<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

桜満開☆

ここ一週間ばかり、暖かい日と寒い日が交互にやってきてましたが、その中でも桜の開花はドンドン進み、我が家の陽光桜も満開!
d0007913_11585871.jpg

2m余りの若木のせいか、花も初々しい^_^
d0007913_11585991.jpg

そして昨日は長男一家と実家で花見をしてきました。
今が見ごろのソメイヨシノ♫
d0007913_1159041.jpg

枝垂桜もまさに満開です‼
d0007913_1159192.jpg

木瓜も咲いていて、孫娘は庭を縦横無尽に駆け巡ってご満悦☆
d0007913_1159133.jpg

今日は打って変わって雨が降り、雷まで鳴ってます(汗)
春の天気は変わりやすいですね。
[PR]
by nagiwi | 2013-03-31 11:40 | 奈良 | Comments(4)

春が来ました!

このところ突如として暖かになり、庭の花も一度に開きました
d0007913_1011298.jpg
クリスマスローズ
d0007913_1011343.jpg
これは黄花クリスマスローズ
d0007913_1011436.jpg
黄水仙も満開。
例年ならクリスマスローズや水仙は遅くとも二月下旬には咲き始める筈なんですけど、遅くまで寒かったからか、今頃満開です。
d0007913_1011512.jpg
連翹。早春には黄色い花が似合います。
d0007913_1011726.jpg
ムスカリもやっと顔を出しました。
d0007913_1011864.jpg
青空に白木蓮が映えますね。
d0007913_1011964.jpg
ツルスミレ
d0007913_1012071.jpg
そして、桜の蕾が膨らんできました‼これは陽光桜という種類で、ソメイヨシノより早く咲きますが、それにしてもやや早い感じです☆
いろんな花が咲き始めて、庭にでるのも楽しいです♪
…花粉は飛んでますけど…

それにしても、雑草や散らかったモロモロが映らないように写真を撮るのって、ムツカシイわ(笑)
[PR]
by nagiwi | 2013-03-19 09:42 | 雑記 | Comments(4)
ホーチミン空港に到着すると深夜にもかかわらずガイドさんが車でお出迎え。
ここで、翌日(もう当日だけど)メコンデルタツアに行きたいけど朝が早いのはしんどい、と言ってみたら、9時出発で行けるとのことなのでその場でお願いして、ホテルへ。
この日の宿泊はレックス・ホテル
d0007913_24839100.jpg
素敵なお部屋なのに、あっという間に寝てしまったのがちょっとさびしい・・・・
外観はこんな感じ
d0007913_2493111.jpg
中庭が吹き抜けになってる!
d0007913_250090.jpg
朝食のレストランは中華風。ベトナムのホテルの朝食って中国風のとこ、多いのかしら
d0007913_2503915.jpg
このエビは何で出来てるんでしょう?
d0007913_2531841.jpg
折角なので、中華をメインに取ってみました。
d0007913_2521265.jpg
これはフラン・ケーキと言って、ベトナムの有名なスイーツらしい。ちょっと硬めのプリンって感じ。
赤いのはスイカで、唐辛子入りのお塩をつけて食べました。結構いける~。
d0007913_257179.jpg


レックスホテルのそばにはホーチミン人民委員会庁舎と広場があります。
後ろに写ってるのが庁舎で、この銅像はホーチミンさん。
d0007913_312823.jpg


1887年ベトナムはラオス、カンボジアの一部とともにフランスの占領下になりました。
いわゆる仏領インドシナの成立ですが、フランスはベトナム固有の文化や伝統を拒絶したため民族運動に発展しました。その時、農民や労働者を組織し、抵抗運動の中心となった人物がホーチミンなんですね。
その後、第二次世界大戦でフランスがドイツに降伏するまでフランスの占領が続きましたが、そのドイツの敗戦とともに、ホーチミンはベトナム民主共和国の独立を宣言しました。
これにフランスは猛反発し、インドシナ戦争へと発展、この戦争でべトナム軍が勝利したにもかかわず、フランスは南部の割譲を強く求め、その後のジュネーブ国際会議で北緯17度線を軍事境界線とすることが決定し、ベトナムは南北に分断されたわけです。
そして、フランスに変わって南ベトナムに影響力を持ったアメリカは北ベトナムと社会主義国のソ連や中国に対抗するため、ベトナム共和国の成立を後押しします。そして当時は第三世界と呼ばれた国々への軍事介入を強化して行き、やがて、海兵隊のダナン上陸、北爆、枯れ葉剤の散布と、ベトナム戦争は泥沼化して行きました。
ベトナム戦争でのベトナム人の死者は200万人以上、米軍の死者は3万人に達し、世界の世論にも押されて米軍は撤退し、1975年4月南ベトナムは全面降伏しました。

