この三日間

東京組はず~っとお着物を着用なさってました。
そう、東京から着物で来て、ずっと着物で斑鳩と飛鳥と京都を歩き回り、着物で東京へ帰られたんです!

すごいですね~。

で、私たちも、斑鳩と京都へは着物で行きました。

d0007913_0525493.jpg

斑鳩へ行った着物がこちら。
これは嫁入りに持ってきた白地にピンクの菊の花模様の真綿紬にシミが浮いて来たので、呉服屋さんに頼んで色を掛けてもらいました。
なんとも言えない良い色に染まって、とっても気やすく暖かいお気に入りの一枚です。
冬の間何度か着てもうクリーニングだな、と思ったので、着て行きました。
生地も色目も冬物なので、帯は春らしい虹の様な色を合わせてみました。

d0007913_053733.jpg

こちらは京都へ着て行った物。
京都に負けない装いをと気合を入れた(笑)一そろいです。
帯締めを決めるのに随分悩みました・・・・濃い色にすると簡単に決まるんですが、春らしくしたかったので、この色に。
良い感じかな、と思ってます☆
d0007913_054582.jpg
帯のアップです~。
この帯は「果実紋」と言う紋様。
よく見ると、葡萄や柿、栗、枇杷、無花果、蜜柑、苺など、おいしそうな果物が一杯でしょ。
蝶々や蜂も飛んでます♪


三日間、奈良と京都を着物を着てあちこち歩き回り、友達に会う楽しみと、奈良を廻る楽しみと、お買い物の楽しみと、着物を着る楽しみと、美味しいものを食べる楽しみと、いろんな楽しいことが凝縮された三日間で、ほんとに楽しかったです☆
ず~っとテンション上がりっぱなしで、喋り捲り、楽しみまくり、私たちもさすがに疲れましたが、遭遇された皆様はちょっと(すごく)おっかなかったかもしれませんね(笑)

でもでも、京都も奈良も着物がとてもよく似合う町で、外人の観光客の方々に写真を撮ってもらったりして、やっぱり着物って良いなあ、って思ってしまいました(にっこり)。

皆さんと京都駅でお別れして、土曜日曜と抜け殻のようになって倒れてましたわ~ん(爆)。
お疲れ様でした!
[PR]
Commented by 朱雀 at 2008-04-02 09:08 x
3日間の観光案内お疲れ様。それにしても食生活が豊かですね。  朱雀は28日に明日香に行っていました。阪田にある都塚古墳について地元の方に話を聞きに行ったのです。石舞台の広場で昼をとりました、前日にはなぎさん達が隣の茶屋でお昼だったのですね。
そのあと甘樫丘東麓遺跡に行って29日の発表前に写真をとってきました。以前の説明会のとき、なぎさんと遭遇したのを思い出していました。
Commented by lilakimono at 2008-04-03 02:10 x
どちらもなぎさんらしい取り合わせですねぇ。
下の「果実紋」、くぅぅーーーーー!!ステキ!!

お友達と過ごす数日って、本当に楽しいですよねぇ。
浮き立つようななぎさんの笑顔が見えるようです。

ところで・・・・京都の「恐ろしいこと」ってのが気になるんですけど・・・・むふふふふ
Commented by marie004 at 2008-04-03 06:58 x
すごいです!
「七緒」に出ているような、今ふうのコーディネートというような感じがします。わたしは上のコーデが好き。春の斑鳩というイメージをほうふつとさせます。どちらも帯揚げが可愛くて、こういうのを抜け感?というのかしら~(着物雑誌の言葉はいまひとつ分からないのですが~)いいなあと思いました。
下の果物紋のコーデ、よく見るといろんなものが見えてきて、とってもお茶目な感じがします。
気合い入ってますね~ 
Commented by nagiwi at 2008-04-05 00:15
朱雀さん
一日違いで明日香にいたんですね!
あの日も甘樫の丘で発掘をしてたのは知ってたんですが、時間の加減で行けなくて、とっても残念でした。
以前に明日香で朱雀さんと遭遇したときは、お天気がちょっと怪しかったですよね。
今回はとってもいいお天気で、歩いてても気持ちがよかったですよ!
Commented by nagiwi at 2008-04-05 00:19
りらさん
ほんとに楽しくて、テンションが上がりっぱなし、スゴクうるさい一団だったのは確かです(笑)
果実紋の帯には、地紋としても蝶々や蜂が飛んでて、それがとっても奥行きになってるんです~♪

恐ろしいことは、私の財布にだけじゃなく、他の方の財布にもおきたの・・・女の人は怖いって呉服屋さんが・・・・ひっひっひ
Commented by nagiwi at 2008-04-05 00:22
marieさん
おほめに預って幸せです~♪
その「抜け感」ってなんだかよく分からないんですが(何が抜けるの?)帯揚げと帯締めをどう合わせるか、がコーディネートの良し悪しを決めるのは確かだと思います。

大抵はすぐ決まるんですが、今回は気合が入ってたので、しっかり悩んで決めました!
Commented by marie004 at 2008-04-05 17:45 x
「抜け感」調べました~
ええっと、軽さのことだそうです。帯まわりの帯揚げや帯締めを淡い色にして、軽さを出して、よりすっきりしたコーディネートにするのだそうです。とくに柄物の小物を使う場合に抜け感を出すと洗練された感じになるとありました。そう言われると、なぎさんの小物は淡い色が明るさを演出しているような。
Commented by nagiwi at 2008-04-06 17:17
marieさん
なるほど~。
帯締めや帯揚げの色で軽さを出すんですね。
帯揚げは着物の色に馴染むもの、帯締めは帯に合わせる、を基本にやってるんですけど、春になると特に帯揚げは薄い色目にしてますね。
同じ帯と着物の取り合わせでも、帯揚げや帯締めを濃い目にすると秋や冬らしい感じになるかな。
でも、こういうファッション用語はどうなのかなあ・・・・抜け感、って、間抜けに見えるって言うのに近くない?

Commented by sana at 2008-04-08 23:02 x
何度見ても素敵な組み合わせ~ほうぅ(^^)
まだけっこう寒いので、上のお着物も着心地良さそうですね。
こういう帯が春らしいんだ~帯はまだ良くわからなくて。どっちかというと、はっきりわかる柄で選んでしまいます。
シックな組み合わせに帯揚げが可愛い!
柄のある帯揚げって最近買ったばかりでまだ一度も使ってないんですよ。

下の帯揚げは前から欲しいと思って狙っているタイプです!
さりげなく春らしいお着物…何といっても、この帯が、スゴク良いですね。
なんて贅沢な万能帯~黒白よりも個性的だし~さすがですねー!

「抜け感」
なるほど~春は薄い色目で軽さ、ですか。
ファッション用語としてはよく見ますが、自分では使わないので、意味を正確に知りませんでした。
決まりすぎで重苦しくなるのを避ける、というニュアンスで使われているような気がします。肩の力が抜ける、みたいな「抜け」かな~??
Commented by nagiwi at 2008-04-09 01:16
sanaさん
有難うございます☆
この紬は着て暖かだし、着崩れしないし、着付けも簡単で、大好きで。
この帯の色はちょっと虹みたいでしょ。白っぽい地色の帯を組み合わせると春らしいかなと思います~。

帯揚げは、いろんな色や柄があって、人からはあんまり見えませんが、気に入ったのをしてると自分ではとっても楽しい。
それに、ほんのちょっとしか見えないくせに結構存在感があったりもするんですよね。
季節や、行き先や、気分にあった組み合わせを考えるのが、とっても面白いです!

果実紋の帯、個性的で可愛いけど、色がシックなのが良いでしょ。
この柄行で、いろんな色が入ってるのがあったんですが、それは値段も、帯としても良過ぎて締めにくいと思いました~。
あんまり帯だけが目立つのもちょっとね。

肩の力が抜ける・・・・なるほど!
by nagiwi | 2008-04-02 01:12 | 着物 | Comments(10)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi
プロフィールを見る
画像一覧