ガイド色々

はや10月です・・・・・

8月の末にフィリピンからのゲスト14人をご案内したのですが、ちょっと面白い経験だったので、ご報告~♪

30代~40代前半の女性ばかり14人だったのですが、
皆さん「ママ友 mamatomo」(日本語でそう言われました)の集まりの「女子旅 joshitabi」だそうで(汗)
皆さん、美人でスタイリッシュでとってもおしゃれで(おそらくお金持ちっぽ~い)
各々の娘さんたちが幼稚園から中学高校生までずっと同じ学校なんだそうで、たいそう賑やか。
で、「今日は何時まで?どこに行きましょう?」とお聞きしたら、
「人気のある所へ行きたいわ~、2時に神戸で約束があるので、その前に神戸でランチしたい」と。
この時点で9時半を回っていました(汗)
奈良から神戸へは一時間半は見ておかないといけないし、ランチの時間も考えると、
11時半には近鉄奈良駅に戻らなくては!(劇汗)

と言うことで、バスで大仏殿に向かいました。

大仏殿までバスで行って、徒歩で興福寺を回れば、なんとか時間に間に合うように駅に戻れるだろう、と思ったのですが
私のガイドプランは相当甘かったわ・・・・・

何しろ、バス停から大仏殿までの間には、沢山の鹿がいます。
奈良で一番人口密度と鹿密度の高い場所は、南大門前なんですよね・・・・・
そして、皆さん写真が大好きで、その上ゲストの中に一人、とってもいいカメラをもってて写真大好き!な人が(汗)
皆さん、各所で、全員で、3人、5人、のグループで、そして一人づつ、写真を撮る(汗、汗)
必然的に、とんでもなく時間がかかりました。
南大門で、東大寺の説明をサワリだけしたんですが、熱心に聞いてくださったのは数人だけ(涙)
皆さん写真に夢中!
なんとか大仏殿にたどり着いたところ、
「私たち、中には入らないわ~」という衝撃のお言葉が!
でもでも、大仏殿をバックに写真は撮ります・・・・全員で、グループで、一人づつ……
うみゅ~~~(汗)

さっさと戻って興福寺に行こう(興福寺も良い写真が撮れるから)(笑)とリーダーさんと話して戻りかけたのですが、
南大門の真ん中に、とってもフォトジェニックな鹿が一頭座ってて
またもや写真撮影会の始まり始まり~~~全員で・・・グループで・・・・一人づつ・・・・

と言うわけで、バス停の戻ったところすでに時間ぎりぎりで
興福寺にはいかず、バスで駅に戻りました(涙)

皆さんを神戸三宮行の電車に乗せて、発車まで時間が少しあったので、
「皆さんみたいな人が集まってお茶したり食事したりすることを【女子会 josikai】って言うのよ~」と言うと
初めて!全員が!私の話を熱心に!聞いてくれました(爆)
そして、
「今日はほんとに楽しかった!奈良大好き!ありがとう!!!」と声をそろえて下さって
たいそう嬉しく?相当複雑な(笑)半日ツアが終わりました。
あれでよかったのだろうか?????

9月第一週の同行ガイドはイタリアからの新婚さんで、イタリアでは日本に行くときは奈良に行こう!と言われてるとか。
健脚で、いつもはあまり行かない浮御堂近くまで楽しく歩きました。
まだ暑かったので、鹿が水たまりで涼んでましたよ~
d0007913_12324713.jpg
このあと、9月はなんだかバタバタと過ぎ去りましたが、一つには、大雨が降ったり台風が来たりしたからかも。
いつも一か月に二回程度同行ガイドに出ていますが、
一度は大雨で警報が出て、JRも近鉄も運行中止になったためお休みしました。

そのかわり(?)美味しいものを求めてうろうろ。
某所で楽しくお茶しましたわ(にっこり)
d0007913_12331084.jpg
そして、9月は終わり、10月1日の依水園
依水園は山に近くて夜は冷たい空気が降りてくるので、紅葉がよそより早く始まります。
楓や満天星躑躅の色が、少し変わり始めてるのがわかるでしょうか?
d0007913_12332812.jpg
10月に入って一挙に観光客が増えたようで、1日の日曜日は4時間足らずで五組回りました!
オーストラリアから二組、フランス人カップル、香港からのカップル、コロラドからの女性一人。
よそではまだ紅葉が早かったけど、ここで見られてうれしい、と皆さん仰って、楽しい一日になりました。

気温もずいぶん下がり、風が心地よく、ガイドにピッタリの季節ですわ☆

おまけ
このところ、長男のところのマメシバくんがうちに来てて。
涼しくなってきたので、丸くなって寝てます~♪
d0007913_12325974.jpg


[PR]
by nagiwi | 2017-10-02 12:45 | ボランティアガイド | Comments(2)

夏の終わり


8月30日、独楽さん、ひろこさん、かるほさん、私の四人が久しぶりにそろって、奈良をうろうろしてきました。
夏の終わりとは言えまだまだ猛暑だったので、
本薬師寺でホテイアオイの満開を楽しんだあと、橿考研博物館へ、そのあと奈良へ移動してランチを楽しんで飲んだくれよう!
と言う実に軟弱な(笑)スケジュール。
畝傍御陵前行の電車で独楽さんかるほさんと乗り合わせ、駅前でひろこさんと再会を祝し、本薬師寺へ!

