風の中の小鳥

<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

新薬師寺、正倉院展そしてジェントリー

30日、かるほさん、punipuniさん、yumekoさんとご一緒に、不空院と新薬師寺と正倉院展に行く予定だったんですが、出先で思ったより時間がかかって、不空院に着いた時は受付時間をオーバーしてて(汗)
やむなく、新薬師寺で皆さんと合流することとなりました。
この日は、台風接近との天気予報もどこへやら、そこそこの曇り空。
やっぱりかるほさんの神通力かしら(笑)

紅葉にはまだ早いですけど、少し色づきはじめてましたよ。
d0007913_23285556.jpg
新薬師寺には鴨媛さんもいらしてました。
新薬師寺の境内は静かでいいです~。
d0007913_23293756.jpg
新薬師寺の秘仏だった香薬師如来は昭和18年に盗難にあったそうで、写しが開帳されています。
小さくて盗みやすそう???
d0007913_23302933.jpg


その後、奈良公園を通って博物館へ、レイトショー寸前の正倉院展に行きました。
前回さらっと見てあったので、今回は好きなものを重点的に見て回りましたが、相変わらず螺鈿紫檀五絃の琵琶には長蛇の列!
前回同様、場内は混雑してましたが、さすがに6時を過ぎると少し落ち着いて、ゆったり見て回れました。

閉館ギリギリまでいて、きたまちの「ジェントリー」へ急ぎました.
(ひろこさんとのお約束は7時でした。遅れてすいません!)
途中、裁判所の裏手で、いたちが走り回ってました。
何かをおっかけてたのか、それとも、追いかけられてたのかしら?

ジェントリーではひろこさんともう一人の方が、すでにやや出来上がり加減(笑)
勿論、私たちも、食べたり、飲んだり、喋ったり。
d0007913_23464093.jpg
ルッコラのサラダ
d0007913_2347511.jpg
野菜のピザ
d0007913_23472657.jpg
エビのアヒージョ
d0007913_23474826.jpg
鴨のなんとか
例によって、綺麗なお写真はyumekoさんの所でどうぞ(笑)

ソムリエさんが二人いらっしゃるので、いろいろ興味深い裏話をいろいろ聞かせて頂きました!!
中には、むっとするようなお話も・・・
ふと気づいたら、かるほさんの門限が迫ってて電話で呼び出されてはる!
しかし、門限、早すぎへん?!?
やむを得ず、お開きにして、帰宅しました。

こういう風にお喋りするのって、ほんとに楽しいですよね~。
初めての方が二人おられたんですが、たちまちうちとけられるのも、奈良好きのおかげ。
ほんまにありがたいわぁ。

それに、皆さんとお喋りして、消えかかってたソムリエへのモチベーションが上がってきましたわ~~ん。

勉強、始めなくちゃ!!
[PR]

元興寺と正倉院展

突如として気温が下がり木枯らし一号まで吹いた26日、
元興寺の屋根裏探検と、正倉院展に行ってきました☆

友人の車で行ったんですが、車を降りた途端、曇り空に冷たい風が吹きまくって、
ほんとに寒かったです~~!

正倉院展と遷都祭が重なったせいか、奈良はどこもかしこも人が多くて、観光地のようでした・・・・・って、観光地よね(笑)
d0007913_1849445.jpg

元興寺は飛鳥にあった法興寺を平城遷都のあと奈良に移転したもの。
平安以降伽藍は荒廃し、極楽坊で智光曼荼羅を信仰することとなり、南都の焼打ちのあとに極楽坊は東向き(ふつうは南向き)になりました。
一時期は西大寺の末寺だったようですね。

