風の中の小鳥

5月26日、快晴の飛鳥に

「歴史・考古・万葉で辿るキトラ古墳の世界」というサブタイトルが付いた
「飛鳥まるごと周遊リレーウォーク」に行って来ました。

このサブタイトルって、「白石先生、水野先生、上野先生と辿る」ってことですよね~。

うう、メッチャ贅沢やけど、あまりにも盛りだくさんで、
果たして時間通りに終わるのだろうか、と言う不安を抱きつつ
8時40分ごろ飛鳥駅に降り立つと、既に点呼を取る人で行列が・・・
d0007913_0322238.jpg
300人ぐらいかなあ。
かるほさん、みぴあ~ちぇさん、河内大王さんに久しぶりにお目にかかり、
独楽さんにご挨拶して、ウォークが始まりました。

午前中は飛鳥駅の西側を歩きます。
出発してまもなく、岩屋山古墳に到着。
d0007913_0355998.jpg
一辺50メートルほどの八角墳で、
切石造りの横穴式の石室の形式などから7世紀後半頃のものらしく、
畿内の支配者階級によって営まれたもの。
石室は奥に行くほど狭くなるけど、すごく深かったですよ。

駅の西側はアップダウンがきついのに加えて、お天気は快晴で日差しは暑い!
村の中の細い道は距離の割りに結構疲れますが、程なくマルコ山古墳に到着。
この写真は2005年の12月にとったものです・・・・26日に取った分は、参加者が沢山写りすぎて全容が分かりにくかったので
d0007913_052357.jpg
横口式石槨に漆塗り木棺を納めた埋葬施設を持つ7世紀末から8世紀初頭の古墳。
古墳の上には、薊の花が咲いてます。
d0007913_172756.jpg

このあたりの古墳はどれも50mまでのようですが、
次に行った束明神古墳も対角線が30メートルほどの八角墳。
横口式石槨と漆塗り木棺を持っていたことなどからも、
被葬者は真弓丘陵に葬られたとされる草壁皇子か、と。

しかし、宮内庁はこちらを岡宮天皇陵と定めています。
d0007913_0535779.jpg
明日香村の緑は鮮やかで風は気持ち良く、
水の入った田んぼからは蛙の合唱が賑やかに聞こえました。
幾度見てもこの風景は心和ませます。
d0007913_125458.jpg

それぞれの場所で、白石先生のお話を伺いながら、
文武天皇陵の横を通って、キトラ古墳へ到着・・・
・・・・この外観はとても古墳とは思えませんけどね・・・
d0007913_1142847.jpg

檜前寺(白鳳時代の寺院)跡には失われた塔の跡に
平安時代に建立された十三重石塔が立っていました。
d0007913_1211189.jpg


なんだかお腹が減ってきたよ~と、かるほさんに訴えていたらやっぱりお昼前。
高松塚古墳に到着しました・・・道の両側のみかん畑からは甘い香りが漂って、
緑は目に鮮やかですが、あの覆屋を見ると悲しくなります。
d0007913_1273571.jpg


三々五々お昼を食べているところへ、
午前中の試験を済ませてきた(えらい!!)りぃさんと猫さんが合流。

白石先生のミニ講演が始まりました。

午前中歩いた駅の西側は、藤原京の中心からの南北の延長線の西側となり、
7世紀以降の天皇家の人々の埋葬の地であったと思われるとのこと。
歩きながら振り返るといつも飛鳥の地が一望できたこのあたりには、
死後も飛鳥を眺めたいと願った人々が眠っているのでしょうね。

その中でも、キトラ古墳と高松塚古墳はその壁画で有名(って、言うまでもないけど)。
古墳の壁画は、死者のための小宇宙を描き出しており、
キトラ古墳では、十二支像によって時間が描かれているが、
高松塚では、十二支像はなく、男女の群像が描かれている。
白石先生のお話では、男女の群像の持ち物と続日本紀の記述
そのほか、副葬品の数々などから、被葬者は
717年に亡くなった石上朝臣麻呂ではないか、とのこと・・・・


ここで、白石先生から水野先生にバトンタッチをして午後の部が始まりました。

が、今日はここまで。
続きはまた明日~♪
[PR]
by nagiwi | 2007-05-28 01:55 | 奈良 | Comments(14)
Commented by 朱雀 at 2007-05-28 13:34 x
土曜日の案内は豪華メンバーでよかったですね。朱雀はサボって淀川の河原で遊んでいました。このあたりは去年の秋に二回かけてめぐっています。なぎ さんはマルコ山の隣のカヅマヤマの説明会に行かれたのでしたね、そのときの写真を記録させてもらっています。去年夏に行ったときは草ボウボウでしたが、秋には墳丘に登ってきました。
 27日は史料学概論の試験を受けてきました。○と思います。大王さんに、初お目見えしました。
Commented by りぃ at 2007-05-28 13:37 x
お疲れさまでした。(^_^)/
私は昨日帰り着きましたが、一日死んでしまいました。
なぎさんは大丈夫でしたか?
靴擦れも大丈夫でしたか?

暑くて、長くて、大変な道のりでしたね。
私は午後からでしたけど、プラス午前中を歩かれてる皆さんには脱帽です。

けど、先生方のお話はやはり聞き応えがあってとても楽しかったです。第二回があれば、ゼッタイ行きます。d(>∀< )

また、そのときはヨロシクお願いしますねー。
Commented by at 2007-05-28 15:58 x
お疲れ様でした。
天候には恵まれましたが、ちょっと太陽が頑張り過ぎましたね!

私、午後から参加で正解でした。
日曜日は何も手につかず、ひたすらボ~っとしてました。

なぎさんは、最後まで参加されたのですか?
続きが出るのを楽しみにしていますね~
Commented by mipiacere at 2007-05-28 18:11
二回目は奈良大の学生or院生のバイトが集まらず断念、やろぅな・・

ありゃ地獄やって、歩く方も主催する方も・・・
元気なのは (以下略)


Commented by 独楽 at 2007-05-28 22:29 x
こんばんは。傍目から見るとなぎさんはあまり疲れた顔を見せずに歩いておられました・・脱帽。わたしが資料館からバスに乗って帰っているときに車窓からなぎさんとカルホさんのお姿を拝見しました。お二人で飛鳥の夕日の中にたたずんで最後のウォーキングを味わっているように見えましたが・・・さて90分待ちの玄武まで見られたのでしょうか。
Commented by 河内大王 at 2007-05-28 23:39 x
なぎさん、お疲れ様でした。今年はスクーリングがまったくないので、皆さんに会える絶好のチャンスでした。
今年は天候の振幅が大きすぎて、体の調子を合わすのが大変ですが、26日はまた特別でした。なぎさんはあのスタイルでよく1日歩けたものです、感心しました。
自分の写真を整理する時間的余裕がありませんので、今回はパスします。続編を楽しみにしています。出張から帰ってから読ませてもらいます。
Commented by nagiwi at 2007-05-29 10:00
朱雀さん
あのあたりは朱雀さんにはおなじみの場所ですね(にっこり)
案内の先生がたは豪華の一言(笑)。
一人の先生に一日づつで、三日連続にしても良いぐらいのボリュームだと思います~。
着々と試験を受けられて、出来も良かったんですね?
すごい~。
久しぶりに皆さんと顔を合わせて、私のやる気も少し目覚めたようです。
またどこかの現説でお目にかかりましょう!(笑)
Commented by nagiwi at 2007-05-29 10:05
りぃさん
お疲れ様でした~。
あのあとまだ帰宅のために移動されたんですもの、すごく疲れられたでしょうね。
私は日曜の午前中は予定通りくたばってましたが(笑)午後からは友人宅を訪問しました・・・起きてみたら足の豆もすっかりひいてたし、遊ぶとなるとどこからか元気が沸いてきます(にやり)
暑い暑いとブ~タレながらも、楽しかったです☆
次回が有ればきっと行きましょうね!!
卒論、頑張って☆
Commented by nagiwi at 2007-05-29 10:08
猫さん
前日の雨と打って変わって暑かったですよね~。
でも、雨がジャンジャン降るよりは良かったかな。
出来れば距離を半分ぐらいにして、先生のお話をもっと増やしてもらったら、もっと良かったかしら(笑)
水野先生の飛鳥マラソントークとか、いかがでしょう?
Commented by nagiwi at 2007-05-29 10:12
みぴあ~ちぇさん
いや~、お疲れ様&明日香ルビーご馳走様でした(にっこり)
院生と大学生の集まりが悪ければ、通信生に声をかけるとか?
案外そのほうが集まったりして(笑)でも、何人か倒れるかも!?
死屍累々の中に先生だけがすっくと立ってお話くださる・・・てへへ。
Commented by nagiwi at 2007-05-29 10:16
独楽さん
お疲れ様でした~!
ホントに軽くご挨拶するだけしか体力的に余裕がなくて(笑)失礼しました。
歩くのは好きなほうなので、最初のうちは良かったんですが、結構疲れましたわ~。
ただ、コースの見当は大体付いてて、まるっきり知らない道を歩いたわけではないので、その分疲れは少ないかもしれませんね。
玄武は、泣く泣くリタイアしました(笑)
Commented by nagiwi at 2007-05-29 10:21
河内大王さん
お疲れ様でした☆
ブログで様子は垣間見てても、お目にかかってお喋りする楽しさは一際ですね!
暑くなるんだろうなあ、とは思ったんですが、目一杯暑くて参りました~。
あのスタイルって、私はあの格好でどこでも行くんですよ~。
ハイキングなんかで、スカートをはいてサンダル履きだと、最初のうちは皆さんとっても親切(笑)そのうち、いくらでも歩けるやつだと言う認識が広まって、みんな知らん顔になりますけどね、えへへ。
Commented by 茶葉@sana at 2007-06-01 17:53 x
なぎさん、
今も面影が濃く残っていて~飛鳥の地は素晴らしいんですね。
とはいえ、なぎさんにとっては周りの光景がちょっと前とはけっこう変わっていたとは…
お天気も良い中、専門の先生の熱弁付きでの見学、良いですねえ~。
しかし、スカートにサンダル履き?で16キロ以上?!
す、すごい~(@@;
底知れないパワーをかいま見ました(^^)
Commented by nagiwi at 2007-06-01 23:47
sanaさん
明日香村は、建築規制を厳しくかけていて、そのお陰でビルも背の高い建物もなくて、昔の面影は良く残っているほうだとは思うんですが。
それでも、30年も40年も経てば変わりますよね(笑)
観光客の見学に便利なように綺麗に整備されて、それはそれでいいんですけど、昔の田舎らしさが懐かしい気もします。

スカートだってズボンだって、歩きやすさに関係ないと思います・・・・・それに、サンダルと言っても、底が厚くて足全体をカバーする、歩きやすいサンダルですよ~。確かに、素足だったので足の裏にマメは出来ましたが、それは見越して絆創膏を持ってました。
絆創膏を持ってくるなら靴下を履け!と言われましたけどね(笑)
<< で、午後からは 天気予報によりますと >>