ここは近年、休耕田に植えられたホテイアオイの花で有名になってます。
ホテイアオイは、ウオーターヒヤシンスとも呼ばれていて、最初は観賞用に日本に持ち込まれたそうですが、
ものすごい繁殖力であっという間に広がって、水流を妨げて漁業にも悪影響があるとかで、最近は嫌われ者(汗)
でも、こうして花が咲くととっても綺麗ですよね~☆
この風景を撮ろうと、沢山のカメラマンが来ておられました。
d0007913_14500731.jpg
向こうに見えてるのは畝傍山♪
ただ、ここは橿原市。
建築規制がそこまで強くないせいか、ホテイアオイと畝傍山の間には、沢山の現代の建物がある(汗)
それを映り込まないように写真を撮りたい!と色々試行錯誤してみました。
このぐらいなら、まあまあかな?
しかし、あたりを見回したところ、畝傍山とホテイアオイをひとつの画面に撮りたい、と思ってるのは私たちだけみたいで、
他の皆さんはホテイアオイに集中!しておられましたわ~。
(ずいぶん前に、家で亀を飼っていたことがあるんですが、その亀の鉢にホテイアオイを浮かべたら、とても美味しそうに食べてた・・・・美味しいのかしら?)

そばには蓮の花も咲いてました。
d0007913_14504405.jpg
そして、蓮の花と、畝傍山♪
d0007913_14503385.jpg
本薬師寺の礎石
d0007913_14514094.jpg
この礎石、大好きです☆

ホテイアオイと本薬師寺を堪能した後、橿考研博物館へ。
ここへ来るのも久しぶりです。
受付でふと見ると、65歳以上無料、ですって!
「キャ~、私無料やわ~、けど、何も年齢を証明するものを持ってない~残念~」と叫んでいると
受付の方が「無料でどうぞ」と!
まあ、なんとまあ親切な☆と感謝の念とともに無料で入れていただきました。
次回からはちゃんと保険証(?)パスポート(??)をもって行きます(汗)

ここでは、
「大和を掘る・・・2016年度発掘調査速報」をやってました。
最近現説にすっかりご無沙汰の私、ゆっくりと時間をかけてみて回りましたわ~♪
勿論、無料で入ったお礼を込めて、売店で数点小さなものを買い込みました。

この後、ランチに奈良へ!
この日のランチですが、最近人気急上昇でミシュラン二つ星を獲得した、
白(つくも、と読むらしい)
JR奈良駅から数分なのですが
d0007913_10420059.jpg
これが玄関・・・・まるっきり普通の家です。
わかりにくいですよね?
中はカウンターと4~6人のテーブル席だけ。
私たちは独楽さんがテーブルを予約してくださいました。

まずは前菜
d0007913_14515015.jpg
ひとつづの素材全部に手が入っていて、これだけで一つの宇宙だ!って感じ。
器も素敵ですよね~♪
写っていませんが、独楽さん、ひろこさんと私はもちろん日本酒(篠峯)を頂きました~♪
d0007913_14515815.jpg
鱧と冬瓜の葛椀。
ぽったりと暖かで味わい深かったです。
d0007913_14520765.jpg
そして、メインの大和牛ステーキご飯。
大和牛ステーキは1000円アップでしたが、その値打ちがありました☆
柔らかくて美味しいよ~ん。
あ、お酒はなくなったので、ワインをお願いしました。
赤か白か悩みましたが、私は白に。
これがまた、美味しい(うっとり)
d0007913_14521738.jpg
 
デザートはハスカップのアイスクリーム。
甘みと酸味のバランスが何とも言えません☆

ランチは5400円(私たちはステーキにしたので6400円)
奈良のランチにしたら少しお高め(京都並み?)ですが、うまうま大満足でした☆

若くて綺麗な女将さんがずっと見送ってくださいました。

ひろこさんはこの後のお約束に出向かれたので、
独楽さん、かるほさんと私は、奈良国博でやっている「源信展」へ。

恵心僧都源信は、平安時代に奈良で生まれ比叡山で修業した僧侶で、
往生要集を通じて地獄極楽などの死後の世界の観念を広めました。
往生要集は極楽往生や浄土信仰のもととなったことで有名で、源信は浄土宗の祖ともいわれています。

展示には、国宝の地獄草紙や、大きな(4メートル)阿弥陀聖衆来迎図など、
いかにも食いつきやすい、庶民にも分かりやすい、面白いもの(汗)が沢山あって、
10世紀、11世紀という不安定になりつつある時代の人々に、地獄極楽を眼前に見せたんだなあ、と。

そう言えば子供のころ、地蔵堂か何かの前に地獄絵が掲げられていて、
そこには、閻魔さんが舌を引っこ抜こうとしてる絵があったような。
そこへ行くのはなんだか怖かったのを思い出しました・・・・・
浄土宗はこういう、地獄への恐怖や極楽往生へのあこがれから生まれたんですね。
なるほど!

この後、博物館を見下ろすカフェで軽くお茶をして、あれこれまったりお喋り、
早い再会を約束してお別れしました。

たいそう楽しい一日でした☆
独楽さん、また来てね~!
かるほさん、ひろこさん、また遊ぼ♪









[PR]
by nagiwi | 2017-09-18 11:40 | 奈良 | Comments(2)

真夏のお宮参り!

8月19日、6月に生まれたbabyのお宮参りに石上神宮に行って来ました。

お宮参りと言うと、私的には着物なんですが、
さすがに真夏に赤ちゃんにいわゆる産着を着せるのは、無理(汗)なので
石上神宮ではベビー服を着せようということに。
でも、写真館では産着を羽織って取ってもらおう、と言うことになりました。
d0007913_22182424.jpg
この産着は、この子のパパすなわち私の長男が生まれたときに、実家の母が作ってくれたもの。
私の長男、次男、次男の長男、たちが、産着として着たし、七五三、親戚の結婚式などによく着たものです。
代々受け継いできられるのが、着物の良い所です☆

この産着の下には白いベビー服。
d0007913_22091808.jpg
今日の主役くんは、ぐっすり眠ってて大物振りを発揮していました。

この後石上神宮に移動してお参り。
さすがにお盆明けにご祈祷してもらう人はないらしく、拝殿独り占め状態で、大変結構でした(笑)
d0007913_22093089.jpg
お姉ちゃんたちと一緒に。
私の着物は紗の色無地で、色は滅紫・・・・けしむらさき、と読むそうです。
この二人のドレスは、前日に買いに行ったもの。
ドレスに合わせて、バッグに靴にソックスにカチューシャに・・・・
一つづつ合わせて鏡と相談するのがもうすっかり一人前の女子でしたわ!

帰宅してお祝いの食事。
祝い鯛と。
d0007913_22094053.jpg
最近の男の子のベビー服には、蝶ネクタイやポケットチーフ付きのベストが!
なんだか笑える~♪

その後、みんなは我が家に滞在中。
赤ちゃんは日々大きくなって、よく笑い、とても元気。
お姉ちゃんたちは・・・・・おっそろしく元気でにぎやかで。

最近は天理駅前の「こふふん」という子育て支援施設がお気に入り。2017_4_9

子供たちは炎天下をものともせず遊んでますが、私のお気に入りはカフェで・・・・
d0007913_00015825.jpg
ほうじ茶のかき氷がおいしいですよ
d0007913_00021425.jpg
他にも、抹茶、マンゴー、イチゴのかき氷があります。
どれも試しましたが、美味しかったです☆

d0007913_22100881.jpg
仲良し姉妹。
従姉妹とお揃いのワンピースを着て、ポーズ☆



[PR]
by nagiwi | 2017-08-27 00:08 | 着物 | Comments(4)

6月です

6月に入って2日3日と東京の国立博物館で行われてた茶の湯展に行ってきました。
これ、ぜひとも見たかったんです☆
それというのも、かの有名な(?)耀変天目稲葉天目茶碗が出展されてると、何かで見たので。

会期は4日までだったので、ほんとにぎりぎりだったんですが、いつもの東京のお友達と東京駅で待ち合わせ。
お昼ご飯は東京駅の中にあるフルーツパーラー「果実園」
ここはフルーツたっぷり!で有名なんだそうで、行ってみたところ、お店の前には行列が~(汗)
でも、友人がちゃんと予約してくださってたので、行列を横目にさっと入りました。
で、友人が頼んだものがこれ。
d0007913_23115378.jpg
桃を丸ごと一個使ったパフェです!
普通、パフェと言ったら、中にクリームやカステラやアイスクリームで量を増やしてると思うのですが、
このパフェほんとに桃ばっかりでした・・・多分、二個ぐらい入ってたと思います。

私が頼んだのが、これ。
d0007913_23121288.jpg
スリーベリーパフェ。
苺とブルーベリーとラズベリー、そして、ストロベリーアイスクリーム、ストロベリーソース♪
いや~~、こんなパフェ、初めて食べました!
大満足、大満腹でしたわ☆

あ、このパフェを食べる前に、サンドイッチを頂いたんですが、そっちは普通でした。

メインの茶の湯展ですが、チケット売り場の前に
「耀変天目は展示終了です」というポスターが!
え???これがメインの目的なのに…とショックを受けながら入ったんですが
そんな不満はすぐにどこかに行きました。
ものすごい数と、素晴らしい質の展示で、次から次へと名品の数々に圧倒されました☆
最後のほうは疲れてしまうほどでしたわ。

夕食は新宿でフランス家庭料理を楽しんだあと、新宿と言えば、「ナナ」へ。
ここへ行くのは半年以上ぶりかな。
ゆっくりと会話を楽しんで、ホテルに戻りました。

二日目は銀座でランチをして、少しショッピング、もう一人の友人も加わって旧交を温めました。
d0007913_23122833.jpg
この日の私の着物はお召、帯は織成、彼女の着物は明石縮だそうです。

次回はできたら7月に行きたいな~と思ってます。

で、帰宅した次の日は依水園のガイド。
この日は、ミシガン大学の学生さん、シンガポールの女子学生、アメリカの家族、カナダからの女性二人連れ、の4組でした。
d0007913_23124538.jpg
依水園に生けてあった木賊と擬宝珠と「ノーブル・リリー」
百合の葉っぱに蓮のような形の花。
八重の百合なんて初めて見ました!
調べてみたら、日本のそれも高知県の一か所だけで作られてるそうです。

そして、今日は予約ガイドの日だったんですが、ゲストさんの体調不良のせいでキャンセルになりました。
……残念!




[PR]
by nagiwi | 2017-06-06 23:35 | ボランティアガイド | Comments(0)

姪の結婚式☆

2月19日に姪の結婚式がありました☆
d0007913_21245680.jpg
姪も新郎も、現在の住まいも仕事場も東京なのですが、親族はみな関西なので、
親族だけのごく内輪の結婚式と披露宴をこちらでやりました。

ほんとにきれいな花嫁さんでした~♪




[PR]
by nagiwi | 2017-02-28 21:28 | 着物 | Comments(0)