普段は非公開の禅堂が公開され、その屋根裏に登れるというので、屋根裏探検を予約しておきました。
d0007913_1859658.jpg
境内の芙蓉の花。
d0007913_18594211.jpg
右側が本堂、左が禅堂。
d0007913_1901347.jpg
一時半の予約に行くと、ヘルメットと懐中電灯を貸して下さいます。え~、ヘルメットまでいるのかなあ、と思いながら登って行くと
d0007913_1911031.jpg
これが、年輪年代法で580年ころの材とわかった頭貫。
へ~、ほ~、と言いながら見てると、あちこちで頭をコンコンぶっつけました(笑)
d0007913_19104722.jpg
元興寺は何度か興亡を繰り返し、明治期には無人になって荒れ果ててたのですが、昭和18年から30年にかけて解体修理がおこなわれました。
それ以前にも何度かの修理が繰り返されてるのは言うまでもないことですが、そのせいで、屋根裏の部材はほんとにつぎはぎ。
特に、昭和の修理の時には費用が足らなかったんでしょうか、材木の質が悪いし、長さが足らないところも沢山見られました…・
それに比べて、奈良時代の材木の美しいこと!
チョウナの後もまだはっきりと残って、木の力をまざまざと感じました

30分あまり見た後、禅堂へ。
d0007913_1923244.jpg
古材や瓦が展示されてました。
収蔵庫では智光曼荼羅も展示されていて、見所がおおかったです~☆

ここで3時頃になったので、正倉院に向かいました。
待ち時間は30分。
待ってる人が結構少ないなあ、と思いながら中に入って、原因発見(笑)
例の、螺鈿紫檀五絃の琵琶、の周りにはロープが張られ、それだけのための行列ができてました(汗)
裏側は列に並ばなくても見えるんですが、皆さん、行列なさってました…

私と友人は、裏だけ見て先へと進みました・・・・ここまで来てまた行列は、嫌!!!

今回私が好きだったのは、獅子舞の頭と夾纈屛風、それからシルクロードの香りのする女性用の靴!
スッポン型の蓋物も面白かったな~。
そうそう、毒薬とそれを入れた壺もありました。
あの毒薬は何に使ったのかしら?政争の際の毒殺用とか???(笑)
毎回毎回ほんとに沢山の人でしたが、やっぱり面白かったです☆

5時前に出たんですが、その時でもまだ螺鈿紫檀五絃の琵琶の行列はしっかりあって・・・正直、ぞっとしました(笑)
[PR]

久しぶりに着物を着ました☆

夏以来、ほぼ二カ月ぶりに着物を着て、京都市立美術館の高島屋百華展に行ってきました!

今年の9月はほんとに暑くて、単衣の着物を一度も着ないままアフリカに行ってしまったので、
久しぶりに着物に袖を通しました。
あんまり間があいたので、うまく着られるか不安でしたけど、まあ、なんとか(笑)

友人と私の着姿です・・・彼女はベージュの紬に八丈の帯。
帯締めが素敵!
d0007913_1155822.jpg
私は小紋の着物に経錦の帯で。
d0007913_116776.jpg



高島屋は1831年に京都で呉服商として開業、竹内栖鳳や神坂雪佳などの一流の画家に下絵を描かせて(!)一流の技術で染織刺繍された美術染織品を制作するかたわら、美術品を収集して展示、販売するなど、現在の百貨店と言うイメージよりもっと文化的な活動をしてたんですね~。
今回は、高島屋が所蔵してる沢山の作品・史料の中から、京都画壇の巨匠や文化勲章受章作家の作品や、刺繍、染色などの見事な伝統工芸品、100点ほどが展示されていました。

竹内栖鳳(何作もありましたが、水墨画風の「ベニスの月」が素敵でした)、横山大観(沢山あって「蓬莱山」には圧倒されたんですが、下村観山との共作の竹の金屏風が面白かった~!)、東山魁夷、富岡鉄斎(好き!)、平山郁夫、小磯良平、梅原隆三郎(高島屋に因んで薔薇の絵でした)、北大路魯山人、河井寛次郎(烏の鉢。良かったあ♪)・・・ううう、きら星のような有名作家ばっかりでした!
そういう人たちに緞帳の下絵や、博覧会に出品する友禅の下絵などにしたと・・・・
贅沢ですねえ。
その中で、ものすごい総刺繍の風景画(金閣寺?)には驚かされました。
下絵の作家は分かってるのに刺繍した人の名前が不詳になってました・・・・

