お宮参り

1月に生まれた私のお姫様のお宮参りに行ってきました☆

少し早いんですが、息子のアフリカ行きが迫っていることもあって
今日、お嫁ちゃんの実家の近所の大阪天満宮へ行ってきました。
息子しか持ったことのない私は、赤ちゃんができると聞いた時、
女の子なら産着は私に作らせて、と頼んでありました。
今回はかあゆい女の子が生まれ、念願かなって産着を注文してあったんですが、
お宮参りが早くなって間に合うかひやひやものでした(笑)
なんとか金曜日の夜(!)出来上がって、今日の間に合いました!!

大阪天満宮へは夫も私も初めてだったんですが、
都会の中にもかかわらず、落ち着いたたたずまい
d0007913_21261036.jpg
境内にはお百度石があって、何人か、熱心にお参りしておられました。
d0007913_21261748.jpg
お姫ちゃまを抱っこさせてもらって、ご満悦のわ・た・し☆
この産着は、いわゆるお宮参りの模様とは違うんですが、白地に摺り友禅で個性的でしょう!
一反の生地を丸々使って仕立ててあるので、大人になっても着られるようにしました。
一つ紋の色無地は私の大好きな色で…産着を引き立ててると思います~♪
d0007913_21293813.jpg
無事にお宮参りを済ませて、近くの太閤園に移動し、お嫁ちゃんのご両親、息子一家、私たちで会食してきました。
お庭の見える素敵なお部屋。
d0007913_21381479.jpg
これは前菜。見事な器を使ってますね~。
d0007913_2140883.jpg
お味もよくて、どんどん箸が進みます!これは、アワビの男爵蒸しと、和風テーキ♪
d0007913_214258.jpg

たっぷりいただいて、楽しくおしゃべりした後、お庭を散策。
池に、大きな木や石を配した見事なお庭ですね。
d0007913_21422811.jpg


夫も私も、久しぶりに見る赤ちゃんがとっても丸々になったのにびっくり!
それに、もうもう、めちゃくちゃかわゆいのです(にっこり)

この世に二つとない宝物を抱っこさせてもらい、幸せに浸ってきました☆
[PR]
Commented by かるほ at 2009-02-08 00:44 x
よっ!正統派お宮参り♪
この産着って大人になっても着られるの?それは思い出になっていいもんですね。
(本人ちゃんには産着時代の記憶はないけど、写真には残っているし)

息子オンリーの母は、孫に娘が来ると舞い上がっちゃうって聞いてはいたけど、
まさになぎさんの現在がそんな感じ?(笑)
しかも世界で一番可愛い女の子だもんね★無理ないか~。

あ”~うちにもなんか春な話題こないかなあ(苦笑)
Commented by かすみ at 2009-02-08 09:30 x
ホントに春爛漫な感じ。お洒落で贅沢な産着。いいですね。
いつかウチにも天使ちゃんがやってくるときの参考になりました。
それをくるむような色無地のなぎさん。いいお色ですね。
落ち込むことばかりの最近、嬉しく楽しくなりました。

と、かるほさん。必ず春はきますよ、もうすぐ。
Commented by marie004 at 2009-02-08 10:53 x
どんな産着だろうと楽しみにしていたのですが、これはステキ!
ちょっとモダンででも伝統的という感じかしら?着物に仕立てたらすてきでしょうね。ハデハデモードじゃないところが、おしゃれななぎさんらしいわ。ところで、なぎさんの横顔ですが、少しおやせになりましたか?
Commented by 独楽 at 2009-02-08 14:04 x
素敵なお宮参りですね。うぶ着もなぎさんの色無地も本当に素敵です。
おまけに太閤園のしつらえも素敵ですねえ。一度結婚式で行ったことがあるのですが、お料理もおいしかったことを思い出しました。
Commented by nagiwi at 2009-02-08 14:06
かるほさん
えへへ、完全に舞い上がってます~。
家族全員、常識なんて言葉、どこにあるのっていう感じ(笑)
大きくなってこの着物を着てるところを想像すると、どんな帯を合わせようかな~なんて、楽しくなってくるのよね。
Commented by nagiwi at 2009-02-08 14:09
かすみさん
ありがとうございます☆
いわゆるお宮参りの着物じゃないのを、と思って作ったんで、これは産着用の生地じゃないんですけど、春らしくていいでしょう!
かすみさんの参考になったらうれしいです☆
Commented by nagiwi at 2009-02-08 14:13
marieさん
ありがとうございます☆
この生地はジュニアあたりがターゲットなんでしょうか、摺り友禅屋さんが面白がって(?)作ったものだそうです。
これなら二十歳ぐらいでも着られるんじゃないかな~。