一月七日、毎年恒例の実家の新年会がありました。
今年は、実家近くの勝南院(ショウナミ、と読みます!)に新しくできたならまち茶寮酔月で。
この酔月の本店は京都府精華町にある老舗の料亭です。
本店は大きいそうなのですが、こちらは奈良町の中、普通のお宅の横の細い路地を入っていく
こじんまりとしたつくり。
最近奈良町でよくみられるような古いお宅のリノベーションではなく、新築のようです。
しかし、この新築、和洋折衷とかなんちゃって和風建築ではなく、しっかりとした和建築。
きっちりしたお茶室もついているし、お庭の石などは古いものを使っているのか、
柱や梁などの建材が新しいにもかかわらず、落ち着いた風情です。
d0007913_15360852.jpg
一階にはお茶室と、小さい個室が一つと、三畳のお茶室付きの個室、
二階には20人ぐらい入れる座敷があるようでした。
d0007913_15361724.jpg
お料理はこんな感じ。
d0007913_15362565.jpg
綺麗にしてありますね。
d0007913_15363327.jpg
勿論、お酒もいただきました(ニヤリ)
d0007913_15364454.jpg
お料理に大きな特色はないですが、神経が行き届いた丁寧なお味だったと思います。
建物やしつらえが良くて、何か集まりのある時にはまた行きたい~。

最近奈良町やその周辺にこう言う新しい食べ物屋さんが増えて、選択肢が広がったのがうれしいです☆


[PR]
by nagiwi | 2017-01-15 15:45 | 奈良 | Comments(0)

当初の予定では、テンブロンで滝を見る、というのもスケジュールに入っていたのですが、
この日宿泊のホテルでのアフタヌーンティ(ハイ・ティ)の予約時間に間に合わないかも、
それに、前日の雨で川が濁っていて、多分、滝も濁ってるだろうということもあって
早めに切り上げて市内に戻りました。

テンブロンでは思ったよりずっと楽に登れたんですが、それでも、やっぱり疲れてたのか、
帰りの船の中で惰眠をむさぼってしまいました。
そのおかげか、予約30分前ぐらいにホテルに着いたときは元気満々!(笑)

さて、この日宿泊の「エンパイア ホテル &カントリー クラブ」ですが、7つ星ホテル、だそうで(汗)
普通、ホテルのランク付けは5つ星までなんですが、世界中で、ドバイの何とかっていう超豪華なホテルと
ブルネイのこのホテルが7つ星!
驚くのはそのお値段で、ドバイのホテルは一室15万円から、らしいのですが(劇汗)
ブルネイでは一室2万円前後・・・・・
これには、このブルネイという国の在り方が色濃く反映されているようです。

ブルネイは、人口が40万人というとっても小さな国ですが、
石油と天然ガスが豊富に出るため、たいそうお金持ちで、所得税、教育費、医療費は無料、と
ここまでは最初に書いたのですが、ガイドさんや友人にいろいろ教えてもらったところによると、
40万人の中で、外国人労働者が9万人。
そして、ブルネイ人の7割が公務員!!(軍人、警察官を含む)
外国人労働者は、ブルー・ワーカーだったり、レストランや商店を営むようなビジネスマンとか、後、先生とかだそうで
ブルネイ人は額に汗して働くのが嫌いらしい・・・・・
普通の会社員とかもあるそうですが、手当などが公務員のほうがずっといいので、みんな公務員になりたがるそうです。

で、例えば、お祈りの時間になるとモスクからお祈りがライブで流れるんですが、
そのお祈りを唱えてるのは宗教庁(省?)の公務員・・・・・な、なるほど・・・・
博物館でも、資料館でも、お客さんより係員のほうが多いんじゃない?と思うほどでしたが
あの人たちもみんな公務員なのね。
そして、公務員の悪しき習慣でしょうか(?)愛想ないことおびただしいし(汗)
前日の市内観光の時に、政府のやってる職業訓練校付属のお土産物屋さんに行ったのですが、
お客は私たちだけ、スタッフは私たちに興味なし、その上、レジでカードを出したところ「キャッシュだけです」と言われました。
あら、そうなの?と思って支払いをしてたら、友人が「え?この間はカードが使えたけど?」と。
聞いてみたら、カード会社との契約更新ができてないのでカードは使えない・・・・・
????
そんなの、ありでしょうか?
いや、小さいお店ならともかく、このお土産物屋さんには立派なビルで冷房ガンガンだし、金銀の高価な品物も沢山あって、
そういうものを現金で買うなんて、無理でしょ???って感じなんですが
レジのお姉さんたちは悪びれる風もありませんでした・・・・・契約更新はレジの人の守備範囲外、だから?
さすが、公務員だわ?????

このホテルは、最初は政府の迎賓館として建築されたのがホテルに転用されてるそうで、
そう聞くと、この、どこを見ても金と大理石からできた無駄に広い(笑)豪華さも納得です☆
これがロビー。
d0007913_22074190.jpg
一点の曇りもなく磨き上げられた、大理石のモザイク模様…
ここでアフタヌーンティを頂いたのですが・・・・・
サンドイッチのお代わりを頼もうとスタッフを見たんですが、仲間同士のお話に興じていて、こっちを見てくれません(涙)
そして、ここでまたカード問題発生。
マシントラブルだとかでカードは使えませんでした・・・・・サンドイッチは美味しかったんだけど・・・・
・・・・サービスは七つ星とはいかないようです・・・・

ですが、建物はとにかく、広いし、ゴージャスで!
d0007913_22075286.jpg
東シナ海に面してます。

どこもかしこも大理石でできた、七階までの吹き抜け☆
d0007913_22080155.jpg
建物から出て、あたりを散策しました~♪
これは吹き抜けを外から見たところ。
d0007913_22081285.jpg
プールが7つあるそうです。
d0007913_22082088.jpg
たそがれ時のプール♪

d0007913_22082897.jpg
散策してる間にどんどん日が落ちてきて、部屋に戻りました。

ひろこさんが入浴中にお部屋に電話があり
「そちらのひろこさんが携帯電話を落としてませんか?」と。
探してみたら、やっぱり落としておられたようで、スタッフさんが部屋まで持って来てくれました☆
散策中に落とされたようですが、見つけてくれて、宿泊者名簿からひろこさんを探し当てて、
電話してくれて持って来てくれて。
ちょっと恥ずかしそうで、いい感じのスタッフさんで☆ほんとに親切でした~♪

この日、私は船で仮眠をとったせいか、なかなか眠くならず、夜中までかるほさんとあれこれおしゃべりしました~。
楽しかったね!

