風の中の小鳥

<   2012年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

高取の秋☆

二日目(21日)は高取へGO!

この日うちのトミーちゃんは、前日私とかるほさんと言う美女二人を前にして(笑)思いっきり深酒したせいで、
危うくゴルフを寝過ごすところでしたが、
良き妻たる私が(ウッソ~~)ちゃんと起こして差し上げた(笑)おかげで時間に間に合ったようでした。
ところが・・・・・・・トミーちゃんがお出かけした後、私とかるほさんは「出発にはまだまだ時間があるね」とゆっくり座って楽しくお喋りしてしまい、
その結果、駅に着いたら目の前を電車がさ~っと出て行ってた、と言うテイタラク(汗)
しょっちゅう歩いている駅までの所要時間なのに、何をどう間違えたのかなあ・・・・・・・?
この日は橿原神宮前でひろこさん、独楽さんと合流し、始発のバスで壺坂寺に向かう予定だったのに、遅れてしまいました。
私のボケボケのせいで、ほんとに申し訳なかったです・・・

だって、壺坂って近鉄の連絡は悪いし、バスは便数が少ないし・・・と責任転嫁をしながら壺坂寺に到着したら、そこに独楽さんとひろこさんが受付横の大講堂前に立っておられて。
既にこの日の狙い目であった、秘仏子島荒神(壺坂荒神とも言うそうです)をご覧になった後で、お先に階段を上って行かれましたした~。
この子島荒神は享保7年真興作で、荒神さんが彫像になってるのはすごく珍しいらしい、小さな綺麗な彫像でした。
案内の方に聞いて見ると、真興は、壺坂寺、子島寺、両方の中興の祖だったようで、そのせいでこの荒神さんは子島荒神とも壺坂荒神とも呼ばれているらしい。

しかし、壺坂寺は、古刹でもあり大きなお寺でもあるのに、珍しく国宝が一つもないという(汗)
その分(?)新しい巨大な石仏があちこちに鎮座しておられます。

それもあって壺坂寺って、しょっちゅう何か工事してるな~とか思いながら八角堂の前に行くと、そこに緑のTシャツの皆さんが沢山おられて、どうも参拝客にマッサージしたはる・・・・あれ???と思ってみると、そこに独楽さんとひろこさんのお姿が(笑)
d0007913_0133872.jpg

日ごろ激務のお二人、まったりゆっくりされてたようです(笑)

八角堂をゆっくり巡って奈良盆地を見下ろしてると、何やら白煙が立ち込め、けむたいよ~(笑)
美しい三重塔の前で杉の葉を組んで、護摩を焚き始めはったんですね☆
d0007913_0242095.jpg

焚火の炊き始めは煙が出るけど、燃え盛ってくると煙は減って杉の葉の燃える良い匂いが立ち込めて、あたりが暖かくなってきました。

d0007913_03279.jpg

今回はこれより上には登らず、高取の町へと降りて行ったんですが、お寺の前のバス停から振り返ると、美しい秋空に堂宇が映えてきれいでしたわ☆

この時期、高取では「案山子廻り」をやっています。
奈良大学を卒業した年の春三月に、高取城から降りてきて(しんどかったよ~)雛めぐりを楽しんだことがありましたが、案山子廻りもなかなかのもので。
まず一番に目に入ったのは、コスモス畑にすっくと立ったビールの空き缶で造った高取城!
d0007913_0314728.jpg

案山子と言う言葉から連想するのとは一味違う、リアルでユーモアの感じられる案山子たち☆
本物の人かと思ってしまうこともシバシバでしたわ~♪
d0007913_0353196.jpg


中でも秀逸だったのは、ランチを食べようと入ったnoconocoの前に座ってたこのお二人(笑)
d0007913_0373487.jpg
この背中の丸み、どう見ても本物の人間に見えませんか~~~~

一時から橿考研での講演に参加される予定だった独楽さんは、ランチの後急いでそちらに向かわれ、
d0007913_0403159.jpg

私たちは、ブラブラ町めぐりです。
これは植村家の長屋門
d0007913_043313.jpg
元高取藩の家老屋敷でしたが、現在は植村氏の住宅らしい。
この長屋門は、間口39m・・・でかい!
白漆喰を盛り上げたなまこ壁の格子模様が富を示唆してるかんじで・・・ここには門番の案山子が建ってましたよ。
d0007913_0483919.jpg


