風の中の小鳥

<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

爛漫の宇陀♪

さて、吉野の翌日17日は宇陀へ。
この日はかるほさん、yumekoさん、私の三人…ソムリエ二人に一般人(笑)一人。
贅沢ですね~♪

8時半に榛原駅で待ち合わせ、駅前でタクシーが待っててくれました。
昨年の夏、宇陀のあちこちをタクシーでウダウダ(笑)したらすんごく快適で、宇陀はタクシーに限る、ってことになったわけです~。

最初の目的地は戒長寺のお葉付銀杏。
ここは宇陀市の観光サイトによりますと、バス停から徒歩30分、と書いてあったそうなんです…・が・・・・どこにも道路標識が出てません(汗)
戒場方面、と書いたちっこい標識があるほっそい道があったので、ちょっと携帯で戒長寺を検索してみたら、戒場神社の境内に建ってると出てて。
ここだ~って感じでその道を入って行ったんですが、これがまあ、すごい登りの山道で(劇汗)
しかも、どこまで登ればいいの?って云うほど、鬱蒼とした木立の中を、登る登る!!!
そしていきなり視界が開けて集落が現われ、その集落の一番高いところの石段を登った先にお葉付銀杏が。
d0007913_18391126.jpg

葉の縁に小さな実がつくお葉付銀杏は、奈良県指定の天然記念物で、目通り4m。
乳垂れになってて、とっても立派です☆
県指定のお葉付銀杏は他にも、門僕神社や、吉野の安楽寺、桜井市の観音寺などにもあるそうです。
戒場神社
d0007913_18394367.jpg
樹齢300年のホウの木もありました。
d0007913_18395941.jpg

ここは目の前の山より高いわ…どこがバス停から30分よ!タクシーにしてよかったね~、と思ったんですが、こういう劇急な登り道は、ここが最後ではなかったのです…・

次は大野寺
時間が早いせいか、磨崖仏沿いの道はまだそれほどの混雑はありませんでした。
枝垂れ桜が綺麗!
d0007913_1840268.jpg

考えてみたら大野寺の中に入るのは初めてです(汗)
こんなに見事な枝垂れ桜があるんだ~☆
d0007913_18404096.jpg

小さな境内に、樹齢300年の小糸しだれ桜2本と紅しだれ桜10本が咲き揃っていました♪
このお地蔵さんにお参りすると、食べるのに困らないそうです~。
d0007913_1841077.jpg

境内にはそのほかにもいろんな花が咲いていて、これは椿。
真っ赤でフリルで、ちょっとカーネーションみたい?(笑)
d0007913_18411528.jpg


次は室生寺の横を素通りして(笑)西光寺へ向かいます。
ここにも見事な枝垂れ桜があって、大野寺の桜の親木では?と言われてるそうですが、ここも急な細い坂道をぐいぐい登っていくと、いきなり目の前にこの景色が!
d0007913_18413268.jpg

この桜は、花の美しさより、木の姿の見事さが心を奪います!
青空を背景にした枝ぶりがほんとに見事だわ~♪

ここから佛隆寺へと向かったのですが…・これがまあ、大騒ぎ(笑)
佛隆寺と西光寺は地理的には近いらしいのですが、車の通れる道がないため、一度戻って反対方向から向かうことになりました。
が、
どうも運転手さんが道を間違えたらしく(汗)
物凄い山道を登っていくと「諸木野」という標識が。
この「諸木野」にはカメラマン垂涎の、水田に写り込む一本桜があるしそこから佛隆寺に抜けられるから、と、その細くて急で誰も通ってない道をどんどん行くと、工事中(汗)
なんでも道が70センチも途切れてるそうな(劇汗)
やむなく戻ってまた行くと、また道が分からず(運転手さんは、もう、汗、汗、汗)
また戻ってようやく諸木野の一本桜に出ました・・・・やれやれ。
ここの一本桜はまだ蕾・・・・・

ここからしばらく走ると、いきなりこんな素敵な民家が♪
d0007913_18415888.jpg


そして、これが佛隆寺の千年桜!
d0007913_18421399.jpg

千年桜はまだ蕾ですが、山里の風情と相まってなんとも素敵な風景です☆
大和茶発祥の地ともいわれるここですが、本堂まで石段が200段はあるんですよ。
そして佛隆寺と言えば、堅恵の廟
d0007913_18422999.jpg

なんだかイメージしていたものと随分違うな~。

そして次は、悟真寺。
ここは、この日お世話になったタクシー会社の部長さんのごオススメ。
ご自宅の目の前だそうです☆
そして、ちょうど悟真寺に差し掛かったころにその部長さんからお電話が。
道を教えてくださったんです~、ほんとに御親切だわ!
が、ここも、またすごい坂道のカーブで・・・・タクシーは一度で登り切れませんでした(汗)
d0007913_1842574.jpg
冷や汗をかいて登った甲斐のある美しい桜♪
いろんな色の桜が咲いてますね。

そして、この日のタクシーの最終目的地の又兵衛桜へ!!
今年はどこの桜も満開が遅れていて、ちょうどこの日辺りが満開初日。
d0007913_18431559.jpg


やっぱりすごいわ~~~~!!!!!
本郷の滝桜、という呼び方がピッタリの見事としか言いようのない美しさ☆
ですが、ここまで結構時間がかかって、お腹ぺこぺこだったので(笑)とりあえずおでんや草餅で腹ごしらえをしてから見学。
大阪の陣で活躍した後藤又兵衛が、豊臣家崩壊後この地で暮らしたと言われてて、桜はその後藤家屋敷跡にあるんだそうです・・・ほんまかどうかは別にして、樹齢300年の桜は見る人を圧倒します。
d0007913_18434719.jpg

これは後ろ側から見たところ。
観光客がいっぱいでしたが、木が大きいのと周りが広く整備されてるので、あんまり気になりませんでした。

ここから徒歩で大願寺へ。
前回行き損ねたんですよね~。
d0007913_1844148.jpg

小じんまりした境内には仏足石跡やお茶目地蔵が。
d0007913_18442135.jpg



このあと、松山地区のほうへぶらぶら・・・・目的は前回買えなかった「きみごろも」と前回は入れなかったカフェだったんですが、カフェは今産休中(おめでとうございます!)
かるほさんが買った「きみごろも」を私たちも一口頂いて、目的を達成しました(笑)

そして最後に道の駅でお約束の(笑)ブルーベリーソフトクリームを食べて、帰宅の途に着きました。

この日の運転手さんは、桜井から来ておられたそうで、そのせいもあって、私たちが行きたいマイナーな(笑)場所へのルートが分かりにくかったのかも。
でも、とっても親切に汗をかきかき連れて行って下さいました。
前日の吉野といい、前回、そしてこの日の宇陀と云い、タクシーの運転手さんはみんなとっても親切でした☆

かるほさん、また連れてってね~☆

そして、この日驚いたことがもう一つ。
大野寺でyumekoさんはカメラのお仲間と偶然出会われてたんですが、西光寺でも別のカメラ友達に出会われ、しかも、この諸木野でもまたカメラのお友達が!
そして、佛隆寺にもその方が来ておられました、
いや~、桜って、ほんとに盛りが短いから、カメラマンの皆さんはツイッターなどで情報を交換しながら、撮影場所を求めてあちこちいらっしゃるんですね~☆

私の写真はほんの記録に過ぎませんので、ほんとに綺麗な桜の写真は、是非、yumekoさんの所でご覧下さいませ☆
[PR]

ソムリエ二人と行く花吉野☆

4月16日、かるほさん、yumekoさん、ゆずさん、私で吉野山に行ってきました☆

吉野山は上千本、中千本辺りがちょうど見ごろ♪
普通、吉野にお花見に行くには、近鉄で吉野まで行き、昭和4年開業の日本最古のケーブルに乗車、
竹林院前から金峯神社前までバスに乗って、そこから徒歩で下山する、
というのがもっとも一般的なコースです。
が、かるほさんから送ってもらったスケジュールによると、
橿原神宮前7:17分発、吉野神宮8時5分着の電車で移動、そこから金峯神社までタクシーで!
これなら時間のロスがほとんどありません!

素晴らしい計画だわ~♪

ということで、朝は5時起き!
「吉野の桜を見てきます」というメモだけを夫に残して、出かけました。
・・・・前日に言っておくのを忘れたんです~(汗)

平端あたりでゆずさんと久しぶりにお目にかかり、あれこれお話してる間に橿原神宮前。
かるほさん、yumekoさんとも合流し、高校生でいっぱいの通学電車で吉野神宮につきました。
d0007913_16475657.jpg

駅前で待っていてくれたタクシーの運転手さんのお勧めで、まずは吉野神宮へ。
明治25年創建の吉野神宮は、祭神が後醍醐天皇。
京都の御所へ帰還される事を熱望されていた後醍醐天皇のため、
本殿も拝殿も京都の方角を向いてるらしい。
d0007913_16483951.jpg
静かな境内
d0007913_16483022.jpg
ここを行くと大峯奥駈け道・・・・

ここから金峯神社まではタクシーでひとっ走りですが、運転手さんはとっても親切で、
如意輪寺の近くにこんな素晴らしい景色があるのを教えてくれました!
d0007913_1649886.jpg

これを見ただけでも、来た甲斐があったかも…


金峯神社のバス停は坂の下
d0007913_1649045.jpg

前回バスで来た時はこの坂をゼ~ゼ~言いながら登った覚えがあるんですが、さすがはタクシー!!!
金峯神社のまん前に到着しました☆
d0007913_16493833.jpg
前回の時よりずいぶんきれいに整備されてる・・・・
鳥居から神社に至る道の両側のうっそうとした木立はばっさり伐採されて明るくなり、
桜の若木が植えられてました。

義経隠れ塔を見た後、さあ、西行庵と苔清水へと向かいます。
ここって…・確か登り・・・でも、金峯神社までタクシーだった分、とっても元気のはずですが、
足元がジュクジュクで滑るわ・・…所々には柵が整備されてましたが・・・・ここでも林が伐採されて
桜が植えられてました。
そのせいで見晴らしがよくなり、谷底がはっきり見える分、足元が結構怖かった~。
d0007913_1649382.jpg
こんな人里離れたとこで庵を結ぶなんて、西行さんのいじわる~!(笑)
もともとは鳥羽上皇に北面の武士として仕えていた西行は、23歳で出家。
各地を転々とし、数々の歌を残したことで有名ですね。
現在放映中の大河ドラマでは、オットコマエの俳優さんが西行をやったはりますが、
ほんとはどうだったのかしら~(笑)

とくとくと 落つる岩間の苔清水 汲みほすまでもなきすみかかな 西行
露とくとく心みに浮世すすがばや  松尾芭蕉

その後は順調に山を下って(この日は暑くも寒くもなく、歩きやすい下り道で、とっても気持ち良かったので、つい鼻歌が出てしましました☆)吉野水分神社へ。
d0007913_1650314.jpg

正面の3箇所に破風があって、中央に春日造左右に流造の三殿を横に繋げた有名な形の屋根は、
綺麗に葺き替えられてました☆

またしばらく下ると、花矢倉。
ここは世尊寺跡と三郎鐘(吉野三郎)のすぐ下です。
ここからは、眼下に蔵王堂まで続く花の道が☆
d0007913_16502677.jpg


ここらあたりでそろそろお腹が減ってきたので、佐藤忠信の花矢倉の下あたりで昼食。
目の前に満開の桜を見ながら、持って行ったお弁当を楽しみました。

この朝のタクシーの運転手さんから「白い蔵のところを曲がると、人の知らない桜のスポットがあるよ~」と
教えてもらったんですが、白い蔵を首尾よく発見。
半信半疑で下っていくと
d0007913_16511229.jpg

手入れの行きとどいた庭のある別荘らしき家々が並び、桜が咲き誇っていました。

元の道に合流して竹林院前まで来たところ、バス停には長蛇の列が!
d0007913_1651815.jpg
うわ~、これから登らはるんや・・・・ご苦労様です・・・・

竹林院の枝垂れ桜は満開ですが、さすがに人が多くて、なんだか暖かい。
d0007913_16514697.jpg


ぶらぶら降りて行くと桜本坊(さくらもとぼう)
d0007913_16513230.jpg

ここへ入るのは初めてでしたが、思いのほか奥の深いお寺で、崖に立った大広間からは、絶景が!
d0007913_16521085.jpg


しかし、ここで雨が降り出し・・・・やむなく、勝手神社や吉水神社に立ち寄るのをカットし、
金峯山寺へ。
d0007913_1652531.jpg

この時期はちょうど秘仏公開中☆
いつもながらこの山の上にこんなでっかいお堂や仏像を作るなんて、
昔の人はすごいな~と感嘆致しましたわ。

ここから吉野山を振り返ると、雨で靄った山肌いっぱいに桜が・・・

この吉野山に桜が多いのは、役行者が大峰山系で修業を積んだ結果、金剛蔵王菩薩が現れたので、
その姿を桜の木で彫ったのが起こりとか。
それ以降、この山で修業する人たちは、桜を神木として大切にし、蔵王権現に祈願する時には桜の苗木を植えていったそうです。

