<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

時々大雨

昨日の午後から、大雨が降ったかと思うとさっと晴れる、と言うことの繰り返し。
今朝も7時前から突然の大雨でした。
8月には行ってから殆ど雨が降ってなかったので、
恵みの雨では有るんですが
この雨で家の前の農業用水が溢れてエライことになりました。
d0007913_11523813.jpg

写真でははっきり分からないのですが、ガードレールの左側が農業用水なんですけど、
用水の水が道に溢れ出て流れ、道だか用水だか分からなくなってます。
深いところで、水深20センチぐらい。
水溜り・・・というより道も川のように流れてる(汗)
手前の車はここを行くべきか悩んでますし、向こうから来る車は盛大に水しぶきを上げてます。
多分、このあたりのお宅は床下浸水かも・・・
幸い我が家はこの写真の手前側なので、無事でした。
我が家の前の用水はこんな感じで流れてて。
d0007913_11572793.jpg

いつもなら、水面から道まで1.5メートルぐらいはあるんですけど・・・今朝は道ギリギリ(大汗)
あのまま降り続けたら、うちも危なかったかもしれませんけど、
幸い雨も収まって、用水の水もすっかり引きました。

しかし、こういう雨の降り方って、まるで亜熱帯ですよね。
[PR]
by nagiwi | 2007-08-29 12:07 | 雑記 | Comments(16)

浴衣の帯結び

8月14日に奈良燈花会に行くのに、息子の婚約者に結んだ帯結びです。
d0007913_2331028.jpg

浴衣は私の若いときのもの、帯は3000円ぐらいの練習用に買った半幅帯。
これしか合う帯がなかったので・・・・
彼女がこの帯結びがとても気に入ってくれたようで、
ずっと「こんなにかわいく帯を結んでる人は一人もいない」と言ってくれてました。
むふ。そんなに言ってもらうと、私も嬉しい☆
一緒にとった写真も載せちゃお。
d0007913_2371565.jpg

[PR]
by nagiwi | 2007-08-25 23:08 | 着物 | Comments(11)

炎暑の8月

8月にはいってからの猛暑の中で、私のお盆からのスケジュールと来たら今年は無茶ハード。

12日、息子の結婚式の打ち合わせと夫の貸衣装のサイズあわせ。
13日、孫とお嫁ちゃんが遊びに来てくれて一泊
14日、朝からお寺さんがお参り、お昼にお嫁ちゃんのお母様をご招待して食事会(飲み会)
終わったころ息子のフィアンセが来てくれて、酔っ払った夫も引き連れ一緒に奈良燈花会に。
15日、夫の仕事関係の皆さんをご招待してお食事会(飲み会)。
16日、飲み会の後片付けと洗濯の山を片付ける
17日、休養日
18日19日奈良案内
20日、着物で京都へ
21日、休養日(やや体調悪し。冷房と外気に交互に触れて体温調節がおかしくなったのかも)
22日、午後から歯医者の予約。お届け物をデパートへ送りに行く。
23日、着物で外出
24日、県庁と法務局をうろうろ・・・・

この間に、息子の結婚式の招待状が出来てきたのでチェックして郵送したり、頂き物に礼状を書いたり、お返しを送ったり、夫がPC仕事を持って帰ったり、ズボンの裾上げをしてくれといったり。勿論、普段の買い物はあるし、クリーニングを取りに行ったり、etc,etc・・・・・・・

20日に着物で京都へ行ったのは、奈良に来てくださった友人たちとご一緒に、「フレンチよねむら」の美味しい料理を食べ、皆さんの着物や草履や扇子と言ったお買い物に付き合う、と言う実に楽しい一日でした(にっこり)
何も買わなかった私って、えらい(笑)

23日には、他大学の学生さんの卒論に協力して「普通に着物を着る人」としてインタビューを受けたんです。
時間と場所は約束したけど、顔がわからないので、着物を着ていけばあちらから声をかけてくださるだろう、と思ったら、目論見どおりでした(笑)。
とても感じのいい学生さんで、楽しくお話させていただきました。
卒論、頑張ってくださいね!


しかし、私って、ほんとに丈夫・・・・・
[PR]
by nagiwi | 2007-08-25 01:03 | 雑記 | Comments(16)

真夏の奈良を歩く

3月に東京のお友達が奈良に来られたとき、
夏休みには私が奈良をこってりご案内します、とお約束をして、
そのお約束の夏休みが来ました!

8月の18日19日の二日間の奈良歩き。

2週間前ぐらいから下勉強のデータを皆さんに送りつけ(笑)
どこを案内しようかと頭を悩ませたのですが、なにしろ8月に入ってからのこの猛暑。
都会人の皆さんに炎天下の行軍はちょっとな、というわけで、

一日目は平城宮跡と唐招提寺。

二日目は新薬師寺からささやきの小道を通って春日大社へ。
そのあと、東大寺で大仏を見て、戒壇院で四天王に対面、
依水園で昼食後、興福寺の宝物殿で国宝の山を見て
奈良町をうろうろ。
夜には
ライトアップされた東大寺、浮見堂、興福寺、若草山頂を回るバスに乗っていただく、
と言うコースを考えました。

ちょっと良くないですか(にっこり)

皆さんをお迎えしたのが丁度お昼前。
久しぶりの再会を祝して昼食をとった後、タクシーに分乗して平城宮跡遺構展示館へ。
ここには例のどえらい井戸枠や、発掘の跡がそのまま展示されてるんですが
d0007913_19341427.jpg
(これはスクのときの写真です)
皆様、とっても興味を持って見てくださいました!
どうやら皆さん、遺構を見るのに必要な想像力をたっぷり持ち合わせておられるようで
これは、なんだか幸先良いです☆

そのあと、遮るもののない炎天下をせっせと歩き(劇汗)
私の大好きな東院庭園へ。
d0007913_19352289.jpg

小石を敷きつめた洲浜が出入りのある汀線を形作った
奈良時代の優美な庭園の様子を偲んでいただきました。

で、来たものは帰るほかないわけで。
行きよりもっとげんなりしながら歩いて遺構館へ戻り、
バスと電車を乗りついで唐招提寺に行きました☆

ここは今解体修理の真っ最中ですが
水野先生直伝の
「天平の甍は改修工事が終わればいくらでも見られるが、この覆い屋は今しか見られない」
と言うお話をお教えしました(笑)
d0007913_19381060.jpg

境内の美しさは工事によっても少しも損なわれておらず、
ゆったりとした静寂が流れていました。
d0007913_19423783.jpg

境内には蓮の葉がつやつやと輝いて・・・・

平城宮跡も唐招提寺も、
急がず慌てず、のんびり見て回ることで
奈良に流れる時間の長閑さを感じていただきたいと思ったのですが、
どうやら成功したみたい!

この日はホテルに戻って着物に着替え、奈良町こんどうで夕食。
しかし、ここの夜のコースって、夏でも鍋なんですね・・・・・
お腹パンパンになるまで食べまくり、喋り捲って、
翌日の新薬師寺での再会を約して帰宅しました。

ここは新薬師寺。
この屋根の形、小さいけど綺麗で大好きです。
d0007913_19482375.jpg

奈良のお寺の最大の特徴は、
国宝が手で触れるところにちょこんとたったはる、ということです。
新薬師寺もそれは同じ。
奈良時代の見事な塑像がすぐそこに1300年を一跨ぎしています。
これって、奈良の人間にとっては当たり前でも、
東京の人にとっては結構衝撃的だったようで(笑)私の狙いは当たったらしい。うふふ。

萩の花で有名な新薬師寺ですが、萩はまだ蕾
高畑界隈をそぞろ歩くと、大正風の洋館があちこちにあって良い感じです。
d0007913_19511523.jpg

こういう家は今もどなたかのお住まいです・・・・レトロですね。

次に志賀直哉旧居へと向かいました。
志賀直哉は大正時代に奈良に移り住み、「暗夜行路」をここで執筆しました。
この家は自分で設計して建てたそうで、随所に暮らしやすい工夫がイッパイ☆
d0007913_1952986.jpg
これはサンルーム。
天窓から日の光が燦燦と入り、明るい☆

サンルームの前には広い庭が。
d0007913_19531037.jpg
志賀直哉は家族を大事にした人なんですね、子供や奥さんの部屋は南向きでした・・・・

ここからささやきの小道に入ります
d0007913_19544874.jpg
最近は綺麗に整備されましたが、今でも森の中の静けさがなんとも素敵です。
とんでもない猛暑の一日でしたが、森の中は涼しい風が吹き渡り、
心地よく歩いていけました。
このコースにして大正解でしたわ~ん。

しばし歩くと春日大社の参道。
d0007913_1957817.jpg
大きな杉の切り株の中に新しい杉がはえていますが、これを「切り株更新」というそうです。

d0007913_19575142.jpg
春日大社の回廊・・・灯篭が赤い柱に映えて綺麗ですね。

春日大社のあとは東大寺へ。
d0007913_1959293.jpg

暑い日は鹿も水辺で泥の上・・・・スゴク気持ちよさそう・・・・

東大寺で阿吽の金剛力士像と大仏さんにご対面してから、戒壇院へ。
戒壇院にも四天王が手の届く距離にあって、
中央アジア風の鎧姿で颯爽と立っておられます。
新薬師寺の十二神将同様、奈良時代を代表する塑像ですが、皆さんのお気に召したようで、
私も大満足。

戒壇院から水門町の依水園に向かい、昼食。
そろそろお昼の日差しが激しくなってきました・・・・・
昼食後は興福寺の国宝館で国宝の数々とご対面~♪

私が思うに、ここは日本で一番リーズナブルな拝観施設。
だって、僅か500円の入場料で
阿修羅をはじめとする八部衆立像、十大弟子立像、点燈鬼龍燈鬼、山田寺仏頭
それからそれから、まだまだ沢山の国宝や重要文化財を
ゆっくりのんびり、見られるんですよね☆

国宝館の周りには、これも国宝の五重塔や東金堂、北円堂、重要文化財の南円堂・・・
などが並んでいて、現在講堂の再建工事中。

この日は前日にも増しての猛暑で、空の青さがひたすら暑い(笑)

猿沢池の横を通って奈良町に入り、お買い物モードに突入。
麻の小物で有名な遊中川と言うお店で思う存分お買い物。
d0007913_2015970.jpg

このお店、奥には見事な日本間のお座敷がそのままあって、
皆さんすっかりお気に召したようでした。

ここを出たら気分はすっかりお寺から離れたので、喫茶店に入ってまったりお茶。
あれこれお喋りしてる間にもう5時!

奈良公園では、
7月8月と東大寺他何箇所でライトアップが行われており、
2時間40分かけてそれを回る定期観光バスが走ってるんです。
コースは、興福寺東金堂、東大寺、浮見堂、若草山頂、という
実に魅力的なコース!

浮見堂も若草山頂も、出来ればご案内したいけど、この暑さではとても・・・と
言う場所なので、
皆さんにこのバスに乗ることをオススメし、早めの夕ご飯をたべて、
皆さんを観光バス乗り場までご案内、私は失礼して家に帰るバスに乗り込んだ途端・・・・・

一天俄かに掻き曇り、雷ゴロゴロ、風びゅうびゅう・・・・大雨です(汗)
幸い、皆さんはバスから降りるときには、まるで雨にあわれなかったそうですが
あたり一面鹿の○んこの匂いが充満してたそうです・・・・これこそ奈良の匂いかも・・・(大汗)

正味一日半の奈良めぐりで、
あそこも案内したいここも行きたい、というところが沢山残ってるんですが、
奈良をどう楽しむか、をとてもよく分かってくださる皆さんだったので
ご案内しているこちらまで楽しくさせてくれました。

京都は歴史がミルフィーユのように積み重なっている、とよく言われるんですが、
奈良には1300年前の残滓がそのままの姿で投げ出されているような。
その1300年を埋めるためは想像力が必要で
その想像力を持った人には、奈良は美しい幻を見せてくれるんじゃないかしら。

今回のお客様は、
奈良を吹き渡った1300年前の風を少し感じてくださったようで、
とても楽しかった、また来たい、と仰ってくださいました(にっこり)

どうぞどうぞ、法隆寺も飛鳥も佐保路も皆さんをお待ちしています!
[PR]
by nagiwi | 2007-08-24 20:17 | 奈良 | Comments(8)

奈良大学通信が

うちにもやっと来ました・・・・いつもいつも、よそより一日遅れ(ぐすん)
どうせ、田舎ですよ~だ(涙)

今回は皆さんあちこちで書いておられるように
見事卒業された一期生の皆さんのインタビューが乗ってて
卒業できなかった一期生の私としては
興味深いというか、怠けてるな~と言われてるみたいというか
ちょっと複雑(笑)

しかも、その中のお一人は、いつもここにきてくださる私たちの大事なお友達。
しかも、しかも、記事の中でブログ仲間を話題にして下さってるのです。

有難うございます☆

通信制と言う、どちらかというと孤独な勉強方法の中で、
人と人とのつながりは
何物にも代えがたいもの。
利害や立場を超えた友達ができると言うのは、
学生と言う身分の大きな魅力だと思います。

ブログが、その人と人をつなぐ手段の一つとして有効なら
とっても嬉しい☆

頑張って更新して、頑張って勉強しなくちゃ、と
改めて思って今日でした♪
[PR]
by nagiwi | 2007-08-09 00:43 | 学校 | Comments(14)

7月末から

お盆にかけて、私にとっては肉体労働の季節なんですよ・・・・
8月5日前後はこのあたりの地域ではお墓参りと称して、
お嫁に行った娘さんや、独立した息子たちが実家に帰ってゆっくりしていく、
と言う風習があります。
我が家の場合、それは5日。

で、どうなるかと言うと、
家中大掃除~(汗)庭の草引き~(大汗)
しかも梅雨のあと、庭はジャングルで、蚊が飛び回ってます(劇汗)。
朝夕の涼しい時間帯にしか草引きは出来ないので
数日かかってしまいました・・・・
暑いのなんかだいっ嫌いだ!
そのお陰で、いつもならネットしてる時間帯には、ぐっすりオネンネしてました。
こんがり日焼けして、健康的といえばそうだけど、
シミが心配だわ・・・・(涙)

お墓参りは無事終わりましたが、このあとも20日過ぎまで行事が目白押しです。

次のレポートどころか、いつになったら試験が受けられるのかなあ。
[PR]
by nagiwi | 2007-08-08 00:15 | 雑記 | Comments(6)

建築史の

レポートが帰ってきました。
合格です☆
設題意図の把握と着眼点だけがAで、あとはみんなBですけど・・・・・
ん~、合格してるかしら、とドキドキしながら封筒を開けたんですけど、
これって、ひっさしぶりの感覚ですわ(笑)

講評によると、来歴や意匠に関する叙述はいいけど、
建築の専門的な用語を間違って使ってるのと、
構造的な側面の記述が不十分。
もっと、個別の民家の解説書を参考にするべきだった・・・・
はい、私もそう思います・・・・

実は!

テーマに取り上げたのは私の実家で、
かつて一度、その実家に市から、
文化財に指定できるか調査にこられたことがあったんですが、
驚いたことに、
その時市から調査に来られたのが、

今回の担当教官のY先生だったそうです!

ひえ~!!

私はそのときお目にかかってないんですが、
その節は大変お世話になりました(ペコリ)
今回またこのような形で、
重ね重ね、お世話になりまして(ペコペコ)
お礼の言葉もございません(ペコペコペコリ)

テストの際にも、何卒よろしく、お願い申し上げまする~(平伏)

しかし、それにしても、ご縁って有るものですね~(絶句)
[PR]
by nagiwi | 2007-08-04 20:20 | 学校 | Comments(14)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi