今年も

余すところ一時間を切りました。
昨日あたりから関西は目いっぱい冷え込み、今日は雪が舞ってました。
我が家は冷蔵庫より寒いかも???

振り返ると、春には九州にゴージャス旅行、秋には夫婦でアフリカ珍道中、そして今月は恒例の神戸ルミナリエと、東京食欲夜遊び旅行へと、今年もまた、あちこち遊びまわった一年で。
たいそう充実した年だったように思います。

中でもアフリカは思い返しても楽しい、素晴らしい経験でした☆
夫はもう良いらしいけど、私は何度でも行きたいわ~(笑)

お勉強関係はまるでさぼりっぱなしで、奈良検定一級には落ちるし、2011年の試験は受けられないし、情けない限りです・・・・・
ま、来年がんばるわ!!と相変わらずの能天気(笑)

こんな私ですけど、来年もよろしくお付き合いくださいませ。

最後に、これも毎年恒例の我が家のお節です。
d0007913_23112742.jpg

去年と殆ど変り映えしません・・・

皆様どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
[PR]
by nagiwi | 2010-12-31 23:13 | 雑記 | Comments(6)

ワクワクドキドキの東京もこの日が最終日・・・さびしいよ~・・・とか言いつつ、
朝一番で荷物をパッキングして自宅送りに。

この日は午前中は東京流通センターと言うところである骨董市に行きました。
前回東京に来た時に、同じような骨董市で、すごく素敵なアンティークの赤い琥珀(正倉院の鏡にも使われてました~)のネックレスを見つけたんですが、持ち合わせが足りなくて涙をのんだんですよ。
その後、何度も思い出しては悔やんでるので、今回は少し軍資金を持ってきました☆

でも、この日のメインは新宿二丁目に案内して下さった男性に、着物一式を探すこと。
お正月に着物を着たいそうです☆
ちゃんとした呉服屋さんで男ものを作ると、相当かかるけど、こういうところで体に合う古着があれば、リーズナブルです!
男性の着物姿はまだまだ少ないですけど、かっこいいから、私も楽しみ~♪
新宿二丁目のお礼をこめて、誠心誠意探させていただきましたわ~~ん(笑)

ただ、この方体格のいい方で、背が高くて手が長くて、なかなか寸法が合う着物がなくて。
良い大島のお対など色々あるんですが、いわゆる古着(戦前のもの)だと小さい~。
でも、すごく良い兵児帯、発見!!!
色も生地も絞りも良くて、お手頃価格☆
その他に、着つけの練習用のウールのアンサンブルと、長じゅばんをゲットし、これでとりあえず一式完成♪
良かったね~と言う間もなく、私は横目で睨んでおいた髪飾りやブローチの売り場に一直線(笑)

いろいろ見てる中で、友人が素敵なブローチを見つけてくれました☆
d0007913_1142397.jpg

素材は銀とマルカジットで、地味にきらきら☆
写りが悪いですが、ライオンが密林を歩いてるデザイン…しかも、メスが先頭でオスがあとから付いてくる~(笑)
アフリカに行ったどこかの夫婦にぴったりやし(笑)お値段も手ごろなので、少し値切ってお買い上げ。
これを帯止めにしたらすごく良くて、大満足でした☆

ニッコニコしながら、根津美術館に向かいました。
根津美術館は、明治の頃に「鉄道王」という異名を取った根津嘉一郎が収集した美術品をもとに設立されたものだそうです。
この石の船は、根津邸で道案内のために置かれてたとか・・・道案内がいるほどでっかい家だったのね(汗)
d0007913_1151481.jpg
美術館へと向かう通路。
素敵ですね~♪
d0007913_11521785.jpg

宝慶寺(唐)の十一面観音や平安時代の菩薩像など、結構な仏像などの常設展のほかに、「絵のなかに生きる 中・近世の風俗表現」をしてたんですが、洛中洛外図や絵巻物、辻が花の残欠など、興味深かった~。
お庭には東大寺の八角灯篭のレプリカが置かれてたり、朝鮮の灯篭があったり・・・
d0007913_11524658.jpg

明治のお金持って、ほんまにすごいわ~~!

そろそろお腹が減ってきて、少し歩いた青山のヨックモックのブルー・ブリック・ラウンジへ。
ランチはガレット・・・蕎麦粉のクレープにお野菜と目玉焼き・・・東京って、お洒落ですねえ~~~
飲み物はシードルでした。
d0007913_11525885.jpg


このあと、京都の着物のアンテナショップ白い烏へ。
京都の着物のアンテナショップですけど、明らかに東京風でした。

ここらあたりでそろそろタイムアップ・・・・
4時半ごろの新幹線に乗るため、東京駅に向かいました…
ああ~~もう時間だわ~さびしいなあ~~とシンデレラの気分です(笑)
改札口で「またね~」とハグしてお別れし、自宅へと戻ってまいりました。

いやあ、こうやって纏めると、実質二日余りの日程の中でよくもこんなに行けたなあ、と思うほど盛りだくさんです!
やっぱり案内して下さった方がパワフルなので、こっちまでパワフルになるわねえ・・・・向こうもそう言ってる?(笑)

☆とっても実り多い東京旅行でした☆

そう言えば、この旅行中、あちこちで着物姿の人を見かけました。
着物、復権中かな?
[PR]
by nagiwi | 2010-12-25 12:28 | 旅行 | Comments(2)

二日目は鎌倉へ行きました☆

朝9時に待ち合わせて、北鎌倉下車。
駅のまん前に円覚寺がありました。
円覚寺は、1282年北条時宗が中国から招いた無学祖元禅師の創建だそうです。
d0007913_1835578.jpg
階段横の楓はまだ綺麗に紅葉してました。
d0007913_18352933.jpg
無学祖元禅師の塔所
d0007913_18355350.jpg
方丈のお庭
なんて言うか、シンプルですよね。
d0007913_18363263.jpg
北条時宗の廟所。
d0007913_18365929.jpg

円覚寺は、禅宗様の建築で境内はすがすがしく、京都や奈良のお寺とはまた違う雰囲気。
なるほど、武家文化ってこういう感じなのね~☆

鎌倉の街はアップダウンがあって、山がちだったんですが、この日も良いお天気。
青空の下をぶらぶらと少し歩いて、ランチの「鉢の木」へ。
精進料理を頂きました☆
d0007913_18371167.jpg


鉢の木は、建長寺のすぐそばにありました。
建長寺は北条時頼の要請で建長五年(1253)に創建された、鎌倉五山の第一位です。
そうか、建長年間に創建されたから建長寺って言う名前・・・・元号寺なんですね。
d0007913_18374713.jpg
境内にはビャクシンの大木が!
d0007913_18381556.jpg
ここは大きなお寺でしたが、どっちかって言うと円覚寺の方が好きだったな~。

で、次に鶴岡八幡宮へ向かいました。
鶴岡八幡宮は、源頼朝が、1180年由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地に遷宮、1191年には現在の姿に整えて、鎌倉の町づくりの中心とされたそうです。
本殿からは海へと続く参道がまっすぐに伸びて、遠くには海が光ってたんですが、逆光でうまく写真がとれなかったのが残念でした。
d0007913_18383977.jpg
これは、門から本殿を見た所。
境内には静御前が「しずやしず しずのおだまきくりかえし」と舞った舞殿もありました・・・・新しかったけど。


ここで、タクシーを拾って、報国寺に向かいました。
このタクシーの運転手さんが鎌倉の歴史や見どころに詳しい、とってもいい運転手さんで。色々詳しく説明してくださいました☆
d0007913_18391356.jpg
このお寺は別名竹の寺とも呼ばれてるそうで、すがすがしい青竹!
d0007913_18393336.jpg


運転手さんのお勧めで、瑞泉寺に向かうことになりました。

報国寺から瑞泉寺までは、細い細い住宅地の中の道を登ったり下ったりしながら走りました。ずいぶん山際なんですね~。
d0007913_18395879.jpg
このお寺は、なんていうのか、繕わない自然なお庭。
夢想国師の手になるものだとか。
d0007913_18403683.jpg
報国寺にもこういう石窟があったんですが、これを鎌倉では「やぐら」と呼ぶそうです。
d0007913_18411159.jpg
報国寺のやぐらはお墓でしたが、ここはおそらく仏像が安置されてたみたい。
d0007913_18415085.jpg
境内には梅の木が沢山植わっていて、早春にまた来たいものです☆

瑞泉寺は予定外だったんですが、奈良とも京都とも違うタイプのお庭が見られて、行ってよかった!ここが一番素敵でした☆

で、この日の夕食は横浜の中華街。
その前にちょっとお茶しました~♪クリスマスの飾りつけが素敵でしょ。
d0007913_1842654.jpg
冬至直前なのでたちまち暗くなり、その街かどに中華街の門が輝いてます。
d0007913_18425737.jpg
まそさま・・・・・・いかにも中国らしい、けばけばしさ(笑)
d0007913_1843211.jpg


夕食は、海南飯店と言うところでいただきました…・
このお店が、いやもうすごいのなんのって☆
見かけは小さな普通のラーメン屋さんみたいな感じなんですが、お味が素晴らしい!!!
どのお料理も、あっさりとした味付けで、いくらでも食べられるんですよね~。
d0007913_18433283.jpg
前菜はピータンと蒸し鶏。
この二皿が5分で無くなりました…・蒸し鶏はすごく沢山あったんだけど、みんな無口になって、せっせと食べたの~。
d0007913_18434113.jpg
エビの巻き揚げと骨つきバラ肉の煮込み。ちっとも脂っこくない・・・すごいわ!
d0007913_18435059.jpg
蒸し魚・・・アカハタだそうですが、全くもって、絶品!!

このほかにも、豚三枚肉の角煮、センマイときのこの炒め物、豆苗の炒め物、汁なしタンメン、デザートの杏仁豆腐をいただきました・・・・最初の7皿を30分で食べたという…・勿論紹興酒を飲んだのは言うまでもありません…・みんな、美味しい美味しい、よりほかに言う言葉がない…・いや~、すごかったわあ!!!横浜恐るべし!!!!

美味しかったね~すごいね~と言いあいながら、丸の内かいわいまで戻ってきたら、イルミネーションが一杯~♪
d0007913_18441036.jpg
クリスマスツリーが綺麗でした☆

この日は予定した以上にあちこち回り、夕食を美味しくいただいて、10時前にはホテルに戻りました。
少しテレビでも見ようと思ったんですが、すぐに寝てしまいましたわ~。

楽しい東京も、あと半日です…
[PR]
by nagiwi | 2010-12-22 18:45 | 旅行 | Comments(6)

12月17日から19日まで、着物友達と二人で東京に行ってきました。

昨年は11月に行ったんですが、今年は12月。
師走の東京を思う存分楽しんできました~♪

朝目覚めた時は、いつもと同じ朝だったんですが、空は真っ青☆
京都で新幹線に乗り換えると、二人ともすっかりハイテンション!
d0007913_17341630.jpg
新幹線の窓からは冠雪の綺麗な富士山が。
d0007913_1734518.jpg
東京駅には着物友達のえいこさんほかお二人お出迎えくださって、パーク・ハイアット・トーキョウのニューヨーク・グリルに行きました。
なんだか迷路のようなホテル(笑)の52階なんですが、窓からは素晴らしい東京の眺望が楽しめました。

こちらのランチは前菜とデザートがバイキング形式。
d0007913_1735410.jpg
好きなものをお皿一杯取ってきました(笑)
d0007913_17351398.jpg
メインはお魚をチョイス。
d0007913_17352188.jpg
そして、私たちにしてみたら、これこそがほんまもんのメイン(笑)のデザートで・・・・これは一皿目。
勿論、もう一回色々とってきていただきました~♪
もうもう、満腹、満腹!