桜は決して勝手に生えたものではなく、人の手によって育てられ、増やされてきたんですね。

そのおかげで、今日の私たちは美しい桜を楽しむことができます。
そして、今も、新たに木を植える試みが続いているのは、今日の道筋でもあちこちで見受けられました。
あの若木が大木になるころ、植えた人はもうこの世にはいないかも・・・・・木を植える、ってそういうことなんですよね。

この日は雨が本降りになってきたのと、翌日は宇陀に行く予定だったので(!)、
体力温存のためケーブルで下山しました。

ソムリエ二人に案内してもらえて、贅沢な花吉野でしたわ~♪
[PR]

還暦同窓会!

4月15日、高校の同窓会がありました。

卒業以来はや42年、全員還暦を過ぎた、いわゆる還暦ど~そ~会と云うヤツですわ~。
私たちの学年は、一クラス50人が10クラスあって総勢500人でしたが、今回は150人余りが出席とかで、なかなか盛況でした。
この日は午前10時から、私たちの学年も含む全体の同窓会総会に始まり、記念講演会、全体懇親会、そして学年懇親会が延々とあって、終わった時は夕方5時過ぎ・・・・一日中同窓会(汗)
d0007913_22205737.jpg

私たちのクラスは、男子35人女子15人のクラスでしたが、出席した女性は7人か、8人…全部で17,8人出席してたのかな~。
来ておられた男子生徒(笑)は、なぜか高校生時代には真面目で静かな印象だった人がほとんどだったのが面白かったですね。
一目で誰だったか分かる人もあれば、どうしても思い出せない人もいたりして、悲喜こもごもで(笑)
話がはずむうちに、各クラスごとの写真を取りだしたと思ってたら、「一年生の時のクラスで撮りたい」「二年生のクラスで」そのうち「出身中学ごとに撮ろう」となって、挙句の果てに「出身小学校で」という声も上がるなど、みんな言いたい放題でした~(笑)
10人の担任の先生のうち、4人は亡くなられ、2人はご病気、出席されたのは4人だけでしたが、皆さんほぼ80代以上ですが矍鑠としておられました!

日頃は省みることもない高校時代ですが、こういう機会にふりかえってみると、恥も多かったけれど楽しいことも多かったな…・思いのほか自由で良い学校だったのかな、などなど、懐かしく思えます。

お一人の先生のおっしゃった「還暦過ぎたら新たな人生が始まるが、そこで大事なのは友人」という言葉が胸に沁みました☆
d0007913_22213371.jpg

高校三年間同じクラスだった、大事な友人と。
[PR]

渡米前の休日

3月20日、ダーバンを引き払った息子一家ですが、息子はそのままテネシー州チャタヌガへ向かい、お嫁ちゃんと孫二人は日本に一時帰国です☆

今回は三週間ほどのちょっとゆったり目の日程。

帰国後三人はそのまま我が家へとやってきてくれました♪
私たちが腕によりをかけて歓迎したことは言うまでもありません!
長男一家も合流し賑やかな夕食(お嫁ちゃんの希望でお寿司と串カツにしました。串カツは200本仕込んだんですよ!)の後、花火大会☆
d0007913_23501036.jpg


箱いっぱい買い込んだ山のような花火を危険極まりない方法で楽しみました…・どんなに危なかったか、ここではと~てい書けませんわ(笑)

翌日三人はゆっくり寝て、お昼ごはんは庭でお好み焼きと焼きそば。
d0007913_2350377.jpg
シェフはこの日のために予行練習までした夫です(笑)
風は冷たかったですが、空は蒼く、みんなおなか一杯食べました~。
もうこれ以上は食べられない~とみんな思ったんですが、夕食は出前の鰻重をぺろり!
だって、小さい子供たちと遊んでると、すっごく体力を消耗するんですもの~。
翌日みんなはお嫁ちゃんのご実家に移動、あちらのご両親はさぞお待ちかねだったことでしょうね…

で、4月の1日2日と私たち夫婦、お嫁ちゃんと孫二人、お嫁ちゃんのご両親、長男一家、の総勢10人で白浜へ一泊旅行に出かけました。
移動は車。
10人乗りのレンタカーを手配し、夫が運転したんですが・・・・10人乗りの車って、ほぼマイクロバス!
車体の横幅も長さも天井の高さも、想像以上でした・・・・おかげで乗り心地は良かったけど、運転は相当大変だったかも?
10時に出発して、お昼前に和歌山マリーナシティに到着。
d0007913_2351535.jpg

海鮮バーベキューを楽しんだ後は遊園地でひと遊びしました。
小じんまりした遊園地で、小学生以下の子供を遊ばせるにはぴったり!
みんな大喜びでしたわ☆

宿泊は浜千鳥の湯海舟
ここは、湯あみ着を着て入れる混浴露天風呂があるのがチョイスの決め手だったんですが、夕食後行ってみたら貸し切り状態!
全員で入って、温泉と満天の星を楽しみました♪

翌朝、私は部屋にある露天風呂に入ったんですが、息子たちはあちこちのお風呂を入り比べたようでした~。

この日はアドベンチャーワールドに行きました!
ホテルからアドベンチャーワールドはほんの15分ほど。
d0007913_23515755.jpg

さすが白浜、ポカポカと温かく、園内の桜も見ごろでした。
ここはパンダが6匹も見られることで有名です☆
d0007913_23522221.jpg

そのせいか、肉まんもパンダ(笑)
d0007913_23523782.jpg
とっても美味しかったそうです♪

サファリトレインに乗ったり、遊具に乗ったり、イルカショーを見たり、
d0007913_2353061.jpg
たっぷり楽しんで帰宅の途につきました。
この旅行中、子供たちはほんとに仲良くて、特に女の子二人は5分おきに抱き合う感じ(笑)
ちっとも喧嘩しないのがいっそ不思議でしたわ。
子供たちが喜ぶのを見て、あちらのご両親とも楽しく過ごせて、ほんとに楽しい小旅行でした!
それに、飲み介の夫が一口のビールも欲しがらず運転してたのが、なんとも微笑ましかったです……孫の力は偉大ですね!

さて、孫娘は三歳で、本来ならこの秋七五三ですが…・その時期に帰国するのはどう考えても無理だし、ということで、超早撮り七五三の前撮り!・・・子供向けの写真スタジオにそういうのがちゃんとあるんですよ~、すごいわ~。
ママも勿論着物です♪
d0007913_23533591.jpg
この着物は数年前に買っておいたものがやっと日の目を見ました!
青鈍色の飛び小紋の着物に金箔の帯。
d0007913_2354162.jpg

着物も帯も、とっても地味なんですが、それがお嫁ちゃんの若さをいっそ引き立てて、それはもう良く似合ってました☆

綺麗にお化粧してもらい、ご機嫌の彼女です☆
d0007913_23541954.jpg
スタジオの人が次々つける注文にもにっこり笑って答えたんですよ~!
d0007913_23543647.jpg
モデルさんみたいね(にっこり)

全員で家族写真もとって(息子はいませんが)(笑)大満足の一日でした!

その後、お嫁ちゃんと孫娘と私の三人でショッピングに行ったり、女ばかりでデパートの子供服売り場巡りをしたり。
d0007913_23551570.jpg

お揃いの靴でお機嫌の孫娘たち!

そうこうしてるうちに、最初は恥ずかしそうだった孫娘も私の顔を見ると大声で「ば~ば~」と呼んで、駆け寄って抱きついてくれるようになったんですよね。
嬉しかったな~♪

帰国二日前の金曜日、奈良公園に桜を見に行きました!
この日はちょうど満開☆☆☆
d0007913_2356415.jpg

曇り空でしたが、暖かで、ほ~んとに綺麗でしたわ~~~ん♪
d0007913_2357367.jpg


そのあと私の実家に寄ってもらって、ひいおじいちゃんとご対面。
88歳になり、近ごろ衰えの目立つ父も、子供たちにあって若返った、と大層喜んでくれました☆
実家の桜も今が超見ごろ。
d0007913_23572544.jpg


この夜は雨が降って、花はずいぶん散ったようで、この日が満開の桜の見納めだったようです。

そして…・みんなは今日の午後、伊丹からアメリカへ旅立って行きました。
私は所用があって見送りにいけませんでした・・・・・

三週間余りの滞在中、みんなが私たち夫婦をとっても幸せにしてくれました☆
ほんとにすばらしい休日でしたわ~~~♪
それだけに、居なくなるとさびしいなあ…・
ま、いいや。
そのうちアメリカに行くもんね(笑)
[PR]