他にも、有名作家の絵になる扇子やうちわがたくさん~。
着物も何着かありましたが、思ったより少なかったのが残念でした・・・みんな売れちゃったのかな?(笑)

高島屋って、お金持なのね~、高いはずやわ~と再認識してしまいましたわ(笑)

その後、白川沿いまで歩いてぎをん森幸でお昼ごはん。
d0007913_11465796.jpg
お昼のミニコース
d0007913_1147675.jpg
長薯と卵白のスープ
d0007913_11471966.jpg
d0007913_11473262.jpg
芝エビの板春雨蒸し・・・エビがプリプリ!
d0007913_11473914.jpg
鮭がふわ~っと揚がってて、ソースの酸味がきいてます
d0007913_11474672.jpg
鶏肉と蓮根の炒め物
d0007913_11475969.jpg
デザートのタピオカ
このほかに、炒飯があってもうお腹一杯だったんですが、結局全部食べちゃいました。
どれもこれも、味付けが上品で、味付けや舌触りがそれぞれ違って、楽しく食べられました~☆

d0007913_11482177.jpg
お店の入り口。
d0007913_11482999.jpg
店内はこんな感じ
d0007913_11483721.jpg
お店の前に流れる白川。
この辺りは、のどかでゆったりした空気が流れてました…

この後、堺筋のオ・グルニエ・ドールでケーキを食べて(まだ食べるんかい!)帰りました~
美術館で少しばかり教養を高め(笑)美味しいものをしっかり食べて、秋の風の中を散策し、久しぶりの京都遊びを満喫した一日でしたわ。
[PR]

ようやく

アフリカ旅行の記録をアップしました!
ものすご~~~~~~~く長くなってしまいましたので、ゆっくりお読みくださいませ☆
[PR]

アフリカへ行く!・・・・・序章・・・・・

次男一家が、南アフリカ共和国のダーバンに赴任してから、もう一年半。
その後、今年の三月に里帰りはしてきましたが、孫たちに会いたい見たい気持ちは募るばかり(泣)
しかし、息子は赴任当時、「送って行こうか?」と言う私の申し出に
「却って足手まといになる」とにべもなく言ったようなヤツ(大泣)
(ま、そのおかげで、私は「足手まとい」が「drag」で「重荷」が「burden」だと知ったんですけどね。)
とても行けそうもないね~と、夫と話してたのですが、
今回、お嫁ちゃんから「来てください」と、嬉しい嬉しい申し出がありました☆

日程は9月16日出国の9月28日帰国
この期間は、夫が一番休みやすい時期で、
しかも、孫が通ってる幼稚園は、9月下旬からお休みだそうで、
しかも、23日にはお誕生日。
う~~ん、ばっちりですね~。

ここで一つ問題が。
夫は、そもそも車以外の移動手段は苦手で。
何しろ、青森に旅行して帰りの飛行機が飛ばなかった時、タクシーで帰ろうか、
と本気で考えたような人なんですよね…
ま、国内ならそれも可能ですが(払えへん!)外国でタクシーは、無理・・・・
加えて英語も苦手・・・・
それに愛煙家…・
じっとしてるのも大嫌い…・・
総括すると、旅行向きではない、ってことになるんでしょう…
しかし!
孫に会いたい!という気持ちは万難を排する、んですよ、はい。

そこで、私は、ダーバンへ行きの
関空発、香港とヨハネスブルグ乗り継ぐ、キャセイと南アフリカ航空のチケットを取り、
乗り継ぎを研究し、荷物を詰めたのですが・・・・

南アフリカ、と言うと、最近ではサッカーワールドカップで有名ですが、
その有名さは、日本のテレビ局が女子アナを派遣しなかったことに象徴されるような
治安の悪さ。
それに加えて、ヨハネスブルグの空港では、荷物検査が厳しいらしい。
先日里帰りしたお嫁ちゃんの話でも、入国の時、荷物を全部開けよ、と言われたらしい…・
それに、国内線へのチェックインも必要だけど、いろんな人が寄ってくるらしい…
ど、どうする??

取り合えず夫は何の役にも立ちそうにないので(汗)
ややこしそうな荷物は私のスーツケースに詰めて、
いろいろ言われたら「変なものは何も持ってまへん!!」と関西弁で怒鳴ろう(笑)
誰か寄ってきても、知らん顔しよう!
強い心で頑張るぞ!!

ダーバンでは、私たちの希望に沿って、
ゲーム・リザーブ(サファリのことを南アフリカではこう言うそうです。)と
ケープタウン旅行の予定をたててくれました☆

これを聞いた夫は
「ライオンに襲われたら、お前を差しだしてみんなで逃げるから。
お前が、一番食べるところが多くて、美味しいって、ライオンにも分かると思うよ」と(怒)
申しましたので、
「私が食べられたら、誰が日本まで連れて帰るの?一人で乗り継ぎできる?」と
言ってやりました!!!
なにしろ、香港と、ヨハネスブルグと、二度の乗り継ぎを自力でやらなくてはならないのです…
一人では飛行機になんか乗れない、と夫は本気でビビっておりました…・

さあ、その乗り継ぎは?ライオンとの遭遇は?
どうなりましたやら。
皆様、夫と私のアフリカ珍道中の顛末をお楽しみくださいませ。

なお、この中で、6歳になりました孫息子はその誕生石に因んで「瑠璃」
20か月の孫娘は同じく誕生石から「柘榴」と呼ばせて頂きます。
[PR]

18日 ダーバン

ダーバンの朝日は海から昇ります。
d0007913_1238029.jpg

この日、パパとじいじは早朝からゴルフに行きました。
d0007913_12393299.jpg
私たちは海辺へお散歩に。
ダーバンは、サーフィンにぴったりの波が来るそうで、良く国際的なイベントも開かれるとか。
綺麗な砂浜ですが、インド洋の波は日本とはまるで違って、どっか~~んと来て、ざば~~っと引くんですよね~。
波が寄せる時も強いですが、引く力も凄くて、足もとの砂ごと引きさらわれる感じ。
d0007913_12422074.jpg
で、柘榴ちゃんはこの海遊びが大好きなんですって。
たくましいわ~♪

じいじとパパはお昼すぎには帰ってきたので、一緒に「ウシャカ・マリン・ワールド」へ。
ここは、海辺のズールー・テーマパークみたいなもの。
d0007913_12531280.jpg
海辺を歩くズールーの民族衣装の女性。
d0007913_12535885.jpg
このお店で軽くランチ
d0007913_1255250.jpg
広場ではズールーの若者のダンス!足を高く上げるのを競ってるのかな?
d0007913_1321753.jpg
ズールー風の建築様式の雑貨屋さん。
d0007913_1256784.jpg
他にも、お土産物屋さんが一杯。
勿論、いろいろ買い込んで帰りましたとも(笑)

そして夜は、バルコニーでブライ(バーベキューのことを、こちらではそう言うらしい)
d0007913_1354662.jpg
バーベキューコンロも、このマンションに備え付け。
d0007913_1361652.jpg
ブライのお肉を焼くのは、男の仕事・・・・息子が焼いてくれました!
d0007913_1393259.jpg
とっても美味しかったです☆

翌日もゴルフの予定の息子と夫。
盛りだくさんの一日で、流石に少し疲れ気味の夫と私は、早々に自室に引き取り、あっという間に眠ってしまいましたとさ。
[PR]

16日出発、17日到着

今回、夫と一緒に旅行する、と友人に話したら、彼女いわく
「トミーちゃんも一緒だと、きっと普通では起きないような面白いことが、一杯起こると思うわ~」とのたまいました(笑)
う~~む・・・・・

彼女の指摘が鋭かったことは、16日、関空にチェックインした途端に
夫が「パスポートがない!!」と叫んだことで証明されてしまったのです(汗)
いや、今、見せたとこだし、無いわけないでしょ!!
案の定、パスポートはズボンのポケットの中(怒)
そんなとこにパスポートを入れちゃ、ダメでしょうが…・
あ~あ、これは前途多難かも???