私は少しも痩せていません。
痩せてるように見える写真を選んで載せてるだけです(笑)
Commented by nagiwi at 2009-02-08 14:16
独楽さん
ありがとうございます♪
私は太閤園は初めてだったんですが、都会のど真ん中にあんなに大きな庭園付きのお屋敷風の建物で、お料理もおいしく、ゆっくりくつろげました。
最近はガーデンウエディングの流行とともに、結婚式が大人気だそうで、この日は8組結婚式があったそうです!
Commented by ゆず at 2009-02-08 14:49 x
なぎさんのお見立てとあって、さすがに目を引きました。いいですね。

最後の写真は、赤ちゃんを抱っこしたご主人と赤ちゃんのお兄ちゃんですね。

これから春まで大変な日々が続きそうですね。
Commented by sana at 2009-02-08 21:00 x
春爛漫~しあわせなひとときでしたねえ!
素敵な着物姿、嬉しさがこぼれんばかりのご様子ですね。
まー、赤ちゃんの着物の可愛いこと!
ふわっと伸びやかな感じで‥オシャレだわー!
いずれは、若さを引き立てるでしょうね~大きくなったときの姿も楽しみです(^^)
Commented by 朱雀 at 2009-02-09 00:02 x
お宮参り、おめでとうございます。三十ン才になる息子以来行っていません。
大阪の天満宮は六年ほど勤めた会社が近くだったのでその時は毎年年始の祈願に部と取引先の方々と年始に安全祈願に行きました。通勤でも朝時々遠回りをして横を通ったりしていました。太閤園は上等過ぎるので行ったことはありません。
 2月11日には毎日放送ラジオウオークで飛鳥に行きます。
Commented by りら at 2009-02-10 05:29 x
孫お嬢ちゃまのお宮参り、おめでとうございます。

ほんとにまぁ、見れば見るほどこの産着ステキですわぁ。
天満宮のロケーションも相まって、なぎさんの幸せが伝わってきます。

うちは上のの時には日本にいましたので写真だけは撮りましたが、キチンとお宮参りはしていなくて、今更のように残念に思ってます。
孫の時もできなさそうですしねぇ・・・・
Commented by nagiwi at 2009-02-10 18:38
ゆずさん
ありがとうございます☆
女の子はこういう楽しみが多くて、いいですねえ♪
夫もまるで宝物のように赤ちゃんを抱っこしてました。
みんなで甘やかしそう(笑)
Commented by nagiwi at 2009-02-10 18:46
sanaさん
ありがとうございます☆
ホントに、春って言いたいほどの暖かさで、お宮参り日和でした。
暖かな陽ざしに白地の着物が映えてますね~、嬉しいわ~♪
娘さんになってこの着物を着るところを見るためにも、元気でいなくては!と改めて思いました。

朱雀さん
ありがとうございます♪
大阪天満宮へは初めて行きました。
都会の真ん中の神社仏閣でも、熱心にお参りをする人が必ずおられますよね。
信仰って、人がそこにいる限りあるんだなあって、再認識です。
太閤園って、最近人気があるらしいですよ。
明日の飛鳥・・・・お天気はどうなんでしょうね。
いってらっしゃいませ~。
Commented by nagiwi at 2009-02-10 18:49
りらさん
ありがとうございます☆
自分の子供の時は、それほど大事とも思わなかったこういう行事ですが、年齢のせいか、できることがありがたい、としみじみ思いますね。

この産着、私もみれば見るほどイイと思います…自画自賛って、このことね(笑)
Commented by 朱雀 at 2009-02-11 20:33 x
ラジオウオークは折角のよい天気でしたが、母の具合が悪く欠席しました。軽い脳梗塞のようで検査入院しました。本人はこの5年ほど怪我や頚椎手術で入院は馴れたものです。
Commented by nagiwi at 2009-02-12 23:38
朱雀さん
まあ、大変でしたね。
年をとると病院が身近になってしまいますねえ・・・
お大事になさってください。
Commented by 朱雀 at 2009-02-17 22:04 x
母入院・・・と言いながら、14,15日は現説や後援会で出歩いていました。ブログで報告しておきました。
Commented by なぎ at 2009-02-18 22:36 x
朱雀さん
あの明日香のダブル現説は、私も行きたかったんですが、先約があってダメでした…最近、現説のある時に予定が入ってることが多くて。
残念です~。
by nagiwi | 2009-02-07 21:47 | 着物 | Comments(19)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi