呉服屋さんが来た

亡くなった祖母が私のために選んでくれた中振袖を、
結婚後は袖を切って付下げ風に着ていた。
子供たちの入園卒園などに、何度か袖を通したあと仕舞ってあったのを、
mamに着てもらいたいと思って、
呉服屋さんに手直しを頼んであったのが、
漸くできてきた♪

今年のお正月、mamが着てみたら、とってもよく似合って、
可愛かったの!

寸法が大きく違う(mamは手足が長くて裄が足らない代わりに、
身幅が余った)(汗)のと、
八掛けが朱色で派手すぎたので、
八掛けをベージュに染め直して、仕立て直してもらった。
d0007913_1961151.jpg

お下がりだけでは可愛そうなので、帯は新調しました。
d0007913_1962672.jpg

若いmamにはぴったりの可愛らしさ♪

帯を買うとき、渋い訪問着があったので、ついでに買っちゃいました。
あ、わたしのではなくて、mamのですよ、勿論(笑)。
これはうんと地味ですが、mamの若さを引き立てて、
とても綺麗だったのよ~。
d0007913_19998.jpg

買った帯はこの訪問着にも合います。

新しい着物は、見てるだけで心が華やぎますね!
[PR]
Commented by marie004 at 2005-05-31 21:54 x
いやあ、品の良いかわいらしい柄の振袖ですね。
帯もゴージャスでぴったり! こういうのが着られるお嫁さんがうらやましいわ~
訪問着のほうは、ちょっとシブイかなと思いますが、今は若い人こそシブイですものね。洋服でいえば、若い人ほど黒が似合うってあれでしょうか?
ああ、わたしも新しい着物が欲しい~(笑) 
Commented by なぎ at 2005-06-01 10:54 x
テーブルの上に新しい着物を広げると、それだけで楽しい♪

蝶の着物と帯、ちょっとぼやけた印象でしょう?
でも、この帯は、帯締め帯揚げを組み合わせると、とっても映えるんです。写真にはうまく写らなかったの・・・・

訪問着の方は多分一生着られると思います。
呉服の展示会に連れ出して、不意打ちで買ったので、あたふたしてたmamがとっても可愛かったのよ(笑)。買ってもらうなんて思ってなかったのね。
私が死んだ後も、着物を見て、その時のこととか、思い出してくれたら嬉しいなあ。

着物って、人の命よりずっと長く生きていくもの。
思い出のある着物を、mamが着てくれるって言うのがとっても嬉しくて。
今はない祖母の思いが伝わるような気が・・・・・・
Commented by さとか at 2005-06-01 11:12 x
うひょ~,着物も素敵ですが,新調された帯もこれまた素敵…(//▽//)。
訪問着も渋くて上品な感じ…。どれもとっても素敵です(^^)。

人の命よりずっと長生き,かぁ…。
私はつい,着物それ自体よりも,それを生み出した職人さんに思いをはせてしまいます(^^;)。
いいなぁ,すごいなぁ…って。
Commented by なぎ at 2005-06-02 00:40 x
訪問着を作った先生(職人さん)は、口数の少ない、優しそうな人でした。
この方の作品は、石版染めって言うらしいんですけど、色目に暖かさが有って。この着物もいい色でしょう?
着物って、流行も勿論あるでしょうけど、いつの時代にも変わらないよさがあると思います。量産できない手仕事の強みかな。だから、時を越えて女から女に伝わっていくのね。
Commented by 茶葉 at 2005-06-02 23:27 x
うっわあ~、なんて素敵なんでしょう!
個性的な柄が可愛らしくてちょっと古風で、素敵ですねえ。こうしてお祖母さまの思いが伝わっていくんですね…

帯は盛装らしく華やかで女らしくて、とっても感じが良いですね! 締めると同系色でまとめれば割と大人しくもなるのかな?
訪問着はすっきりして、お写真でかいま見たすらっとして品の良いmamにピッタリの雰囲気~裾の色が今は若々しくさわやかな感じですね。3色使いなのがまた、年齢によって違ったニュアンスで着こなせそうですね。
さすがお目が高い!
すばらしいわ~良い物を見せていただきました(^^)
Commented by なぎ at 2005-06-03 00:19 x
茶葉さん
有難うございます~♪
着物って、思い出も一緒に伝えて行くんですよね。
染め直したり仕立て直したりで、印象がごろっと変わるのも楽しいです。
蝶の着物も、こうしてみると地紋が際立って、綺麗♪
着手がないとゴミになってしまう所を、生き返りました。よかったなあ。

訪問着の色目、とってもお気に入りです☆
褒めていただいて、とっても嬉しいです!



by nagiwi | 2005-05-31 19:15 | 着物 | Comments(6)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi