風の中の小鳥

<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

8月前半のボランティアガイド

今月は1日と8日が同行ガイドでした。

1日はイタリアからの新婚旅行のカップル。
美男美女の見てるだけでうっとりするようなカップルで、英語も堪能。
日本の印象を訪ねたところ「何もかもorganizedされてて素晴らしい」と。
バスに乗ろうとしたときに、一万円札しか持っておられなかったので、
ちょうど乗車案内していたバス会社の人に両替できないか聞いたら
「ここでは両替できないんですが」と言って、少し向こうの切符売り場まで走って行って
千円札10枚を持って来てくれました。
日本人的には、親切な人でよかったね~、っていう感じだと思うんですが、
イタリア的には「ありえない!」そうで、すごく感動されてました。
でも、女性が可愛いものが大好きなのは同じなようで、彼曰く
「彼女は、見るもの見るもの、可愛い!って言って買い込む。スーツケースが満杯だ!」と(笑)
そう言いながら、「日本市」というお土産物屋さんで、
奈良特産の果物リキュールを二本も買い込んで、楽しそうに帰られました。

8日は、スペイン人の婚約中のカップル。
この日は前日の台風の余波か、曇り空で今にも降り出しそうでした。
午前中はせっせと歩いて、と思ったのですが、彼女が歩くのが好きじゃないとかで、
ゆっくりゆっくり休み休み歩きました。
お昼ごろに雨が降り出したので、join japan へ。
この日の彼は軍人さんだそうで、それはもう、めっちゃくちゃハンサム!
袴姿がきりっと決まって素敵で、目の保養ができました(笑)
そう思ったのは私だけではなかったようで、
彼の制服写真を見に、join japanの皆さんも集まっておられましたわ(笑)
彼女曰く、
「どうして日本にこんなにたくさんスペイン人がいるの?」
ほんとにねえ、どうしてなんでしょう?
最近、とっても多いんですよ、スペインからのお客様☆


[PR]

真夏のバレエ発表会

孫娘のバレエ発表会があったので、東京へ行って来ました。

バレエの前に、友人とランチ。
有楽町のシクスと言うイタリアン。
人気のお店らしく、お味もよく、広い店内は満員でした!

ランチの後、花屋さんで孫娘に贈る花束を買いました☆
d0007913_00235684.jpg
d0007913_00241650.jpg
この日の私の着物は小地谷縮。
友人たちのもそれぞれ麻で、涼しげでしょう。

このブーケをもって発表会のある柿の木坂に向かったんですが、この日の東京は風もありしのぎ易かったです☆

孫娘は昨年バレエを始めたばかりで、昨年の発表会では、まだ一年経っていなかったのもあり、
いかにもつたない感じでしたが、
さすがに一年経つと上達するもので、今年はバレエらしくなってきました。
彼女の通うバレエスクールは結構大規模なようで、
クラシックバレエだけでなく、ヒップホップやミュージカルのクラスもあるらしい。
生徒さんは多分100人以上?
そしてその半数以上が6歳以下!
最年少は2歳ぐらいでしょうか、豪華な衣装を着て、固まってるのがめっちゃ可愛かったです。
孫娘の出番は二つ。
オリジナルバレエとくるみ割り人形で、お友達と一緒に楽しそうに踊ってました。
d0007913_00243187.jpg
発表会後、くるみ割り人形の時の衣装で。

この後、息子たちとお食事して、ホテルで一泊。
翌日は、子供たちがホテルに朝ご飯を食べに来ました。
私の泊まったホテルは朝ご飯がおいしくて、和洋中華、ケーキも抹茶ラテまであるバイキング方式なので、
孫たちはここの朝ご飯を食べに来るのを楽しみにしてるんです。
勿論、私はみんなが来てくれるのがうれしくてたまりません!
上の男の子は今年から中学生なので大人料金ですが、十二分に元は取った、と思います(汗)

朝食後、ホテルでゆっくりした後チェックアウト、お兄ちゃんはお友達と約束があるとかで出かけ、
私と孫娘は横浜へショッピング!
(ママはお仕事、パパはその翌日から行くキャンプの準備で忙しい)
孫娘は小学校三年生ですが、もうすっかり一人前!
私を連れて、横浜の行きつけのケーキ屋さんへと案内してくれました(劇汗)
ケーキとランチの後、ショッピング。
大阪の従姉妹二人とお揃いの服が欲しい、と言う要望にお応えして、デパートの子供服売り場をうろうろ。
これが大変気に入ったので、お揃いで買いました!
どれぐらい気に入ったかと言うと、買ってすぐ、脱ぎたくない!と言ってそのまま着てたんですよ。
d0007913_00244301.jpg
この服、150センチです・・・・・

この子に身長で抜かれるのも、そう遠くないでしょう・・・・・・

夕方、パパが迎えに来て、私は家路につきました。
とっても楽しい二日間でしたわ☆




[PR]

ほんとに暑い・・・・

台風が近づいてるそうですが、毎日毎日、ほんとに暑いです!

暑さの中、昨年亡くなった義父の納骨に京都の大谷本廟へ行って来ました。
d0007913_00331245.jpg
京都も暑い・・・・
d0007913_00325303.jpg
本廟前の池には蓮の花が咲いていました。
大谷本廟は、何と言いますか、受付に沢山の職員が並んでいて、何もかもシステム化されてて流れ作業的(汗)
納骨はスムーズに終わりました。
境内には、親鸞が修行したという石窟が。
ちょっと古墳みたい?
d0007913_00332389.jpg
さて、先週の火曜日はガイドの予約が入りました。
新婚旅行中のイタリアのカップル。
イタリアでは、他の国に比べて、宗教はとても強い影響力を持ってる、とかで、
仏教と神道についていろいろと質問がありました。
日本の印象を訪ねたところ、何もかもorganizedされているのがすごい、と。
丁度バスに乗ろうとしていて、一万円札しか持っておられなかったので、
そこにいたバス会社のスタッフに、
「両替できませんか?」と聞いたら「両替はしてないんですが」と言いながらも、
さっと走って取りにってくれたんですよね。
それを見て「イタリアではこんなことはあり得ない」と喜んでおられて、
同時に「イタリアにはあなたのようなボランティアでガイドをするという発想がない。
全部ビジネスになると思う」とも
話しておられました。

とてもきれいなお二人で、ガイドしてても楽しかった~!

今日は依水園の担当でしたが、観光シーズンにはいろんなゲストが来られますが、
この時期は日本庭園が好きなゲストばかりで、いつもにまして楽しい♪
今日案内したハンガリーからのゲスト(お父さんと大学生の息子さん)から素敵なものを頂きました。
d0007913_00333722.jpg
ハンガリーの民族模様がプリントされた眼鏡の袋と眼鏡ふきとハンガリーのお菓子です☆
喜んでもらえたんだな、と、幸せな気持ちになりました。

その他には、四川からの三人家族と、上海からの女子大生二人。
どちらもインテリジェントな、ステキなお客様でした!




[PR]

8月が来た!

息子宅の応援もお役御免となり、自宅に戻ってきましたが、まあ毎日毎日暑い暑い!
自宅と息子宅を往復している間はできなかった家事を少しはやろうかと思ったのですが、
余りの暑さにギブアップ、溶けたバターのようにダラ~としておりました。

とは言え、私は私(どうゆ~こと?)(笑)
家事はできなくても、遊びならお任せください(そ~ゆ~こと、そ~ゆ~こと)(笑)

往復の合間を縫って東京へ喜多流の能を見に行ったり、
京都は北野上七軒の歌舞練場ビヤホールに行ったりと、楽しく暮らしておりました。

北野上七軒は京都北野天満宮近くの古い花街で、普段は「いちげんさんお断り」。
ただ、夏の一か月ほどの間だけ歌舞練場(劇場)がビヤホールになり、
舞妓さんが浴衣で現れてお話しできるのがウリです☆
d0007913_00344071.jpg
ここへは、いつも着物をお願いしている呉服屋さんとそこのお客さん、着物の洗いや仕立てをお願いしている悉皆やさんを、
その呉服屋さんに帯を卸してる西陣の帯やさんが連れて行ってくださいました♪
上七軒と西陣は近くて、西陣の帯やさんは上七軒のお馴染みのお客さんで、
芸妓さんや舞妓さんは帯屋さんのお得意さんでもあって、ある意味、持ちつもたれつ、なんですね~。

なんとまあ、別嬪さんの舞妓さんでしょう!
高校を卒業してこの世界に入って一年ほどの新米舞妓さんだそうですが、顔、小さい!色、白い!かわいい!!!
と、お客さんの目をくぎ付けにしてました☆
ちなみに、簪は団扇です!
d0007913_00342546.jpg
みんな浴衣を着ていきました☆
浴衣も色とりどり、これだけ並ぶと壮観ですね!

浴衣と言えば、今年は知り合いのお嬢さんに浴衣の着付けを頼まれました。
d0007913_00345084.jpg
姿が良くて美人で、着付けのし甲斐がありましたわ☆

そうこうしているうちに、依水園では蓮の花が。
d0007913_00350560.jpg
池に色濃く影を落としています。

さすがに最近は外国人旅行者数も落ち着いてきました。
7月に同行ガイドしたのは、ダラスから来られたメキシコ人ご一家と、フランス人のご夫婦。
どちらも教養ある上品な方たちで、しかも健脚。
楽しくご案内できました。
・・・・フランス人のご主人は物理学者だそうですが、東京で、自転車につける傘ホルダー(さすべえ?)を見て、
ぜひ欲しい、と。
いや、フランス人って、おしゃれな国民だと思ったんだけど?
さすべえ、って大阪のおばちゃんのつけるやつでしょ(汗)・・・・・・

そういえば依水園にもこの時期はフランス人が多いような。
30日の依水園ではフランス人ばかり3組もご案内しましたわ~。





[PR]