雛めぐりの時にも思ったんですが、この高取と言う町は路地の隅々まで美しく掃き清められていて。
今回の案山子は、その顔や着物や置き方までが、それぞれ工夫を凝らしてあるし、なんともセンスが良かったんですよね~。
d0007913_0504644.jpg
これはサザエさんご一家です(笑)
その他にも、お店の中に立ってる人がいて「お客さんだわ」と思ってみると案山子だったり、お地蔵さんがあったりと、とっても面白かったです☆

それに、案山子を置いていないお宅でも、花を生けたり鉢植えを置いたりして、もてなしの心を表現されていました。
この黄色い花の鉢は、紀伊上臈時鳥(キイジョウロウホトトギス)!
d0007913_0543364.jpg
かつては野迫川あたりに群生地が有ったそうですが、今は乱獲のため絶滅危惧種らしい・・・・

こういう行事は、町全体の皆さんの協力がなければ出来ませんよね~とひろこさん。
ほんとにその通りですねえ…・

案山子のある街並みを抜けて子島寺へ。
d0007913_104872.jpg
ここは前回高取に来た時に訪れて、子島曼荼羅のことや高取のお殿様のことを色々お話しいただいて、とてもいい時間を過ごしたところだったので、楽しみに来たんですが…・
なんだか雰囲気がおかしい・・・・
境内に人の気配がなくて、案内所は締まってる・・・・庫裏の方も鍵がかかってる・・・その上、門前の立て看板には「大和七福八宝の担当は長谷寺になりました」とある。何故だ???・・・・・・でも、門(お城から持って来たとか)はあいてるし、線香の煙が立ち上ってる…・一体どうなったん???
なんで?なんで?

駅へと向かう間、なんで?なんで?と三人で悩んでおりましたが、答えが分かるわけもなく・・・・
思いのほか早く済んでしまったので、5時半の飲み会まで時間がある…・
この後どうしよう????
と話し合って、そうだ、興福寺へ行こう!と言うことになりました。

興福寺は今年創建1300年を迎え、中金堂が建築中で2018年完成予定。
d0007913_1242154.jpg
現在仮金堂が特別公開中で、薬師寺から借り受けた(?)仮金堂の中には、本尊の釈迦如来坐像や薬王・薬上菩薩立像、四天王、厨子入り吉祥天倚像、大黒天立像が鎮座しておられました。
釈迦如来、薬王薬師菩薩、吉祥天も大黒さんも、初めて見た気がしますが、どれもこれも見ごたえのある、見事なものでした・・・

ふと気がつくと、もう飲み会に行かなくちゃ!
私って、幹事だったかも?とか思いながら西大寺駅前のpianoにつくと丁度5時半(汗)
皆さんすっかりお揃いで焦ってしまいました。

この日の飲み会には、朱雀さんはじめ奈良大つながり奈良つながりの皆さんが9人集まって、こういう感じで集まるのってほんとに久しぶり!
ああでもないこうでもない、と賑やかに心おきなくお喋りし、しっかり飲んで元を取り(笑)
やっぱり奈良大の人って好きだな…・と再認識しておりましたわ☆

今回、朱雀さんが誘ってくださって、こんな楽しい時間が持てて、ほんとに嬉しかったです。
また、集まりたいものですね~☆

今日のオマケ
壺坂寺で見た有名人寄進の石灯篭
d0007913_1365151.jpg
この方って、こういうこともなさるのね…・
[PR]

当麻寺の秋☆

よく晴れた秋空のもと、10月20日に当麻寺、21日には壺坂と高取に行ってきました☆

立案は勿論かるほさん、いつものように私はひたすら後をついて行く、というスタイル♪

待ち合わせは橿原神宮前、一時。
お昼ご飯を食べて電車に乗ると、秋の日差しが背中に暖かくてついついお昼寝してしまい、
橿原神宮前について目覚めたら、目の前にかるほさんが・・・・・ああ、びっくりした(笑)

当麻寺はずいぶん昔に来ただけで、ほぼ忘れてましたが、
それにしても、駅からお寺までの道筋の両側には新しい綺麗な住宅街が広がってて、なんの見覚えもありませんでしたわ~(汗)
それでもしばらく行くと、古い街並みが現れました。
そして、そういう古いお宅にはこんなしめ縄が!
d0007913_23323267.jpg

初めて見た気がします。
当麻は、野見宿彌と相撲をして負けた当麻蹴速の出身地だとか。
これは蹴速塚
d0007913_23375926.jpg
駅からの一本道をまっすぐ行くと、二上山のふもとに当麻寺が見えてきます。

東門と鐘楼。
国宝の梵鐘は白鳳時代のもので日本最古だそうです。
d0007913_23405558.jpg

当麻寺の中の坊の庭園は、大和三名園の一つです。
・・・・・あとの二つは・・・って奈良検定によく出ますね。
この日はゆったりしたスケジュールだったので、御座敷でお抹茶を頂きました。
d0007913_23495149.jpg

このお庭も片桐石州作の回遊式庭園です。
ここまで、このお寺に来たという記憶がまるでなかったんですが(汗)
このお庭と塔を見た途端、
あ~~~、ここ知ってる~~~~って感じが(笑)
d0007913_23523213.jpg

秋空に映えて、ほんとに綺麗!
中の坊には双塔庵と言うお茶室があって、これは、丸窓席。
そのまんまの名前ですね(笑)
d0007913_23545995.jpg

お庭からお茶室を見た所。
d0007913_23575226.jpg
きれい!
お庭には沢山の花が植えられてて、そこここに歌碑がありました。
これは、折口信夫の歌碑。
d0007913_235936.jpg
折口信夫の「死者の書」は、中将姫と当麻寺と大津皇子とを踏まえて描かれたものがたりですね。

中の坊の向かいにある十仏院から見た東塔
d0007913_07377.jpg

本堂と講堂
d0007913_091958.jpg

本堂の屋根は、奈良時代の棟と平安時代の棟の上に掛けられてるらしい・・・・あってる?
夕日が差し込む金堂には、国宝の弥勒仏(塑像)と同じく白鳳時代の乾漆の四天王(多聞天は鎌倉期の木造)があって、良い感じ~だったんですが・・・・・・。
何故か基壇の床、本尊の両隣に、石の車輪を埋め込んだような丸い穴が二つ…・あれは、なんだ????
疑問を胸に、山口神社に向かいます。
この山口神社って、二上山のふもとにあるので(当たり前ですね)(汗)私はかるほさんが「山に登ろう!」と言いださないかと、ひやひやしっぱなしでした(笑)
・・・・奈良県に山口神社っていくつある?って、これも奈良検定だ~(汗)
d0007913_0173952.jpg
森閑とした本堂でしたが、お賽銭を入れようとしたら、センサーが働くのか、ライトが明滅したのには驚きました。
やっぱり、お賽銭泥ちゃん(笑)がいるんでしょうね~。

そして、お初の鳥谷口古墳!
d0007913_0224072.jpg
綺麗に整備されてるのに、ビックリでしたわ~!!!
d0007913_0225794.jpg

この古墳は、一辺7メートルの方墳で、7世紀後半の築造で、石室は横口式石郭。
底石や奥壁の石材は家形石棺の蓋石材を利用したという間に合わせ?とも思える作りです。

二上山は大津の皇子の死に際して姉の大伯皇女が詠んだ

うつそみの 人なる我や 明日よりは  二上山を 弟と我が見む 

という歌で有名で、その墓所は二上山の頂に有る、と言うことになっていますが、
実際にはこの古墳ではないのか・・・・と言われています。

古墳から山口神社に下って、傘堂へ。
d0007913_032245.jpg
この傘堂は、郡山藩の本多正勝の遺徳をたたえて建てられたそうですが、なんでここにあるのか、私にはわかりません・・・本多さんってここの人なの???

ブラブラブラブラ下って行くと、文兆堂カフェ到着!
ここで本日の予定終了!にして、楽しくお茶しました☆
d0007913_034137.jpg
いや~~~、お洒落なカフェ&文房具屋さん&ギャラリーでした~~☆
そのまま歩いて行くと、またもや当麻寺に出たので、境内を突っ切って駅へ。
d0007913_0373141.jpg

この日は良いお天気だったのに夕焼けがなくて、空には細い三日月が・・・
秋の日はつるべ落としって言いますけど、ほんとにその通りで、駅に着いた時には日はとっぷり暮れてました。

この日、かるほさんは我が家にお泊り。
帰宅した時には既に出来上がっていた(笑)トミーちゃんの話に笑い転げて一日目は終了しました☆
[PR]

秋三題

10月も半ばとなって、本格的な秋が到来したので、秋らしい行事を3つばかりやっつけて(笑)きました☆

まずは芸術の秋。

10月14日、京都観世会館であった河村禎二追善別会を見てきました☆
d0007913_22553652.jpg
これが観世会館。
平安神宮のそばにあって、客席数は500余り。
一般に能楽堂は席数が少ないため、演者の息づかいまで聞こえるような臨場感があります。
私は学生時代に少し能をかじったことがあって、その時に今回シテ(主役)を務められた能役者さんとお知り合いになりました。今回はその当時の先輩や後輩の皆さんに誘っていただいて、久しぶりに観世会館に足を運んできました。
当時はお互い学生同士だったので気楽なものでしたが、彼は数十年の時を経て(笑)鸚鵡小町を披かれた(初めて演じられた)んです・・・・この鸚鵡小町と言う能は100歳過ぎた小野小町が主人公と言う「老女もの」と呼ばれる範疇に入り、家元のお許しがないと演じられませんし、そのお許しはそう簡単に出るものではないと聞いています。
d0007913_2318318.jpg
館内は撮影禁止ですが、始まる前に、そっと撮りました・・・まずかったかな~・(汗)
私の席は橋掛と言う舞台と幕の内側をつなぐ通路の真横(この通路は「あの世とこの世をつなぐ橋」だと私は思ってます…・)
舞台の正面に描かれてるのは影向の松。
この現物は(笑)春日大社の参道に有りましたが、今は枯れて新しい松が植えられてますね。
能は、日常生活とは違うリズムを持っているように感じられ、番組が進むにつれて、その非日常的な時間が心地よくなって・・・・・ついつい居眠りしたりしましたが(汗)
久しぶりの観能で、充実した時間を過ごせましたわ☆
そのあとは先輩後輩と一緒に会食し、遠慮会釈のない会話を十二分に楽しんで帰宅の途に着きました!

次には祭りの秋です☆

10月15日は石上神宮の布留祭りです。

このお祭りは田村渡とも呼ばれていて、朝、田町(旧田村)から従者を連れた稚児が馬に乗って御幣を担いで石上神宮まで参詣します。
その後神宮で例祭を行うんですが、この時稚児は今年の新米の稲束を奉り奉幣の儀を行います。
それが済むと昼食となり、昼食後に田町の厳島神社(お御旅所ですね)まで片道4キロを,
御霊代を載いた御鳳輦とともに,総勢200人の時代行列を繰り広げるんですよ。
私はその田町に住んでいるのでおなじみの秋祭りなんですが、今年はうちのトミーちゃんが隣組(カイト、と呼びます)の世話役が当たって、この行列の従者となって参加しました。
従者姿の夫の雄姿です(笑)
d0007913_1831145.jpg

これが朝田村から参詣するお稚児さんと従者村人一行ですね~。
d0007913_1832591.jpg

で、この後普通なら、御鳳輦の時代行列の写真や説明があるべきところなんですが…・私は夫の身支度を手伝って送り出した後、即座にお出かけし(汗)一日遊んできました(汗、汗)
息子たちは二人とも子供のころにお稚児さんとなって馬に乗せていただいたというのに、
誠に罰当たりな母でございます(劇汗)

そして三題目は、食欲の秋です!

お祭りにトミーちゃんを送り出した後、矢田寺近くのお知り合いの山荘でのランチパーティに参加、
美味しいものをしこたま頂いて、お喋りの花を咲かせてまいりましたのよ~♪

d0007913_18271385.jpg
この山荘にはいつも素敵なお花が活けてあります。
d0007913_18274613.jpg

お部屋のしつらえ。テーブルに敷かれているのは昔の帯ですね。
お料理は西ノ京の山代屋のシェフが出張してこられてます!
お昼ですけど、赤ワインを頂きましたわ☆
d0007913_182885.jpg

オードブル・・・・パテ、にし貝、さんまのマリネ、ワカサギのエスカベージュ、白アスパラ、バケットに乗ってるのはココナッツの甘みが効いたグリーンカレー!めっちゃワインに合います☆
d0007913_18283661.jpg

パスタ・・・・マッシュルームの風味が秋らしい☆
d0007913_1829310.jpg

魚料理はイトヨリのポワレ、牡蠣のリゾット添え・・・・このリゾットはほんとに美味しいです~牡蠣、大好きだわ♪
d0007913_18293399.jpg

肉料理はフォワグラを添えたヒレステーキ・・・・・フォワグラの濃厚な風味が、ワインを呼んでました(笑)
d0007913_18295139.jpg

デザートは、アケビとチョコレートケーキとアイスクリーム・・・・アケビ、珍しいですよね~、きれいな紫色で季節感満載でしたわ!
d0007913_18311444.jpg

山代屋のお食事がおいしくて、集まられた皆さんの会話が、芸術の話や教育の話や健康の話とそれはもう多岐にわたって楽しくて、あっという間に時間が経ってしまいました。

夕方帰宅してしばらくすると、布留祭りが終わったトミーちゃんが、お下がりのお神酒や野菜などを頂いて帰宅してまいり、ありがたやありがたや、でございました。

実に充実した秋の日々でございました、はい。☆
[PR]

ラ・カシェットに行ってきました☆

昨年の秋、かのミシュラン・ガイドに奈良県版が加わり、三つ星1、二つ星3、一つ星21店舗のお店が掲載されましたね~。
その中で一つ星を貰ったラ・カシェットに連れて行って貰いました!

このお店は、学園前の閑静な住宅街のどまん中で、メイン道路から外れたある意味裏通りにあって。
隠れ家的、ってよく言いますが、ほんとに御近所でなければ気がつかないような立地条件の、小さな、でも瀟洒なお店です。
d0007913_1142120.jpg

今回連れて行って下さったお友達は、ここから徒歩数分のところにお住まいで
「お誕生日とか、お客様とか、何かある時にはここに来るのよ」と仰ってました。

私たちが行ったのは平日のお昼の12時頃でしたが、20人位入る店内は、満席。
予約してもらってないと無理だったでしょうね~。

今回いただいたのは2800円のランチコース。

最初に出てきたのは、フロマージュのサブレ。
お皿はマイセン、カトラリーはシルバーでしょう?
d0007913_115698.jpg


これって、鱧なんですよ!!
一口一口しっかり味わっていただきましたが、
「何で味つけてるって分からないけどメッチャ美味しいね~~~」と意見が一致しました。
d0007913_1145819.jpg


かぼちゃのポタージュスープ
この日は10月と入ってもまだ暑かったので、冷たいスープがピッタリでしたわ☆
d0007913_1153576.jpg


自家製パン
ハーブを練り込んだのが、軽くて良い感じ~♪
d0007913_1152823.jpg


メインは、お肉二種類(鴨と白金豚)とお魚(これは一種類だけ・・・・ホタテだったかな?)から選べましたが、私は鴨をチョイスしました。
柔らかくて癖がないけどほのかな野性味はあって、美味しゅうございましたわ。
付け合わせのサツマイモのチップスが良いアクセントになってました。
d0007913_1161251.jpg


デザート
カラメルが香ばしくて、程よい甘み。
d0007913_1161042.jpg


コーヒーと焼き菓子
d0007913_1165091.jpg


私的には、前菜の鱧がとにかく美味しかったです~♪
白のグラスワイン(チリ産だったかな)を頂きましたが、良くあってましたわ。

この学園前一帯はオシャレで上品な住宅街で。
お料理はコクはあるけど脂っこくなくて、品の良い店内の飾りつけや環境と相まって、いかにも学園前らしい、って感じでした☆

こういう所に住んで、こういうお店にぶらぶら歩いて夕食に来て、美味しい食事とワインをしこたま頂いて、
酔いをさましながら歩いて帰れたら良いのにな~、と痛切に感じました☆
・・・ベロンベロンになって抱えられて帰ったりして(爆)

このお店は有名ではありますが、ホームページなどもなくこじんまりとやっておられるようで、そこがまた良い感じでしたわ♪
[PR]

奈良大通信生関係者<夜の勝手な集い>募集☆

脇本遺跡の現説で朱雀さんにお会いして、久しぶりに奈良大通信生関係者で集まりたいね~、と言うことになりました。
日時を朱雀さんが決めて、場所は私が選ぶ、と言うことになりました。

☆皆様、久しぶりにお目にかかりませんか☆

ご希望が有りましたら、朱雀さん、もしくは私のところにコメントをお願いいたします。

以下、朱雀さんのblogの引用です。

<夜の勝手な集い>

奈良大通信の卒業生、在校生(朱雀もその一人です)他、希望者を募っています。<秋の夜長>といってもあまり時間は取れませんが楽しいひと時になるようにしたいと思います。

 コメントを入れておいてください。10月10日頃までに、日時・場所決定次第連絡または「朱雀の夢ものがたり」にupするつもりです。

 時期の候補:10月21日橿原考古学研究所で東野治之先生の講演がある日。
     または11月3日大和郡山市で「古事記の新たな世界」橿考研の講演会がある日で、
     夕刻より、適当な時刻まで。
 場所:これも未定。

よろしくお願いします。
[PR]