンバイしてるはず)
遅れるとしたら国内線。
3、もし、関空からの飛行機が遅れたら、早めに飛行機を降りて、最短距離で乗り継ぎデスクに行き、一番短い列に並び、
それでもヤバそうなら係員を捕まえて「私の飛行機が行っちゃう!」「先に私たちを通して!」と叫びなさい。
日本人の好きな謙譲の美徳はあかんよ!
と言う有難いご託宣を頂きました(笑)

このご託宣を胸に、真冬の日本で真夏の身支度ををパッキング。
だって、ボルネオ島って北緯一度、なんですよ!
つまり、ほぼほぼ赤道直下で、一年中真夏、ってことですね☆
ボルネオ島は丁度雨期なので、着替えは多めに居れなくちゃだし、雨具は要るし、
熱帯雨林を歩くからそれ用の靴もいるし、街歩き用のサンダルは必至だし、
「お土産、何にしましょ?」と聞いたら「ワイン」だったので、結構大きなスーツケースが満杯になりましたわ☆

そして、私的に最大の関門がこの「熱帯雨林探索」で。
旅行社の英語のページには
Walk on elevated pathways to climb the Canopy Walkway
つまり、キャノピーウォークに上るために、上り下りのある道を歩く、と書いてあるだけなんですが、
他社の情報を検索してみたところ、
約60mのつり橋を渡り、900段の階段を登った後、
高さ50m長さ80mの鉄塔(これがキャノピーウオークらしい)に登って熱帯雨林を見下ろす、と(劇汗)

自慢じゃありませんが、ワタクシ、高い所は嫌いです!
つり橋はもっと嫌いだし、
階段を登るのは、大、大嫌いです!!!!
でも・・・・・・熱帯雨林は行ってみたい・・・・・
それに、同行のひろこさんは森林インストラクターで植物の専門家だし
一緒に行けば、きっといろんな面白い植物が見られそうだし・・・・・
ここで行かなければ、一生熱帯雨林に行くことなんてないわ!!
と心を決めました☆
いつも私を動かすのは、好奇心、なんですよね☆

でもでも、同行の三人の中では私が一番年上で、なおかつ、登りが一番苦手なのも私。
途中でへたばって、迷惑をかけてはいけないので、行くと決めてからは、
1、階段を見たらエスカレーターやエレベーターは利用せず歩く、
2、朝ごはんのあと軽いスクワットを少し(続きませんでしたが)(汗)
3、つま先立ち
をやろう!と心がけました。
スクワットは続きませんでしたが、階段って、その気になれば結構あるもので、
例えば地下鉄の駅から地上まで階段で行くと、100段ぐらいはあったりするんですね~。
地道に階段を登ってると、900段も何とかなりそう!という気持ちになれたのは大きかったです☆
つま先立ちは「足の親指で地面を掴まえられると階段は楽だから、つま先立ちしてみたら?」という
スポーツをやってる友人のアドバイスに従ったものでしたが、大正解でしたわ~♪

遊びにおいで、と言って頂いたり、飛行機乗り継ぎのアドバイスを貰ったり、つま先立ちを教えてもらったり
持つべきものは友達ですね♪

なんだかんだとやってるうちに、12月6日☆
関空で三人会って、機上の人となりました~!

マレーシア航空は手荷物の重量制限が30㎏で、助かりましたわ・・・・











[PR]
by nagiwi | 2016-12-21 15:11 | 旅行 | Comments(0)

2月もはや8日・・・・

私のパソコンは年末におかしくなるのが恒例だったのですが、昨年末は無事に乗り越えられてほっとしてたのに、
1月中旬からおかしくなりだし、とうとう危篤になったので、新しいのを購入。
現在データの移動と慣らし運転中です☆
古いのは10年近く使ったし、なにしろvistaなのでサポートも来年までになってました。
新しいのはセットアップも簡単だし、使いやすいのですが、
これまでがDELLだったのが今回のは東芝で、あんまり使わなさそうなソフトがたくさん入ってます。
やっぱりどのソフトも一応チェックしたほうがいいかな~。

1月には奈良検定がありましたが、落第は決定的・・・・・今年はお勉強が足りなかったので、やむをえません。
年々むつかしくなる気がしますが、まだ過去問からは出ませんね。
私的には、過去問から出るようになるまで頑張り続ける予定です。
・・・・・来村先生と根競べかしら?(笑)

先日私の兄弟家族が集まってお食事に行ってきましたが、そのあとで、「プティ・マルシェ」の古墳ケーキをゲットしてきました!
d0007913_1419417.jpg

「発掘調査中」の立て看板と、スコップは義妹のプレゼントです☆
d0007913_14195914.jpg

立て看板の反対側は「現説開催中」
d0007913_1421481.jpg

古墳は三段築造で、中にはカシューナッツの埋蔵品が入ってました♪
d0007913_14291058.jpg

気分が上がります~~!!
[PR]
by nagiwi | 2016-02-08 14:29 | 奈良 | Comments(4)

今年もよろしくお願いいたします。

年末はさすがに少し冷え込みましたが、お正月は穏やかな良いお天気。
我が家では28日から次男一家が帰省し、30日には長男一家も合流して、
嵐のような怒涛の、もとへ、賑やかで楽しい(笑)年末年始となりました。

1年生の柘榴石ちゃんと5年生の瑠璃くんは日本で過ごすお正月は6年ぶり。
ほぼ初めて、ですね!
二人は色々お手伝いしてくれましたよ~。
柘榴石ちゃんの植えてくれたお正月用の寄せ植え。
d0007913_13242371.jpg

このほか、お節に詰める栗きんとんや花型ニンジンの型抜き、黒豆の味見、小豆の味見、にと、大活躍でした!

長男一家の桜姫ちゃんと玉姫ちゃんが到着すると、もう、大騒ぎ!
何時年を越したのか分からないほどの喧騒の中、新年を迎えました。

次男が、日本の習慣に疎い瑠璃くんに我が家の新年行事の段取りを説明せよ、と言うので
あれこれ説明し(うちの息子たち、子供のころはそんな話には耳を傾けなかったのに・・・)(笑)
まずはお墓参りに行ったあと、お仏壇に御雑煮をお供えしてお参り。
d0007913_1332072.jpg

(例年はぞんざいにお参りするんですが、今年はじいじも張り切って・・・・なんでお雑煮を仏壇の中に入れるの?おかしいわよ???)
お節を頂きました。
d0007913_13332960.jpg

これまではお嫁ちゃんが下ごしらえをしてくれて私が煮たんですが、
今年はお嫁ちゃんが煮てくれて、柘榴石ちゃん、桜姫ちゃん、玉姫ちゃんの孫娘三人が重箱に詰めてくれました☆
美味しい美味しいと評判が良くて、みんな沢山食べました☆

その後は孫娘三人組は着物に着替えて、写真をパチリ!
d0007913_13363934.jpg

いや~~~、これが夢だったんですよ~~~~♪♪♪
三人三様の個性があって、ほんとに可愛いったらありません☆

二匹の犬も連れて全員で石上神宮まで初詣。
d0007913_1339074.jpg

歩き慣れないせいもあって、皆さん優雅にお行儀よく歩いてます~~☆

と、ここまでは男性陣もナカナカお上品だったんですが、初詣から帰宅し、すき焼きをしこたま食べ、
グビグビ飲んだあとは・・・・・・こうなりました(汗)
d0007913_13415245.jpg

いやはや、ベッドパッドやシーツはどこへ行ったんでしょう?????

で、その部屋ではこんなことも・・・・
孫娘三人組にお茶をたてて見せてよ、とあらかじめ長男に頼まれていたので抹茶は買ってあったのですが
頼んだ本人はツブれてるし、部屋は散らかりまくっているんですが、
まあ、やってみたら、思いのほかみんな抹茶の味が気に入ったようで、
特に柘榴石ちゃんは熱心にお茶をカシャカシャたててました!
d0007913_1348145.jpg


今日は、じいじはゴルフだし、それぞれお嫁ちゃんの実家に御挨拶に行ったし、家には犬と私だけ♪
だら~~^と手足を伸ばして寝そべって、年末年始の疲れを取っています(笑)

さあ、今年はどんな年になるでしょう?
孫たちにとって、元気で幸せな素晴らしい一年になりますように!
[PR]
by nagiwi | 2016-01-02 13:53 | 雑記 | Comments(2)