このあと、目白で手作りの帯展を見て、帝国ホテルの前(笑)のホテル・レムにチェックイン。
休む間もなく、次の目的地の浅草寺に向かいました。
この日から浅草寺では羽子板市が始まってると聞いて、いかにも東京らしいこの行事を見てみたい、とお願いしてありました。

町はクリスマスの飾り付けがそこここに輝いていて、これはミキモトのクリスマスツリー。
d0007913_17353750.jpg


羽子板市って、夜でもやってるのね~、などといかにも田舎風の感想を述べながら浅草寺に入ると、
d0007913_1736444.jpg
塔はライトアップされ
d0007913_17362449.jpg
境内には羽子板屋さんが沢山並んでました。
d0007913_17365220.jpg
私は二人の孫娘へのお土産に、小さい羽子板を買いました☆
d0007913_19374614.jpg


で、このあとは、ヨ・ア・ソ・ビ~♪
昨年は新宿ゴールデン街に連れて行ってもらったんですが、
今年は、新宿二丁目と、ゴールデン街のはしごです!
ここからは、この春大学を卒業して東京在住になった友人のお嬢ちゃんと、新宿二丁目を案内して下さる男性が合流☆
このお嬢ちゃんは、私にも娘のような存在なので、久しぶりに顔を見られてほんとに嬉しかったです♪
新宿二丁目は、女の人が行っても安全だけど、彼氏はお店のマスターに取られちゃう危険がある、そうで(笑)
とってもお洒落なバーで、ワイワイガヤガヤ、お喧しく楽しく飲ませていただき
しかも、案内して下さった方にごちそうになってしまったという、素晴らしい体験(笑)

その後、女性だけで昨年も行ったゴールデン街の「ナナ」へ。
去年は愛想の悪かったマスターが、今回はなんだかご機嫌で、美味しいシェリーを出してくれました☆
えいこさん曰く、「酔ってるんだわ~」(笑)

ここで時間切れ・・・・
お友達はご自宅に、私たち奈良組はホテルに、お嬢ちゃんは自分のマンションに、
それぞれ帰ったんですが、私たちは終電でした☆
いや~~ん、楽しい経験でしたわ~~~!!!

ホテルに着くと、ほぼ一時。
シャワーを浴びてバタンキュー・・・・・なにしろ翌日は7時に起きてお出かけです。
楽しいなあ!!!!
[PR]
by nagiwi | 2010-12-22 18:30 | 旅行 | Comments(6)

12月11日12日と明日香村であった、越塚御門古墳の現地説明会に行ってきました。

ここはそもそもは、牽牛子塚古墳の範囲を確定するための調査で、日本書紀の内容と一致する石槨が発見されて、大ニュースになったんですよね(9月ごろ)。
この調査で牽牛子塚古は八角墳であることがわかって天皇のものである可能性が高まったのと、斉明天皇と間人皇女が一緒に埋葬されてるという日本書紀の内容から、斉明天皇陵説が、がぜん有力になりました。

で、今回の調査では、発掘で現れた新しい古墳の状況が、同じく日本書紀の大田皇女の埋葬に関する記述とほぼ同じなため、テレビでも大々的に取り上げられました。

大田皇女は、天智天皇の皇女で鸕野讚良皇女(のちの持統天皇)の姉、妹ともに天武天皇の妃となり、大津皇子と大伯皇女を生んだんですが、若くして亡くなったんですね~。
この人が元気で長生きしたら、大津皇子が皇太子になったかもしれないし。
なんだか、幸うすいかわいそうな皇女です。

で、私が行ったのは12日の日曜日。
11日のニュースですごい混雑ぶりが伝えられてたのである程度覚悟はしてたんですが、やっぱり凄かった~。
1時頃に現地に着いたらずら~~っと人の列。
最後尾に並んで案内の方と喋ってたら、昨日はここから二時間待ちだったと・・・
お天気が良くて日中は暖かだったんでよかったので、最初の内は良かったんですが、日陰に入ると風が冷たいよ~。
これで半分ぐらいまで進んだところ(汗)
d0007913_23373527.jpg

幸い、一時間ほど並んだだけで見学することができました。
これは、牽牛子塚古墳の石郭入口
d0007913_23382779.jpg


これが本日のメイン、越塚御門古墳の刳貫式横口式石槨の上部
貝吹山(明日香村にあるらしい)で採れた石英閃緑岩でできてるそうです。
天井部はドーム状。
d0007913_2340423.jpg
石郭と墓道は南北に通っていて、これは牽牛子塚古墳の石郭と並行だそうです。
d0007913_23405823.jpg
墳丘は版築で、石郭内には漆塗り木棺が入ってたらしい。

