カテゴリ:奈良( 87 )

紅葉はまだ・・・・

奈良に住んでるけど、どこにも行ったことがない、と言うお友達と一緒に、
良いお天気に誘われて奈良公園にを少し歩いてきました。

奈良女子大の学食でランチ~転害門~戒壇院~二月堂
のコースです。

奈良女子大の学食は平日しかやってませんが、ビュッフェ形式でお支払いは重さで計算。
d0007913_12351462.jpg
品数も多くて美味しかったです~♪

戒壇院に久しぶりに入ったら、栴檀の実が鈴なりでした。
d0007913_12363822.jpg

木の根元のワニのような物は栴檀の木の根!
5月には美しい紫の花を咲かせるそうです。

大仏池の周りのイチョウはまだ青いままでしたが。
d0007913_12395286.jpg

この景色、素敵です~。

転害門、正倉院、法華堂、と奈良時代の建造物を三つ見てきました。

最近の奈良公園は外国からのお客さまでいつも混雑してますが、
このルートは人がほとんどいなくて、いかにも奈良らしくて。

お友達も喜んでくれました☆
[PR]
by nagiwi | 2015-10-18 12:42 | 奈良 | Comments(0)

秋の気配

今年は秋の訪れが早いようで、朝夕はめっきり涼しく、夜中は肌寒さを感じるほど。
各地で豪雨と水害の被害が激しいようですね。
お見舞い申し上げます。

そんな一日、奈良国立博物館で行われている「白鳳 花ひらく仏教美術」を見てきました。
奈良公園では、もう角を切られた牡鹿が松の木に頭をすりつけてました。
マーキングかな?
それとも頭がかゆい?
d0007913_17153438.jpg
この日は良いお天気で、博物館もそこそこの人出。
それでも正倉院展に比べたら、見やすい見やすい!
それに、私、博物館パスポートを持ってて☆うっふん、お得です~☆

奈良国立博物館は平成27年に開館120年を迎えるそうで、これを記念して白鳳美術を取り上げたそうです。
1895年に奈良帝室博物館として開館し、森鴎外が一時館長を務めたこともありますが、1952年に奈良国立博物館となりました。

今回の白鳳展ですが、おなじみの仏様がずらりと揃っておられて、仏像はやっぱり白鳳時代だわ、と思っている私には至福の時間!
野中寺の弥勒菩薩や東京博物館から出品された法隆寺の金銅仏の数々、
また東京深大寺の釈迦如来さま、鳥取、滋賀などからお出ましの諸仏など、
お目にかかる機会の少ない皆様を拝して満足感一杯でした。

が、今回の目玉(失礼!)はやっぱり薬師寺の月光菩薩と法隆寺の聖観音(夢違観音)でしょうね。
どちらも見慣れたお姿ですが、やっぱり綺麗だわ~~♪
特に月光菩薩は光背もないお姿で見られるのは珍しい!
やっぱり圧倒的な迫力です☆
そして、お肌の美しいこと!
これは鋳造の技術の素晴らしさと保存状態の良さの両方から来てるんでしょうが、
他の金銅仏とは肌のつやが違います☆
白鳳時代は金銅仏が隆盛を極めた時代ですし、法隆寺も薬師寺もその時代の頂点のお寺で。
そのお陰でこんなに美しい仏像が出来上がったんでしょうね~。
いや~~、改めてその美しさにときめいてしまいましたわ!

そして今回もう一つ感動したのは、橘夫人念持仏の厨子の床と後屏☆
(いや、念持仏も素晴らしいんですよ、もちろん)(汗)
でも、この床には、精緻な蓮池が彫り込まれてるんですが、そのデザインがまあ、素晴らしいの一言!
この模様は、法隆寺の大宝蔵院の中庭に瓦で再現されてて、行く度にいつも、良いなあ、と思ってたのですが、
今回そのオリジナルをまざまざと拝見し、余りの素晴らしさに息を飲みました。
また、後屏には菩薩が華麗に浮彫で表されていて。
高貴な女人の念持仏を入れる厨子って、ここまで流麗で美しいものだったのだなあ、と
再認識しましたわ。

その他、美しい鎮檀具や舎利容器など、心ときめく品々を眺めて、大満足でした☆
これは八窓庵の有るお庭。
まだ緑に包まれてますが、正倉院展のころにはそろそろ紅葉が始まりかけるでしょう・・・・・
d0007913_17161657.jpg



その週末には弟の参加している声楽交友会ベルカントの演奏会が、なら百年会館で有りました。
最高齢は89歳の女性。
その方のソプラノの美しいこと!
年を取ることは美しいことです・・・・・・
そして、弟の歌が毎回少しづつですが向上してるのが嬉しく、有難いことでした。
d0007913_17164447.jpg

[PR]
by nagiwi | 2015-09-16 17:13 | 奈良 | Comments(0)

田原の里


英会話の授業の後、先生が太安万侶の墓のある田原の里に連れて行って下さることになりました。

ナニをするにしても、まずは腹ごしらえ(笑)
白豪寺にある「花」http://www.hana-nara.com/top.htmlへ。
ここは昔 法蓮にあった「はちみつ」と言うお店でしたが、こちらに移転してもう数年たつでしょうか、塩麹と野菜、雑穀のお店で、いつ来てもお客さんでいっぱい。
今日のお料理は「花盆ミニコース」1850円
d0007913_11570714.jpg
相変わらず素敵な器に手の込んだお料理が綺麗な盛り付けられ、紫陽花の花も添えられてます☆

デザートの後先生の運転で田原の里へ。

太安万侶の墓に行くのは何年ブリでしょ~、35年はたってるわね~(汗)
稗田阿礼とともに古事記を編纂した太安万侶ですが、
私にとっては、このお墓が見つかるまでは、
お話の中の人、歴史の教科書で名前は見てもその実在を感じたことがなかったんですが、
お墓が発掘され、墓誌が発見されたことで、一挙に「本物の人」として感じられるようになりました!
それも遠い昔のことで(汗)現地説明会の日、長い長い列になって田原の里を歩いたことだけをぼんやり思い出します・・・・あれ以来一度も来てなかったんですよ・・・・・

なにしろ、田原の里は、遠い!
って言うか、バスの便、悪すぎ!
バス停からまだ歩くし!

だから、先生に連れて行ってもらえるのはほんとに嬉しい~~~~♪

白豪寺から30分足らず、到着。
道の横には綺麗なトイレも整備されていました。
が、人っ子ひとりいません(汗)

車を道路横に置いて、急な坂を登ると、心を洗われるような素敵な景色~
d0007913_12175489.jpg
梅雨とは言ってもこの日はちょうど良い曇り空で、風が心地よく、田原の里は美しい☆
d0007913_12191627.jpg
ここの茶畑でお茶の木の植え直しをしようとしていた方が、お墓を発見されたんですよね~。
d0007913_12211222.jpg
ちゃんと墓誌まで入ってて、太安万侶墓って断定出来たんだから、すごい!
その間の経緯はこちらをどうぞ。
http://www.pref.nara.jp/miryoku/aruku/kikimanyo/column/c12/

近年、河瀬直美さんの映画「の森」の撮影場所として有名になり、
外人観光客に「撮影場所に行きたい」と指定されることもあるそうですが、
この日は観光客の姿はおろか、車一台見かけることはなく
久しぶりの田原の里は、あくまで静かで美しく、心穏やかになりました☆

先生、ありがとうございました☆

おまけ
あじさいかりんと
矢田寺参道横で売ってたそうです。
d0007913_12291346.jpg
d0007913_12284884.jpg
カリカリ、サクサクでした。






[PR]
by nagiwi | 2015-07-06 12:31 | 奈良 | Comments(0)

♪小鹿のバンビ~は~可愛いな~♪

奈良公園は、今、鹿の出産シーズン!

鹿は毎年5月から7月に出産を迎えるんですが、鹿の母子を保護し、人とのトラブルを避けるため
4月ごろから母鹿を鹿苑に保護。
そこで産まれたお母さん鹿と赤ちゃん鹿を、6月中、鹿苑で特別に見ることができます☆
子鹿公開
日時 6月1日~30日
時間 11時から2時まで
料金 一般 300円 高校生以下 無料

小鹿を孫娘たちに見せようと、14日の日曜日、息子一家と一緒に行ってきました。
d0007913_20191820.jpg

曇りがちの日でしたが、暑くなくて歩くのにはぴったり!
浮御堂が綺麗です☆

飛火野から鷺道を行こうとしたんですが、鹿苑の工事中とかで通れず、
春日大社の参道から向かいました。

d0007913_20213041.jpg
おお~~一杯居ますね~
d0007913_20221445.jpg
鹿の授乳は朝夕二回~三回らしいですが、この子はお腹が減ってるのかな?
d0007913_20233129.jpg
パラソルの下で小鹿たちが固まってお昼寝です。
産まれたばかりの小鹿は、一日中寝てるらしい。
人間の赤ちゃんも同じですね~、寝る子は育つ!
d0007913_202567.jpg
この子は前日生まれたばかりだとか。
ほんとに小さいい!!
産まれたばかりの時は毛色が黒くて、時間がたつと綺麗な栗色になるらしい。
d0007913_202736.jpg
鹿保護施設の中。
公開中の鹿だけでなく、この向こうにまだ沢山の親子鹿がいました。
フェンスのこちらからドングリをやったりちょっと撫でてみたり、孫娘たちは、結構楽しんでました~。

このあと、昼食を取ってから春日大社に向かいました。
剣先道の藤にぶら下がる孫娘(汗)
d0007913_20311785.jpg
罰があたりませんように…・

そして、春日大社を横目に見て若草山へ!(劇汗)
東大寺に行って柱の穴をくぐろうよ、あれくぐると賢くなるのよ、と必死で言いきかせたにもかかわらず、
孫娘のご注文は、
「若草山に登りたい!」(汗)(汗)(汗)
やむなく、久しぶりに登ってまいりました<若草山
思いかえすと・・・・一体、いつ以来だ?
一重目までは階段が整備されてたので、なんとか登って、茶店で一服。
二歳の孫娘とおやつを食べてる間に、5歳児とその両親は三重目まで登りました・・・・・
幸い、二歳児は動くの嫌い、お喋りとおやつが大好きな子なので、助かりましたが、
はあ、しんどかった~~(笑)

二の鳥居まで戻って、息子たちは車で、私はバスで帰途に着きました。

これは息子が車を取りに行くのを待ってる間に、5歳児と一緒に見た「パラサイト・ツリー」(笑)
d0007913_2044688.jpg

お旅所から少し西に行った所にあるムクロジの大木ですが、中が空洞になってるのか、
中心部に竹が生えてます!
今はムクロジの葉が茂ってるので分かりにくいですが、
葉が落ちた時期にみると傑作~。
中がどうなってるのか、見てみたい!!
[PR]
by nagiwi | 2015-06-17 20:48 | 奈良 | Comments(2)

奈良をウロウロ

一月15日、16日と、奈良と飛鳥をウロウロしてきました。
勿論、かるほさんに連れて行ってもらったのです、はい。
例年なら奈良検定が終わったその足で行くんですが、
今回私は試験が終わった日には新幹線に乗る予定だったので、15日にしてもらったんです。
そしたら、この日は雨!
かるほさんとどこかに出かけて雨なんてすご~~く珍しい・・・・
まあ、この日は、西大寺の大茶盛に行ったあと西の京をウロウロするという、
いわば慣れたコースなので雨はそれほどの問題ではありません。
が、しかし、一つ大きな忘れ物をしてきました・・・カメラも持ってなかったし、スマホの充電器も忘れた(汗)

と言う訳で、今回はほぼ写真なしです・・・・特に16日はスマホの電源が切れかかってたので・・・・・

西大寺のお茶盛は、大昔に行ったきりなんで記憶もおぼろげですが、
確か昔は成人式の後に行くと無料だったので、振り袖の人が多くて華やかだったような。
・・・・へそ曲がりだった若い日の私は、成人式にも行かなかったんだけど~。

大茶盛は、鎌倉時代、叡尊(西大寺中興の祖ですね)が、修正会の結願に際して
西大寺の鎮守社で人々にお茶をふるまったことに始まりました。
ってことは、この時期がオリジナルってことですね(今は、春にも秋にもやってます~)
お茶は広間でふるまわれますが、しつらえはこんな感じ。
赤い毛氈と松に白い雪、クリスマスみたい~~♪
d0007913_23501759.jpg

どでかいお棚に飾られたお道具。
お正月なので、お棚にはしめ縄が張ってあります。
d0007913_23510121.jpg

勿論、お茶碗も、茶筅も、棗も大きくて重そう!
お手前はお坊さんがなさるんですが、そりゃ、か弱い女の細うでであのお茶筅を振り回すのは無理なんじゃないかしら・・・今の私なら出来るかも?(笑)
それでも昔よりは小ぶりになった感じのお茶碗で、美味しくいただきました~♪
その後、西大寺の鎮守社に行き、試みの大仏殿、喜光寺へ。
ここでかるほさんは写経をされたので、その間に私は境内をウロウロ。
これは秘仏の「宇賀神さん」のお社でこの日は開帳されてました。
d0007913_23514527.jpg
雨がしとしと降り続くなか、垂仁天皇陵の西側の道を行き
(一度も行ったことがなかったので行ってみたんですが、あんまりお勧めは出来ません。
最後は古墳の縁をよじ登った感じでした)(笑)
唐招提寺を素通りして、薬師寺から休丘八幡宮へ行きました。
ほら、人の来ないマイナーなところが好きなんですよ、私たち(笑)
d0007913_23522461.jpg
ここ、あんまり来ませんよね~。
でも、春には参道の桜がほんとに綺麗に咲くんですよ。

で、この日のお泊りは、飛鳥稲淵の祝戸荘。
ここは各客室にそれぞれ飛鳥ゆかりの人の名前が付いてて、私たちが泊まったのは、浄御原の館の「大津」お隣は「草壁」でした・・・・これって、なんか悪い冗談?(笑)
お夕食はこんな感じ!
d0007913_23532371.jpg
万葉あすか葉盛御膳(古代食)だそうで、ご飯は古代米でしたよ☆
d0007913_23540455.jpg

この日の泊り客は私たちだけだったそうです…・

さて16日、雨もすっかりあがって、飛鳥をウロウロするのに何の問題もありません。
この日はかるほさんの提案で、飛鳥の廃寺を色々回ろう!と言うことになってて。
しかも、益田の磐船と吉備池廃寺も行くというものすご~~い、長距離コースなので、
アシスト付きの自転車を石舞台で借りることになりました。

まず最初は坂田寺跡。
もとは飛鳥五大寺の一つだったというこのお寺は鞍作り鳥が建てたとも言われていますが、今は完全に何にもありません。
ここはお泊りした祝戸荘と谷を挟んだ対岸にあって、以前、水野先生に連れてきていただきました…・
スクーリングだったか、飛鳥ウオークだったかしら・・・・

雨の後の道を歩いて石舞台に行き、電動アシスト自転車を借りたんですが、これが怖いのなんの!
毎日自転車に乗ってるので、いつもの調子で乗ろうとしたら、
ぎゃ~~~~!!
なによ、これ!!
いつものママチャリと大きさが違うし、ハンドルがフラットだし、一足踏んだだけで、さ~~~っと走りだすし、
怖い~~~~
しかも、年のせいで(元々か?)運動神経が鈍ってるので、スピードにも操作にもなかなか慣れない~~。

と言いつつ、まず金鳥塚へ。
ここは家型古墳が外からみられるんですが、昨年発掘調査され「日本のピラミッドだ!」と言われて有名になりました。
石舞台からここへの道ってすごい坂だし、アシストで良かったかな、と少し思いだしながら、
かるほさんの後を追って、飛鳥川の西の自転車道をヨタヨタと下って橘寺へ。
うわ~~、この道初めてかなあ?などと思いながら
苺のハウスの横を走ってると、不意にこの道を歩いた記憶がよみがえって来ました。
正確には、
「ここでみぴさんがハウスのおばさんから苺を買って、わたし、その苺をもらって食べた!」
という記憶なんですが(笑)
苺を食べなかったら思いださなかったかも(笑)

橘寺と川原寺跡を素通りして(この辺りはメジャーですもんね、いつでも来れるし)(笑)
聖徳太子が飛鳥に建立したお寺の一つ、定林寺跡へ。
ここは水野先生に連れて来ていただいたのを覚えてます~、だけど、道は分かんない(汗)
私の記憶では、細い道を入って、どえらい急坂を登ったような気がしたんですが、今回は広い道からいきなりそのものすごい急な坂へ。
かるほさんはアシストの力を信じて一気に登りましたが、私は、あまりに怖くて押して登りました(笑)
先生とご一緒した時は鬱蒼と茂った中に土檀があったんですが、あたりは綺麗に切り払われ、見晴らしも良くなってました。

この前日のニュースで、飛鳥小山田遺跡で舒明天皇滑谷岡陵が発掘された!とやってたんですが、
この小山田遺跡は飛鳥養護学校の中。
丁度通り道なので養護学校に寄ってみたら、門前に橿考研の人がおられて「学校なので入れません。」
と言って資料をくださいました☆
発掘されたのは、一辺50メートル以上の方墳で、石舞台古墳を超える国内最大級の方墳だそうです。
で、このあと菖蒲池古墳に行ったら、菖蒲池古墳ってこの小山田遺跡のちょうどお隣になるんですよ~。
橿原市と飛鳥村に行政区が分かれてるからとなりって言う感じがしなかったですが、関係があるのかも知れませんね。
そしてこの菖蒲池古墳もやっぱり水野先生とご一緒しました。
飛鳥には水野先生の思い出が一杯です。

道なりに岡寺駅まで走って(この辺りまで来るとアシストにもずいぶん慣れて、めっちゃ快適になりました~~早くて楽チンだわ~~~)益田の磐船を目指します。
磐船は飛鳥から離れてるので、話には聞くけどいったことがありません・・・・アシストじゃなかったら絶対行かなかったと思います!
孝元天皇軽境原宮跡と言う石柱を見て、孝元天皇が祭神の牟佐坐神社により、益田の磐船へ。

これがまた幹線道路沿いにいきなりこんもりした丘があったんですが・・・・
かるほさんから「磐船は道なき道を登るから歩ける靴を履いてくるように!」と言われてたんですが、
その助言は大正解で、急な石段が終わったと思ったら道が細くなり、え~~?どこ~~~?
みたいな道を数分歩くと眼前に巨石が!
しかも、これ、ほんまに巨石!!
しかもその上部には、人工的かつ幾何学的な穴が二つ!
周りには何とも知れぬ刻み目が・・・・
天文台だったとか、古墳の石室を作ろうとしたけど割れ目が入って捨て置かれたとか、
いろんな説があるようです…・
いや~~、ほんまに謎の巨石でしたわ~~~

ここから岡寺駅に戻ろうとしたら、行きよりずっと早く戻れてややビックリ…・どうも行きは相当遠回りしたみたいです・・・アシストだったから平気でしたわ(笑)

岡寺近くノ「サロンあい」ででおひるごはん。
d0007913_23543808.jpg
ものすご~~いボリュームでしょ!
アシストだからあんまりエネルギーを消費してないのにな~~と思いつつ、全部平らげたのは言うまでもありません(笑)

さすが電動自転車、思ったよりずっと時間が稼げてるので、次は本薬師寺跡です。

今の薬師寺の前身にあたり、天武天皇が皇后(のちの持統天皇ですね)の病気平癒のため建立に着手したけど、完成しないうちに崩御したので、持統天皇がその遺志を継いで完成させたとか。
平城遷都に伴って寺は伽藍ごと西の京へ移築されたとも、別々に造られたとも言われてますね。
現在この跡地には、金堂の礎石や東西両塔の上壇、塔の心礎などが沢山残ってました。
そして、畝傍山がみごとに望めて、天武天皇がこの地を選んだ理由が分かる気がしました。

このあと、藤原京跡を走って、奈文研につきあたり(笑)藤原京から出土した瓦なんかを沢山眺めて小休止、
紀寺跡、大官大寺跡 という説明板か石柱しかない、これぞ正統の廃寺跡って感じの(笑)廃寺跡を見て、
奥山久米寺跡へ。

奥山の集落の中で奥山久米寺を発見しました!
ここでは塔跡の上に見事な十三重の石塔があって、とっても良い感じでした~♪

次は廃寺の中の廃寺?(笑)
山田寺跡へ。
寺跡は広々としていて、往時の山田寺の見事さを偲ばせます。
ここへは確か昨年の夏来たんですが、その時は雑草が生い茂り「マムシに注意!」の立て看板が怖くて
中を歩きまわれなかったんですが
今回歩いてみて足元がジュクジュクと水分を含んでいるのにビックリ。
雨は上がって暫く経ってるのに、土檀の上でもジュクジュクだし。
多分、水分の多い地形なんでしょうね。
だから、あの回廊は残ったんだわ・・・とかるほさんと話しながら歩きまわりました☆

で、次は吉備池廃寺なんですが、この遺跡は、舒明天皇11年に造営が始まった百済大寺ではないかと言われてます。
これは地図で見ても結構遠いかったんですが、ありがたいことに、ず~~っと下り坂!
アシストのお世話になるまでもなく快調に下りっぱなしでした~♪

桜井の市内に入って少しうろつくと、なんだか工場の横に皿池が!
そして、目の前を鴨が飛んで行きます☆
いや~~~~、大津皇子と吉備池に鴨、って見事なコラボレーションじゃありませんか!
その大津皇子の
「ももづたふ 磐余の池に 鳴く鴨を 今日のみ見てや 雲隠りなむ」
の歌碑もありました・・・・・磐余の池はこの池じゃないんですけどね。
そして、大伯皇女の
「うつそみの 人なるわれや 明日よりは 二上山を いろせとわが見む」
の歌碑もあり、
時刻は丁度夕暮れ時、遠くにはその二上山が夕映えの中に・・・・・・。
d0007913_23551441.jpg


このまま終われば、何ともロマンティックだったんですが、私、変なものを発見しました…・
鴨の餌と思しき袋が池の岸にあったんです・・・・
あの鴨、多分、餌付けされてるんじゃないでしょうか・・・・・・
大津皇子と言えば、鴨ですもんね、やっぱり(笑)

この後桜井駅前でお茶して自転車を返し、かるほさんとお別れ。
このたびもまた、かるほさんのおかげで、楽しい旅ができました☆
次回またよろしくね、と別れたあとかるほさんから
「豊浦寺跡へ行くの忘れた」
と言うメールが来ました。

そこへは、次回、また連れて行ってね~~~!!
と言うことで、次の楽しみがまたできましたわ☆
あるほさん、ありがとね☆
[PR]
by nagiwi | 2015-02-24 23:48 | 奈良 | Comments(0)

山辺の道 黒塚古墳から箸墓まで

大学の先輩から、来月山辺の道をハイキングに行くのに道に迷いそうだ、と言う相談を受けたので、一緒に下見に行って来ました。
ルートは黒塚古墳から箸墓までという、一体どこで迷うのか不思議なくらいポピュラーなものなんですが…
先輩のなかには東京から来られる方もあるそうで、うっかり迷ったら何を言われるか分からないらしい(笑)
それに、考えてみればこのルートを歩くのって久しぶりかも、と言うわけで、行って来ました☆

待ち合わせはJR柳本駅前に午後一時。
d0007913_18494296.jpg

ここから黒塚古墳、長岳寺へと進みました。
d0007913_18494383.jpg
黒塚古墳では場所を確認して資料を頂き
d0007913_18494489.jpg
長岳寺は門前に立っただけ(汗)
d0007913_18494613.jpg
今日は下見だから、とのことでした。
普段なら、え〜入らへんの〜つまんない〜とブ〜タレるところですが、先輩のお供なのでガマン、ガマン(笑)

ここから行燈山古墳と櫛山古墳へ。
d0007913_18494776.jpg
櫛山古墳は双方中円墳です☆
d0007913_18494889.jpg

近くに万葉集の歌碑が。
玉かぎる 夕さり来れば さつ人の 弓月が岳に 霞たなびく 作者不詳

ここからはいかにも山辺の道らしい道が続いて、歩くのが楽しかった〜♪
曲がり角には道標がキチンと整備されて、あんまり迷う要素は感じられません…が、たしかに渋谷辺りはちょっとややこしいかも。
d0007913_18494825.jpg
渋谷公民館の横を入ると、渋谷向山古墳が見えてきました。
そして、渋谷向山古墳を過ぎて、そこここのコスモスを楽しみながらあるいていると、神籬、という道標が。
d0007913_1850023.jpg
これ何?と思いつつ右に少し折れて振り向くと、今通ってきた渋谷向山古墳が黄金の稲穂の海の向こうに見えました☆
このきせつならでは、の絶景です☆
d0007913_184949100.jpg
説明によると、このあたりの小字名が、神籬、だそうで、小さな石碑がたってました…
d0007913_18495029.jpg


つぎの目的地は、穴師坐兵主神社。
その手前から纒向一帯を見晴らせます。
d0007913_18495198.jpg
この神社は相撲神社という別名がありますが
d0007913_18495215.jpg
その名の通り、こんな石像が!
d0007913_18495331.jpg
げっ、こんなんあった?
d0007913_18495433.jpg
当麻毛速と野見宿禰が日本初の天覧相撲を取ったのがここだそうで
、それを記念して土俵と石像ができたそうです。
こんなになってるなんて、知らなかった〜
d0007913_18495521.jpg
神社を出たところ。
これなら私も見覚えが(笑)

ここから桧原神社へは、舗装された車道のしかもゆるい登り。
つまらん(笑)
車道が終わるところに、芙蓉の大きな木が!
d0007913_18495622.jpg
間も無く桧原神社に到着☆
d0007913_18495864.jpg
鳥居の間に二上山が見えました☆
ここで3時ぐらい。
d0007913_18495985.jpg
三鳥居ですね。

このあと、箸墓を見て巻向駅まで戻りました。
私としては、腹ごなしに丁度良い(笑)三時間ほどの行程でした。

先輩は細かく地点と時間をチェックされてて、当日のプランを決められたようです。
当日は、穴師坐兵主神社から巻向に下る人と、桧原神社まで行く人と、二手に分かれることになりそう。

この日は稲刈り前の田んぼが金色に輝いて、楽しかったです☆
[PR]
by nagiwi | 2014-10-14 15:05 | 奈良 | Comments(4)

夏の飛鳥路

台風一過のメチャ暑い飛鳥路に行ってきました!
と言っても今回は友人の運転する、く、る、ま、で、で〜す☆
二週間ほど前、この友人と同じ飛鳥路を同じく彼女の車でウロウロしたんですが、それがすごく良かったらしく、アンコールとなりました!
前回は、王道の飛鳥寺近辺を案内したので、今回はちょっとプロっぽく、まず岩屋山古墳へ。
って、どこがプロやねん、とかツッコまないでください(笑)
d0007913_20172036.jpg

友人は、前回石舞台に行ったので、石組みの違いがはっきり分かる、と。
しかし、この空の色、まるっきり夏空です(汗)
d0007913_20172132.jpg
でも、石室の中は涼しい。
ここから、天武持統合葬陵へは車ですぐです。
この陵が合葬陵と分かった経緯を偉そうに(笑)説明した後、駐車場に車を置いて鬼の雪隠へ。
d0007913_20172245.jpg

ものすごく暑い日だったにもかかわらず、青少年が自転車で来てました…御苦労さま(汗)
次に鬼の俎板を見て
d0007913_20172318.jpg

亀石まで歩き、ここでソフトクリームで栄養補給(笑)して、車まで戻りました。
この日の最高気温は32度とかいう話でしたが、飛鳥の暑さは都会の暑さと違い爽やかだ、とは友人の弁でした。
確かに空気が良いせいか、風が爽やかですよね。
でも、でも、しっかり暑かったけど〜!

ふと時間を見ると、もうお昼だったので
予約してあった「神籬」に急ぎました。
前回は結構早足で回ってお昼もそそくさと済ませたので、今回は美味しいものを食べたい、とのリクエストだったんです☆
御存知のように、神籬は飛鳥坐神社のそばにあって、ちょっと敷居が高そうに見え(笑)まだ入ったことがなくて。
飛鳥に来るときって、大抵埃まみれ、ですしね(笑)
中は予想に違わず美しく設えらえられており
d0007913_20172497.jpg
敷き紙は手書き
d0007913_20172551.jpg
床の間には違い棚
d0007913_20172575.jpg

期待は高まります!
そして、期待に違わず、これは縁高ですが、彩り鮮やか、お味バッチリ♪
d0007913_20172756.jpg

この茶碗蒸しは餡掛けになってて、その餡がお見事でしたわ〜ん。
d0007913_20172753.jpg


次はお刺身
d0007913_20172813.jpg
そして、天ぷら
d0007913_20172948.jpg

いや〜カリッとふわっと、美味しく揚がってました♪
トウモロコシの蒸し飯とじゅんさいのお澄まし
d0007913_20173099.jpg

デザートのパイナップルのシャーベットは竹の器入り☆
d0007913_20173358.jpg


このコースは確かナントカ弁当(汗)で3600円!
お値打ち感満載で、
京都なら最初の縁高と汁物とご飯でその値段やわ〜と、友人もいたくご満悦でした。

この後、橘寺へ行った後、稲淵の棚田へ回りました。
どちらからも、水を湛えた田んぼが幾重にも連なる景色が楽しめて、飛鳥の美しさが堪能できました!
稲淵の勧請縄を見た後、飛鳥川沿いにおりて、飛び石へ。
d0007913_20173188.jpg

ここに来るのは何十年ぶりかな…前回はまだ十代でした…その時は草や木が茂り放題で場所も石もあるのか無いのかわからなかった…
今はそれなりに整備され、歌碑もありました。
「明日香川 明日も渡らむ 石橋の 遠き心は 思ほえぬかも」 
d0007913_20173214.jpg

友人は、清らかな流れを見て、いにしえに思いを馳せ、とても感動してくれました☆
川沿いは道より気温も低く、川風が爽やか!
が、車に戻るとやっぱり暑く、石舞台まで戻ってかき氷を食べて体を冷やしました(笑)
で、かき氷を食べながら飛鳥の地図を眺めてると、
友人曰く、
岡寺って岡寺駅から凄く遠くない?
そうよ、そうなのよ!
しかも、参道が凄い急傾斜なの(T . T)
あ、でも、車なら大丈夫よね〜
と言うことで、岡寺に行きました(笑)
草壁皇子の岡宮あとに建立されたこのお寺では、日本最大の塑像に感動し、龍蓋池の大きさ、って言うか、小ささに驚き(笑)この日の日程を終了。
その後、友人から、次は斉明天皇陵に行きたい、と言うリクエストがあったので、どうやら私の飛鳥案内は成功だったみたい♪
飛鳥好きをまた一人増やせたようで、凄く嬉しい今日この頃です☆
[PR]
by nagiwi | 2014-07-13 09:03 | 奈良 | Comments(6)

法隆寺でアウティング

英会話のクラスのメンバーで、韓国からのツーリストに法隆寺を案内してきました。
って言うか、先生が案内されるのを横で見てた、と言うのが正しいんですが…

ツーリストは若い女性でしたが、好奇心と理解力と活力に満ち溢れた素晴らしい人で、とても楽しいアウティングになりました!

この日は法隆寺だけを案内する予定で、
時間に余裕があったので、いつもは駆け足で見る中門の仁王さまにゆっくりご挨拶(笑)。
d0007913_235413.jpg

奈良時代の塑像ですが、良いお顔ですね。

次に西円堂へ。
峰の薬師に行くのも割りに珍しい☆
修学旅行のシーズンらしくて、それなりに混雑してましたが、ここは人が少なくて良かった〜♪
d0007913_2354528.jpg


薬師如来を見たり、奉納された錐を見たあと、西円堂の周りを歩いていたら、基壇の上に小さいお堂が。
d0007913_235469.jpg


その扉開きますよ、と言われてあけてみると
d0007913_2354728.jpg

中にはお賓頭盧さまが鎮座しておられました!
d0007913_2354845.jpg


いや〜こんなところにお賓頭盧さまがあったなんて、知らんかったわ〜!

西円堂から下る石段。
ちょっと危ないけど、良い感じです
d0007913_2354936.jpg


このあと、普通に(笑)金堂や五重塔や講堂を案内し…宝蔵に入ったら、夢違観音はじめ地蔵菩薩などが静岡に出張中なのが判明(笑)しましたが、百済観音はちゃんとおられました。
ここで、韓国からのツーリストさんから
、百済観音は百済風じゃない、という指摘が。
百済の美意識はスリムより豊満にあるそうで
現存する仏像は総体にもっとふっくらしてるそうです!
なるほど〜☆

一つ一つ丁寧に案内したので、西院伽藍から出てきたら、もう二時!
お腹がペコペコだったので、先生オススメの柿うどんを食べることにしました。
法隆寺には何度も行ってますが、門前の松本屋というレストランにはいるのも、柿うどんもはじめて♪
柿のパウダーを練りこんだうどんはほんまの柿色だわ〜ん
d0007913_2354986.jpg
緑色はヘタのつもりだそうです(汗)
d0007913_23541092.jpg
暖かいうどんも柿色(笑)
普通のおうどんよりコクと甘みが感じられる、なかなか美味しいおうどんでした☆
ここでアレコレとおしゃべりに花を咲かせてて、ふと見ると、中学生らしい女の子達がソフトクリームを食べてて。
それも柿色だったので、私達も頂きました!
柿ソフト
d0007913_23541165.jpg

美味しかったです〜☆
次回からは法隆寺に来たら、このソフトをきっと食べよう、と心に決めて(笑)、散会しました。
[PR]
by nagiwi | 2014-06-25 22:45 | 奈良 | Comments(0)

仏隆寺の千年桜☆

数年前の春に宇陀をウダウダしたとき、又兵衛桜も大野寺も満開でしたが、仏隆寺だけは三分咲きで。
それ以来、あの桜の満開に会いたいものだ、と春になる度思っていました。
そしてその仏隆寺に、四月十七日、行って来ました!

一緒に行ったのは歩くのが嫌いな?苦手な? (笑)友人なので、榛原駅からタクシーで仏隆寺に行き、帰りは歩く、と言う計画です。
奈良盆地では、ソメイヨシノはほぼ散りはてて葉桜になり、八重桜が主流になりましたが、榛原あたりはあちこちにまだソメイヨシノが。
やっぱり山がちですもんね。
タクシーが細い道を登って行くと、新緑が美しく、そして仏隆寺では、千年桜と呼ばれるモチヅキ桜が満開♪
d0007913_11235774.jpg

奈良県三名段の一つに数えられる石段の中腹に咲き誇っていました☆
モチヅキ桜はエドヒガンとヤマザクラの亜種だそうで、県下最古の桜です!
d0007913_11235933.jpg


仏隆寺は室生寺の南門として建立されたそうで、堅恵の廟でも知られています。
階段の上のお寺の境内にはヤマザクラ、枝垂れ桜、そして樹齢400年の梨の木が満開♪
d0007913_112401.jpg

喧騒から離れた静かな山寺の佇まいに、友人はいたくこ満足でした☆

昼食は、友人が持って来てくれた、しおかぜ弁当!
d0007913_1124178.jpg

山門前にはこういう桜林があるので、散り始めた桜吹雪を楽しみながらいただきました♪
d0007913_1124283.jpg


ランチのあとは、腹ごなしに高井の千本杉までブラブラ歩いたんですが、殆ど人にも会わず、春の日差しとひいやりとした空気を存分に楽しみました。
写真を忘れましたが、高井の千本杉ってホントに素敵です…

このあと、私としては、東海道を榛原まで歩きたかったんですが、友人はソロソロ限界?(笑)
赤埴口のバス停までおりて、バスで帰りました。

この日はほぼ満開最後だったようで、夜からは雨になりました。
コースと日程のチョイスがバッチリだ、と友人から褒められてしまいましたわ☆
[PR]
by nagiwi | 2014-04-25 20:12 | 奈良 | Comments(2)

ソムリエ不合格記念テクテク(笑)

かるほさんとゆずさんとご一緒に、私のソムリエ不合格を記念して(?)葛下川あたりと法隆寺近辺をテクテクしてきました。

葛下川、と言うのは、今年のソムリエの400字問題のテーマの一つになっておりまして・・・・・
産まれてたからこの方60年以上、奈良県内に居住いたしておりますが、葛下川と言う名前の川は見たことも聞いたこともなく・・・・
ソムリエの試験でこの川の名前を見た時、ぎょえ~~、って感じになってしまったのでございました・・・・・
いえ、勿論、葛下川をテーマに選ぶ必要はがないのは重々承知しておりますが・・・
ここ何年かそれなりに奈良のことを学んでまいりましたのに、知らん川があるなんて(涙)
そのせいで平常心を失って、試験に落ちた・・・・・・なんてことはありませんが(笑)
しかし、是非ともその葛下川を一目見たい!
とかるほさんにお願いしてこの日のテクテクに連れて行って頂きました☆

桜の満開からは遅れてしまったのですが、この日はお天気も良く、気温も高すぎず、低すぎず、
テクテク日和となりました♪

JR三郷駅前に午前9時集合、久しぶりのゆずさんは以前にもましてお元気そう☆
まずは風鎮大祭で有名な龍田大社へ。
日本書紀に、流行した疫病や凶作、風水害を鎮める為に風の神を龍田に祀り、お祭りが行われたとの記述があるそうです。
d0007913_222167.jpg
鳥居の横には二基の灯篭がありますが、風の神を祭る神社らしく、廻船問屋の奉納のもの。
d0007913_2221741.jpg
境内は広くて、桜が終わったせいでしょうか人っ子ひとりいません…・
d0007913_222183.jpg
いくつかある摂社の鈴緒は匿名の信者さんの奉納によるものらしく、神社のお礼状が張ってありました☆
d0007913_2221929.jpg


ここから王寺町推奨の片岡の里コースを逆回りします。
これは普通の(?)お寺なんですが、広くて豪壮で、思わず写真をパチリとしました。
d0007913_22211095.jpg
これが、葛下川と大和川の合流地点!
普通の川です・・・・
d0007913_22211091.jpg
片岡馬坂陵・・・孝霊天皇陵です。
d0007913_22211121.jpg
孝霊天皇は箸墓に埋葬されてるとされる、倭迹迹日百襲媛命のお父さんで・・・かの有名な桃太郎(吉備津彦命)のお父さんでもあるらしい・・・・・
d0007913_22211232.jpg
欠史八代の1人。実在しない天皇っていわれてますね。
d0007913_22211421.jpg


この辺りは車も通らず、テクテクにはぴったりの道です~♪
d0007913_22211578.jpg


これは親殿神社
d0007913_22211644.jpg
室町時代のものらしいですが、シンとした神社です!
d0007913_22211785.jpg
境内の灯篭の恰好がまあるくて、なんとも可愛い☆
d0007913_22211865.jpg


次に片岡神社へ・・・・王子小学校のま裏にありました。
d0007913_22212047.jpg
ここは、次に訪れる放光寺の鎮守社だそうで、
d0007913_22212189.jpg

放光寺と言うのは、現在の王寺と言う地名の基になった片岡王寺があった場所に立ってるらしい。
d0007913_22212236.jpg
瓦に寺銘が入ってて
d0007913_22212326.jpg
趣のあるお寺ですが、王寺小学校に浸食されかけてました(笑)
d0007913_22212426.jpg


片岡と言う地名から連想するものと言えば、片岡飢人伝説。
これは、聖徳太子が道端で倒れてる人をみつけ、食べ物や着物を与えて、歌を詠んだ。
次の日見てみたらその人は死んでたので墓に封じさせたが、のちに墓を開けてみると屍はなく、衣がたたんでおいてあった。
その屍はきっと貴い人に違いない、と言うお話に、その人はだるま大師だったというお話がくっついて(?)
達磨寺が建立されたそうです・・・・

と言う訳で、放光寺のすぐそばの達磨寺に向かったら・・・・ゴミ収集車に聖徳太子の飼い犬雪丸ちゃんが付いててびっくり(笑)
d0007913_22212518.jpg

これが達磨寺
d0007913_22212596.jpg
この日はお祭りだったらしく、境内には幟が経ち、参拝者が沢山☆
d0007913_22212627.jpg
雪丸の石造!
d0007913_22212737.jpg
達磨大師の杖から生えた一夜竹、というものが生えてたり
d0007913_2221282.jpg

d0007913_22212981.jpg

重臣のお墓のそばには松永弾正のお墓もあり、
d0007913_2221293.jpg

そして、これが聖徳太子と達磨大師が問答したという問答石。
d0007913_22213189.jpg
本堂の基壇ギリギリだわ(汗)

このお寺にはいくつか古墳があるそうですが、一つは本堂の真下にあって、
これもその古墳。
d0007913_22213185.jpg
もう一つは石室が開いていて
d0007913_22213225.jpg
中に入れました☆
d0007913_2221334.jpg
本堂には仏舎利や舎利容器が展示されていて拝見できました☆
改修した時に埋納されていたのが見つかったそうです!
d0007913_22213442.jpg


この辺りで丁度お昼になったので、葛下川を眺めて歩いて
d0007913_22213523.jpg
王寺駅近くの「縁」と言うお店で中華ランチ!
d0007913_22213677.jpg
美味しかったです☆

