<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

一年がたちました。

先日、母の1周忌を済ませました。

私達の他、叔父、叔母、従兄弟など、十人あまりが参加してくださり、無事法要を務めることができました。
1年って早いものですね。
また、この法要にあわせて、お墓をそれまであった祖父の実家の檀那寺から、現在の檀那寺に引越したので、その法要も一緒に行いました
…そのお寺というのが、徳融寺で・・・・・実は私は中将姫とご縁が…有るわけないです(笑)

法要のあとは、若草山の月日亭でお食事。
ここは私達全員始めてです!
d0007913_17111268.jpg

楓の新緑につつまれた玄関
d0007913_17111375.jpg
庭は見事に苔むし、山水が引かれていました。
d0007913_17111460.jpg
…しかし、ここに料理旅館を建ててもいいのか・・・・今なら絶対許可されなかったはず・・・・・ウム・・・・ま、私が悩んでも仕方ないわね・・・

とは言え、お料理は大変結構でした・・・・・

抹茶胡麻豆腐
d0007913_17111530.jpg
お造りはカンパチ、烏賊、鳥貝、マグロ。
d0007913_17111579.jpg
蓬かるかんと鮎の清汁
d0007913_17111631.jpg
ツブ貝旨煮、東寺巻き寿司、茄子とか、いろいろ。
d0007913_17111777.jpg
寄せ豆腐とアマゴ(?)のあんかけ
d0007913_17111727.jpg
鰆の焼き物と筍
d0007913_1711189.jpg
大和茶の麺にアナゴがのったものと、蛍烏賊と刺し身蒟蒻の酢味噌かけ
d0007913_17111975.jpg

この後筍ご飯と赤出汁、果物が出ました。

お味は誠に結構で、御酒がすすみ、私から離れて座った(意図的にか???)トミーちゃんは焼酎を二本あけてベロンベロンになり(焼酎なんか置かないでよ!!)(劇汗)帰りのタクシーの中で撃沈いたしました(怒)

とは言え、私は、となりの席に座ってくださった、祖父の実家の当主・・・・私のまた従兄弟だと思ってたんですが・・・・・父のまた従兄弟だった・・・・と50数年ぶりにゆっくり話したんですが(何しろ最後に話した記憶が、お互い幼稚園の時で。その後葬式などで顔は合わせてましたが)(汗)、すっかり話が盛り上がりまして。
お互いがどういう関係だったか、初めてはっきりわかったという、有意義な時間が持てましたわ(笑)

お葬式やその後の法事って、従兄弟の同窓会だ、とよく言われますが、その通りですね。
[PR]
by nagiwi | 2013-05-18 09:19 | 奈良 | Comments(2)

橿原考古学研究所付属博物館☆

今年の連休は、お天気は良かったものの連日気温が低くて出かける気にならず、家でダラダラ…
それに、この時期はあちこち混雑してるし・・・・

それでも、子供の日あたりから、流石に家にばかりいるのが嫌になり(笑)
ここならゼッタイ混雑してないだろう(し、失礼)(汗)と、橿原考古学研究所付属博物館に行ってきました
・・・さすが連休、予想よりは入館者は多かったですが、それでも静かでしたわ(笑)

ここでは6月16日まで「5世紀のヤマト・・・まほろばの世界」を開催しています。
5世紀って、倭の五王の時代でもあり、また、大型の前方後円墳が多数築造された時代で、
大好きな時代なんですよね、うっふん☆

今回は、百舌鳥、古市古墳群から出土した埴輪と大和の埴輪を退避して展示されていたり
(円筒型や水鳥形や、舟形、盾持ち人や、家型や・・・見ごたえがありました!)
大量の勾玉、管玉、
木製の農具、そして鉄製品、
そして、そして、
あの、五条猫塚古墳から出土した蒙古鉢型眉庇付冑が展示されていました!
(漢字、合ってるかしら?・・・これ、奈良検定で必死で覚えたけど、実物は初めて見た気がする~♪)

面白かったのは、佐紀古墳群の中の6世紀の古墳の床に、5世紀の様式の円筒型埴輪を砕いたものが敷き詰められてて、
それが、コナベ古墳のものと同じ工具で作られてたとか!・・・・でも、サイズが違ってて、
サイズ的には塩塚古墳のものと合致するんだって・・・・同じ職人グループがあちこちで作ったのかしら?
っていうか、どっちにしても、そこらへんの古墳から引っこ抜いて廃品利用したのね(汗)

特別展のあとは、常設展示も勿論みたんですが、
気に入った展示品の前で思う存分ゆっくり眺めて、
時々戻って見たり、
混雑してない博物館って、ほんとに素敵☆

時間があったら本薬師寺跡から藤原京へ行こうと思ってたのに、ゆっくりしすぎて、
博物館を出たらもう5時前で、そのまま帰宅してしまいました(汗)
[PR]
by nagiwi | 2013-05-10 00:36 | 博物館&資料館美術館 | Comments(2)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi
プロフィールを見る
画像一覧