朝ごはんは3階で。
これは、5階から3階を見下ろしたところ!
d0007913_22084736.jpg
朝ごはんのあと、私とかるほさんはプールでひと泳ぎ!
ひろこさんは、プールサイドの寝椅子にゆったり座り込み、
ビーチパラソルの下でココナッツジュースを飲みながら本を読む、という
これぞリゾート!を満喫~♪
でもその本が蘇我馬子・・・・・・(笑)
いかにもひろこさんらしいですね☆

プールにはジャグジーもあるし、プールの中のスツールに座ってドリンクを飲むこともできました。
勿論、アルコールはないけど(笑)
私はレモンティを頼んだんですが、フレッシュなレモンをたっぷり絞ってくれて、とっても美味しかったです☆
が、ここでまたお支払い問題発生・・・・
スツールに座ってると、レジがよく見えたんですが、どうも故障してるらしく修理の人が。
修理が終わるまでレジが開かなかったようで、カードもキャッシュも使えなかったらしい~。
私が「部屋につけておいてください」と頼んだら、ほっとしたように見えました(笑)

朝のホテル。
d0007913_22085873.jpg
ホテルの庭にはこんな赤い花が
d0007913_22083603.jpg
誰も名前を知らなかったけどね・・・・

お昼前に友人がホテルに来てくださって、ランチをご一緒に
d0007913_22091146.jpg
っていうか、私、御馳走になっちゃいました。
奈良でまたご馳走させてくださいね~。

お喋りして、食べて、またお喋りしてるうちに、もう帰国のため空港へ行く時間に。
お土産でいっぱいのスーツケースをぎゅ~~~っと押し付けて閉めて
このゴージャスなホテルとお別れです。

空港で友人おすすめのお土産をいくつか買い込み、お茶して、またお喋りして。
ブルネイでのことをいろいろ聞かせていただいて、なるほどなあ、と納得しきりでしたが
テンブロンが気に入るなんて思わなかった~とか言われてしまいましたわ♪
いや、私って意外にアウトドア派なんですよ~!

何から何までお世話になって、おかげでまたとない思い出がたくさんできたブルネイを飛び立ち、
クアラルンプール乗り継ぎで関空へと向かいます。
帰りのクアラルンプールへの飛行機は1時間以上遅れましたが、乗り継ぎにたっぷり余裕があったので
気楽に待つことができましたし、クアラルンプールでは色々お土産も買えたんです~。
帰路はぐっすり眠って気分良く帰国できました☆



















[PR]
by nagiwi | 2016-12-29 23:21 | 旅行 | Comments(2)

この日は朝早く起きて、テンブロンに向かいます。
このために、前夜、アルコールを控えめにしたんですよね~、残念だったわ(笑)

これは朝ご飯に出していただいた、カヤジャム。
カヤ、というのはココナツのことらしいので、ココナツジャムってことですね。
美味しかったので、いくつかお土産に買いこみました☆
d0007913_23341841.jpg
テンブロン国立公園は飛び地になってるので、一度ブルネイ川から海に出てマレーシア領へ入り、
改めてブルネイ領のテンブロンに行くことになります。
ですので、車で船着き場まで行ってボートに乗り継ぎ、
もう一度車に乗り換えてジャングルの中をドライブ、旅行社のロッジに到着しました。

ロッジで出してもらった、モーニングティ。
d0007913_23343091.jpg
朝から揚げ物ですね(汗)
これがおいしいの~、困るわ~(笑)

ロッジには遊具や宿泊施設もあります。
ここでキャンプを張るのも面白そう!!
d0007913_23344223.jpg
朝のお茶を楽しんだ後、ロングボートで国立公園へ!
前日の雨で川は相当濁ってますが、普段はきれいだそうです。
d0007913_23345316.jpg
ジャングルクルーズを楽しんだ後、国立公園の受付に到着、入園受付。
国立公園はガイドさんが一緒でないと入園できないそうです。

入園受付を過ぎるとすぐに熱帯雨林に入るんですが、
地面を歩くのではなく、通路も階段も地面より一段高くなってて、そこを歩きます。
入ってすぐ、野生の(当たり前か?)胡椒発見!
d0007913_23350556.jpg
この胡椒を求めて、15世紀の大航海時代、ヨーロッパの人々はアジアを目指したんですよね~。

ガイドさんの手に乗ってるのは、でっかい蟻!
噛まないそうですが、でかすぎ・・・・・
d0007913_23351343.jpg
この足の持ち主は私です。
900段の階段に備えて、足袋型の靴を履いていきました。
足指が地面をホールドしてくれて、特に下りの階段で威力を発揮してくれましたよ。

黄色い花は、ブルネイの国の花、シンプール。
d0007913_23352491.jpg
花弁が散るとこうなります。
d0007913_23353195.jpg
階段を登ったり下りたりして、つり橋到着(涙)
写真ではわかりにくいですが、つり橋は川にかかっていてその距離60m(汗)
d0007913_23354422.jpg
でも、まあ、両側にはネットが張ってあるし、あんまり揺れなかったし、足元はそこまで見えないので、何とか渡り切りました。
そこからは、ひたすら、階段です・・・・
d0007913_23360151.jpg
熱帯雨林に覆われてて日陰なんですが、ところどころ階段が滑るし、湿気が多くて疲れる~。
d0007913_23355128.jpg
でも、かわった植物が目を楽しませてくれます。