とは言え、今回はその夫のおかげでビジネスクラス☆
いやん、優雅やわ~♪
感謝、感謝♪

と思ったのも束の間、その恩恵を享受すべく、彼は関空のビジネスラウンジでビールをぐいぐい(汗)・・・・・・・先が思いやられる・・・・・・

キャセイ航空のビジネスクラスは、座席が通路に対して斜めに囲われて、個室感覚。
視野の中にほかの乗客が見えないようになってます。
私の席から見た夫・・・・・足先だけしか見えませんね。
d0007913_11114958.jpg

夕食はこんな感じ。この後、メインがきました。
d0007913_1114454.jpg
ナナプキンの中にはナイフとフォークが包まれ、食器は陶器だし、おいしくて満腹☆

ここまでは、日本語が通じたのですが…

4時間足らずで香港に到着すると、ここからは未知の世界です!
香港空港は、私も初めて。
しかも、まあ、やたらに広い!!
南アフリカ行きの搭乗口を確認して、空港の職員にその場所を聞いている私の隣で、
夫は「さっきの飛行機のフライトアテンダントさんが挨拶してくれた」と、お喜び(汗)
あ~~あ(笑)
あっちで聞き、こっちで確認して、せっせと歩いて、搭乗口を探し当てましたが
いや~~、
この空港は、ほんまに広い!!!
d0007913_11293362.jpg
動く歩道って、まさにこういう場所のためにあるんですねえ!

23時50分、なんとか南アフリカ航空に乗り込むと・・・・
周囲は、英語と中国語が飛び交い、夫は借りてきた猫と化しました(笑)
キャセイで夕食をしっかり食べた私たちは、こちらの夕食はパス。
座席をフラットにして寝よう、とした私に、
夫は「ワイン頼んで~」
まだ飲む気??
しかも、この日はほぼ満席で、フライトアテンダントさんは大忙し。
ちっこい日本人の度重なる注文にご機嫌斜めで、おっかなかったわ…・(汗)
それでも、夫はワインを4、5杯飲み(最後は、自分で頼みなさい!と言いました)(笑)
軽くいびきをかきながらぐっすりお休みになりました。

午前4時半、飛行機の中から見た、アフリカの朝焼けです・・・・
d0007913_11432731.jpg

これが朝食
d0007913_11445167.jpg
d0007913_1145343.jpg
ん~、ごちそうさまでした!

ヨハネスブルグへは午前7時着。
ぐっすり眠った私は闘志満々!
さあ、税関との対決が待ってるぞ!!と、入国審査をあっさり抜け、荷物を取って歩き始め・・・
空港から出ちゃいました…
あれ??
税関はどこに???
念のため職員さんに「国内線の出発はどこ?」と聞いたら
「エスカレーターを登って行ってね」?????
全くもって拍子抜けでしたわ~~ん。

国内線になんとかチェックイン、これであとはもうダーバンに向かうだけ♪
搭乗口も確認し、もうすぐお嫁ちゃんの顔が見らる~~!!とうきうき☆
とここで、またもや夫が「タバコ吸いたい、酒飲みたい」(汗)
私の財布からお金を持って(現地通貨はみんな私が持ってました)カフェの喫煙室に入って行きました。
あ~~あ、なんぼほど飲んだら気が済むのかしら(笑)
夫が喫煙室にいる間に、搭乗口変更のアナウンスが流れたので、よっぽど一人でそっちへ行ってやろうかと思いましたわ~~ん(笑)
d0007913_11561565.jpg


飛行機の中で駆け出したいほど待ちきれない私たちを乗せて、
ようやくダーバン着!!

