<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

正倉院展に行きました☆

先週から始まっている恒例の正倉院展に行ってきました。
今年の展示は地味だ、という話も聞いたので、
もしかしたら空いてるかも、という淡い期待を抱いていたのですが、
その期待はもろくも打ち砕かれ
12時過ぎにこの行列・・・ずら~っと並んでます(涙)
d0007913_027415.jpg

こりゃあかん、2時過ぎ迄待ったら少しはましになるだろう、
それまで時間を潰そうと、喫茶店を探したんですがどこも満員。
そこで、春日大社神苑のほうへブラブラ歩きがてら行きました。
10月末だというのに汗ばむほどの陽気ですが、
公園の南京ハゼは色づき始めてます。
d0007913_0304976.jpg

神苑の入り口横の「荷茶屋」でアイスクリームを食べて一服。
d0007913_0361725.jpg


東大寺辺りのレストランや喫茶店が満員でも、ここまで来ると大丈夫です☆

2時ごろに博物館に戻ったら、流石に行列は無かったですが
入ってみたら、結構混雑してる・・・むむむ、もう少し遅めでも良かったかな。
今回は、聖武天皇ゆかりの品を中心に出展されてるそうで、
勅書銅版や御璽が押しまくってある国家珍宝帳にはじまって、
袈裟などの仏具、大仏開眼会に使われたものなどのほか
鞍や鐙など馬具が幾つか出てて、珍しいものが多かったですな。

国家珍宝帳には「藤原仲麻呂」の直筆サインがあって
その墨色が鮮やかなのに感動!
・・・・仲麻呂って字は上手くない、とは同行の友人の弁です(笑)

私的には、蘇芳で染めた犀角の刀子と、幡脚端飾がお気に入り~☆

出てくると、少し日差しも翳ってたんですが、面白いもの発見☆
博物館旧館の北側の松の枝の切り口に、南京ハゼが生えてます!!
d0007913_0593313.jpg

わかるかなあ?

2時でもまだまだ人は多かったので、
これからおいでになるご予定の皆さんにオススメは
午後3時以降かな。

おまけ
今日の私の着物
グレーのお召しに洒落袋帯。
この着物はかなり地味なので(死ぬまで着られるはず)(笑)、
帯揚げに朱、帯締めにも朱と緑を取り合わせて、ポイントにしました。
d0007913_121877.jpg


着物を着てトットと歩いたら、汗をかきました・・・・
[PR]
by nagiwi | 2006-10-31 01:06 | 博物館&資料館美術館 | Comments(14)

45円☆

昨日製本した正副2冊のファイル、
間違いがあろうがなかろうが知ったことか、と思い切って
見直さずに送ることにしました。

ここで問題は

ゆずさん流に2つの封筒に分けるか、
みぴさん流の透明封筒か、
ですよね、う~ん。

透明封筒は手軽で良いなあと
100均へ探しにいったんですが、見つからなかった・・・・・

で、
普通のA4の封筒に2冊を入れて、レポート送付用の奈良大の封筒を貼り付け、
中身が見えるように一部をチョキンと切って
「第4種郵便でお願いします」と言ったら、

45円でした。
安上がり~♪

みぴさんより安いのは、私のほうが軽いせいかな~。

まさか
中身が薄いから・・・・じゃないよね???
[PR]
by nagiwi | 2006-10-19 14:55 | 学校 | Comments(9)

ぎゃッ、二時だ!

ファイル完了しました。

明日はもう見直さずに、出すぞ!

って言うか、はよ寝よ~。zzzzzzZZZZZZ
[PR]
by nagiwi | 2006-10-19 02:03 | 学校 | Comments(6)

ふむ・・・・

とりあえず出来上がったので、
最終チェックのためプリントアウトして読んでみたら、

さら~っと読めた・・・・

先行研究を浅くなぞっただけやん、という気はするけど、それなりに出来てるよ、うん。

てにおはや句読点を直したら出せるわ~。

明日、もう一度注や図表を含めてチェックして、
あさってには出そうかな、と。

間に合いそう~☆
[PR]
by nagiwi | 2006-10-18 00:22 | 学校 | Comments(8)

厄日?

昨日かるほさんのブログに
卒論の枚数を間違えてた、と書いてあるのを読んで
「たいへんやなあ・・・・・」と思いつつ
自分の卒論の手直しに勤しんでた私。

夜中にちょっと一服のつもりがうたた寝してしまって。
結構捗ったし、いっそもう寝てしまおうと

寝ぼけ眼でPCを消したんです・・・・

!!保存しないで!!

モニターにはちゃんと「保存しますか?」って出たのに、
「いいえ」をクリックした。

?????な、何故だ?????

ボケてたとしか思えん。

本文の手直しをして、注をきちんとつけて、表も増やしたのに。
本文はまだ直すとしても、とりあえず提出できる形式は出来たと思ったのに。
あ~あ~あ~。
昨日一日が水の泡やん。

昨日って、厄日やったのかなあ・・・・
[PR]
by nagiwi | 2006-10-16 11:45 | 学校 | Comments(10)

はふ~。

何度も書いては直しを繰り返してたんですが、
強引に結論に持ち込んで
なんとか形になりました<卒論草稿

読み直してみると、足らないところだらけで、
先生のチェックが入るところは想像がつくのが辛いなあ。

頭の中にある時は、それなりにイケテルんじゃないかと思うのに、
言葉にして書いてみると説得力がなくて、いかにも弱い。
これはまだ草稿だし・・・・・と思いつつ、
期限ギリギリまで手を入れようと思います。

諦めが悪いんですよね、私。
[PR]
by nagiwi | 2006-10-13 00:00 | 学校 | Comments(8)

一人じゃないって~♪

素敵なことね~♪と言う歌が昔ありましたが
なんだかそんな気分です☆

いや、実は昨日かるほさんから
「図書館でなぎさんが使えそうな本見つけたよ~」
ってメールを貰ったんですよ~♪
いや~、実に嬉しかったなあ。

通信制だと、何をするのも自分ひとりって言う感じが結構しんどくて。
だから、このブログもそれを解消するため、って意味もあるんですよね。

で、そのブログのお陰で知り合ったかるほさんが、
自分の卒論勉強をしてるときに
私のことを思い出して心配してくれる。

☆これは嬉しいです☆
まさに♪一人じゃないって~素敵なことね~♪ですよ~ん。

ん??年が分かる??(笑)

かるほさんに教えて貰った本は既に持ってたんですが、
かるほさんに励まされてもうひと頑張りしようと
今日は私が図書館に行ってきました。

よさげな先行研究をコピーして
ご機嫌で自転車をこいでたら、ふっとスバラシイ思い付きが降臨した・・・ような気が。
使えるかどうか、とりあえずメモって後で検討しよう!
[PR]
by nagiwi | 2006-10-06 21:34 | 学校 | Comments(6)

10月になりました。

卒論草稿をシコシコ書いていたらなんだか行き詰ってしまって。
大学の先生をしてる義妹に、「卒論が書けないの~」とSOS。

彼女からのアドヴァイスが結構良い感じなので、ご紹介します。

◇先行論文はここ10年ぐらいを中心に整理する。
 それを見ているうちに古くても重要な論文は何かわかってくるし、論点もわかってきます。
 やみくもに扱っていても混乱するので、興味や疑問がわいたところにしぼって
 あとは知らないふりをする…(苦笑) 
 研究史の整理は大事です。

◇とりあえず気がついたこと、感じたこと、疑問に思ったこと、なんでも箇条書きにして、
 それをじっとにらんでいると、やがていくつかのグループに分けられることに気がつきます。
 それらのグループをもとに構成を考える。
 だいたいグループ分けができたら、目次を考える。
 この目次ができたら、論文の半分はできたも同じ、と冗談のような本気のようなことは
 よくいわれます。
 この際、「はじめに」(すなわち問題の所在)と、「おわりに」(結論)は必要ですが、
 起承転結だの、序破急だのはこの段階で意識する必要は全くない。
 (場合によっては最後まで必要ではない) 
 要は構成さえある程度できれば、それにそってなんとかなっていくものかと思います。
 大事なことは、それにそわないことは思い切って捨てること。
 ときどき我ながら捨てがたい思いつきがあったりするのですが、
 それをむりやりどこかにあてはめようとすると収拾がつかなくなるおそれあり。

◇自分で「なぜ」という問いをたてて、それに対する答えを見つけるのが論文です。
 最初の問題意識がはっきりしていれば結論は書いているうちにできてくることも多いので、
 とりあえずなんでもいいから、どこからでもいいから書くべきですが、
 その際にさきほどの大枠の目次を念頭に置ければ、らくです。


なるほどなあ、と読んでて、
私の行き詰まりの原因は、
構成に沿わないものを捨てることが出来ないため、どんどん散漫になって行ってるところだ、と気が付きました。
後、先行研究の具合の悪いところって、知らん振りしていいんだ、って聞いて安心した~(笑)

ヤッパリ本職のアドヴァイスは的確ですね。
もっと早くにSOSを出したら良かったんですが、私にも一応プライドというヤツが(笑)

今年提出予定の皆さんには、今更、と言う感じでしょうけど、、
来年以降に書く予定の方には、とっても役立つアドヴァイスだと思います。
[PR]
by nagiwi | 2006-10-01 21:25 | 学校 | Comments(12)