9月16日、奈良県観光ボランティアガイド連絡会研修会が「甍」(旧・県公会堂)でありました。
参加者は450名強(過去最高だったそうです!)午前中は能楽師吉田篤史氏による「能への誘い」という講演会、午後は東大寺コースと春日大社コースの二手に分かれてエクスカーション。
お天気が持つか心配でしたが、朝一番に少しぱらついた雨も、全員集合した8時には上がって曇り空になりました。ガイドが集合したところ。
d0007913_21555832.jpg

ガイドは全員で100名弱います。
このオレンジ色のユニフォーム、遠くからよく目立ってとっても良かったけど、風を通さないので暑かった…
駅やバス停、そして甍までの道筋に案内に立っていると、三々五々、参加者が集まってこられます。
d0007913_21563032.jpg

甍は定員500人なので、ほぼ満席に近い感じ。
d0007913_21501028.jpg

ご挨拶の後、吉田氏の講演が始まりました。
吉田篤史氏は新進気鋭の能楽師さんで、弁舌さわやか、「春日龍神」の一節を自ら謡い舞い、私たちのメンバーの一人に着付けの実演までしてくださいました。
d0007913_21525129.jpg
この装束は「鞍馬天狗」のもの。
d0007913_21533495.jpg
モデルさんの背が高いので、なかなか見栄えがします☆
この講演は、内容がい面白いのはもちろんですが、段取りがとてもよく、着付け実演のあと使った
装束を畳みながら、聴衆に「高砂」の謡の一節を体験させ、装束を切戸から奥に持ち込むとほぼ同時に謡も終わる、というタイミングばっちり。
そして講演の終わりはその「高砂」の切(終わりの謡いのこと。高砂の切は「千秋楽」とも呼ばれ、大層おめでたいので会合の最後に謡われます)で締めるという見事な演出でした☆
・・・・・この吉田篤史氏のお父様は、ほんとに偶然ですが、私の大学の先輩です☆・・・・・・・
d0007913_2283095.jpg

講演の後、質疑応答。

午後からは各グループに分かれてエクスカーションです。
d0007913_22105259.jpg

各グループ、10人から15人のガイドに、メインガイド一人アシスト一人が付いてご案内。
まずは東屋で簡単に昼食を済ませて、出かけます。
d0007913_2214454.jpg


わたしはA13グループのメインガイド。
当初は16人の予定でしたが、3名欠席、2名不明(笑)で11人になりました!
いや~、助かった~~~~☆
一人でも人数が少ないほうがガイドしやすい!!
とはいえ、今日のゲストは日頃からご自分がガイドされてる方ばかりなので、もう緊張!の一言です。
この日のテーマは「外国人が驚く、神と仏の共存」なのですが・・・・どうガイドするか、ほんとに難しい。
普段は英語で案内してるルートを、日本語と英語でやるのが基本ですが、英語と日本語をどの程度の比率にするか?
何に重きを置いてお話しするのがいいのか?
アシストの方と色々相談した結果、案内する場所の細かい説明より、その場所で外国人ゲストがどういう反応を見せられたか、それに対してどうお答えしたか、を日本語中心にお話しするほうがいいだろう、ということに。
で、その中心に「神道と仏教」をどう外国人に説明してるか、を持ってくることにしました。

ルートは、南大門~鏡池~手向山八幡宮~鐘楼・俊乗堂・行基堂・念仏堂~法華堂・二月堂~裏参道~公慶道~正倉院~戒壇堂~依水園。
これを2時間半でご案内する予定ですが、私は、手向山八幡宮と二月堂で神道と神仏混合についてお話しすることにしました。
・・・・最初の関門の手向山八幡宮でうまくご説明できるかどうかでガイドの成否は決まる・・・・・

幸いなことに、皆さんガイドの経験者ばかりなので、大変協力的(じつは、それも怖い~~~みんな私のことじっと見て聞いてるし~~~)(笑)比較的スムーズに始まりました。
勿論、知らないことは知らない、というのが基本で、知らない、というと、参加者の誰かが教えてくださる、という恐ろしい展開(笑)
ムツカシイ説明はアシストさんに投げつつ、手向山八幡宮で全精力を注いで、外国人に神道と神仏混合をどう説明するか、それに対しての反応などをお話したら、皆さん興味深そうに熱心に聞いてくださって、ほっとしました☆
そのあとは少し気楽になって時々ジョークを言う余裕もでき、さほどの失敗もなく、なんとか時間内にガイドを終えることができました。
終わったときにはほんとにほっとして、しかも汗だくでしたわ。
多分、大きな間違いはなかったと思います・・・・

終了後、アシストさんとお茶を飲んで少しお話したら、「あなたのガイドはストーリーがあって、面白かった」とほめてくださってうれしかった~~。

昨日はそれほど疲れてるとも思わなかったのですが、今日起床したら疲労感でいっぱいで、食事のあとまたベッドに逆戻り、結局今日は1日グダグダしてました。
昨日1日の疲れというより、この2か月ほどの疲れが一挙に出たんでしょうね。

とっても大変でしたけど、自分のガイドを見直す良い経験になった気がします☆
[PR]
# by nagiwi | 2016-09-17 22:57 | ボランティアガイド | Comments(4)

9月!

前回の投稿から一か月以上たってしまいました・・・・
この夏はほんとに暑かったんですが、
ガイドとオリンピックで毎日忙しくしておりました(笑)

8月は依水園のガイドが3回と同行ガイドが3回、そしてJRのコンシェルジェが一回。
真夏はさすがに外国人観光客が減るかと思いきや、
学校が夏休みになったから子供連れで来ましたという家族連れのゲストがたくさん!
しかもこの家族連れ、3週間ぐらいは日本に滞在されるそうで(汗)
子供たちはともかく、お父さんの会社はお休みなの?とびっくり!
日本人には考えられないほど、お父さんもお母さんも長い夏休みが取れるんですね~!
もう一つびっくりしたのは、皆さん日に焼けたがる、ってこと(劇汗)
私は帽子をかぶって、日傘もさしたい~気分なんですが、皆さん、平気みたいで。
どうして日本人は日に焼けたくないのか分からない、
この陽ざし、大好きだわ~、
と言われてしまいました(劇劇汗)。


9月中旬に、奈良県観光ボランティアガイド連絡会研修会があって、8月はその準備にも追い回されてました~。
これは、奈良の各ボランティア団体が回り持ちで幹事をして、他の団体のガイドのやり方を見て学ぶ、という催しで、毎年一回行われてるそうです。
で、今年は私の所属するEGGがその幹事になったらしい。
午前中は講演会、午後からは実地のガイドをすることになって、東大寺コースと春日大社コースを設定して募集したところ、ガイド参加希望者が350名を超えました(汗)
いや、こんな大人数、どうするの??
だって、私たちの団体は実働人数が70人~80人くらい?
その中には、同行ガイドに出てない人もいるし(観光案内所だけとか、定点ガイドだけとか)・・・
しかも、時間の都合で、あんまりたくさんグループを作るわけにはいかない…
結局、1グループ15人前後にガイドが二人ついて、それを25グループ作ることになりました。
そして、私もそのガイドの一員…
いや~、そんな大人数のガイドなんてしたことないし、どうするの???
ということで、それ用の研修が数回あり、そのほかにも色々細かな準備に忙しく日々追い回されています!
いよいよ近づいてきましたが、うまくいくか、心配だわ(劇汗)

と言いつつ、今週末は東京でちょっと遊んできます(笑)
[PR]
# by nagiwi | 2016-09-02 00:36 | ボランティアガイド | Comments(3)