この階段、どこまで続くのか、もう三分の一ぐらいは来たかしら、と思ったところで、
「あと三分の一ぐらいですよ」という優しいお言葉が!
良かった~~~、これなら大丈夫だわ!とホッとしましたわ。
おかげさまで、ガイドさんが気を使ってしょっちゅう休憩を入れてくださったのもあって、
そこまで辛いと思わずに上がれました☆

そこで私たちを待ってたのは、こういうものです。
d0007913_23360809.jpg
なんだかよくわからないでしょ(汗)
工事現場の鉄パイプの足場みたいな鉄塔がびゅ~~っと立ってて、そこから通路が伸びてるんですね。
これが、キャノピー・ウォーク、というものらしい。
高さが40~50m、長さが80mぐらいあるらしいんですが、定員は5人。
一度に5人しか登れないし、一度登ったら最後まで(80m)行かないと、途中でリタイアする場所がない・・・・
ど、どうする???
途中で足がすくんで動けなくなっても、誰も助けに来れない・・・・
でも、でも、せっかくここまで来て登らずに帰ったら一生後悔しそうで、やっぱり登ることに決めました!
d0007913_23363000.jpg
登り始めてみると、下をのぞきこまない限りあんまり怖くなかったです。
階段もキャノピーウオークも、両側にしっかりした鉄パイプ製の手すりがあったせいだと思います~♪
d0007913_23363851.jpg
かるほさんが撮ってくださった、後ろ姿の私。
肩に力が入って、へっぴり腰ですね(汗)
d0007913_23361657.jpg
一度40mぐらい登って通路を歩き、また5mほど登ってまた通路、そして、これが最後の階段!
あのてっぺんまで登ったところがこちらの写真!
大興奮してバンザイしてるところです♪
d0007913_23364884.jpg
ここに立って360度見回すと、ずっと遥かかなたまで、すべての熱帯雨林が眼下に見えました!
あんな素晴らしい風景はこれまでも見たことがないし、これからも見ることはないでしょう☆
ほんとにほんとに、すごいものを見てしまいました~~~!!!!

いいもの見たね~と興奮しながら、900段の階段を下って帰途につきました。
階段って、よく言われますが登りより下りが怖い。
疲れてるし、ほっとして不注意になりがちだし、滑るし。
ガイドさんに注意してもらいながら、ゆっくりゆっくり下りましたが、私はあの足袋型靴だったので、
思ったよりずっと楽に下ることができました。

ロッジへ戻るのは同じロングボートなんですが、実は往路の川岸に、とっても綺麗なオレンジ色の花を見つけたんですが
うまく写真を取れなかったんです。
ボートの運転手さんがそれを覚えていて、同じところに来た時にスピードを落としてくださいました。
d0007913_23365903.jpg
そして。一度ターンして花の真下へ。
d0007913_23371011.jpg
少しづつ色の違う花がほぼほぼ満開で、とっても綺麗!!!
私たちみんな、花の美しさと運転手さんのやさしさに感動して、大喜びでした。
そして、ボートを降りるときにまた驚きが!
運転手さんが花を一枝手折ってくださってたんです。
d0007913_23371936.jpg
ほんとに優しい~~♪

ロッジでは、ローカルフードのランチです。
d0007913_23373783.jpg
これがメチャメチャおいしい!!!
上のお鍋の中に入ってるのが、バンブー・チキン。
若い竹を鍋にして、チキンと生姜とレモングラスだけで、水を入れずに煮ると、竹のジュースが出て煮えるそうですが、
もう、絶品!
特にスープがおいしくておいしくて、長粒のお米にかけてガツガツ食べちゃいましたわ☆
下のお皿は、胡椒風味のチキン。
これもおいしかった~。
d0007913_23372927.jpg
ビーフの煮たのと、蒸したもち米、豆腐と湯葉の煮もの。
他にも川エビやお魚の酢豚風もありましたが、どれもほんとにおいしくて、ほぼほぼ間食☆
ごちそうさまでした!

この後、エンパイアホテルのアフタヌーンティを予約してあったので、市内へ戻ったのですが、そのお話は、また次回。






[PR]
by nagiwi | 2016-12-24 01:03 | 旅行 | Comments(6)

9日は朝早めに起きて朝ごはんを食べ、空港へ。
ブルネイに行くのです☆

ひろこさんはキナバル山の写真が撮りたかったのにずっと曇ってたんですが、
この飛行機の窓から撮れました・・・わかるかな?
キナバル山は標高4095メートル、ボルネオ島の最高峰です。
d0007913_13221252.jpg
コタキナバル~ブルネイ間はマレーシア航空とロイヤルブルネイ航空の共同運航で、
飛行時間は50分ほど、となってるんですが、
実際には飛び立って降りるまで、20分ぐらいかしら。
名古屋と大阪間、って感じ?
とにかく近いです☆

ブルネイのバンダル・スリブガワン空港では、アルコール持ち込みの申請をしました。

ブルネイは英連邦の一員ですが、結構厳格なイスラム教国なので、マレーシアでは可能だったホテルでもアルコールは禁止です。
ただし、イスラム教徒でない人がアルコールを持ち込んで、部屋の中で飲むことは可能だとか。
だから、アルコール持ち込みを申請してそれを室内で飲むのはOKです☆

