風の中の小鳥

KIMONO EXPERIENCE

6月にガイドしたスペイン人のご夫婦から写真を送って頂きました☆

私たちのグループの中の有志の皆さんが、月に一度着物を持ち寄って、外国人のゲストに着付け体験をしていただいています。
13日の私の同行ガイド担当日がその日に当たっていました。
JRの駅でゲットしたスペイン人のご夫婦の奥さんがとてもきれいな人だったので、
「着物体験は如何ですか」と誘ったんです。
(この着物グループの方からは「きれいな人を連れてきてね」と頼まれてます)(笑)
d0007913_01233922.jpg

ご主人は弁護士さんで日本文化に精通しておられ、源氏物語に清少納言に、北斎に広重に、と
なんでもご存じで、
勿論アニメにも詳しく、クレヨンしんちゃんを毎週見てるし
スペインで買った(!)亀仙人のTシャツを着ておられました(汗)
奥様はトルコ系の、小柄な美女で、合気道を習ってる・・・・
だからでしょうか、着物がぴたりと決まって、実に美しかったです☆
ちなみにこの振袖は、メンバーのおひとりが着ておられたものだそうで、豪華な刺繍の入った見事な手描き友禅。
誰も着ないから、と寄贈されたそうですが、
こうやって世界中のゲストを喜ばせたら、着物も本望でしょうとのことでした。
d0007913_01242153.jpg
着付けのあとで、茶道体験もされました。

この後、ちょうど小鹿の生まれる時期だったので、鹿苑で生まれたばかりの小鹿を見て、いつものコースをご案内し、
最後に入江泰吉邸をご案内したところ、とても気に入られたようで、
こんな家に住みたいわ~、とのことでした☆
入江泰吉邸は私も大好きなので、とてもうれしかったです☆





[PR]
by nagiwi | 2017-07-27 01:36 | ボランティアガイド | Comments(2)
Commented by Q at 2017-07-27 23:13 x
なぎ様
 またまたお久しぶりです(笑)。
 なぎ様の「着物の記事」には、いつも感心させられています。日本文化の伝道師たる面目の躍如たる様が感じられるからです。
 実は、私、恥ずかしながら(汗)人生で初めて、先々月の5月に開催された奈良学友会10周年祝賀会で、羽織・袴を着まして、つまり、着物デビューする経験をしました。きっかけは、今年の1月母が亡くなった際、遺品の中から羽織の紐が出てきたことです。はたとイメージが広がりまして、着物で出席しようと思い立ったわけです(笑)。着物に関する知識が全くない私は、地元の呉服屋に面対して注文することをはばかりまして、当今の文明の利器インターネットを駆使し情報を理解し通信販売で着物一式手に入れた次第です。袴の紐も十文字結びをyoutubeから習ったりして、何とかうまくいきました((^^)v)。着物を扱うって大変ですね(汗)。なぎ様を尊敬します。
Commented by nagiwi at 2017-07-28 00:19
Qさま
コメントありがとうございます!
そして、着物デビュー、おめでとうございます☆
お母様の遺品からイメージが広がって、って素晴らしいですね。
しかし、購入も着付けもネットから情報をゲットって、スゴイ☆
今日的ですね~~。
しかも、ちゃんと袴紐を十字結びにされたんですか!
あれ、難しかったでしょう?
脱いだ後、ちゃんと畳めましたか?
着物も袴も、脱いで畳んでするほうが着るよりムツカシイかもしれませんね。
慣れると簡単なんですが。
うちのお嫁ちゃんたちも、畳み方はyoutubeで習ったそうです(笑)
ぜひ一度着物でご一緒したいです!
<< 8月が来た! 長谷寺に行きました☆ >>