風の中の小鳥

唐招提寺の

解体修理もいよいよ大詰めに差し掛かったようです。

5月31日から6月8日まで
仏像修理所の特別公開と、鑑真和上像の特別公開をしているので、
行って来ました。

午前中はしっかり雨模様でしたが、尼ヶ辻駅に着いた午後2時過ぎには青空も見え
田植えを前に、田んぼは満々と水を湛えて。
d0007913_23195099.jpg

垂仁天皇陵では鳥の鳴き交わす声が賑やかでした。

唐招提寺では、大屋根の周りにまだ足場が残ってはいますが、
覆屋はもう取り払われて、天平の甍がそこに!
d0007913_2326747.jpg
修理が始まってもう10年がたつんですね~。

仏像修理所で拝見できるのは、金堂に安置されていた
盧舎那仏坐像、千手観音立像、薬師如来立像、の三体。
盧舎那仏坐像は脱活乾漆、千手観音立像と薬師如来立像は木心乾漆技法で作られてて
勿論みんな国宝。
今回の修理は表面の剥落止めを中心としてるそうです。

明かるい修理所の中で、
ほんの一メートルの距離と言う間近から細部まで拝見できて、
盧舎那仏の指の水かきまで露わに見えました・・・・
ほんとに夢のよう!
千手観音立像は明るく、薬師如来立像は重々しく、
盧舎那仏坐像の眼差しは鋭く感じられ
暫し座り込んで見つめられていると、彼と我の間に流れた1300年の歳月が、
ふいと消えたような・・・・

さすがにいつもよりは拝観者も多いですが、
それでもざわつくまでは行かないのが唐招提寺の良いところ。
雨上がりに、ひときわ美しい苔の緑を楽しみながら、境内を暫く歩いて
御影堂の鑑真和上座像の拝観に伺いました。
「若葉して御めの雫ぬぐはヾや」と言う芭蕉の句どおり、
若葉の美しい季節に、鑑真和上にお目にかかれて・・・

心がとても静かになった一日でした。

今週一杯でこの特別公開は終わりです。
お近くの方は、是非どうぞ!

御廟所の瓊花はたった一輪だけ残っていましたよ。
[PR]
by nagiwi | 2008-06-04 00:04 | 奈良 | Comments(5)
Commented by かるほ at 2008-06-04 23:19 x
うぎゃ~★見に行きたいよー(号泣)
近所だったら、全然悩まないのに、やっぱりここは遠いのね。
去年までは手が届く位置にあった大屋根が、
今では見上げる高さにあるなんて、不思議だ。
仏像修理所ってのも見て見たい。あ~、勉強が佳境だってのに(謎)
私の心を乱すなんて!
なぎさんのいぢわる!!(私の勉強の邪魔をしてるでしょ!←をい^^;)
Commented by ゆず at 2008-06-05 20:45 x
8日までですか・・・
いつもなら時間はあるのに、こんな時に限って、
予定がビッシリとは行っています。

>明かるい修理所の中で、
>ほんの一メートルの距離と言う間近から細部まで拝見できて、
>盧舎那仏の指の水かきまで露わに見えました・・・・
>ほんとに夢のよう!

あぁ・・でも何とかして見に行きたい・・・
Commented by なぎ at 2008-06-06 02:05 x
かるほさん
あの隅鬼も手が届かない所に登ってしまったのよね!
もう二度と見る事はないでしょうね~。
今回の国宝も、ほんとに素敵だったよ。
盧舎那仏坐像は山田寺の仏頭に似てたような。
見せてあげたかったわ~・・・・勉強はいつでもできるけど、これは今しか見られない・・・・な~んてね(笑)

ゆずさん
色々お忙しくしてらっしゃるようですね~。
私たちの世代は自分だけの都合では動けないときが増えてきますね。
でも、これは必見ですよ(笑)
Commented by 朱雀 at 2008-06-09 10:04 x
2月の考古学特殊講義で唐招提寺へ行った時は覆屋根で囲われていました。
 垂仁天皇陵は都心近くで全貌が眺められる貴重な存在ですね。おまけに電車からも。
Commented by nagiwi at 2008-06-10 00:43
朱雀さん
電車の中から見ても覆屋根が解体されてるのが分かります。
全部とられたのは最近のようですね。
その同じ電車の中からの垂仁天皇陵の眺めはほんとに綺麗です♪
平城宮跡や唐招提寺や垂仁天皇陵、と近鉄の中からはいろんなものが見えますね(笑)
<< 土曜日に 飛鳥周遊ォーク >>