田原の里


英会話の授業の後、先生が太安万侶の墓のある田原の里に連れて行って下さることになりました。

ナニをするにしても、まずは腹ごしらえ(笑)
白豪寺にある「花」http://www.hana-nara.com/top.htmlへ。
ここは昔 法蓮にあった「はちみつ」と言うお店でしたが、こちらに移転してもう数年たつでしょうか、塩麹と野菜、雑穀のお店で、いつ来てもお客さんでいっぱい。
今日のお料理は「花盆ミニコース」1850円
d0007913_11570714.jpg
相変わらず素敵な器に手の込んだお料理が綺麗な盛り付けられ、紫陽花の花も添えられてます☆

デザートの後先生の運転で田原の里へ。

太安万侶の墓に行くのは何年ブリでしょ~、35年はたってるわね~(汗)
稗田阿礼とともに古事記を編纂した太安万侶ですが、
私にとっては、このお墓が見つかるまでは、
お話の中の人、歴史の教科書で名前は見てもその実在を感じたことがなかったんですが、
お墓が発掘され、墓誌が発見されたことで、一挙に「本物の人」として感じられるようになりました!
それも遠い昔のことで(汗)現地説明会の日、長い長い列になって田原の里を歩いたことだけをぼんやり思い出します・・・・あれ以来一度も来てなかったんですよ・・・・・

なにしろ、田原の里は、遠い!
って言うか、バスの便、悪すぎ!
バス停からまだ歩くし!

だから、先生に連れて行ってもらえるのはほんとに嬉しい~~~~♪

白豪寺から30分足らず、到着。
道の横には綺麗なトイレも整備されていました。
が、人っ子ひとりいません(汗)

車を道路横に置いて、急な坂を登ると、心を洗われるような素敵な景色~
d0007913_12175489.jpg
梅雨とは言ってもこの日はちょうど良い曇り空で、風が心地よく、田原の里は美しい☆
d0007913_12191627.jpg
ここの茶畑でお茶の木の植え直しをしようとしていた方が、お墓を発見されたんですよね~。
d0007913_12211222.jpg
ちゃんと墓誌まで入ってて、太安万侶墓って断定出来たんだから、すごい!
その間の経緯はこちらをどうぞ。
http://www.pref.nara.jp/miryoku/aruku/kikimanyo/column/c12/

近年、河瀬直美さんの映画「の森」の撮影場所として有名になり、
外人観光客に「撮影場所に行きたい」と指定されることもあるそうですが、
この日は観光客の姿はおろか、車一台見かけることはなく
久しぶりの田原の里は、あくまで静かで美しく、心穏やかになりました☆

先生、ありがとうございました☆

おまけ
あじさいかりんと
矢田寺参道横で売ってたそうです。
d0007913_12291346.jpg
d0007913_12284884.jpg
カリカリ、サクサクでした。






[PR]
by nagiwi | 2015-07-06 12:31 | 奈良 | Comments(0)

子育てが終わって早30年近く、去年あたりから孫たちの運動会や発表会に誘ってもらうようになったんですが、
今回は次男一家の子供たちの運動会を見に、東京・・・じゃないな、神奈川に行ってきました。

プリンスくんの小学校は横浜市、プリンセスは地元川崎市の小学校なんですが、
もろ、同じ日に運動会があるうえに、息子はインドネシアに出張中で。
学校からのお知らせに、昼食は家族と一緒に取る、と書かれている、っていうことは、
そうです、それはやっぱり、私の出番でしょう!(ニンマリ)

運動会は23日なのですが、折角行くので、前日から行っていつものお友達えいこさんに会って、
東京で美味しい物を食べようと計画しました。
昼ごはんは新幹線の中で「近江牛のすき焼き弁当」
d0007913_1543922.jpg

渋谷で待ち合わせて表参道のカフェウエストでお茶。
いかにも東京のお洒落なカフェです~~~!!

去年の夏以来の再会にお喋りすることが沢山で、時間の過ぎるのを忘れました。

夕食は新宿御苑の中華の名店シェフスで☆
ここは、都内の中華ランキングで常に三本の指に入るそうです!

外観は特に目立つような物はなく、店内も白一色の清潔な感じで、中華って言う感じではありません。
注文を取ってくださったのは、多分、マダムだったんですが、
その注文の取り方がすごくスマートで、お勧めされるものが過不足なくて、要領がよくて、
なんだか良いんですよね~。
一品づつ、ゆっくり時間をかけてアツアツが提供されます。

赤ピーマンのマリネ。
d0007913_15155035.jpg

美味しい!!!
海老の香り蒸し
d0007913_15164316.jpg
おつゆが美味しいから余さず食べてほしい、とご飯を添えてくださいました☆
汁のうまみを吸い込んだご飯がたまりませんでした~。
この後春巻きを食べた後
d0007913_15182870.jpg
焼きたてのチャーシュー☆
焼きたてのチャーシューなんて初めて食べましたが、柔らかくてあっさりしてるのに味わい深い♪
d0007913_1522231.jpg
海南鶏☆
油林鶏と似た感じですが、あっさりしてて油臭くないのでお聞きしたら、オリーブ油とワインを使ってるとか。
美味しいなんてものじゃありませんわ☆
これにもご飯を入れてもらってサービスのメンマと一緒に食べたら、もうお腹いっぱい!

ですが、デザートは入りました(笑)
d0007913_15253749.jpg

この後、いつもの新宿のバーで軽く飲んで、予約してあったホテルに戻りました☆

さあ、翌日は運動会です!

お嫁ちゃんと相談して、午前中は私がプリンセス、お嫁ちゃんがプリンスの学校を担当し、
昼食後入れ替わることになりました。
お弁当はお嫁ちゃんが作って届けてくれました。

朝から兎に角めちゃめちゃ快晴で日焼けが怖い~(笑)

私が学校に着いたのは9時ぐらいだったんですが、学校に着いて校門を一歩入ると、
ありとあらゆる木陰にはシートが敷かれ、
アイスボックスが置かれ、テーブルや折り畳みの椅子が!
勿論体育館はすでにシートで一杯だし、外廊下や通路などの屋根のあるところも・・・・・・

皆さん、朝早くから準備なさったんだと思います~。

なんとか小さいスペースを確保したあと、皆さんに習ってお弁当のバッグを置き、さあ、見学です。
この地域は子供の数が多くて、活気があるせいもあるのか、なかなか新鮮で楽しかったです♪

一年生は午前中は徒競争とダンス、午後から玉入れ。
プリンセスは一年生の女の子の中では二番目ぐらいに背が高く、体を動かすのも好きです!
 
d0007913_1614167.jpg
徒競争は二位
d0007913_16134178.jpg
ダンスもとても上手でしたわ☆

お嫁ちゃん手作りの美味しいお弁当を食べた後、横浜に移動したんですが、こちらも負けず劣らず、保護者が一杯!

全校生徒700人ぐらいの所に2000人以上の観客があるそうで、木陰はシートで一杯、中にはテントを張っている人までありました(汗)

その上、応援合戦がものすごくて。
赤、青、白、の三組で争うんですが、それぞれ、チームの旗を作り、
チームカラーのタオルを持ったり手袋をしたり、応援の掛け声とかポーズも自分たちで考えて
声を揃えて大応援ですした!

正直、こんなに激しい応援のある運動会って見たことがなかったので、
やや引いたのも事実ですが(汗)子供たちはこれで一体感が出るんでしょうね、
すごく一生懸命で楽しそうでしたわ☆
d0007913_16151894.jpg
これは100メートルの徒競争ですが、ヨーイ・ドン、して全力で走ったのは生まれて初めてだったそうです(汗)。
アメリカでは、体育の時間に駆けっこをするとか、準備体操をするとか、跳び箱とかもしたことがないそうです。
そもそも、サッカーしたり、ボールゲームをしたりはするけど、体育の時間があったのかしら?
定かではありません(汗)

最近の学校って、どこでもそうなんでしょうか、
どちらの学校も、保護者の皆さんがとっても熱心に設営や撤収のお手伝いをされてました。

なんにせよ、お天気は良かったし、プリンスくんと一緒に電車で帰って
いろいろお喋りをしたのがほんとに楽しかったです☆

その晩は帰国した息子と合流して夕食を取り、
ホテルに泊まって翌日は息子たちのお買い物に三井アウトレットに行きました!

外国暮らしが長かった息子はスーツがなくて、大急ぎで買うことになったようです。
息子とお嫁ちゃんが買い物の間、私は孫たちとアウトレット内のレゴランドで買ったレゴを作ってまってて。
二人とも集中して楽しそうに作ってて、出来上がったころにゆっくり買い物したパパとママが帰ってきました~。
d0007913_16194255.jpg

息子の狙いはこれだったのね(笑)

横浜まで一緒に帰って、そこから私は新幹線で帰ってきましたが、
とても充実した楽しい運動会でしたわ☆
[PR]
by nagiwi | 2015-05-30 15:26 | 雑記 | Comments(2)

今回、イタリアへツアじゃなくて自力で(笑)行くことになって、あれこれ情報を求めて検索しました。
だって、いくら自力で、と言っても、この年になって「地球の歩き方」片手に貧乏旅行、と言うほどの勇気はありませんしね~(笑)
最近は外国のことでもネットですぐ調べられるので、すごく便利ですが、中でもこのアーモイタリアというサイトにはとってもお世話になりました!
興味のある遺跡や、地方都市への行き方や情報、美術館情報などを検索すると、すぐこのサイトが出てきて、しかも、なんだか好みにぴったりな感じだったんですよね。

外国で、地元の市場やスーパーマーケットに行くのって、すごく面白いですよね☆
フィレンツエで是非とも行ってみたかったのが、「アーモイタリア」のサイトに乗ってた、中央市場(メルカート・チェントラーレ)と、その中の食材店「クリスティーナ」!
三日目はピサへ行く予定なんですが、ピサは電車で30分ほどだと言うので、朝八時に市場へ行って色々お買い物することにしました。
中央市場は駅のすぐ東側、ホテルからは10分もかかったでしょうか。
地元の人たちの胃袋を支えてる大きな市場には、大小さまざまな鳥肉やウサギと思しき肉がぶら下げられた肉屋さんをはじめ、チーズやハムやさん、乾物やさん、野菜、花屋などありとあらゆる種類のお店がありました☆
「クリスティーナ」の店先には日本語で「アーモイタリア掲載店」の張り紙がぶら下がり、日本人の店員さんがいたので、私たちはたちまちお店に吸い込まれました(笑)
d0007913_041154.jpg

いやもうその店先で試食させてもらったトリュフのオイル漬けの美味しいこと!
見たことのないパスタをはじめ、お店の棚一杯にぎっしりと並んだ食材の豊富なこと、安いこと、そして店員さんの親切なこと!!
これどんな味?どうやって食べたらおいしい?
いやん、あれも欲しい、これも買いたい!
しかも、アーモイタリアを見たと言ったら5%の割引がありました・・・・・いえ、私は決してアーモイタリアの回しものではありませんが、この後、あちこちのお店で同じようなものを見ましたが、どれもこれも3割以上はお高かったです・・・・・すごく良心的で良いお店でしたわ☆

物欲さま食欲さまが二人連れで御降臨あそばして(笑)、私たち二人ははっと気づいた時には両手に持ちきれないほどの荷物を抱えておりました。
d0007913_04638100.jpg

これはそのほんの一部です・・・・いくつかはお土産にし、いくつかはすでに胃袋に収まりました(笑)
二時間足らずのお買い物でしたが、大満足~~~でも、重くて重くて、ホテルが近くてほんとによかった…・

荷物を置いて、ピサへと向かいます。
ピサへはローカル鉄道で30分足らず~。
駅に着いたらちょっと雨模様でしたが、海に近い町のせいでしょうか、空が広く感じられます。
d0007913_0542747.jpg
このコルソ・イタリアと言う通りをまっすぐ行くと、斜塔のある奇跡の広場につきます。
d0007913_057736.jpg

アルノ川両岸に栄えたピサは、11~13世紀にはベネチア、ジェノバ、アマルフィと並びんで4大海洋共和国だったそうです!
d0007913_134196.jpg

イタリアって、ピノキオの国だったんですね~
d0007913_151652.jpg

そして、イタリアのすごい所は、現代の車が走る中世の町の中に、突如としてローマ時代の遺跡が現れること・・・・
d0007913_164642.jpg


わ~~、ピサの斜塔です~~~ほんとに斜めに倒れてるでしょ!!
d0007913_181756.jpg

この日は土曜日だったせいもあるのか、とにかくものすごい人!
d0007913_1132921.jpg

でも、この奇跡の広場はとっても綺麗に整備されてるので、人出は気になりません。
で・・・・斜塔に登ったか?ですが・・・・・
私は前回行ったときに登りました…・友人は高い所が嫌いで(笑)・・・・・しかも斜塔に登るのは予約がいるし、予約がないと並ばなくちゃいけないし、結構高い(一人18ユーロです!)…・
で、やめました(笑)
代わりに、と言ってはなんですが、洗礼堂に入ることにしたんですよ。
洗礼堂はこの丸いドーム型の屋根の建物です。
d0007913_1133938.jpg

洗礼堂と言う名前の通り、赤ちゃんに洗礼を授けるための建物ですが、
この建物は音の反響がとても良くて、素敵。
係員が一時間に一度ぐらい、扉を全部閉めていろんな音程の声を出し、その響きが和音になるのを聞かせてくれます。
こういう中で洗礼を受けて、讃美歌を聞いたら、とっても荘厳な感じがするでしょうね☆
ドームの二階から見下ろした所。
d0007913_1184178.jpg


観光客が多くて町自体が裕福なのか、家並みは美しく、お店もお洒落で、とてもいい街ですね、ピサって♪
こういう細い道を歩いてもちっとも怖くないし~
d0007913_121872.jpg

小さい町なので、思いつくままにブラブラ歩いてたら、ピアッツア・デイ・カバリエーリ(騎士団の広場)に出ました。
ここには、パラッツォ・デラ・カロバーナと聖騎士ステファン教会と時計館がありましたわ。
友人は来る前に、ピサって斜塔しかない、って言われたそうですが、そんなことはありませんでしたよ!

この日のランチを食べた「サルザ」というカフェ(こちらだとバール、になるのかな?)。
d0007913_125191.jpg

寒い日だったので、ハムトチーズのトーストサンドイッチを食べましたが、とっても美味しくて、良い感じ~☆
良いカフェがあるのは良い町です(きっぱり)(笑)

雨が降ったりやんだりの一日でしたが、雨が降り出すと、どこからともなく若いお兄ちゃんが傘を持って現れるのには笑っちゃいました!
買いませんか、ってことらしいんですが、このお兄ちゃんたち、晴れてると自撮り棒を売ってるんだと思います。
どっちにしても、買う人なんかいるのかなあ…・
[PR]
by nagiwi | 2015-03-15 01:31 | 旅行 | Comments(0)

生駒のピザやさん

友達と二人で、生駒の山の中に有る「山岡ピザ」に行きました。
友達が、とても美味しいピザやさんが、とっても不便なとこにある、と聞いて来たんです☆
早速検索したところ、すごく急な坂道を登るので、生駒駅からタクシー利用が望ましいと…
ラッキーガーデンからまだ登る、とも書いてあったので、アドバイス通り、駅からタクシーで行くと、乗った途端に急な登りで、しかも、道が狭い!
ま、そりゃあ、ここって生駒山だもんね…

急な坂の途中に山岡ピザはありました。
d0007913_2222593.jpg

手作り感満載です〜。
奥にピザ窯がありますね。
d0007913_2222558.jpg


窓の外は生駒谷
d0007913_2222987.jpg



アンチョビ風味のベークドトマト
熱々フウフウ、美味しかったわ
d0007913_2222690.jpg


トリュフとゴルゴンゾーラのピザ
d0007913_2222773.jpg

雑味のないサックサクの生地で、本当に美味しかった!
余計な味付けをしてないので、いくらでも食べられる感じでした♪

生駒卵のオムレット
d0007913_2222880.jpg

フワフワトロトロウマウマ♪

この他にシンプルトマトのパスタも食べたんですが、写真撮影をわすれました(汗)
本当に美味しかったです〜

食後の腹ごなしに歩いて下山することにしました。
とにかく急な下り坂をぶらぶら散歩気分でしばらく行くと、小さいカフェ[caito]が。
ちょっとお茶しました。
d0007913_22221013.jpg

ハチミツレモンティーと胚芽小麦ロール。
レモンの香りが辺り一杯にひろがって、すっかり暖まりました♪

この後、また下って、五時前に駅に到着しました☆
美味しい一日でしたわ‼︎
[PR]
by nagiwi | 2013-12-26 21:41 | 奈良 | Comments(4)

正倉院展と法事@菊水楼

11月に入って奈良公園へ三日続けて行きました。

まず、1日は正倉院展に。
10月26日から始まった正倉院展ですが、博物館そばのお店でオツトメをしている方から、それほど混雑してないとの情報を得て、半信半疑で(笑)1日に行ってきました。
到着したのは午後1時半ぐらいでしたが、確かに入館する人の行列がない!
お~~、やったね~~、と喜びながら入館。

今回の目玉は、「平螺鈿背円鏡」と「漆金薄絵盤」「聖武天皇遺愛の屏風」などでしょうか。

平螺鈿背円鏡は、宝庫のなかで一番美しく保存されたものと、鎌倉時代に盗難にあって割れた鏡が明治になって修復されたもの、同じく鎌倉時代に割られた鏡の断片、、の三種類が出展されていました。
綺麗に修復されてた・・・・・・・・ていうか、鎌倉時代にそんなに沢山盗まれてたのね?
ほぼ粉々に近いほど割っちゃうなんて、ひど~~いい!!

「漆金薄絵盤」の周りは例のグルグル巻きが出来てましたが、私の興味は、この盤の上に置いて使われたらしい、「黒漆塗香印押型盤」とその蓋のような「黒漆塗平盆」のセット。
漆金薄絵盤は蓮華をかたどった香をたくための台で、彩色が見事で、皆さん見入っておられましたが、私は人垣の後ろから拝見したあと、このお盆セットに引きつけられてしまいました☆

盤は高さ4センチほど、蓋は3センチ余り。
盤には蕨手の模様の溝が一筆書きで彫り込まれていて、この盤に粉末のお香をギュッと押し込んだあと、蓋をかぶせてひっくり返すとお香の一筆書きが出来あがるんですね。
で、そのお香の一端に火をつけると、端からジワジワと燃え続けるらしい。
蚊取り線香や巻線香と同じ構造です!
盤と蓋のコピーを作って実験したら、7時間余り燃え続けたとかで、その写真も掲げてありました☆
素敵ですね!!

あと、私は刀子が大好きなんですが、今回は「白牙把水角鞘小三合刀子」が面白かった!
象牙の把の、のこぎり、槍鉋、刀子の三本が水牛の角の鞘に入ってるんですが、この鞘は三本が一つにくっつけてあって、言わば三位一体(笑)
スゴクちっちゃい(5~6センチ?)ののこぎりや槍鉋は、飾りとして帯から下げてたのかな?
なんで、のこぎりや槍鉋を?(笑)
ほかにも、帯執が鞘と同じ象牙から掘り出された美しい「斑犀把紅牙撥鏤鞘刀子」もありましたよ~♪
刀子、大好き☆

他にも、高さ3センチほどの「金銀絵小合子」や同じぐらいの大きさの「紫檀銀絵小墨斗(小型の墨つぼ)と糸車」という、絶対実用品とは思えない可愛い代物(おいおい)もあって。
刀子もとっても小さいし、奈良時代の人は、ミニチュアが好きだったのかしら?
それとも、お人形遊びでもしたのかな(笑)

混雑がそれほどでもなかったので、どれもこれもゆっくり拝見できて、なかなか良かったですよ☆

ただ・・・・・連休以降は時間帯によってはしっかり混雑しているそうです・・・・・早めに行ってよかったわ~。


で、その翌日2日は一の鳥居そばの菊水楼で親せきの法事がありました。
本来は夫が出席するはずだったのに(夫の親戚の法事です!)なんだかお友達のパーティが今話題の(笑)リッツカールトンであるとかで、私にピンチヒッターが回ってきました。
ま、菊水楼だし、良いかな、と(笑)
明治時代の木造三階建て
d0007913_1232638.jpg
お水取りのお松明ですね。
d0007913_123248.jpg

玄関の天井に菊水の模様
d0007913_1232584.jpg

本館でお食事をするのは初めてでしたが、器もお味も結構でした。
ただ、周りを夫の伯母さまたちに取り囲まれていて、料理の写真を撮るのがはばかられたのが、残念です・・・・・私だって気を使うことはあるのですよ、はい(笑)

鷺池ではそろそろ紅葉が始まって。
ナンキンハゼは色が綺麗ですね
d0007913_1232763.jpg

[PR]
by nagiwi | 2013-11-05 22:03 | 博物館&資料館美術館 | Comments(2)