いよいよ春の連休が始まりましたね。
昨日まではとっても寒かったけど、今日は朝からいいお天気!
空は真っ青だし、空気はさらっと乾いて、暑くも寒くもありません☆

去年の連休に訪れた春日大社神苑の藤があんまり素晴らしかったので、
東京の友人に、「ぜひ見に来て~!」と吹聴したんですよね。
彼女もすっかりその気になったんですが、今年は藤の開花が早そうで
彼女のスケジュールと藤のスケジュールをどう合わせるか、悩んでしまいました。
神苑に電話したりして、連休前半が良さそう、ということになって
午前10時に東京から着いた友人と奈良駅で待ち合わせました。
え~、この時間に奈良に来るには、彼女は午前五時に家を出ることになります
・・・しかも着物で…・その上日帰り
・・・・・ついでですが、彼女は私より一つ二つ年上です・・・・ぎょえ~~(笑)
これで雨だったら悲惨ですよね??
だから今日の好天はすんごく嬉しかったんです~!!

連休に奈良を案内するコースは、去年とほぼ同じ。
最初は特別開扉をしてる北円堂です。
d0007913_2271698.jpg

並んでる人も無く、思う存分、弥勒如来、無着菩薩、世親菩薩、四天王を眺めました。
千年以上もここにいて、いろんなものを見てきはったのね、すごいわ…・・・・

彼女は東博でやってる阿修羅展に行かれたそうですが
それはもうものすごい混雑で、人波が渦になってたそうで。
「興福寺の宝物館ではあんなにゆっくり拝めたのに~。
ここはこんなに静かで、どれもこれも素晴らしい・・・・
みんな奈良に来て見たらいいのに!」
とため息をついておっしゃってました~。

たっぷり一時間近く北円堂を楽しんで、奈良公園の新緑を楽しみながらブラブラ。
藤を見る前にお昼にしよう、と「夢しるべ風しるべ」の中の志まづへ。
ここからは若草山が一望できます。
d0007913_222806.jpg

日毎膳・・・かな?このほかに天麩羅と筍御飯、赤だし、デザートが付いてました。
d0007913_22281118.jpg

おいしいね、それからね、と、近況を喋りまくりながらもすっかり平らげました☆

ゆっくり気のすむまで食べて喋って、さあ、神苑へ
d0007913_22353929.jpg

満開だといいなあ、咲いてて欲しいなあ、と祈りつつ藤の園に入ると・・・・・
良かった~、咲いてます☆
d0007913_2237384.jpg

満開と言うには少し早く、八分咲きぐらいかな・・・花房の一番先はまだ開いてませんが
藤の花が空から降ってきたようですね♪
d0007913_2237475.jpg
奈良公園の喧騒が嘘のようにあたりは静かで、藤特有の甘い甘い香りが立ち込めて。
d0007913_22375994.jpg
藤の名所はあちこちにあるけど、ここは作られた美しさではなく、いかにも自然ね、と友人。
確かにそうですよね。
多くの名所では、同じ高さに藤棚を仕立て、花の数を競うように咲かせますが、
ここは、地面は下草に覆われてるし、藤の高さも仕立て方も様々で、
藤の特性を生かして手入れされています。
下草の緑が藤の色の美しさを一層引き立ててますよね☆
d0007913_2238975.jpg
藤の種類も様々で、薄紫、濃紫、白、薄紅色、と、青空のもとで咲き競ってます・・・・
去年ほどの満開ではないけれど、彼女はとっても満足してくれたようで、藤の木陰で甘い香りと心地よい風を堪能しました。
d0007913_22381858.jpg

日差しが強かったので、日傘をさしてる私。
この日傘は、お嫁ちゃんが誕生日にプレゼントしてくれた和傘で、今日が初下ろしでした☆

喉が渇いてきたので、荷茶屋で冷たいコーヒーを。
d0007913_22382915.jpg

ここはいつも静かでホントに穴場です!
東京の人にとってはこういう静けさは大層嬉しいもののようで、
何度も何度も「ここは素敵ね。気に入った~」と。
どうしてこんな素敵な所がいつも空いてるのか、私にもわからないんですが
私としてはこのまま空いてて欲しいわ(笑)

ほぼ閉店まで荷茶屋でお喋りして、そのあと五十二段を降り、
猿沢池を回って近鉄奈良駅へ…
またもや時間ギリギリまでお喋りして、お別れしました~。

奈良には東京とはまるで違う時間の流れがある、と彼女。

良い友達をたくさん作って、元気で楽しく長生きしましょうね、と私☆
[PR]
by nagiwi | 2009-04-29 23:12 | 奈良 | Comments(12)

雨降り体質??