☆お嫁ちゃんと柘榴ちゃんが迎えに来てくれました☆
もう、抱きしめたいほど嬉しかったです♪

なだらかな丘の間を走って、お家までは車で15分ほど。
インド洋を目前にしたマンションです。
ベランダからの眺めはこんな感じ。
d0007913_1281444.jpg
波の音がごうごうと聞こえます…
ここって、アフリカなのね・・・・・ついに来たんやわ・・・・

(ここはとてもゴージャスなマンションなのですが、息子の年齢でこういう場所に住めるのは、南アフリカだけだそうです。他の赴任地では、ポストによって住居が決まるそうですが、ここではまず安全が最優先されるためらしい。このマンションは安全な地域にありますが、それでも自由に歩けるのはわずかな範囲の地域で、それも昼間だけ。)

荷ほどきをして、お土産を渡し、お嫁ちゃんは幼稚園に行ってる瑠璃君を迎えに行ったので、
夫婦二人で撮影会(笑)
広いバルコニーでニタニタしてる私です!
d0007913_12173592.jpg


久しぶりの瑠璃君は最初こそちょっと恥ずかしそうでしたが、すぐに元気に!
また背が伸びたのか、とってもしっかりしてました♪

やがて息子も帰ってきて、初めてのアフリカの夜☆

瑠璃君は私と一緒に寝てくれました・・・・・

ことんと眠る寸前に「ばあば、ずっと待ってたんやで。ばあばが大好きやから」と言ってくれましたわ…・
[PR]

19日

夫と息子はゴルフ二日目。
私たちはポッタリーに連れて行ってもらいました☆
ここは、陶器の工房ですが、いろんな動物が放し飼いにされたお庭では、お茶や食事もできます。
d0007913_14294792.jpg
陶器のポットのおうち!
d0007913_1430439.jpg
七面鳥がそこらを闊歩してます
d0007913_1432062.jpg
カフェの中もとってもおしゃれ。壁のタイルはキリンの絵柄
d0007913_14334537.jpg
アフリカの明るい空に良く似合いますね~♪

次に、瑠璃君の幼稚園のお友達のエイミーのお誕生日パーティに私も行かせてもらいました。

こちらの誕生日パーティは、とっても華やか。
地域のコミュニティセンターを借り切って行われてました(しかし、何んともラグジュアリーなコミュニティセンターですね。プールまであります!)
d0007913_14355540.jpg
両親はもちろん、おじいちゃんおばあちゃんまで家じゅう総出なんですが、それに加えて、子供に遊びを提供する業者までいます。今回はサンドアート(砂絵)でした。
エイミーのテーマは「水の中の世界」だそうで、この人魚姫のケーキはおばあちゃんの手作りだとか。
d0007913_1436571.jpg
エイミーは、ピンクの人魚姫のコスチューム。
d0007913_14374829.jpg

ここで印象的だったのは、子供たちのお行儀のよさです。
大人のパーティのお稽古、って言う感じでしょうか、お誕生日の本人はホスト(ホステス)として、お友達を迎えて御挨拶。
お友達もちゃんと「おめでとう」と言ってから遊びに加わります。
それに、サンドアートを作るときブラシを使うんですが、それを借りるのに、みんな、「brush , please!」と言って回してもらうのを待ってました・・・・黙って持って行ったりしないのよね…
大人になるための一段階と位置付けてるんでしょうか~。
なかなか興味深かったですよ。

南アのゴルフは早くに始まって早く終わるので、一日が長く使えます。
二人のゴルフが終わったので合流して、美味しいイタリアンのランチ。
d0007913_1440640.jpg

その後、マンションに帰ってみんなで海へ行きました☆
遠くに船が見えますが、そのほかには、島影も、半島もなんにもなし。
ダイレクトにインドにつながってる海なんですよね~。
d0007913_14405396.jpg
海が好きな私たちは、子供たちと転げまわって遊びました。
外気も水も少し冷たいけど、砂は暖かで、不思議な感じ。
瑠璃君も柘榴ちゃんも、大喜びでした☆
d0007913_1444459.jpg
こういうことがしたかったんだわ~!
体中、塩まみれ、砂まみれになってしまったので、マンションのプールに飛び込んでひと泳ぎ。
d0007913_15145451.jpg


早朝から目いっぱい遊んで、この夜も早く寝ました(この後も、一度も夜更かしはしなかったような…)(笑)
[PR]

21日 Thanda Private Game Reserve 1

さあ、二泊三日でThanda Private Game Reserveへ出発です!!