初冬の明日香村…
d0007913_013770.jpg

斉明天皇も間人皇女も大田皇女も、ここに眠ってるんでしょうか…

明日香村のこの辺りは、終末期古墳が沢山あります。
時計を見たらもう3時半ごろでしたが、日が陰ってきてて少し冷えてきたので
近くの岩屋古墳にだけ寄って帰りました。
[PR]
by nagiwi | 2010-12-14 00:11 | 現地説明会 | Comments(6)

12月の行事☆

毎年、12月にはお楽しみが二つあります。

一つは京都南座の顔見世
例年通り友人と二人で昼の部に行ってきました!
今年は例の睨むのがお得意の役者さんの事件でも話題です(笑)が、休演されてるにもかかわらず、この日はまだまねきに名前が上がってました。
d0007913_1149328.jpg
私が行ったのは丁度宮川町の花街総見だったので、南座は舞妓さん、芸妓さんで一層華やか♪
d0007913_11492813.jpg
あっちを見たり、こっちを見たり、開演前から大忙しでした~。
d0007913_11501038.jpg
「阿国歌舞伎夢華やぎ」の市川海老蔵の代役は、
片岡仁左衛門!!!!
えびさまよりにざさまファンの私にとっては、全くの幸運~~♪
玉三郎の阿国に仁左衛門の名古屋山三にうっとり☆☆☆
山三の幻と連れ舞う阿国、二人の美しさに息をするのも忘れるほどで、もしかして、涎が出てたんじゃないかと思うほどでしたわ~~(笑)
あ~~、思い出しても胸キュンですわ。
この日の私の着物・・・・って言うか、新調の帯。
d0007913_11504339.jpg
色がうまく出てませんが、紫色地に軍配と蝶と牡丹の花が織りだされてます☆

そしてもう一つの行事は、神戸ルミナリエ。
阪神間に住む友人とゆっくり会い、ルミナリエを見て、美味しいものを食べて、彼女の家に泊まるのが毎年の恒例になっています。
今年のルミナリエはこんな風です。
d0007913_1151337.jpg
毎年デザインが違うのが、毎年行っても飽きない原因かもしれませんね。
d0007913_1151262.jpg

平日だったせいもあって、行列はサクサク流れれて、ゆっくり見られました~。

今年は彼女の息子さんが結婚したので、お互いの嫁自慢で深夜まですっかり盛り上がりまして。
で、「お互い、べっぴんさんで、かしこうて、きだてのええお嫁ちゃんが来てくれはって、ほんまに良かったね!お嫁ちゃんって、なんでこんなに可愛いねンやろ」という結論に達しました☆
私たちって、ほんまに幸せな姑ですわ~~。

これで12月の行事が終わりかと言うと、そういう訳ではなくて、もうひと遊びが待ってます(笑)
さあ、しっかり遊ぶぞ!
[PR]
by nagiwi | 2010-12-11 12:16 | 着物 | Comments(8)

12月5日、奈良女子大学であった認定支援セミナーに参加してきました☆

この日はからりと晴れて心地良い晴天で、奈良マラソンの当日。
勿論そのことは知ってたんですが、近鉄奈良駅から地上へ出た途端、
道いっぱいに、人、人、人!!!!
皆さん登り大路を東へとひた走ってる…・
はじめて見る光景に、思わずポッカリ口をあいて眺めてしまいました~(笑)

なんとか気を取り直して奈良女子大に着いたら、紅葉がと~っても綺麗でしたわ~~ん♪

教室にはすでにかるほさんが着席しておられたので、隣の席を確保。
昨年は確か満席だったような気がするんですが、今年は少し空席もありました。

・・・・・・・そうです、一級支援セミナー受講は去年に続き二回目・・・・・・・しかも、1月の検定当日は予定が入ってしまって受験できないので、来年も受講することになるのよね。
あ~~あ(涙)・・・・・・・・・
とは言え、教室に入ってノートをさくさくとってると、大学のスクーリングを思い出して楽しい♪

この日の日程は

1、奈良の地勢と自然・・高橋誠一先生
2、国宝の仏像・・関根俊一先生
3、大和の祭りと芸能・・鹿谷勲先生
4、奈良の史跡・名所・・来村多加史先生
5、奈良の史跡・名所・・来村多加史先生

と言うラインナップ。
去年とほぼ同じ顔ぶれですが、祭りと芸能が新しい講座ですね。

それと、今回から過去問の中から再出題があるということになったそうで、一級は30%は過去問から出るそうです!