ブルネイはとても小さな国ですが、石油や天然ガスのおかげでとってもお金持ち☆
所得税も教育費も医療費も無料だそうで、GDPは日本以上・・・・と聞いていたので、興味津々だわ☆

空港には友人が迎えに来てくださってて、そのまま市内観光へ。
お目にかかるのは数年ぶりですが、ご無沙汰の時間をあっという間に飛び越えて、
相変わらずテキパキと有能感満載で懐かしい♪
まず第一に連れて行ってもらったのは、布地やさん!
一枚、帯にできるようなバテックの生地が欲しいと思ってたので、自分の目がらんらんと輝くのがわかりましたわ(笑)
青色地の花柄の生地を買い込みました☆

次に行ったのは、市場。
d0007913_13224349.jpg
知ってる野菜も知らない野菜も、たくさん並んでました。
d0007913_13223279.jpg
魚市場には、美味しそうなカニにエビ☆
d0007913_13225125.jpg
コタキナバルに比べると、広くて清潔でした。

次に向かう途中で雨が降り出しました。
さすが南国の雨期、ドバ~~~って感じ!
それで予定を少し変更して、先にランチをしてから、王室資料館に向かうことに。
ランチはブッフェスタイルでした。
私の前には、いろんなものを取ったお皿と麺の鉢がありますが、
この麺はフォーとも違う、どっちかっていうと中華麺でした。
d0007913_13284918.jpg
マレーシアでもブルネイでも、12月は冬休みだそうで、このレストランも子供連れでいっぱいでした。

住宅街の中にいきなり現れたオオトカゲ(?)
1mぐらい?もっと大きい?
d0007913_13230965.jpg
いつもこの辺にいるそうです・・・・・

王室資料館は、今の王様に関する資料が収蔵されてるんですが、どこを見ても、
金、大理石、金!
d0007913_13232060.jpg
凄いですね~、戴冠式の時の王様の乗り物だそうで、この金もホンモノだそうです(汗)
d0007913_13232925.jpg
富に圧倒されましたわ・・・・・

つぎに、ブルネイ川にある水上集落見学(カンポン・アイール)へ。
d0007913_13233919.jpg
船着場からボートに乗ったんですが、これが、まあ、早いのなんの!
暴走ボートって感じ?(笑)
d0007913_13235083.jpg
水上集落って言葉からは、ニッパ椰子で屋根を覆った木造の家々、を連想しませんか?
実際には、現代的な建物が立ち並び、集落には学校もモスクもあります。
とは言っても、家から家には、手すりのない木製の橋を渡っていくんですよね。
ちょっと怖かったわ~。
ここでは、現地の方のお宅訪問!
お茶とお菓子も出ました。
椰子の葉で巻いて蒸したお菓子や、カスタードみたいな緑のお菓子や、カステラみたいなものとか。
この緑色は、バンタン・リーフという木の葉で色付けしたものらしくて、
パンにも、ジャムにも、色付けとして使われてるそうです。
そういえば、コタキナバルのホテルで鮮やかな緑色のパンがあって、
何で色付けしたのか聞いてみたら、バンタン・リーフと。
このあたりでよく使われるらしいですけど、鮮やかな色がいかにも南国的!
d0007913_13240087.jpg
屋内は思ったより広々してて、特にリビングルームはたくさんのお客さんを招けるようになってました。
イスラムのラマダン明けの時など、親せきやお知り合いがお互いを訪問しあうそうで、
そういうときにはこの広い部屋で、ご馳走が振舞われるんでしょうね。

このあと、ブルネイ川をボートでマングローブを見学。
d0007913_13241313.jpg
これがマングローブ。
マングローブって、海水か汽水の波の少ない所に生えてて、大気中に根を出して呼吸する(気根)そうです。
この木から垂れ下がってるのがその気根。

町からほんの10分かそこらの距離を行っただけなのに、ワニやテングザルがいました。
d0007913_13242562.jpg
雨のせいで水は濁ってますが、川面に映る木々の姿も美しい。

この後、モスクへ。
d0007913_13243883.jpg
これは新モスクかな?
旧モスクかな?
忘れちゃいましたが(汗)絵のようです☆→上の写真の水上のでっかい玉ねぎが旧モスクで
大小いろんな大きさの玉ねぎさんが写ってる下の写真は新モスクだそうです!(12月23日追記)
d0007913_13244853.jpg
とにかく、ゴージャスの極みです。
d0007913_13245699.jpg
これは王宮!
王様は車がお好きだそうで、王宮の地下には2000台のコレクションがあるそうです!!
d0007913_13250685.jpg
門前にはブルカ兵が二人門衛を務めていて、時々かっこよく動いてました☆

この後、友人宅にお邪魔して、夕食をご馳走になり、泊めていただきました。
あ、ワタクシ、友人宅のプールでひと泳ぎさせていただきましたわ~~ん♪

プールにポカ~~んと浮かんでると、青い空に白い半月がかかっていて。
それが少し時間が経つと、空は紺色になり、月は黄色に色を変えていました。

赤道直下のプールに浮かんで見た黄色い半月を、私はきっと忘れないでしょう。










[PR]
by nagiwi | 2016-12-22 15:16 | 旅行 | Comments(4)

恐れていたマレーシア航空の飛行機は、お食事もおいしくて、
フライトアテンダントさんの制服はマレーシアのバテックでとっても綺麗だし、
何より定刻通りにクアラルンプール着、乗り継ぎもスムーズにコタキナバルにつきました。
飛行場には、お願いしてあった日本語のガイドさん(すごく流暢!)付きの送迎の車が来ており、スムーズにホテルへ!
この旅行中、ホテルは大きめのツインの部屋にエキストラベッドを入れてもらうよう頼んでありました。
外国のリゾートホテルはシングルの部屋が少ないかわり、エクストラベッドは普通に入れてもらえることが多いようです。
それに、三人で一室のほうがお値段的にもお得☆
この後ずっとこの方式で泊まるので、エキストラベッドに寝る人はローテーション、ということにしました。

これがロビー。
マレーシアもクリスマス仕様でした。
d0007913_17020095.jpg
ホテルにはプールもあるし
d0007913_17065885.jpg
レストランの壁面には伝統的な織物がディスプレイされ
d0007913_17072233.jpg
朝ごはんはビュッフェスタイルですが、麺類から炒飯からコンチネンタルブレックファストから甘いケーキまで、なんでもあり!
このお皿は最初の一皿で、この後、何度お代わりをしに立ったことか。
もう満腹だ~~!!
d0007913_17232145.jpg
満腹になったところで、市内観光に。
昨夜空港に迎えに来てくださったガイドさんが、この日もガイドしてくださいました。
これは市立モスク。
d0007913_17243607.jpg
海の水を引き込んだ池(?)の上に立ってます。

マレーシアはマレー半島とボルネオ島の北部からなる国で、元はイギリスの植民地。
第二次世界大戦中は日本の植民地だったこともありますが、現在は英連邦の加盟国だそうです。
クアラルンプールはマレー半島にあって、ここ、コタキナバルはボルネオ島最大の都市でサバ州の首都。
マレーシアって多民族国家で、マレー系、中華系、インド系と、たくさんの先住民族で構成されてて、多数派のマレー民族はイスラム教を信仰してるとか。
その他の民族はそれぞれの信仰を持ってるので、イスラム系のレストランではお酒は禁止だけど、ホテルや中華系のレストランではお酒が飲めます!
ただ、イスラム教の人と結婚したら、男女にかかわらずイスラム教にならなくてはいけないらしい。
ガイドのファビアン氏は先住民族の出身でクリスチャンなんですって。

次はその中華系の人の建てたお寺に。
d0007913_17244568.jpg
お~~、いかにも中華風!
d0007913_17245678.jpg

反り返った屋根が幾重にも重なって、きれいです☆
d0007913_17251438.jpg

そして、お庭には色鮮やかな花々が。
見たことのあるような花ですが、名前がわかりません。
この後ずっと、いろんな花を見ましたが、私には名前がわからなくて悲しい(涙)
ひろこさんは一生懸命写真を撮って検索されてましたわ☆

次に行ったのは博物館♪
d0007913_17253531.jpg

サバ州立博物館です~。
博物館、大好き☆
d0007913_17254968.jpg

建物の前の傘状のもの、アフリカでもこんな感じの傘がありましたわ。
暑い国に共通の材料と手法かな。

この中で見たものの中で一番衝撃的だったのは、首狩り族!
サバ州では100年ぐらい前まで首狩りの風習があったそうです。
結婚するには誰かの首を取ってくる必要があったらしい。
首を取った相手の力が自分のものになると思われてたんでしょうね。
とった首は匂いをごまかすためハーブと交互に並べて軒に干してあったとか(汗)

広い博物館だったので、もっとゆっくりしたかったんですが、動物園に移動。
d0007913_17260674.jpg

これは、姫猩々椰子、というそうです。
茎が赤くて、まるで何か色を塗ったみたい。
以前にベトナムでもこれを見たことが思い出されます。
南国では普通にあるようで、この後あちこちで見かけました。

動物園には、世界で一番小さい象
d0007913_17262063.jpg

森の哲人・オランウータン
d0007913_17261462.jpg

テングザル
d0007913_17262634.jpg

そのほか、ハリマオ(マレー語でトラのこと・・・・昔そういうタイトルのテレビ番組がありましたが、動物園のハリマオは水遊びしてました)(笑)や、世界で一番小さい熊というマレーグマ、などなど、いろんな動物がいて、いろんな花が咲いてて、面白かったです☆
この動物園は昔はゴムのプランテーションだったそうで、広くて、のんびりしました。

この後、ランチは中華の飲茶。
中華系のレストランだったので、ビールで乾杯したのは言うまでもありません(笑)
で、お土産物屋さんに行って、あれこれいろいろ買いこみ、一度ホテルに戻ったあと、街歩きに。
かるほさんは郵便局で自分宛てにはがきを書いて送ってました~。
いいアイデアですね☆
……めんどくさいので自分ではやりませんが(笑)・・・・・

これは、地元のウエットマーケット
d0007913_17263839.jpg

野菜、魚、肉などが所狭しと並んでてとっても面白かった!!

ハンドクラフトマーケットなども見てたら、雨がぱらぱらしてきたので
ホテルに戻りました。

この日の夕食はルームサービスでサンドイッチとウイスキーを頼んだんですが、
ここでちょっとしたトラブルが。
部屋にルームサービスのメニューがない!
フロントに電話したら、
「無くても大丈夫!何が欲しいか言ってください」
??普通、メニューを持ってくるんじゃ?と思いつつ
「何があるの?」と聞くと
「サンドイッチにパスタに、なんたらかんたら」
後半はうまく聞き取れないし、面倒になって、サンドイッチとウイスキーを頼んじゃいました。
このサンドイッチが思いのほかおいしくて。
さすが元イギリス領?

お腹がいっぱいになると瞼が下がってきて、早々にベッドにもぐりこみました。

平気なつもりでも、結構疲れてたんだなあ、私。








[PR]
by nagiwi | 2016-12-22 11:49 | 旅行 | Comments(0)