このThandaは、ダーバンから車で3時間余り。
綺麗な舗装道路をひたすら走って、ちょっと曲がると、突然道路が未舗装になって
d0007913_21252269.jpg
このゲイトが現れました♪
ここで、お迎えのレンジローバーに乗り換え。
この人が、これからの私たちのレンジャー、グレースです
d0007913_2311031.jpg

このゲイトからもう一人のレンジャー、ウィルスンの運転で、こういう道を20分ばかり走ると、
d0007913_2343291.jpg
可愛いコテイジが☆コテイジの前の池では、イボイノシシとニャラが水を飲んでました!
d0007913_2351312.jpg
ズールー風のメインホール!
d0007913_2365940.jpg
ゲームリザーブを一望!
d0007913_2392645.jpg
私たちのコテージ♪
d0007913_2310494.jpg
豪華なベッドルームだわ・・・、ベッドルームのほかにも、リビングルーム、プライベートプール、円形の東屋、お風呂、シャワーが二つ…
どこもかしこも清潔で、暖かみがあって、何という心地よさでしょう!
d0007913_23115079.jpg
メインホールにレストランが。素敵なインテリアです☆

ここは、面積14000ha・・・・って、どれぐらい???(笑)
ライオンが14匹、象が18匹だったかな、そのほか色々いるらしい。
ゲームドライブは、一回3時間ほどで、早朝6時からと午後3時半からの二回。
二泊三日で4回行ける計算になりますね。
柘榴ちゃんは小さすぎて参加できませんが、ちゃんとベビーシッターが用意されています…ただし、残念ながら、柘榴ちゃんは置いて行かれるのが嫌だったようで、声を限りに泣き叫び(笑)結局、パパとママが交代で残ることになりました・・・・

d0007913_16384851.jpg
ランチのあと、一回目に出発です!

ところで、日本でサファリと言うと「檻」のような車で出かける、と言うのが普通ですよね~。
出発前には、「シートベルトを忘れずに」「車の窓から手を出さないで」とか「大声はダメ」とかいろいろ注意されたりして。
ですが、ここでは、「子供は真ん中に」「レンジャーの注意を聞いて」と簡単に注意を受けただけで
d0007913_16564731.jpg
この車に乗って出かけるのです!
勿論、柵なし、檻なし、シートベルトなし。
ライフルはありますが、袋の中でした…・

ウィルスンは車の前の椅子に座って、あたりを見張って動物を探し当て、グレースが運転して説明する、という役割分担。
あれよあれよと言ううちに出発した途端、キリン発見!
d0007913_1713112.jpg

いや~、キリン、キリンと大喜びしてたんですが・・・・・
いきなりウィルスンが車の中に戻ってきたら、そこにライオンが!!!
しかも三匹も寝てる~!!

し、しかも、車はどんどん近付いて行くではありませんか!
d0007913_1715692.jpg
ライオンまでの距離、3メートルぐらいかも…
d0007913_1724031.jpg
一番大きいのは、このゲームリザーブの王者だそうで、有難いことに満腹(ほっ)
確かに、お腹がタブタブしてました(笑えません!)
グレースの説明によると、ライオンはこの車自体を大きな一匹の動物だと認識しているために、襲いかからないらしい。
だからウィルスンも車の中に戻ったんですね。
しかし、もし車の前で立ちあがったりしたら、それぞれの動物と認識して襲いかかるので、決して立ち上がらないように、とのことでした。

いや、この状況で、立ち上がるなんてできるわけがありません!
みんな、し~~!!とささやき声(劇汗)
だって、ライオンの気が変わって、もうちょっと食べようかな~とか思わないという保証はどこにもないんですよね・・・怖いよ~~~!!
誰かを差し出す、なんていう冗談の出る余地もありませんでしたわ…・

この後、イボイノシシやインパラやニャラやクドゥなどを見ながら行くと、
チータの食べ残しの動物の残骸が・・・あらまあ、と見てるといきなり目の前にチータが二匹!!
チータぐらいだと、ウィルスンは車に戻りません!
なんたることか、このチータ、私の横を(手が届きそうでした!)通り過ぎて行きまして・・・・
d0007913_173176.jpg
チータは、小柄なため、いつも二匹で狩りをするそうで、この二匹も兄弟のペアなんですね。
d0007913_17231060.jpg
チータに襲われたのか、バッファローの群れがうろうろ。
しかも、さっきのライオンが昼寝から覚めたのか、歩きまわってました…グルグル・・・・・って唸りながら…・怖いよ~!!
d0007913_1734032.jpg


あたりが薄暗くなってきたところで、車から降りて、お茶の時間・・・・
周りには何もないし、ウィルスンがちゃんと見張ってるから大丈夫、だそうです…・
d0007913_17284871.jpg

車の前の椅子に座った夫です。
d0007913_17305025.jpg
アフリカに登る満月!
d0007913_17472067.jpg

いや~、すごかったね~、怖かったね~、と
この日のゲームドライブは終わりました☆

夕食は大きな焚火の横で
d0007913_17345624.jpg
暗くてよくわかりませんが、インパラとクドゥの串焼きです(汗)
d0007913_17352293.jpg

[PR]

20日

朝起きてベランダに出るたび、目を奪われてしまう景色です☆
d0007913_1533441.jpg


この日、息子は出勤、瑠璃君は幼稚園があります。
南アの幼稚園がどんなふうか、是非見てみたかったので、私たちも一緒に送って行くことにしました。
それにしても、南アは朝が早い!
7時過ぎにはもう学校へと向かいます。
d0007913_15235075.jpg
幼稚園から高校まである一貫性の私立校は、勿論、みんな車で送り迎え。
d0007913_15362624.jpg
これは園庭。
d0007913_15304259.jpg
南アの学校は、二ヶ月行って二週間の休みが一つの学期なんですが、その学期末の一週間はみんなで楽しいことをするらしい。この日は「キャラクターデイ」みんなそれぞれ思い思いのキャラクターの恰好をして登園します。先生もドレスに王冠姿!
d0007913_15252291.jpg
一度戻って、この灯台のそばまで散歩に行きました!
d0007913_15271992.jpg
で、お迎えに行ったら瑠璃君はテニスのレッスン中。
幼稚園に先生が来て、いろんなスポーツを習うらしく、希望すれば、個人レッスンも頼めるとか…

今期はテニスですが、夏には水泳、先学期はゴルフのレッスンを取ったそうで
瑠璃君は小さなゴルフセットを持ってます(にっこり)
そこで、じいじとしては、是非ゴルフレッスンを!と言う訳で
打ちっぱなしに行きました☆
d0007913_1527443.jpg

これがまあ、日本の打ちっぱなしからは想像もつかない広さ!
柘榴ちゃんを遊ばせる公園もあって、心地よい場所でしたわ~。

実はお嫁ちゃんもゴルフのレッスンを取ってるので、瑠璃君のあとでお嫁ちゃんにもゴルフをコーチ。
じいじのレッスンのおかげで良く飛ぶようになった、とお嫁ちゃんがとっても喜んでくれたのが、
私もほんとにうれしかったです☆

今回の南ア行きは、何よりもお嫁ちゃんの心遣いによるもの。
そのお嫁ちゃんの喜ぶことが少しでもできたのが、何よりでしたわ☆
[PR]