14日15日と、奥琵琶湖に桜を見に行ってきました。

奥琵琶湖の桜は、
京都市内より一週間、彦根よりも3日は遅く満開を迎えるというし、
宿泊予定の国民宿舎つづら尾荘によると、
月曜日に、「今まさに満開、きれいですよ~」とのことだったので、
めっちゃ期待したんですが…・

火曜日の朝目覚めると、
なんと・・・・無情の雨・・・・・しっかり降ってるし・・・・
しかも、終日降るという…・

それでも、一縷の望みとともに、
京都駅の伊勢丹で予約してあった「二傳」のお弁当を受け取って
同行の友人の車で拾ってもらい、出発。
雨はやむ気配もなく、快晴の琵琶湖岸でお弁当を食べようという私の計画は
無残に破れました(涙)
でも、お弁当はホントに美味しかった~☆
d0007913_176140.jpg

行けども行けども、お天気は悪くなる一方で
桜並木の道は今落ちたばかりの花びらに埋め尽くされ、桜色のカーペットを引いたよう。
それはそれで確かにとってもきれいなんですが・・・私は木の枝についてる花が見たいの~!

当初はこの日にお花見船に乗るつもりだったんですが、あまりにも天気が悪かったので、
翌日に延期・・・・・なにしろ、国民宿舎に着いたら、こんな感じだった(号泣)
d0007913_1710763.jpg


しばらくすると、雲が少し晴れて明るくなってきたので、雨の中をお散歩に行ったら
駐車場の黄色い車に、落ちた桜の花びらが張り付いていました。
このあたりの桜は、なんだか色が濃くて、花弁はどれもほんとの桜色。
同じ染井吉野なのに、空気がいいと花の色も鮮やかなんでしょうか…きれいですね~☆
d0007913_17131273.jpg

このあたりはどこもかしこも桜でいっぱい。
少し南の海津大崎からずっと湖岸に桜並木が立ち並び、
やがて延長18キロ6000本の桜並木の奥琵琶湖パークウェイへと続く、
それはそれは見事な眺めのはずなんですが・・・
どこもかしこも雨にけぶっています…・
それでも、けなげに咲いてる湖岸の桜みち。
d0007913_17244848.jpg
道は落ちた花びらで埋め尽くされてますが、ホントに花の色が濃いでしょう?
憂いに沈む友人です(笑)
d0007913_17241779.jpg
雨の中の桜花
d0007913_17242582.jpg


雨が降って寒かったので、夕食はしゃぶしゃぶ。
日本酒を飲んで、お鍋を食べて、やっと温まったって感じ。
d0007913_17281461.jpg
花はダメでも、学生時代からの友人とはとにかく話がはずみます。
この日の話題は、いかにして夫をおだてて上手に遊ぶか(笑)
専業主婦には家庭が職場だから、職場の上司をあやすように夫をあやすのがお仕事よ、と
話したら、めっちゃ受けました(笑)
d0007913_17282396.jpg
この国民宿舎って、イノシシが名物なんでしょか?
畳の縁がイノシシでしたわ!!

15日はまだ小雨・・・・・それでも、お花見船に乗って船上からのお花見です。
降り続いた雨に、ほとんどの桜は見ごろを過ぎました・・・・・
ああ・・・・・なんで、よりによって十日ぶりの雨がここで降るのかなあ、
そう言えば、最近二人で出かけると、時々降るよねえ・・・・
お払いしてもらった方がいいかも…・
などと愚痴りながら、奥琵琶湖パークウェイを走ると、確かに18キロの桜並木です!
…ただし…花は無かった…

これは、ぜひまた来年来なさい、ということよ!
絶対満開に来ようね!
と、リベンジを二人で固く誓って、湖岸を走り、お土産を買うのと昼食を取るために
「みずどりステーション」という道の駅に寄りました。
皆さんご存じでしょうけど、最近の道の駅ってすごいですよね~!
小さな建物だったんですが、駐車場は車でいっぱい、お客さんは引きも切らずって感じで。
何しろ、お野菜にしても、琵琶湖でとれたお魚や小エビの手作りの佃煮にしても、
ホントに安い!!新鮮!!美味しい!!
女二人、必死で買い物に励みました~(笑)

昼食に鍋焼きうどんと「子鮎のてんぷら」を頼んだら、これが来ました♪
d0007913_17442193.jpg
このお皿に山盛りの子鮎が、500円!!
しかも淡白にして滋味にあふれ、ほんまに美味しかった~♪
京都かどこかのお店で食べたら5匹で980円ぐらい?もっとするかしら?


滋賀県北部は観音信仰が盛んで、
中でも渡岸寺の国宝十一面観音は平安時代初期の作と言われ、
その日本彫刻史上の傑作と言われる美しさと、
信長と浅井朝倉が戦った姉川の合戦の時、信者によって地中に埋められて
戦禍から守られたという逸話で有名ですね。
これを一度見てみたかったの!という私のリクエストで、
昼食後、渡岸寺へと向かいました。

長閑で豊かな田園風景の中をしばらく走って、渡岸寺は高月町というところにあります。
お寺は戦火に失われ、大正時代に再建されたもの。
d0007913_17554715.jpg
でも、境内は広々と、重厚な美しさ。十一面観音は収蔵庫に安置されています。
d0007913_17555676.jpg
収蔵庫にあるおかげで、前後左右、どこからでもお姿を拝見できました。
この十一面観音はヒノキの一木造りで、井上靖(星の祭り)や白州正子(十一面観音巡礼)がその作品の中で美しさを絶賛してますが
目の前にまざまざとみたお姿は、軽く腰をひねり、右足を一歩前に出した、動きのあるホントに見事なものでした☆
そしてその端正なお顔は、じっと見てると引き込まれそうで、
信者さんが何としてもこのお像は守りたいと思ったその気持ちが、いかにも、と頷けましたわ~。
お寺のこの場所に観音様は埋められたそうです。
d0007913_1756485.jpg

観音像の水瓶を下げる指先や天衣の先のどこにも欠損がないのは、
埋める時に、そのころこのあたりで特産だった蚕の繭を使って保護したんじゃないかと、
言われてる、と案内の方がおっしゃってました。
いかにも・・・・・そうかもしれません。

お寺の前には清冽な小川が流れ、それはもう見事な槻の木が。
この槻の木が「高月町」の語源だとか。
d0007913_17561346.jpg



このあたりには他にも古墳や青の洞門などがあるんですが、
そろそろ時間。
一路京都へと帰りましたが、友人は初めて見た十一面観音に心を奪われたらしく、
他の国宝の十一面観音を見たいと言い出して。
次回は十一面観音を巡るツアに出かけることとなりました。
国宝の十一面観音は、この滋賀の渡岸寺のほか、
奈良の聖林寺、室生寺、法華寺、京都の六波羅蜜寺と観音寺、大阪の道明寺、
でしたよね。
どこから行こうか、楽しみです☆
[PR]
by nagiwi | 2009-04-17 18:25 | 旅行 | Comments(8)

20日は卒業記念ハイキングに出かけるにあたって
たらちゃん、りぃさん、ねこさん、かるほさん、そして私の5人は
高取を行き先に選びました。
高取町は高取城の城下町、置き薬の里として有名で、
最近は城下町筋の家々で雛人形を飾る「町家の雛めぐり」をやってるんです☆
自主スクやハイキングの詳細は、今回もかるほさんに任せ。
私の注文は、お城が見たい、と登り道を歩くのは嫌!の二つ。
私、水平移動ならいくらでも歩きますが、垂直移動は苦手です…・

予定としては
近鉄壺阪山駅に集合、バスで壺阪寺まで登る(うんうん)、
壺阪寺にタクシーを呼んで、高取城まで登る(よしよし)
高取城から高取の町まで徒歩で降りて(降りるのね、それなら大丈夫!)
城下町の雛めぐりを楽しんで、最後は子嶋寺へ。
というものでした。

