6月27日、自主スクーリングで矢田丘陵を歩いてきました!

メンバーは、主催者(?)のかるほさん、独楽さん、ショータさん、punipuniさん、が東京から、
関西からは、ゆずさん、ひろこさん、午後から参加のyumekoさん、そして私の8人。
久しぶりのせいか、結構集まりましたよね!
お久しぶりです☆

待ち合わせは近鉄郡山ですが、降水確率50%のはずなのに、空は青空…・なんでじゃ~!
やっぱし、究極の晴れ女、かるほさんのせいやと思うわ(笑)
ルートは、矢田坐久志玉比古神社~大和民俗公園~東明寺~矢田寺~松尾寺~慈光院。
どこも、交通の便がやや不便で、微妙に行きにくいお寺ばっかりです…

まず、最初はバスで、矢田坐久志玉比古神社へ。
ここは、山門にプロペラが掛けられていることで有名です。
祭神は、部氏の祖神といわれる櫛玉饒速日命で、この方が矢を三本射たところ、
この地に落ちたので、天磐船に乗って降臨してきはった、らしい。
そのせいで、航空の神さんになったのね~。
d0007913_20114322.jpg


そこから
大和民俗公園へは500メートルぐらいかな。
ちょっくら昔の大和の民具を見たり、昔の大和の民家(うちは今もあんな感じやけど)(汗)を見たり。
空は青いし、暑いし、でも、まだまだ元気!
のどかな田園風景が広がって緑が美しく、道は平坦…
d0007913_20134267.jpg
だったのも束の間、東明寺に向かう道はどんどん登りになって行きました(汗)
距離にしたら2キロもないと思うんですが、ひたすら登るのがね…・
最初はひと固まりだった私たちですが、結構長い列になってようやく山門の下にたどり着きました。
d0007913_2029213.jpg

このお寺は、舎人親王が母の(ほんまのお母さんと違うけど)持統天皇の眼病平癒を願って建立したもの。
現在は人里離れた隠れ寺、みたいな感じで、本堂の縁側に腰掛けて涼を取ってたら、
奥さまが「矢田から歩いて来られたんですか?大変だったでしょう?普段は人なんか来ないんですよ」とのことでした~♪
いつもは予約しないと見られませんが、6月一杯だけ、地蔵菩薩坐像、毘沙門天立像、吉祥天立像が公開されていました。

地蔵菩薩さんは少し傾いておられますが良いお顔。
d0007913_20385660.jpg

こちらのお厨子や本堂の象の飾りは、桂昌院様の御寄進だとか。
いかにも、って言う感じの華やかなものでした。
そうそう、こちらには、雷のへそ、なるものもありましたわ…・

本堂横の紫陽花☆
d0007913_20432190.jpg


ここから尾根伝いに矢田寺に向かいます。
矢田寺までは、有難いことに雑木林の中の道で日陰なのと、ほぼ下り☆
ぶらぶら歩いてるうちに、いつの間にか着きました~♪
こちらでも、6月一杯本堂の特別公開をやってます☆
d0007913_20513768.jpg
本尊は矢田寺形の印を結んだ地蔵菩薩。
そして、矢田寺と言えば、この時期は紫陽花☆
d0007913_20535997.jpg
この風景を見たら、もう、絶句するしかないわ!
d0007913_20545572.jpg
丁度満開に来合わせたんですよね。
それはもう、沢山の種類の紫陽花が、見事に咲いていました。

ここで丁度お腹がへって、お昼です☆
お弁当を矢田山「ふるさと工房」に持ち込んで頂きました。

さて問題はここから先、松尾寺までの山道です。
小一時間の道だけど、絶対、登りだわ…・
東明寺までの登りで少々(相当?)(笑)消耗してた私はここをスキップすることに決め、
同じく消耗激しい独楽さんとタクシーで向かうことにしました。
てへへ、私、孫が三人もいるおばあさんなんだもん(笑)

で、矢田寺の門前に向かって歩いていると、yumekoさんから独楽さんにお電話が。
しかも、今矢田寺に「車で」着いたところですって~♪
天の助けだわ!!と言う訳で、矢田寺に着いたばかりで、まだお寺に入っておられないyumekoさんに乗せて頂き、
一路松尾寺へ。
よく考えたら、yumekoさんに矢田寺に入っていただくべきやったんや・・・・・誠に申し訳ありませんでした!!

d0007913_2171085.jpg
松尾寺も舎人親王の建立、厄除けのお寺として有名です。
d0007913_1115188.jpg
背後の山から湧き出た水は美味しいらしいですよ。

松尾寺では子供が小学生の頃、お習字の展覧会があって何度か来たことがありますが、
何度来てもあの階段はしんどいわ…・(笑)

d0007913_219837.jpg
三重塔が綺麗。

ここでは今、特別公開中の役行者像を見られました。
杉の木の寄木造のでっかい行者さんで、何んとも素朴な魅力がありましたわ~♪

床几に座って涼んでると、背後の山から天然の涼しい風が吹いてきます。
待つことしばし、徒歩組がさわやかな笑顔で続々到着!
「どうでした?」と言う私たちの問いに「たいしてしんどくなかったですよ」とのお返事で、
歩けばよかったかな~と一瞬思ったんですよ、一瞬、ね。
が、皆さんの足元を見ると、ズボンの裾まで汚れてる方がおられて、道の悪さが想像でき、
やっぱり乗せて頂いて正解だった~!と再認識しました☆

次は慈光院ですが、歩くことなどすっかり忘れ果てた私(笑)と独楽さんとショータさんはyumekoさんの車で、
残りのメンバーはタクシーで向かいます。

慈光院は臨済宗大徳寺派の禅寺で、片桐石州斉が自分の菩提寺として建立したもので、
茶道の石州流の大元となってます。
d0007913_17435120.jpg
そのせいでしょうね、こちらの拝観券には、有無を言わせずにお抹茶券が付いてます(笑)
d0007913_1744403.jpg
これは、茨木門を慈光院の中から眺めたところ。
石州は自分が生まれた茨木城が取り壊される時、楼門をもらって来て、ここに建てたそうです。

広間でお薄を頂いて、あちこち覗いていると、二畳ほどの小さいお茶室が!
d0007913_17513213.jpg
このお茶室、どう考えても、炉の位置と床の間の位置が、私の知ってるお茶室と違うわ…・と思案していたら、
ご住職が来られてこれは、石州の代表的なお茶室だと教えて下さいました。
点前畳の奥に床の間がある(亭主床、と言うらしい)のは、
亭主も正客もみんな平等といい考えに基づいたものだそうです。
d0007913_17582540.jpg
そして、この正客席から眺める庭が、一番良い眺めなんですね~。
確かに、そうです☆

で、まあ、このご住職が実に話し好きの御親切な方で(にやり)・・・
いろいろ面白い話をして下さったんですが、折悪しく(良く?)アフリカの息子から電話が!
日曜の昼間になんで家にいないのか、と詰問されてしまいました(笑)

d0007913_1804110.jpg
こちらには重要文化財に指定された手水鉢が四つあるそうですが、
その中で私が一番気に入ったのが、これ。
「女ノ字」と言う名前だそうです。

慈光院は、どんな格好で、どこに座っても、構わないんですよ~、とのご住職のお言葉に甘えて、
みんな思い思いの場所で足を投げ出してのんびり~。
本堂の縁側でまどろむ独楽さんが如意輪観音みたいよ、と、かるほさんの弁。
良い得て妙、でした。・・・写真がないのが悔しいわ(笑)
心癒される時間で、これこそが奈良の良さかな、と☆


ちょっと早めに打ち上げの「斑鳩の里」に向かうことにして、皆さんはバス、私はまたもやyumekoさんの車に乗せて頂きました…
うっかりしてて、ここでお別れになるpunipuniさんとショータさんにさよならを言うのを忘れた~(涙)
またお目にかかるのを楽しみにしてます☆

ひろこさんおすすめの斑鳩の里は、まだ新しいお店ですが、なかなかいい感じです♪
まずはビールで乾杯したんですが、その一杯がまあ、美味しかったこと!!!
体中にキュ~っと吸収されていく感じでした~☆

d0007913_1812439.jpg
お造り盛り合わせ
d0007913_18123941.jpg
d0007913_18132674.jpg
サラダが二種類
d0007913_1814484.jpg
大和地鶏の柚子胡椒焼き?
d0007913_18143955.jpg
蓮根はさみ揚げと山葵葉
d0007913_1815632.jpg
グラタン
d0007913_18153399.jpg
鯨のカツとマグロの筋揚げ
d0007913_18161948.jpg
アスパラのなんとか・・・・この辺りからすっかり酔っ払ってきて、名前が怪しい…(汗)
d0007913_18164443.jpg
コロッケですね
d0007913_18172343.jpg
長薯とウナギ?アナゴ?
d0007913_18175054.jpg
やきうどん
d0007913_1818103.jpg
おじゃこと山椒ご飯
d0007913_18183436.jpg
ウナギのせいろ蒸し
・・・・・・他にも野菜の炊き合わせとか、サツマイモの天ぷらとか、あったんですが…写真がややボケてる・・・(劇汗)

もっといいお写真ときちんとした説明がyumekoさんの「万葉人の心、悠久の奈良」にあるので、皆様、そちらをご覧くださいませ!

ビール一杯とワインを少々いただいただけなのに、ほんとにすっかり酔っ払ってしまって、
大きな声でワイワイ騒いだような気がします~。
暑かったのもあって、よくまわりましたわ…・
皆様、大層お恥ずかしいところをお見せいたしやした(ペコペコ)

新幹線の時間がある独楽さんが、最後の最後までしゃっきりと、お支払いを見事に傾斜配分に仕分け(ニヤリ)してくださって(独楽さん、カッコいいぞ!)
yumekoさんに駅まで乗せて頂き、お別れしました♪

この日は蒸し暑かったとはいえ、一度ぱらっと来ただけで、一日中お天気は持ったし、
久しぶりによく歩き、よく喋り、よく食べ、よく飲んで、良く酔っ払い、
皆さんにすっかりお世話になって、
普段は見られない秘仏をいろいろ拝観できて
素晴らしい一日となりました。

ああ、すんごく楽しかったな~☆

次回また、どこかに行きたいわ~。
皆さん、よろしくお願いします☆

できたら、平らなところを、ね(笑)
[PR]
by nagiwi | 2010-06-30 20:25 | 奈良 | Comments(8)

土曜日に、「万葉集に詠まれた植物・・初夏」に行ってきました☆

小雨の降る中、去年十二単の講座に来たのと同じ、春日大社の「感謝と共生の館」で
10時半から始まりました。

午前中一時間半、昼食を挟んで午後も一時間半の講義の後、万葉植物園で実物を見ながら話を聞く、という段取り。

万葉集にある4500首の歌のうち、なんと、1500種に植物が読み込まれているそうです!
その万葉植物は全部で160種類に上ってるとか。
万葉の頃の人の暮らしは、自然とともにあったんですね☆

その中で、最も多いのは萩の140首、梅は120首、松80首、橘70首、芦、スガ50首、
そして桜は40首・・・・桜は万葉の頃には農作の時期を知らせるで実用的な植物だったために、
あんまり詠まれなかった。
一方、梅はその頃遣唐使とともに中国からはいってきて、貴族や知識人に尊ばれた、と言うことらしいです。
人間って、新しい物好きなんですね(笑)


このお話の後、スライドを見せながらの講義が始まったんですが、これがものすごいスピードで(汗)
ノートを取るのに必死でした(劇汗)

取りあげられたのは、
繊維植物として古くから利用された麻(カラムシ)
d0007913_0305014.jpg

にはじまって、
あやめぐさ、あじさい、あふち(せんだん)あふい(あおい)
あべたちばな(だいだい)
d0007913_0352935.jpg

うり、かきつばた、かしは(かしわ)きり(あおぎり)たちばな(にほんたちばな)ちさ(えごのき?)
ふと気が付いたらもうお昼。
感謝の言葉を唱えて
d0007913_045130.jpg

昼食は春日荷茶屋の赤米のおかゆです☆
d0007913_0441425.jpg


午後からは
なつめ
d0007913_042993.jpg

ねぶ(ねむのき)ひる(のびる)まゆみ、むらさき、やまあい、ゆずりは、あさざ、
はじ(はぜ)うのはな、うまら(のいばら)、
ひさぎ(あかめがしわ)
d0007913_0483017.jpg
ほほがしわ(ほおのき)
d0007913_0491049.jpg

全部で25種類でしょうか。
すごい駆け足の講義を聴いた後は、万葉植物園で実物を見ました。

その中でも印象に残ったのは、
やまあい(万葉時代の藍)
d0007913_0532614.jpg
生の根を搗いて汁を取り、衣を染めたそうで、現在も、大嘗祭にはこの「やまあい」で染めた小忌衣を着るそうです。
これは紫陽花の原種の「七段花」
d0007913_0543314.jpg

そして、これがムラサキ
d0007913_12479.jpg
「託馬野に 生ふる紫草 衣に染め いまだ着ずして 色に出でにけり」
「茜さす 紫野行き 標野行き 野守は見ずや 君が袖振る」

この頃の花は、どれもこれも花とも言えないほど小さくて、地味で。
この小さな花に美しさを見出した日本人って…結構すごいかも。

この中のいくつかは、もう絶滅危惧種になっているそうですが、例えば、やまあいが失われると大嘗祭の小忌衣を染めることができなくなる、すなわち、一つの文化が失われる、と言うことになる…

一見雑草にしか見えない植物の持ってる意味を考えさせられた一日でした☆
[PR]
by nagiwi | 2010-06-29 01:21 | まほろば検定 | Comments(4)

梅雨まっただ中で

毎日湿度が高くて、じっとり。

洗濯物は乾かないし、家じゅう湿気てますし、庭の雑草は一日で背丈が伸びて林のよう(汗)

鉢植えに水をやる必要がないのは助かりますが・・・・

この季節、庭で一番綺麗なのは、やっぱり紫陽花。
小さい花がたくさん集まって球状になってますが、花に見えるのは実はガクで
小さいくて目立たないほんとの花は中心にあるそうです。
江戸時代、長崎で医師として活躍したシーボルトが日本を離れるとき、
紫陽花を持って帰り、
日本に残した妻の名前をとって「オタクサ」と名付けたという話は有名ですね~。

うちには4種類の紫陽花があります。
小さい花を摘んで、水に浮かべてみました。
涼しそうで、綺麗だわ♪
d0007913_21263164.jpg

青いのはガクアジサイ、八重のはスミダノハナビ、ピンクのと薄藤色のは名前が分かりません(汗)。

明日は、まほろばソムリエの体験学習で万葉植物園へ、
明後日は、かるほさんの自主スクで、アジサイで有名な矢田寺へ行く予定。

いろんな紫陽花が見られると思います!
楽しみだな~☆

・・・・・・・明日は雨、明後日は晴れて暑いらしいのが心配・・・・・
[PR]
by nagiwi | 2010-06-25 21:33 | 雑記 | Comments(2)

奈良博物館でやっている大遣唐使展が今度の日曜日でおしまい。
行こう行こうと思ってる間に、あと三日になってしまい(汗)しかも、連日の梅雨空(大汗)
運転のできない私は、雨脚が強いと駅までの自転車が辛いんです(涙)
天気予報によると、金曜日は一日中大雨、土曜は雨のち曇り、日曜は曇り、
と言うことだったので、土曜日に行こうかな~と空を眺めていたら、
お昼前から小降りになって、空は真っ暗でしたが、有難いことに雨はほんの小雨。

これ幸いと、行ってきました☆

終了近いせいでしょうか、並ぶことはなかったものの、博物館の中はそこそこの人出。
皆さん熱心に見ておられました。

先に行った人から、展示品が多くて見るのに時間がかかるよ~、と聞いてたんですが、
まさにその通り!
これでもか、これでもか、と珍しい物のオンパレード☆

入っていきなり、薬師寺の聖観音と唐代の石仏が並んで立ったはりました。

この聖観音は、小学生の時に初めて見て、仏像の美と言うものを実感した、私にとってもメモリアルな観音さまだったので、間近にお目にかかってほんとにうれしかった~♪
前から後ろから、思う存分拝見してきました。
唐の石仏と聖観音はほぼ同じ大きさですが、素材の関係か、文化の違いか、
聖観音さまの方が優美でしたわ~ん♪

それから、これは手の上に乗るぐらいの大きさの、菩薩半跏像の精緻な美しさには驚かされました☆
先日行った河内観心寺の如意輪観音に少し似た面差し。

安祥寺の十一面観音も綺麗だったし♪
唐の画家が描いた白馬の絵(脚が短い)とか、
興福寺と東大寺の鎮檀具(金塊とか銀とか、水晶とか、真珠とか、ほんまにすごかった!欲しかった!)(笑)や、
トルコ語と漢字で書かれた石碑の拓本(国際的じゃ~!)とか、
唐の皇子の墓室の壁に描かれた仕女(采女みたいなものか?)とか(高松塚に似てる)、
唐三彩の壺やら枕(かたくて寝れなそう)(笑)やら、

興味深いものが次から次で、一つ一つ見るのに必死!


井真成の墓碑もありました。

それから、もちろん、吉備大臣絵巻☆
信貴山縁起絵巻よりカラフルで、保存状態が良いのかくっきり鮮やか!
それに、登場人物のどれもこれも、ほんとに表情豊かで、今にも動き出しそうでした☆
いや~、さすがに絶品だわ~、吉備大臣ったら、かわゆい(笑)
良いもの見たな~♪

しかし、全部で250以上の出展作品で、見終えた時には3時間以上たってました。
結構真剣に見たこともあって、ちょっとヘロヘロ。

これは二度以上見た方が良かった、早く来るべきだったわ…と反省。

だってね~、天寿国繍帳を見損ねたんです~。

くちおしや~~~~(涙)
[PR]
by nagiwi | 2010-06-19 00:57 | 博物館&資料館美術館 | Comments(4)

平城遷都1300年記念マラソン、と言うものが12月5日に開催されるそうで、私の行くYMCAにもそのポスターが貼ってあります。

せんとくんがエントリーしたとか、高橋尚子さんが来はるとか、ニュースで流れてたので、なんとなく知ってはいたんですが、今日見たら、「sold out」と書いてありました。
sold out って、売り切れのことよね、と初めてマジマジと読んでみたら、定員は先着一万人・・・・い、いちまんにん・・が売り切れ???
YMCAのスタッフの人に聞いたところ、受付が始まって4日で定員に達したらしい(汗)
しかも、前日にゼッケンが配布されるため、遠隔地から参加の人は必ず一泊する必要があるそうです。
そこまでして参加する人がいちまんにん???(劇汗)

走るのなんか大嫌いな私には、想像を絶する現象です!!!

コースを聞いてみたら、鴻池運動公園を出発して二条大路を平城宮跡まで走って折り返し、大仏殿の前を南下して天理高校が中間地点で、そこから来た道を鴻池運動公園まで引き返すらしい・・・・
これって、殆ど上りばっかりじゃないのかなあ???
すごく、しんどそう・・・・・・

同時に開催される大仏マラソンの方も、10キロ(先着4000人)は定員に達して、3キロコース(1000人)も定員間近らしい。あと、5キロコース(2000人)と言うのもあるらしいです…
合計すると、17000人だわ…

当日はいちまんななせんにんの人があの辺りを延々と走らはるんやわ…

皆様ご苦労様です☆
[PR]
by nagiwi | 2010-06-05 00:02 | 奈良 | Comments(8)

先週の金曜日に実家の父が白内障の手術のため入院。
白内障の手術って、十五分もかからないし、若い人なら日帰りできるんですが、
父は86歳と高齢なので、一週間ほど入院することになりました。
で、まあ、日ごろの親不幸の穴埋めに(笑)ほぼ毎日病院へ通っております。

入院前には少しナーバスになってましたが、入院してみたら元気を取り戻して、弟に「病院が好きなの?」と言われる始末。
元気でなによりです☆

金曜日に入院して月曜日に手術、経過は良好で、今度の日曜日に退院できることになりました。

手術は15分ですが、その後一時間は安静、その後も軽い麻酔がかかってるのか、うとうとしている父のそばで、久しぶりに海外ミステリを読みました。
蜘蛛の巣上下(ピーター・トレメイン作)です。

7世紀のアイルランドで、弁護士として活躍する尼僧フィデルマを主人公としたこのシリーズは、面白いという評判を聞いて、以前に纏めて買ってあったものですが、そのまま積読になってました(汗)
どっちかと言うと、シリアルキラーの出てくるような、血まみれのミステリが好きなんですが、こういう歴史物も大好きで。
でも、上下巻となると、ある程度時間と自分の気持に余裕がないと読みにくいのに加えて、このシリーズのほかの作品も買い込んであるので、面白いと全作品を読み終えるまで読見つづける癖のある私は、そうなることを恐れて、つい放置してありました。

幸い(?)病院の付添って、本でも読まなければ他にすることがなく(笑)「蜘蛛の巣」をamazonの箱から引っ張り出してきました!

サクサクと読みやすい、軽いタッチのお話ですが、なかなか面白かったです☆
「ケルト・ミステリ」と銘打たれているとおり、ケルト文化が色濃く残る7世紀アイルランドが舞台。
作者はケルト学者としても有名らしく、殆どの人があまり知らないであろう古代アイルランド社会の在り方がしっかり描かれてて、物語に厚みを持たせています。
そして、何より、弁護士(探偵でもある)として活躍する魅力的な若い尼僧が痛快です~!

その結果、最初に危惧したとおり、続けて「幼き子らよ、わがもとに」「修道女フィデルマの叡智 」と続けて読んでしまいました(汗)。

この作品の時代、日本は丁度飛鳥時代だなあと思ったり、数年前に訪れたアイルランドを思い出したりなどながら・・・・

あともう一作「蛇、もっとも禍々し」が残ってるのが嬉しいわ。
[PR]
by nagiwi | 2010-06-03 23:46 | 雑記 | Comments(2)