1限目の講義では、今では奈良県を差す「大和」という言葉が、そもそもは盆地の南東部、今の大和神社あたりの狭い範囲を示す言葉で、それが拡大移動したものであること。その、日本全体の千分の一の面積の中で大和の歴史は始まった、と話されました。
そして、奈良県は、中央構造線によって内帯(国中、東山中、西山中、奥)と外帯(南山)に分けられ、南北でまるで違った個性を持っているとのことでした。
また、下つ道、中つ道、上つ道、横大路の古代の交通路と峠との関係性や、台高山脈の話など、あっという間に一時間が経ちました。

2限目の「国宝の仏像」は、銅造、乾漆造り、木彫と、奈良の仏像の技法も材質もバラエティーに富んでいることや、慶派の仏師の話など、ほぼ去年と同じ内容だったような…・

ここでお昼ごはん。
あんまり食べると眠くなりそうでした・・・・・

午後一の講義は奈良県立民俗博物館の学芸課長さんのお話で、大和の祭りについて色々スライドを見せて頂きました。
こういう地元のお祭りに殆ど知識がなかったので、なかなか興味深かったですよ~。
私は祭りや行事が苦手なんですが、頂いたプリントを見ると、祭りや行事がその性格ごとに纏められてたのがありがたかったです・・・・・来年、再来年の役に立ちそう~(汗)
でも、私の住んでるところも結構田舎だと思ってたのに、こういう伝承がほとんどないのは、
田舎の中では開発が進んだ方なのかしら…・

さ、、ここで来村先生の登場!(笑)
この一年、テレビでしょっちゅうお顔を拝見してたので、なんだかよく知ってる人みたいでした(ニヤリ)
昨年同様、200問ほどのプリントを解答しながら解説を聞くという…・怒涛のような講義(劇汗)
最初のうちは働いていた頭も、100問を超えると完全グロッキー。
聞く方は勿論ゼイゼイ言ってましたが、先生もお疲れになるんでしょうね、時々設問を飛ばしたりされるのがご愛嬌でした~。
先生のプリントをしっかりやってると、結構試験当日は「これ知ってる!」と言うことがあるらしい・・・去年もありました・・・・ソムリエの試験に出たのもあったなあ・・・

最後の方は駆け足でしたが、ようやく講義は終わり!

独楽さんたちとの飲み会のある、市内某所(笑)にかるほさんと急ぎました。
この市内某所は・・・なんだか怪しいところにあって(笑)
メンバーは、独楽さん、ゆずさん、朱雀さん、それから独楽さんつながりで、テツダさんとそのお仲間たちだったんですが、その部屋に入るなり、高校の同級生発見!
しかも、40年ぶりに顔を見たというのに、すっと名前が分かったという・・・最近自分の記憶力に疑問を感じてた私としては、まだまだぼけてないなあ、とたいそう嬉しゅうございました~(笑)
いや~~、奈良は狭いなあ!

例によってでっかい態度で座り込み、言いたいことを言って(いつもの通り)(笑)ワインをせっせと飲んで~美味しいものをパクパク食べて~またもやワインをせっせといただいて~柿を剥いてもらって食べて~テツダさんはじめみなさにお世話をかけて、しかもあと始末もせずに帰ったという…・
ずうずうしい飲み会となりました~。

久しぶりの再会だったので、独楽さんにもっとマレーシアの話を聞いたり、ゆずさんに大学院の話を聞いたり、朱雀さんに宝塚市の長尾山古墳のことを聞いたり、色々したかったんですが、すっかり飲むのに没頭してしまい、あんまりお喋りできませんでした…反省!

次回はいつになるのか、またお目にかかるのが楽しみ!
[PR]
by nagiwi | 2010-12-07 02:04 | まほろば検定 | Comments(4)