卒業式帰りに微妙に降り出した雨は、早朝には土砂降りとなりましたが
ありがたいことに出かけるころには上がり、曇り空ながら何とか好転しそう。
壺阪山駅に着いた時には風はあるけど、まあ大丈夫って感じ!
良かったわあ~と、みんなのテンションも上がります。

駅から乗ったバスはどんどん登って行き、終点の壺阪寺で降りるとこんな看板が。
ここはお里沢市の逸話で有名ですが、うむ~、商魂たくましいわ。
d0007913_1734071.jpg
壺阪寺は山の尾根に立ったお寺で、高低差がすごくあります。三重塔は重要文化財。
d0007913_1734152.jpg
境内には異国風の石造りの仏像やこんな魔除け橋が。
ここで写真を撮ると魔を払えるらしい…ちゃんと写真を撮ったんだけど払えてなかったような(汗)
d0007913_17342574.jpg
本堂からは大和盆地が一望できます!
d0007913_17343714.jpg
石造の涅槃仏と大観音像。どちらもインド風で、ものすご~くでっかいよ~~。
d0007913_17453969.jpg

駐車場に待っててくれたタクシーに駆け込んで、一路高取城へ!

タクシーを降りたそこには、崖とも言いたいような登り道が!
でも、まあ、石垣が見えてるし、距離はわずかだわ、と
d0007913_17472320.jpg
登ったそこには、見事としか言いようのない石垣が広がり、
しかもあちこちにいろんな種類の石垣が有って
d0007913_17474077.jpg
一つ登ると次のが現れる、という具合で、一番高い本丸跡から下を見ると、怖いほどの高さ!
遠く吉野まで見通せたので、吉野へ行った皆さんを偲んでみたりしました(笑)
しかし、このお城、とんでもなく広いわ…・
聞いてみたら、日本最大級の山城で、標高584m・・・・
d0007913_17475089.jpg

石垣を十分楽しんで、さあ降りようと思ったら…

道しるべが、無い。
あん?普通あるでしょう「高取町へはこちら」みたいなのが。
それがな~んも無いのよ…・あるのは、林の中のほっそい下り道と
角を曲がるときりなく現れる石垣、石垣、石垣。
その石垣の所には、「十三間多聞」とか「大手門」とか「千早門」などの立て札はあるんだけど
鬱蒼とした昼なお暗い林を下っていくこの道
道幅は一人しか通れないような細さで、土は削れ、石が露呈したところも多々あって、
歩きにくいこと夥しいし
何より、下り方が
急!!!
とにかく、急!!
「こんな道を登城するの?」「いやや~、しんどすぎる~」
「殿様は駕籠に乗ったの?」「こんな急な道、駕籠をかくのは無理やわ!」
「じゃ、馬?」「馬も無理よ!急すぎる!」
などとぶ~たれる余裕があったのは最初のうちだけ。
うっかり足を下ろすと道の表面の石が崩れて足をくじきそうだし、
一体どこまで歩いたら道が開けるのか、心細くなって
みんな口数も少なく、黙々と歩いていたら、こんなものが。
ここは明日香の栢の森へと高取の町へとの分かれ道で
高取城を築城するときに明日香から持ってきたという猿石を
あんまり重いから放り出していったんじゃないの~と一同納得。
d0007913_1748095.jpg
それに、どうやら道は間違ってないらしくて、ほっとしたのもつかの間、
まだまだ下り道は続きます(涙)。
なんかのたたりなの~???ちゃんと魔は払ったのになあ・・・

と、その時、あたりに響き渡るかるほさんの叫び声!!
すわ、何事???とよく見たら、そこにはでっかい蛙ちゃん。
かるほさんって、蛙が死ぬほど嫌いだったらしい・・・
d0007913_1748992.jpg
19日の暖かさに間違えて冬眠から覚めて出てきちゃったのね。
うみゅ、お気の毒。

まだまだ道は下ります…これはその中でもちょっと広い道なので、カメラを構える余裕があったんですよね。
d0007913_1831589.jpg
どんどんどんどん下っていうんですが、どこまで行っても出てくるのは「高取城跡」という石碑。
ここが高取城だっていうのは、もう分ったよ~、知ってるよ~、と言いながら
ほぼ一時間以上も歩いたでしょうか、、どうやら少し道が広くなって、
舗装道路に出た時はホントにホッとしました…そこには「ここから遊歩道」と。
断言しますが、あれは「遊歩」ではありません!!


ようやく林を抜けて、空が見えてきて、また下ると眼下に一面の梅の花☆
砂防公園ですね~。
d0007913_18311875.jpg
やれやれ良かったね、とお昼ごはんにしたんですが、
このあたりで、山道を登っていう人たちとすれ違って…
すれ違うたびに私たちは顔を見合わせて「大丈夫かなあ」と思わず言いあいました…
お腹が減ってたんですね~、お昼ごはんのおいしかったこと!

しばし下って、雛めぐりの場所を聞いた地元のおじさんに「どこから来たの?」と聞かれて
「高取城から降りてきた」と答えたら、
ギョッとされてしまいました…地元の人でもびっくりするほどの道だったのね(汗)

前日の暖かさが嘘のような寒い日でしたが、街の中は観光客でいっぱい。
普通のお宅が、自宅にあるお雛様を飾り付け、見せてくださいます。
玄関先には花もいけられ、きれいに飾りつけられてます。
d0007913_18313327.jpg
これは少し古いのかな・・・お母さんの、娘さんの、など、いくつも飾られたお宅もありましたよ。
d0007913_18314440.jpg
町の一角には、ガーデンクラブの皆さんによるこんな飾り付けもあったり
d0007913_18315625.jpg
これはまた見事な!センスが光ってます。
d0007913_1832756.jpg

所々に、とてつもなく大きなお宅があったりして、城下町らしい街並みです☆
地図によると「下屋敷門」となってましたが、今はお医者さん。御殿医さんでしょうか?
d0007913_1832205.jpg

雛飾りを展示されてるのは全部で76軒のお宅で、
それぞれそのお雛様の由来が書いてあったり
花がいけられたり、いかにも手作りの温かみがあって、素敵でした~。

雛めぐりもほぼ終わったろころで、たらちゃんは列車の時間があってお別れ。
またきっとお目にかかって、今度はもっと楽なハイキングに行きましょうね!
とお約束して・・・・・

流石に足腰ががくがくしてきて、子嶋寺に着いた時、
私はもうお寺に入らなくてもいいかな・・っていう感じだったんですが、
最後の元気を奮い起こして行ってみたら、
この門は、高取城の松の門だって…
d0007913_18323620.jpg
お寺の方が中を案内してくださって、奥の部屋に行くと
そこは高取城のお殿様だけが入れたお部屋で
お殿様は毎日午前三時に、
あのお城からこのお寺に御参りに来たはったんだって!!???
毎日??三時???あの道を降りて???
うっそ~~!!!!
しかも、駕籠で??
・・・・・・・・・・・・・・駕籠かきの身になってほしいわ・・・・・・
と一同頷き合いました・・・・・

お寺の方の話によると、
天誅組が高取城を攻撃したけど、失敗したとか。
お殿様は新しい物好きで、城にはガトリング銃を備え付け、
あの細い道を登ってくるのを上から狙い撃ちにしたんやわ・・・・そりゃあ、攻撃できへんよ…・
やっぱりねえ・・・・・
とまたもや一同納得。

高取城へ行った一日の締めくくりにふさわしいおはなしでしたわ~ん。

で、
天誅組も、お城を狙わずに、このお寺に殿様が来るとこを狙ったら、
御供はヘロヘロやし、殿様は駕籠の中で爆睡してるし、
イチコロやったのにね、というのが私の感想でした。

ちゃんちゃん。

西大寺でりぃさんとねこさんとお別れ。

大学は卒業してしまいましたが、
きっときっと
また奈良でお会いしましょうね☆

この日はとっても寒かったし、
私とかるほさんは何か暖かいものが食べたくて
湯豆腐とおでんを食べました・・・・
d0007913_1833191.jpg


明日は古墳めぐり。
幸い夫はお泊りゴルフで留守なので、
お風呂にバスクリンを思いっきりぶち込み、
早々にベッドへ飛び込みました~。

明日、歩けるかな…・・・・
[PR]
by nagiwi | 2009-03-23 19:18 | 学校 | Comments(11)