<   2014年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夏の飛鳥路

台風一過のメチャ暑い飛鳥路に行ってきました!
と言っても今回は友人の運転する、く、る、ま、で、で〜す☆
二週間ほど前、この友人と同じ飛鳥路を同じく彼女の車でウロウロしたんですが、それがすごく良かったらしく、アンコールとなりました!
前回は、王道の飛鳥寺近辺を案内したので、今回はちょっとプロっぽく、まず岩屋山古墳へ。
って、どこがプロやねん、とかツッコまないでください(笑)
d0007913_20172036.jpg

友人は、前回石舞台に行ったので、石組みの違いがはっきり分かる、と。
しかし、この空の色、まるっきり夏空です(汗)
d0007913_20172132.jpg
でも、石室の中は涼しい。
ここから、天武持統合葬陵へは車ですぐです。
この陵が合葬陵と分かった経緯を偉そうに(笑)説明した後、駐車場に車を置いて鬼の雪隠へ。
d0007913_20172245.jpg

ものすごく暑い日だったにもかかわらず、青少年が自転車で来てました…御苦労さま(汗)
次に鬼の俎板を見て
d0007913_20172318.jpg

亀石まで歩き、ここでソフトクリームで栄養補給(笑)して、車まで戻りました。
この日の最高気温は32度とかいう話でしたが、飛鳥の暑さは都会の暑さと違い爽やかだ、とは友人の弁でした。
確かに空気が良いせいか、風が爽やかですよね。
でも、でも、しっかり暑かったけど〜!

ふと時間を見ると、もうお昼だったので
予約してあった「神籬」に急ぎました。
前回は結構早足で回ってお昼もそそくさと済ませたので、今回は美味しいものを食べたい、とのリクエストだったんです☆
御存知のように、神籬は飛鳥坐神社のそばにあって、ちょっと敷居が高そうに見え(笑)まだ入ったことがなくて。
飛鳥に来るときって、大抵埃まみれ、ですしね(笑)
中は予想に違わず美しく設えらえられており
d0007913_20172497.jpg
敷き紙は手書き
d0007913_20172551.jpg
床の間には違い棚
d0007913_20172575.jpg

期待は高まります!
そして、期待に違わず、これは縁高ですが、彩り鮮やか、お味バッチリ♪
d0007913_20172756.jpg

この茶碗蒸しは餡掛けになってて、その餡がお見事でしたわ〜ん。
d0007913_20172753.jpg


次はお刺身
d0007913_20172813.jpg
そして、天ぷら
d0007913_20172948.jpg

いや〜カリッとふわっと、美味しく揚がってました♪
トウモロコシの蒸し飯とじゅんさいのお澄まし
d0007913_20173099.jpg

デザートのパイナップルのシャーベットは竹の器入り☆
d0007913_20173358.jpg


このコースは確かナントカ弁当(汗)で3600円!
お値打ち感満載で、
京都なら最初の縁高と汁物とご飯でその値段やわ〜と、友人もいたくご満悦でした。

この後、橘寺へ行った後、稲淵の棚田へ回りました。
どちらからも、水を湛えた田んぼが幾重にも連なる景色が楽しめて、飛鳥の美しさが堪能できました!
稲淵の勧請縄を見た後、飛鳥川沿いにおりて、飛び石へ。
d0007913_20173188.jpg

ここに来るのは何十年ぶりかな…前回はまだ十代でした…その時は草や木が茂り放題で場所も石もあるのか無いのかわからなかった…
今はそれなりに整備され、歌碑もありました。
「明日香川 明日も渡らむ 石橋の 遠き心は 思ほえぬかも」 
d0007913_20173214.jpg

友人は、清らかな流れを見て、いにしえに思いを馳せ、とても感動してくれました☆
川沿いは道より気温も低く、川風が爽やか!
が、車に戻るとやっぱり暑く、石舞台まで戻ってかき氷を食べて体を冷やしました(笑)
で、かき氷を食べながら飛鳥の地図を眺めてると、
友人曰く、
岡寺って岡寺駅から凄く遠くない?
そうよ、そうなのよ!
しかも、参道が凄い急傾斜なの(T . T)
あ、でも、車なら大丈夫よね〜
と言うことで、岡寺に行きました(笑)
草壁皇子の岡宮あとに建立されたこのお寺では、日本最大の塑像に感動し、龍蓋池の大きさ、って言うか、小ささに驚き(笑)この日の日程を終了。
その後、友人から、次は斉明天皇陵に行きたい、と言うリクエストがあったので、どうやら私の飛鳥案内は成功だったみたい♪
飛鳥好きをまた一人増やせたようで、凄く嬉しい今日この頃です☆
[PR]
by nagiwi | 2014-07-13 09:03 | 奈良 | Comments(6)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi