風の中の小鳥

<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

1月のガイド☆

1月に入って、三が日は私のガイドはお休みでしたが、
10日に予約が入りました~。
ゲストはオーストラリアのお父さんと十代(10歳と13歳)の男の子二人。
オーストラリアは今、夏休み?冬休み?だそうです!
午後一時にJRで待ち合わせて
「どこに行きたいですか?」と聞くと、奈良や京都の資料の束を出してきた!
下調べ十分って感じ、すごいです~☆
ルートとしては、いつもの、興福寺、春日大社、東大寺、コースになりましたが
三人とも、とっても熱心にこちらの話を聞いてくださって、質問も沢山、
驚いてほしいなあ、と私が思うところで必ず驚いてくださるという、素晴らしいゲストでした~♪
13歳の僕くんが特に熱心で
「仏教と神道のほかに儒教もあるんでしょ?」
はい、あります~でも、そこまで聞いた人はいなかった~
東大寺では
「タイの寝仏とどっちが大きい?」
「寝仏さんが立ったらそっちが大きいかも?」
タジタジでしたわ・・・・・
そして、往路に見た興福寺の五重塔を帰路に再度見て
「え?東大寺にあった七重の塔はこの二倍の高さだったってこと?すごい~~!!」
と。
いや~~、私の話をみんな聞いて覚えててくれて、反応してくれて、
素晴らしいリアクションですよね!

一つ気の毒だったのは、男の子たちが例の東大寺の柱穴潜りに並んだんですが、
二人の直前に大人の人が試して、しかも、完全につっかえちゃって(汗)
片一方の肩がなかなか抜けなくて顔色が悪くなってしまい(劇汗)
最初は笑ってた見物人たちも、あれ?ヤバイ?みたいになって。
何とかお友達に引っ張りだされたんですが、それを見て10歳の弟君が怖くなっちゃったみたいで。
お兄ちゃんは挑戦して潜れたのですが、弟君はやめちゃって、しかもそのことにちょっと傷ついたのかな
その後すっかり大人しくなってしまって。
それをうまくフォローできなかったわ(しょぼん)
あの穴って、子供向きのアトラクションなんだから、大人は考えてやりなさいよね💢

しっかり歩いて沢山説明できて、新年第一回のガイドは実に楽しいものになりました☆

そして14日に依水園のピンチヒッターに行ってきました。
この日は、この冬最大の寒波がやってきた日で、
靴下を二枚にブーツを履き、セーターを重ね着し、使い捨てカイロをもって行きました!
有難いことに、あの寒さの中なのに、ゲストが途切れることなく来られて、
ず~~っと、歩いてしゃべって、してたので、そこまで寒く感じませんでした。
この日ご案内したのは、オーストラリアから、マレーシアから、サンフランシスコから、
そしてニューヨークからのお客様たちでした☆
この寒さの中、奈良に来たら依水園に行かなくちゃ、と来てくださった方ばかりで、
ほんとにありがたかったです。
冬は寒くていやだけど、観光客が少なくて落ち着いてガイドできるのが嬉しいです♪

冬枯れの奈良もなかなか良いものですよ。




[PR]

新年会@ならまち茶寮酔月

一月七日、毎年恒例の実家の新年会がありました。
今年は、実家近くの勝南院(ショウナミ、と読みます!)に新しくできたならまち茶寮酔月で。
この酔月の本店は京都府精華町にある老舗の料亭です。
本店は大きいそうなのですが、こちらは奈良町の中、普通のお宅の横の細い路地を入っていく
こじんまりとしたつくり。
最近奈良町でよくみられるような古いお宅のリノベーションではなく、新築のようです。
しかし、この新築、和洋折衷とかなんちゃって和風建築ではなく、しっかりとした和建築。
きっちりしたお茶室もついているし、お庭の石などは古いものを使っているのか、
柱や梁などの建材が新しいにもかかわらず、落ち着いた風情です。
d0007913_15360852.jpg
一階にはお茶室と、小さい個室が一つと、三畳のお茶室付きの個室、
二階には20人ぐらい入れる座敷があるようでした。
d0007913_15361724.jpg
お料理はこんな感じ。
d0007913_15362565.jpg
綺麗にしてありますね。
d0007913_15363327.jpg
勿論、お酒もいただきました(ニヤリ)
d0007913_15364454.jpg
お料理に大きな特色はないですが、神経が行き届いた丁寧なお味だったと思います。
建物やしつらえが良くて、何か集まりのある時にはまた行きたい~。

最近奈良町やその周辺にこう言う新しい食べ物屋さんが増えて、選択肢が広がったのがうれしいです☆


[PR]

三が日は暖かで

毎日いいお天気だったので、
2日に東大寺まで初詣に行ってきました☆

年末から来ていた4歳になりたての孫娘が、日に二度は
「お正月に、着物、着られる?」と
お目目をキラキラさせながら聞くんです~♪
それも、しつこくなく、しかも何度も何度も(笑)
「そんなに着たいのなら着せてあげなくちゃ!」っていう気にさせられました・・・
なかなか交渉上手ですよね~(笑)

というわけで、トミーちゃんがゴルフに行った2日に、全員着物で奈良まで行くことにしました。
最初は春日大社に行こうと思ったんですが、何しろ奈良市内は車でいっぱい!
駐車場はどこも満車だったので、春日大社まで行くのはあきらめて、ちょうど空きができた依水園そばの駐車場へ。
この駐車場、恐ろしいことに、
二十分500円!!!!
梅田の中心より高いなんて、ものすご~~~い値段ですね~(劇汗)

依水園が現在休園中のため、隣の吉城園で少し遊んだあと東大寺に行きました。

d0007913_12110681.jpg
息子の着ている着物はトミーちゃんのもの。
若い時に一度着たことがあるだけでタンスの肥やしになってたのを引っ張り出してきました。
裄が少し短いですが、その他のサイズがほぼ一緒で着られましたわ。
最近お腹が出てきて、着物が着せやすくて似合うのが嬉しいような悲しいような(笑)

子供たちはとってもご機嫌で、一生懸命歩いて、とってもいい子でした☆

みんなは3日に帰って行って、私は疲労困憊・・・・というわけでもなくて。
今年は子供たちがずいぶん大人になったので、そこまで大変じゃなかったんですよね。

世間もそろそろお正月気分から脱却して動き始めたのかな。
ワタシもお餅太りを解消しなくちゃ!!



[PR]

新しい年が

始まろうとしています。

2016年を振り返ってみると、それはもういろんなことがありました。
3月に思いがけず奈良まほろば検定のソムリエに合格したのを皮切りに、
4月からは念願だったボランティアガイドとしての活動を開始。
毎回緊張でドキドキしていた4月末に、義父が他界しました。
年齢に不足がないとはいえ、まだまだ矍鑠としていただけに、「驚いた」というのが一番最初に来た感情だった気がします。・・・・・
折々の法事をこなしながらガイドを続ける中で、自分自身の知識や英語力の不十分さを再認識しました。
そんな中、9月にはボランティアガイド研修会という大きなイベントが。
何とか無事に責任を果たせて、ほんとにほっとしましたわ~☆
そして11月には三人の孫娘たちの七五三!
三人三様に可愛くて、息子たちや孫たちと素敵な時間を持てたことは大きな喜びでした。
これだけいろいろあった一年の最後を飾ったのは、ブルネイ訪問です~♪
このブログを始めた最初のきっかけは奈良大学の通信制に通いだしたことだったんですが、
その通信制で知り合った友人のお誘いでブルネイに行くことになり、
ご縁って、ほんとにすごい!と実感しましたわ☆

そして先ほど始まったばかりの新しい年は、私に何をもたらすでしょう?
ほんとに楽しみです。

さて、私が定点ガイドをしている依水園は、今、園内工事のため10日まで休園しているんですが
そのお庭では、苔を保護するために敷き詰められた松葉が、美しい模様を描いています。
d0007913_00195441.jpg
三種類の敷き詰め方がありますが、
d0007913_00201098.jpg
織部好み
d0007913_00202058.jpg
遠州流
d0007913_00203318.jpg
そして利休好み

苔の根は小さいため、霜柱に持ち上げられると枯れることもあるそうで、霜対策として松葉が敷かれるらしいんですが
その松葉が庭の装飾にもなっていて、素敵☆

棕櫚箒も新しくなっています。
d0007913_00204635.jpg
真冬の依水園も魅力的ですね~♪

今年も何卒よろしくお願いいたします。


[PR]