吉野宮瀧☆

例年、かるほさんに奈良をあちこち連れて行ってもらうんですが、今年は吉野宮瀧に行くことになりました。
参加は、かるほさん、ひろこさん、かすみさん、そして私☆
かるほさんにいつものように何もかもお任せして、私はついていくだけで~~す。
吉野は広いので、タクシーをチャーター♪
いかに吉野とはいえ7月は暑いし~、タクシーなら楽ちんです。
それに、運転手さんがソムリエ!
素晴らしい一日だわ~~!!という予想にたがわず、吉野を満喫した一日になりました。
・・・・とはいえ、吉野山にも上らず、もちろん蔵王権現にもお参りしない、という実にあまのじゃく・・・もとへ、マニアック・・・・・・じゃなくて・・・・・ソムリエチックなルートでしたが☆

回った先が多すぎて、記憶がおぼろげなので(汗)写真だけ張っておきます(劇汗)

d0007913_06226.jpg
d0007913_0756.jpg
市尾墓山古墳
d0007913_0961.jpg

d0007913_0104595.jpg
d0007913_0113212.jpg
巨勢寺跡の礎石
d0007913_0125294.jpg
つらつら椿歌碑
d0007913_014187.jpg
水泥古墳の蓮華文石棺♪
d0007913_0152048.jpg

薬水アーチ橋
d0007913_0183820.jpg
薬水の語源になった弘法の井戸
d0007913_020219.jpg
願行寺・・かな?(汗)石垣は吉野川の緑泥片岩
d0007913_0222555.jpg
ランチは弥助鮨で
d0007913_023077.jpg


d0007913_024196.jpg
丹生川神社下社の神馬
d0007913_0271586.jpg
d0007913_0291927.jpg
d0007913_030694.jpg

金魚椿!葉っぱが金魚のしっぽみたいです☆
d0007913_036385.jpg
d0007913_0371166.jpg
d0007913_039779.jpg
d0007913_0403794.jpg
以上、比曾寺あとでした。

そして、やっと宮瀧(笑)
d0007913_0421283.jpg

d0007913_0425734.jpg
d0007913_0433660.jpg

d0007913_044315.jpg
丹生川上神社上社
d0007913_0454995.jpg
絶滅した日本狼の像
d0007913_0463462.jpg
丹生川上神社
d0007913_0471380.jpg
d0007913_0485518.jpg

d0007913_0493074.jpg
つくばね
d0007913_0502095.jpg

d0007913_0505292.jpg
高見川にかかる橋
d0007913_0534269.jpg
東滝
d0007913_0544373.jpg
鷲家の伊勢街道道標

そして、国栖の浄見原神社へ!
d0007913_0565493.jpg

d0007913_0573130.jpg

d0007913_0575460.jpg

d0007913_0582979.jpg
天武天皇のまつられたこの神社は国栖奏で有名ですが、とても素人には見つけられないような場所にあって。
感動ひとしおでした☆

よくもまあ、一日でこれだけ回れたものだ、と改めて感心してます…
奈良ロコピープルにとっては、丹生川上神社の三社を一日で回るなんて、無茶だわ~~~って感じなんですが、
その無理を可能にするのがかるほさんです!
最後には浄見原神社にまで行けて、感動しました☆

吉野は飛鳥時代から宮人たちに愛されてきましたが、しかし、古人たちはここへ歩いて通ったんですよね・・・・・なんという健脚なんでしょう、昔の人って。

次回もよろしくお願いしますね、かるほさん!
[PR]
# by nagiwi | 2016-07-22 01:02 | 奈良 | Comments(2)

梅雨明け!

今年の梅雨はあんまり雨が降らなかったような気がするんですが、降水量はそれなりにあるみたいで。
雨の日は少なかったけど、降るときはどっと降ったってことなんでしょうか。