ホーチミン氏は1969年戦争終結を見ることなく亡くなりましたが、その一生を通じて、ベトナムの民族解放と独立を掲げてたたかい、腐敗や汚職に無縁で、禁欲的で無私な指導者であり続け、ホーおじさんと呼ばれて人々の尊敬を集めたそうです。

ベトナム、と言えばベトナム戦争、って言うのが私のイメージでしたが、ほんの少しですがベトナムの歴史を見ただけなのに、この国が100年以上も戦い続けた国だったことを知ることとなりました。
仏領インドシナ、という言葉は知っていても、そのどこか甘やかな語感と、そこを舞台にしたマルグリット・デュラスの小説(ラ・マン)やカトリーヌ・ドヌーブの映画(インドシナ)から、物憂くてロマンティックな印象を受けていました。
それに、私の出会ったベトナムの人は、優しげで、暖かで、とても戦い続けるような人たちには見えなくて、それも驚きでした。
ベトナムの人って、優しげに見えてとても強いんだわ・・・・・

そしてもう一つ、一体アメリカはこの国で何をしたかったのだろう、と言う疑問が沸々と湧いてきて。
戦争ではもたらせなかった資本主義(?)自由主義(?)がここにはあふれてるんですものね。
居合わせた者にしか分からない真実があるにしても、戦後37年たった今のこの国の形を見ると、戦いの無意味さに打ちのめされる思いです・・・・・・

More 続きはこちらからどうぞ
[PR]
by nagiwi | 2013-03-01 03:35 | 旅行 | Comments(2)
18日はミーソン遺跡に行く予定ですが、出発は12時半なので午前中はゆっくりホテル滞在を楽めます♪

この「ホイアン・リバーサイド・リゾート」は名前の通りゆったりと流れる川沿いに建っていて、川の向こうには水田が広がって、その向こうには森があるらしい。
d0007913_23384879.jpg

中庭にはプールもあって、それがとっても気持ちよさそうだったので、朝食前にひと泳ぎしてきました☆
出発前にこのホテルの写真を見て時間があったら泳ぎたいなあ、と密かに(笑)水着を持ってきてたんです。
朝起きて、部屋の窓からプールを眺めてたら、誰かが、ジャボン、と飛び込む音が聞こえて、もう、矢も楯もたまらなくなって☆
ひいやりとしたプールに仰向きに浮かんで目を開けると、青い青いベトナムの空が広がっていて、至福の時間でしたわ♪

朝食はここで取ります。
d0007913_23471196.jpg
川には魚を取るためでしょうか、小舟が浮かび、遠くにはヤシの林・・・
d0007913_23482584.jpg

パンやハムなどを頂いた後、折角なので麺類を。
これは春雨のような麺で、パクチーを乗せライムを絞って食べるんですが、すっきりとした口当たりでお腹一杯でもまだ食べられました(笑)
d0007913_2353796.jpg

朝ご飯をゆっくり食べた後ホテル内を散策。
d0007913_23535733.jpg
ホイアンはホーチミンより北にあるんですが、ホーチミンより暑い気がします。
何より、空の色がほんとに青い!
甕に水を張ってお花を浮かべて。
暑いせいか、こういうしつらえがとっても気持ちいいですね。
d0007913_2356298.jpg
コテージ風の建物が何頭もあるほか、spa(ベトナムではマッサージを意味するみたいですね)のための建物なども散在し
d0007913_0183275.jpg
裏庭には野菜畑まであって、いろんなお野菜を作ってます。麺に入れたパクチーも植えてありました。
d0007913_23574171.jpg


More 続きはこちらからどうぞ
[PR]
by nagiwi | 2013-03-01 00:13 | 旅行 | Comments(4)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi