<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

で、午後からは

水野先生とご一緒に歩く午後のルートは、
鬼の雪隠→天武持統陵→亀石→橘寺→石舞台。

前回、先生の「考古学特殊講義」で飛鳥を歩いた日は、
粉雪舞う寒い寒い一日でしたが、今回は初夏の日差しが午後になって一層強い!

午前中の白石先生ルートは結構マニアックでしたが(をいをい)
鬼の雪隠を見るのも40年ぶり位で、はるかかなたに皆さんが集まってるのを見ても、
最初は皆さんが何を見てるのか分かりませんでした・・・・
あの時は、鬼の雪隠は田んぼの真ん中にごろんと転がってたよ~な。
この鬼の雪隠は尾根の上部にある鬼のまな板とセットで、古墳の石室だったそうです。
d0007913_2285870.jpg


天武持統陵は、最初見瀬丸山古墳と思われていたのが、
明月記の記述などからこちらが陵墓と定められたこと、
それには持統天皇が最初の火葬された天皇だったことが決め手になったことなどを
いつもの軽妙なお喋りで語られ、「女性が流行を作る」と締めくくられて
聞き手のハートを鷲づかみ(笑)
トークが長引くのでは、とスタッフはヒヤヒヤに見えましたけどね(にんまり)
天武持統陵からぞろぞろ降りてくる皆さん・・・時間と共に行列はどんどん長くなる~
d0007913_22233321.jpg


これは亀石・・・お目にかかるのはやっぱり40年ぶり。
あたりはあんまり変わりすぎて、知ってるはずの道がまるで分かりません~。
亀石の横にある自販機で冷たいお茶を買い込み、喉を潤してまた歩き始めます。
d0007913_22291654.jpg


漸く知ってる道に出て、橘寺に到着。
しかし、ここの屋根も只今修理中・・・唐招提寺も修理中でしたわ~ん。
これは橘寺から見た川原寺。
水野先生が発掘されたそうで、お話にも一層熱が!
d0007913_2236203.jpg


橘寺から石舞台はもうすぐそこ。
木立の中に小さく写ってるのが石舞台です。
「あすか風舞台」という屋根つきの場所にみんなへたり込むように座りこみました。
が。
先生はいよいよお元気で、蘇我一族と聖徳太子を、あるいは、斎明天皇と狂心の渠を、
松本清張と酒船石を、熱く熱く語られました~。お元気なのは冬だけじゃないのね・・・
水野先生の熱情に、脱帽!
d0007913_22495515.jpg


みぴさんと猫さんとはここでお別れ。
後で知ったのですが、玄武を見るため、タクシーで飛鳥資料館に先回りされたそうです。
その成果やいかに?

さて、ここで朝一番からずっと一緒に歩いて下さった上野先生(いよ!真打!)登場。
伝飛鳥板蓋宮跡から飛鳥寺の横を通り、飛鳥水落遺跡でミニ講演・・・・
ひたすら歩く行列を見て、「バッタかイナゴの集団みたい」と言ったの、だ~れだ(笑)
d0007913_22581128.jpg


午後のルートは飛鳥川の上ツ瀬から下ツ瀬に向かって歩く旅で、それはまた、
蘇我氏、、天武天皇、斎明天皇など、
飛鳥を彩った人々の歴史を辿る旅だったんですね。
そして、川面に浮かぶ泡、川の音、蛙の声、風の一吹きさえ、
ここ飛鳥の地で見、聞くと、万葉びとの思いがそのまま伝わるよう。
都が藤原京からやがて平城京に移っても、飛鳥には離宮が置かれ、
人々の心のふるさとでした。

明日香川 川淀さらず 立つ霧の 思ひ過ぐべき 恋にあらなくに

万葉集のこの歌は、上野先生には山部赤人の飛鳥川への恋歌だと思えるそうです。

長岡、と呼ばれる東の山々を見、北に耳成山、畝傍山、天の香具山、
雷の丘から西に甘樫の丘と、周りを取り巻く美しい丘を望めば、
私にも風の音が古人の息吹に思われました・・・
天の香具山と遠くにうっすら耳成山
d0007913_23154865.jpg
ほのかな夕焼けの中の畝傍山
d0007913_23155752.jpg


五月の日差しも傾いて、ここで5時半・・・・今日一日、走り回って私たちのお世話をしてくださった奈良大の学生ボランティアの皆さんを紹介していただいて、ご挨拶。
あれ?予定では5時45分飛鳥資料館にて解散だったはず。
でも、玄武をまだ見てない、と思ってる私の耳に、
「これから飛鳥資料館に行きますが、玄武は90分待ちです」と言う声が聞こえました。
ど、どうしよう???
でも、待ち時間に飛鳥資料館前で上野先生がお話してくださると言うので、
りぃさんとかるほさんと、とりあえず、付いて行きました。

資料館前に既に行列はなく、
ここ飛鳥を考えることは、漢字、仏教、儒教、お箸を使う、など東アジア共通の文化を考えることという、上野先生のお話を聞きながら、もしかしたらさっと入って見られるのでは、と言う期待もむなしく、お話が終わっても相変わらず90分待ち。
家で夫が待つ身としては、やむなく帰宅することに決め、
2010年の遷都祭には四神がみんな出るかもしれないそうなので、
そのとき3時間待ってみることにしよう、とかるほさんとりぃさんと話しつつ、
三人でバスに乗って帰りました。

ちなみに、みぴさんたちも2時間待ちで、諦めたそうです。


皆さんがお入りになった途端、待ち時間は105分に跳ね上がってましたわ~。

この日一日で、約16キロは歩いたことになるそうで、
こんなに長距離を歩いたのは久しぶり。
最後は左右の足に1個づつ豆も出来、
ぶっちゃけた話、バスに乗ってクッションのある椅子に座った途端、
もう二度と立ち上がりたくない!、と思ってしまいました(笑)。

でもね~、あの飛鳥の手足を思う存分伸ばしたように伸びやかな木々を見て、
爽やかな風に吹かれるたび、
隣を万葉人が通り過ぎたような、そんな気になって。

飛鳥には、古代が今も生きています。



今日のオマケ
かるほさんオススメ、
初夏から夏のスクーリングorウォーキングに是非ものの、
凍らせたペットボトルと冷えピタ。
冷えピタで、頭を冷やしながらお歩きください。ぬるくなったらこうすると再生できます。
d0007913_0584249.jpg

[PR]
by nagiwi | 2007-05-29 01:15 | 奈良 | Comments(10)

5月26日、快晴の飛鳥に

「歴史・考古・万葉で辿るキトラ古墳の世界」というサブタイトルが付いた
「飛鳥まるごと周遊リレーウォーク」に行って来ました。

このサブタイトルって、「白石先生、水野先生、上野先生と辿る」ってことですよね~。

うう、メッチャ贅沢やけど、あまりにも盛りだくさんで、
果たして時間通りに終わるのだろうか、と言う不安を抱きつつ
8時40分ごろ飛鳥駅に降り立つと、既に点呼を取る人で行列が・・・
d0007913_0322238.jpg
300人ぐらいかなあ。
かるほさん、みぴあ~ちぇさん、河内大王さんに久しぶりにお目にかかり、
独楽さんにご挨拶して、ウォークが始まりました。

午前中は飛鳥駅の西側を歩きます。
出発してまもなく、岩屋山古墳に到着。
d0007913_0355998.jpg
一辺50メートルほどの八角墳で、
切石造りの横穴式の石室の形式などから7世紀後半頃のものらしく、
畿内の支配者階級によって営まれたもの。
石室は奥に行くほど狭くなるけど、すごく深かったですよ。

駅の西側はアップダウンがきついのに加えて、お天気は快晴で日差しは暑い!
村の中の細い道は距離の割りに結構疲れますが、程なくマルコ山古墳に到着。
この写真は2005年の12月にとったものです・・・・26日に取った分は、参加者が沢山写りすぎて全容が分かりにくかったので
d0007913_052357.jpg
横口式石槨に漆塗り木棺を納めた埋葬施設を持つ7世紀末から8世紀初頭の古墳。
古墳の上には、薊の花が咲いてます。
d0007913_172756.jpg

このあたりの古墳はどれも50mまでのようですが、
次に行った束明神古墳も対角線が30メートルほどの八角墳。
横口式石槨と漆塗り木棺を持っていたことなどからも、
被葬者は真弓丘陵に葬られたとされる草壁皇子か、と。

しかし、宮内庁はこちらを岡宮天皇陵と定めています。
d0007913_0535779.jpg
明日香村の緑は鮮やかで風は気持ち良く、
水の入った田んぼからは蛙の合唱が賑やかに聞こえました。
幾度見てもこの風景は心和ませます。
d0007913_125458.jpg

それぞれの場所で、白石先生のお話を伺いながら、
文武天皇陵の横を通って、キトラ古墳へ到着・・・
・・・・この外観はとても古墳とは思えませんけどね・・・
d0007913_1142847.jpg

檜前寺(白鳳時代の寺院)跡には失われた塔の跡に
平安時代に建立された十三重石塔が立っていました。
d0007913_1211189.jpg


なんだかお腹が減ってきたよ~と、かるほさんに訴えていたらやっぱりお昼前。
高松塚古墳に到着しました・・・道の両側のみかん畑からは甘い香りが漂って、
緑は目に鮮やかですが、あの覆屋を見ると悲しくなります。
d0007913_1273571.jpg


三々五々お昼を食べているところへ、
午前中の試験を済ませてきた(えらい!!)りぃさんと猫さんが合流。

白石先生のミニ講演が始まりました。

午前中歩いた駅の西側は、藤原京の中心からの南北の延長線の西側となり、
7世紀以降の天皇家の人々の埋葬の地であったと思われるとのこと。
歩きながら振り返るといつも飛鳥の地が一望できたこのあたりには、
死後も飛鳥を眺めたいと願った人々が眠っているのでしょうね。

その中でも、キトラ古墳と高松塚古墳はその壁画で有名(って、言うまでもないけど)。
古墳の壁画は、死者のための小宇宙を描き出しており、
キトラ古墳では、十二支像によって時間が描かれているが、
高松塚では、十二支像はなく、男女の群像が描かれている。
白石先生のお話では、男女の群像の持ち物と続日本紀の記述
そのほか、副葬品の数々などから、被葬者は
717年に亡くなった石上朝臣麻呂ではないか、とのこと・・・・


ここで、白石先生から水野先生にバトンタッチをして午後の部が始まりました。

が、今日はここまで。
続きはまた明日~♪
[PR]
by nagiwi | 2007-05-28 01:55 | 奈良 | Comments(14)

天気予報によりますと

明日は朝から良いお天気だそうです☆

今日は朝から一日中雨。
それもシトシトじゃなくて、ジャ~ジャ~ですが
この雨も西から上がってきてるそうで、

明日の
「飛鳥まるごと周遊ウォーク」は

お天気バッチリとなりそう。

受付は8時30分、飛鳥駅前で始まります。

私も久しぶりの飛鳥で、ワクワク。

学友の皆さん、
明日お目にかかるのを楽しみにしています!
[PR]
by nagiwi | 2007-05-25 17:22 | 奈良 | Comments(2)

京都相国寺で

開基足利義満600年記念として
「若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会」
開催されてるのを見に行ってきました。

相国寺は、相国寺は臨済宗相国寺派の本山で、
相国寺派には金閣寺・銀閣寺などが含まれてます。
d0007913_21461848.jpg

すごく立派なお寺ですね~。

江戸時代、京都錦小路の青物問屋の息子に生まれた若冲は、
絵を描くことにしか興味を示さなかった人で、
家督を早々と弟に譲り、80歳までの一生を絵を描くことに専念したそうです。
彼は相国寺の大典禅師と深く交流し、
相国寺に釈迦三尊増と動植綵絵を寄贈しました。
動植綵絵はその後宮内庁に献上されましたが、今回120年ぶりに里帰りしたんですね。
館内には、金閣寺にある若冲の描いた障壁画も展示されていました。

今日は爽やかないいお天気で、それはもう沢山の人出・・・

若冲は奇想の画家と呼ばれてますが
どの絵もそれはもう強烈な迫力があって、見るものを激しくひきつけ、動けなくさせます。
じっと見てると、頭がかっと熱くなり、なんだか汗ばむよう。
それでも、絵の前に立ちつくしてると、過呼吸になるかと思うほど・・・
色鮮やかで精密な様々の植物や花々
鶏に代表される恐ろしいほど緻密な鳥たち、鳳凰、虫、魚、雪
墨で描かれた障壁画の、水墨画なのに感じられるなんともいえない色彩感。
画面から飛び出しそうな鶴や芭蕉の葉。

それらが言い尽くせないほどの力で迫ってきて
素晴らしいものを見せて貰った一日になりました。

相国寺は同志社大学のすぐ傍にあるので、ランチは同志社大学寒梅館のレストランで。
ちなみに、私も35年前はここの学生でした。
d0007913_21383551.jpg

寒梅館は元の学生会館・・・数年前に立て替えられてすごく綺麗になってます。
d0007913_2139394.jpg

昔の汚い、寒い学生会館を知ってる私としては、なんだかウソみたい(笑)。
大学の周りもかなり変わりましたが、それでも、ところどころに昔の面影があって
懐かしかった・・・

近所には、有名な和菓子店も有ってその玄関先にはこんな面白い手水鉢。
d0007913_22181913.jpg

龍が水盤を抱えてるの。龍も喉が渇くらしいね(笑)

会期が終わりに近づくともっと混雑するから早めに、と薦められて行ったんですが、
大正解。

今の私は充足感で一杯です。
[PR]
by nagiwi | 2007-05-21 22:22 | 雑記 | Comments(14)

奈良大通信が

うちにも来てました。

卒業生の中から同窓会を作ろうと言う動きがあるとか。
第一期生の誇り云々とありました・・・うう、第一期生って言う響き、良いわねえ(笑)。
何とか早いとこ、同窓会にもぐりこみたいものですわ・・・って
それにはまずレポートでしょ(汗)

で、科目履修生は21名。

これは、多いのかな?少ないのかな?
[PR]
by nagiwi | 2007-05-10 22:03 | 学校 | Comments(4)

5月の風

目が回るほど忙しい日が続いて、すっかりご無沙汰してしまいました。

連休中に次男一家が孫と一緒に帰省したので、
久しぶりに庭でバーベキューをしたり、孫と一緒に遊んだり、お風呂に入ったり。
楽しく過ごしたんですが、帰った後が・・・
夫と二人でがっくりしてしまいました。

そのあとちょっと実家に帰ったり、
結婚式をするホテルのウエディング・フェアに行って。

目まぐるしく動き回ってあっという間に時間が過ぎました。
なんだか、すごく疲れた~。

先日から読んでた歴史文学論のテキストをどこかに置き忘れたようで、
ゆうべ、大騒ぎをして探し回ってしまいました。
やっと見つけて、今ほっとしてるところです。

折角読んだ内容もどこかへ抜けてしまった・・・
もう一度読み直さねば。
ああ~あ。

しかし、今年が忙しくなるのは分かってたとは言え、
ここまでとは。

改めて、
博物館学芸員の受講を来年に延ばしておいてよかった、と
胸を撫で下ろしてます。

卒業できるか、すご~く不安(涙)


実家に咲き始めたバラの花。
いい色ですね☆
d0007913_10174236.jpg

[PR]
by nagiwi | 2007-05-07 10:18 | 雑記 | Comments(9)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi
プロフィールを見る
画像一覧