心地よく満腹になって、さあ、午後の部の斑鳩の里にテクテクです~♪
王寺と斑鳩ってイメージの中では違う文化圏って感じだけど、実際には大和川にかかる橋を渡るだけ。
道なりにしばらく歩くともう三室山のふもとです。
三室山を少し登ると神岳神社。
d0007913_22213779.jpg
聖徳太子が三輪山の神を祀ったとかで、こう見ると三輪山と同じく山が御神体なのが分かりますね。
d0007913_22213839.jpg

三室山の桜はもう散り果てていましたが、山頂には能因法師の庵があったそうです。
d0007913_22213918.jpg
春には桜、秋には紅葉で有名で、麓にはこんな歌碑が。
d0007913_22214084.jpg
竜田川も近年はずいぶん整備に力を入れてます。
d0007913_22214197.jpg


さて、この後、春日社を捜索(笑)
何でもこの春日社は昔は坂戸社と言って、能の金剛流発祥の地だとか・・・
d0007913_2221424.jpg
え~、これは春日社ではなく、なんだっけ?滝谷神社?
d0007913_22214363.jpg
こちらがその春日社ですが、境内には「金剛流発祥の地」とかって碑もなく・・・・・なんんで?
とか言いながら次の龍田神社に着いたら、そこにありました!
金剛流発祥の地!!
(ちなみに、観世流は川西町結崎、宝生流は桜井茶臼山古墳そばの外山(とび)、金春流は興福寺北円堂そばに、それぞれ碑があります)
d0007913_22214341.jpg
龍田神社は、法隆寺の鎮守社として聖徳太子が建立したとか。
d0007913_22214460.jpg
境内には見事な巨木が青空に映えて。
d0007913_22214586.jpg
県指定天然記念物の、これまたでっかいソテツもあり
d0007913_22214699.jpg
来年のソムリエに出るかも?(笑)
d0007913_22214729.jpg


次は、ぽっくり寺として有名な吉田寺へ。
d0007913_2221487.jpg
ぽっくり寺という俗称からイメージしたのより、ずっと落ち着いたたたずまいの良いお寺でした☆
本堂の中には一人用の木魚が5,60個も並んでて、壮観でしたわ・・・・・お参りした人がこの前にずらっと並んで木魚を叩き、ぽっくり往生を祈るんでしょうね…・思わずお布施を勘定した罰当たりな私です(笑)
d0007913_22215050.jpg
多宝塔。
奈良県には珍しいですよね。

次の目的地は藤ノ木古墳ですが、その前に可愛い喫茶店を見つけて一休み☆
d0007913_22215197.jpg


藤ノ木古墳は法隆寺の境内にあったので盗掘を免れたのだとか。
中がのぞけるようになってます。
d0007913_22215237.jpg

なんてことない街並みに見えますが(汗)
d0007913_22215341.jpg
暫く来ない間に、この辺りに「歴史的町並み、西里」という名前が付いてた!
うわ、ソムリエ試験にでたら大変だわ(笑)
やっぱり時々歩かないとダメですね~。
d0007913_222154100.jpg


次に、ウォーナー塔へと進んだんですが、道沿いにこんな神社が。
名前も分からない神社ですけど、ちょっと心ひかれる?
d0007913_22215472.jpg


ウォーナー塔って、第二次世界大戦の時に京都や奈良に爆弾を落とさないようにと政府に働きかけた、ラングトン・ウォーナー博士の顕彰碑なんですが、これまで行ったことがなくて。
(ウォーナー博士恩人説には、色々反論もあるようで、本人もずっと否定されてたようです。)
かるほさんの先導で、法隆寺西門前の道をどんどん登って行きましたが、行けども行けども、何もなく。
道沿いに「マムシ注意」の立て札を発見して三人でワイワイ言ってたら、お散歩の男性に「どこへ行くの?」と聞かれ「ウォーナー塔」って答えたんですが・・・・・その方も御存知なく、「仏塚古墳のそば?」と聞かれてしまった(汗)
いや、そんな向こうじゃないはず…・と、その時ゆずさんが、「あ、それ、さっき見た!」と(にっこり)
少し戻って、無事発見しました☆
が、あまりにも分かりにくい所だわ・・・・・・
d0007913_22215519.jpg

奈良県内だと、安倍文殊院にもウォーナー供養塔があるとか。
う~~ん、どこだったかなあ・・・・・

法隆寺は入ると一日がかりになるから、この時間からだと拝観料がもったいないと言う理由でパスし(笑)
斑鳩大塚古墳へ。
この辺かな~とか言いながらどんどん歩くと、田んぼの中に古墳発見☆
d0007913_22215664.jpg
し、しかし、古墳の上には殉国碑が(汗)
d0007913_2221571.jpg
うみゅ~、古墳って、お墓なんですけど(汗)。
発掘調査で、割竹型木棺、銅鏡、甲冑類、鉄製刀剣、筒型銅器、石釧、管玉等が出土してるらしい。
d0007913_22215858.jpg
こっちから見るとちゃんとした古墳に見えます☆

ここから法隆寺駅に向かって歩くと途中に五百井伊弉冊命神社が。
d0007913_22215911.jpg
奥まってるけど、手入れの行き届いた神社です☆
d0007913_2222093.jpg
つぎに素盞鳴神社(牛頭神社)へ。
境内にはものすごく大きな木が何本かありますが、そろそろ寿命かも・・・・
d0007913_2222112.jpg
うむ・・・・・これって、もとは割拝殿だったんでしょうね???
あちこち歩いてると、小さい神社では、もともとの割拝殿にシャッターをつけたり、出入り口をrつけたりしてるのをよく見ますが、これもそう言う感じかな。

ここから法隆寺駅は目と鼻の先で、五時半に到着しました☆
午前9時から午後5時半まで、ゆったりのんびり歩いて、ぴったり目的地に付く、と言ういつもながらのかるほさんの神技のおかげで、何とも心地よい春の1日となりました!

かるほさん、ゆずさん、ありがとうございました☆

葛下川も見られたし、ほんと良かった~!
けど、なんで葛下川が出たのかは、やっぱりわからなかったわ・・・・なんでだ????
[PR]
by nagiwi | 2014-04-19 18:46 | 奈良 | Comments(2)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi
プロフィールを見る
画像一覧