テキストが来た!

大学から大きな箱がやってきた~♪
テキストを実際手にとってみると、現実感がヒシヒシ湧いてくる。

これを読んで、理解し、レポートして、そのあとテスト。
簡単じゃないけど、楽しそう~

とりあえず、ノートをそろえて、久しぶりの学生気分。
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-14 17:18 | 学校 | Comments(2)

思案投げ首中

明日は友人と「着物でお花見 at  大阪」の約束やのに、なぜか雨の予報が。
どないしょう?
お天気がよかったら、銀ねずの小紋で行こうと思ってたけど、少々汚れても目立たないこの青紫の小紋に変更して、と。d0007913_1518873.jpg
お花見に行くんやし、浮き立つような気分も必要やから、思い切ってお嫁に持ってきた
綴れの帯を合わせてみた。

ごっつ、派手。

京都へはして行かれへんけど、大阪やし、エエやろ・・・・か。

帯揚;若竹色
帯締;古代紫
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-10 15:22 | 着物 | Comments(5)

枝垂桜を見ると

思い出す歌。

桜ありき 桜のごとき 人ありき 酔えばよくみる 春の幻

吉井勇さん作
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-09 10:10 | 言葉 | Comments(0)

花曇の京都は

五部咲きの桜と柳の新芽とのコントラストが綺麗だった。

見渡せば 柳桜を こき混ぜて 都ぞ春の 錦なりける (たぶん、古今集)

と言う風情。
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-07 20:07 | Comments(0)

言い訳せず

後悔せず、欲張らず。

かたわらに ありて豊かに あることを  愛と呼ぶべし われはわが為

道浦母都子さん作。
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-06 00:27 | 言葉 | Comments(2)

提出完了。

履修届を郵送して、ほっと一息。

風は冷たいが、日差しが綺麗な春の一日だった。


春芽ふく樹林の枝々くぐりゆき われは愛する言ひ訳をせず

中城ふみ子さん作

言い訳せずに生きたい。
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-04 22:38 | 言葉 | Comments(0)

履修届を書いた

理解力と記憶力が落ちてるので、何を何単位取ったらいいのか、を飲み込むのに青息吐息。
でも、まあやっとこさで書けたわ。

履修するもの

文化財学購読1(T)、文化財学演習1,2 、史料学概論(T)、考古学概論(T)、言語伝承論(T)、観光論(T)、シルクロード学(T)、考古学特殊講義、美術史特殊講義、奈良文化論、神話伝承論、文化財修復学、地理情報システム、心理学基礎、計15科目。

結構あるように見えるけど、テキスト(T)は6科目だけ、後はスクーリング。

履修科目の手引きを読んでると、ワクワクしてくる。
考古学、とか、シルクロード、とか、言うだけで嬉しいのだ。むふ。
しかし、博物館学芸員はやめにする。虻蜂取らずになってもあれやしなぁ。

明日にでも持参しようかいな。
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-03 21:47 | 学校 | Comments(2)

入学式に行った。

何が驚いたって、今年出来たばかりの通信教育学部・文化財歴史学科に412名の入学者があり、半分以上が入学式に出席してたんよね。明らかに中高年ばっかりで、しかも、みんなすごく熱心。中高年パワーに圧倒されて帰ってきた。

d0007913_19345581.jpg
大学は雑木林の中にある。いい感じの建物だけど、丘陵を切り開いて建ててあるので、アップダウン多し。



一丁頑張るそ!と自分に気合を入れるために色無地紋付で行ったら、同じように色無地の着物の人を発見。ほぼ同年輩の上品な人。
負けた感あり・・・・・
d0007913_1935958.jpg
着物姿を、帰宅後鏡に映して、自写してみた。フラッシュが鏡に反射してハレーションを起こし、顔がよく見えなくて良かったどす。
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-02 19:42 | 学校 | Comments(8)

大学から

学生証と履修届の用紙、ハンドブック等が送られてきた。

理解力が随分落ちてるので、意味を捉えるのに時間がかかる・・・・・

あした入学式から帰ったら、ゆっくり時間をかけて読もう。
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-01 23:59 | 学校 | Comments(0)

梁塵秘抄だったか・・・

何しょうぞ、くすんで。一期は夢よ、ただ狂へ。

そして

遊びをせんとや生まれけむ。たわぶれせんとや生まれけん・・・

さてこそわれも・・・・
[PR]
# by nagiwi | 2005-04-01 00:56 | 言葉 | Comments(0)