7月に入ってから今まで、私のボランティアガイド生活も順調に(?)忙しく続いています。
依水園のガイドが日曜ごとに入っています(普通の月は第三日曜はないんですが、今月は5回の日曜日全部に入ってます)し、
第一火曜日第二火曜日は同行ガイド、第三月曜日はJR奈良駅のインフォメイション。
そのほかに、7日の木曜日には奈良で行われた国際会議の参加者向けのエクスカーションのガイド、
それに加えて、ガイド研修・・・これは、毎年9月中旬に奈良県のボランティア団体を対象にした研修会があるそうなんですが、今年はその担当が私たちのEGGなんだそうで。
各ボランティア団体のガイドを対象に、普段、他の団体のガイドががどんなことをしてるかを見て、今後の参考にする、というものらしい。
外国語のボランティアグループとしてはEGGが初の担当で、午前中は講演、午後は二時間余りのガイドの実演、なので、先週と今週はそのガイドコースを決めて実際に歩いてみています。

ざっと見直してみると、今月は週に三度ほどガイドに出ている計算です~。

そして、忙しいわ!とか言いながら、7月2日には吉野に行ってきました☆
これは、ガイドとは関係なく、ソムリエ仲間の(いいわねえ、この、ソムリエ仲間っていうフレーズ!)(笑)かるほさんとひろこさん、そして、懐かしいかすみさんと私の四人で、ソムリエタクシー(ソムリエのドライバーさん)をチャーターして出かけたんです☆
その後報告は次回で。
[PR]
# by nagiwi | 2016-07-21 23:15 | ボランティアガイド | Comments(0)

曇り空の一日でした。

奈良公園ではムジークフェスタが行われていたため、結構混雑してますが
依水園ではさすがに観光シーズンほどの混雑ではありません。
今日は午前中の担当で、ご案内したのは3組。
フランス人のお父さんと高校生?大学生?ぐらいの娘さん二人、スロバキア人と台湾からの二人連れ、そして香港からのお客様、です。
週に一度ここに来るたびに咲いている花が変わっているんですが、今日は蓮の花が咲き始めてました。
d0007913_033442.jpg

白い蓮の花ですね、アップにするとよくわかるかな?
d0007913_0343481.jpg
三組ともとっても感じが良かったので、時間を気にせずゆっくりとご案内。
この景色を見るのを一番楽しんでるのは私かもしれません!
d0007913_0373932.jpg


午後からはJR奈良駅のコンシェルジェ。
ピンチヒッターです☆
ここでは日本人からもいろんなことを聞かれます。
JRの構内には、私のほかに、バスの案内所に英語と中国語のわかる人がいるのと、中国語と英語の話せるJRのスタッフがいるのですが、日本人向けの案内所はないんです・・・・駅から出たところのビルの中には奈良市の総合観光案内所があって、そこでは日本人向けの案内ももちろんあるんですが、そこを知らない人がほとんどだし・・・改札口を出てすぐのところにすわっている私に聞くのが一番早いんですよね。
でも、私が持ってるのは英語の地図なので、地図が欲しい人はちょっと困る~私は日本語の案内のほうが楽ですけど☆(笑)
[PR]
# by nagiwi | 2016-06-27 00:50 | ボランティアガイド | Comments(0)

梅雨に入って

曇り空や雨模様の日が増えてきました。
雨が降るとガイドで歩き回るのは辛いでしょう、とよく言われますが、
どちらかというと、カンカン照りの暑い日よりは少し小雨ぐらいの日のほうが
日焼けの心配もなく、観光客も少な目で、私は好きです☆

5月の最終週に案内したのはニュージーランドからの姉と弟のお二人だったんですが、
柔道家の弟さんは、自撮り棒持参であちこちで写真を撮って、後で送ってくださいました。
鏡池の前の3人です☆
d0007913_21532066.jpg
(弟さんは見事なタトゥーを入れておられましたが、私が、「入れるのって痛そう」というと、彼曰く、「子供を産むほうが痛いんじゃない?」・・・どうなのかなあ?!?)

次の日曜日の依水園は小雨でした♪

この日ガイドしたのは4組。
アメリカ人、イタリア人、ドイツ人、フランス人でしたが
最後のフランス人一家は、若いパパとママと2歳の坊や。
この坊やはパパの背負子のようなものに入って、スヤスヤねんね♪
とってもかわいかったのですが、このパパが結構曲者で(笑)
「わびさび、って何?」
「テレビで日本人がわびさびについて聞かれてるのを見たけど、みんな、口で説明できない、って言ってた」
あのねえ(笑)難しいこと、聞かないでよ!(汗)
それで、利休と秀吉の逸話を一つお話ししました。
<ある夏、利休の庭に朝顔が見事に咲き誇って評判になりました。その花を見に来ないかと利休は秀吉を招きましたが、秀吉が訪れたとき、庭一面に咲いているはずの朝顔はみんな刈り取られ、茶室に一輪だけ朝顔が生けられておりました。朝顔の真の美はそのただ一輪の中にこそ見られたのです>
このお話がわびさびの説明になってるかどうかは疑わしいのですが、フランス人パパの気に入ったようで(笑)説明が終わった後、お茶室でお抹茶を飲んで帰られました。

翌週のガイドはスロバキア人の学生さん。
JR奈良駅の案内所に来られたところを捕まえて(笑)ガイドを売りこんだんですが、小雨の中を鹿と遊びながら、いろいろ質問を受け、たくさん答えながら楽しく歩きました。

19日の日曜日は依水園。
この日は本格的な梅雨到来で、ゲストの数も少なめ。
d0007913_22205391.jpg
 雨に濡れた緑がひときわきれいでした!
ご案内したのは、台湾からのゲストに、アメリカ人の学生さんたち、中国人のお嬢さん二人、の三組。
台湾からのゲストさんたちは、あまり英語が得意ではないようでしたが、日本はもう4回目、とのことで、この庭は素晴らしい、次には紅葉のきれいな秋に来るわ!とたいそう気に入ってくださいました☆
次のアメリカ(カリフォルニア)の学生さんたちは、みんな若くて、手足が長くて顔が小さくてハンサムで、しかもとっても熱心!
二組とも、案内が終わった後も、園内を詳しく見て回ったり写真を撮ったり、ゆっくり滞在されました。
特に学生さんたちの中の数人は、庭石の上に座禅を組んで瞑想してた・・・・・雨のやんだひんやりした空気をいっぱい吸い込んで、まるで庭と一体になったようでした・・・・
中国人のお嬢さんの一人は広島大学で怪談を研究してるとかで英語と日本語をちゃんぽんで説明しました。
で、関守石の説明をしたら「結界?」
すごいねえ、結界知ってるんだ~☆
もう一人のお嬢さんのほうは、映像の勉強をしてるとかで、熱心に写真を撮っておられました。
この日はお客さんの数が少なそうだったので、一組づつゆっくり時間をかけて説明できました☆

その翌日はJRのコンシェルジェ。
午後からの当番で京都や大阪へ帰る人が多かったんですが、中に一組、ゆっくり近づいてきて、
「京都も東京も姫路も箱根も行ったけれど、ここが一番素晴らしかった。このことをもっと人に知らせるべきです」といってJR の改札を入っていったご夫婦がありました。
☆☆☆ いや~~~、ほんとにうれしかったです☆☆☆
[PR]
# by nagiwi | 2016-06-21 22:36 | ボランティアガイド | Comments(0)

依水園七回目?


6月に入って最初の依水園ガイドですが、この日は午前中は雨。
でも、私が担当する1時には雨も上がり、気温も低く、ガイド日和でした☆
d0007913_04443100.jpg

この日も4組、13人のご案内。
内訳は、アメリカと日本混成8人、シンガポール3人、ベルギー、イギリス各一人。
d0007913_045771.jpg

何度来てもこのお庭には心をひきつけられます。
d0007913_0473560.jpg
来るたびに違う花が咲き、景色が変わって
d0007913_0481256.jpg
これぞ借景庭園のお手本!って感じですよね☆
[PR]
# by nagiwi | 2016-06-06 00:50 | ボランティアガイド | Comments(2)

6月です

6月1日から3日まで、奈良で観光と技術に関する国際会議が開かれたので、そのお手伝いに行ってきました。
奈良100年会館やあちこちのホテルが会場だったので、そういうところで「トイレはこちらです」的なご案内をするんだろうと思ったのに、
ふたを開けてみたら、会議の参加者についてお世話をすることに・・・・・・
しかもその参加者って皆さん結構地位の高い人・・・・・
いや~~~、めっちゃ緊張しましたわ。
幸い大きなミスもなく(っていうか、1日中会議で、その間はひたすら待つだけが仕事なので、ミスのしようがない)(笑)何とか終わりました。
しかし、ほんとに私の英語はまだまだです・・・
[PR]
# by nagiwi | 2016-06-06 00:36 | 英語 | Comments(0)

5月最終週

5月29日の日曜日はこの月4回目の依水園定点ガイド。
しっかり気温が上がって、ほぼ夏日!
この日も4組、16人ほどをご案内しました。

木々の緑色がほんとに色とりどりで、池を渡ってくる風が気持ち良い!
ガイドした中にオランダ人のカップルがおられて、帰り際にこんなの頂いちゃいました☆
d0007913_02076.jpg

このお庭はどの角度から見てもきれいだ、とはフランスから来られたプロのカメラマンさんのお言葉でしたが、ほんとにその通りです!

そして、五月の最終日はニュージーランドから来られた姉弟を奈良公園にご案内。
弟さんのほうは現在日本に二か月ほど滞在中で、柔道をされてて、講道館の会員証(?)段位証(?)を見せてもらいました。
お姉さんはもう成人した娘さんがおられるとか。
いつものコースで奈良公園を回り、夢風広場でおそばを食べて(彼は納豆そばがお好きだそうです!)奥村記念館で地震体験をして、JR駅に戻りました。
ものすごく暑い日だったので、相当お疲れだったと思います・・・・・
[PR]
# by nagiwi | 2016-06-06 00:29 | ボランティアガイド | Comments(0)

で、その翌日は

依水園で午前中の定点ガイドです。

朝10時からですが、この日も暑くなりそう・・・・
でも、依水園は木がたくさん生えてるし、池もあるし、外よりは涼やかです。
そして、カンカン照りになりそうなお天気なのに、来るのはほとんど外国からのお客様。
いつものこととはいえ、毎回、驚きますわ~。

この日ガイドしたのは4組、10人。
シカゴからの5人のグループ、フランス人カップル、スイス人男性、オーストラリアからのお二人、でした。
最初のシカゴからのお客様たちは、珍しく奈良に二泊されている(たいていの旅行者は日帰り)
ソティスフィケイテッドん~、もとへ、ソフィスティケイテッドな感じの皆様で、次のフランス人のカップルに「ぜひ説明してもらいなさい」と勧めてくださいました。
ん~~~、ありがとうございます☆
そしてその次のスイス人男性ですが、長身で若くてイケメン風だったのでいそいそと(!)声をかけたら(をいをい)(笑)「旅行案内も読んだし、下調べもしてきたけど、まあ、やってくれてもいいよ」みたいな感じ。
あらま、とちょっとむっとしたんですが(爆)、こういう人に納得してもらうのがガイドの腕というものです(ニヤニヤ)
もてる全知識を動員して丁寧に説明してると、だんだん態度が変わってきて、それまでかけてたサングラスを外し、次から次へとご質問。
さすがに自分で言うとおり日本庭園に造詣があるようで、いろんな木の刈り込み方(松は鋏を使わない、とか)苔の育て方や種類の話になり、ついには枯山水の庭の在り方なんて言う話になってしまいました。
よかったわ、前の晩に枯山水の下勉強をしてあって(ごめんなさい、完全な一夜漬けでした)(汗)

おかげでこの日は4組しかご案内できませんでしたが、私的には達成感がありました~~!!
そのあと、奈良町の中のゲストハウス数軒にガイドのパンフレットを配って歩き、暑さでぶっ倒れそうになってしまいました。

これからは暑さ対策が大事になりそうです。
[PR]
# by nagiwi | 2016-05-28 16:45 | ボランティアガイド | Comments(0)