コタキナバルからブルネイへ その3 さあ!ブルネイへ☆

9日は朝早めに起きて朝ごはんを食べ、空港へ。
ブルネイに行くのです☆

ひろこさんはキナバル山の写真が撮りたかったのにずっと曇ってたんですが、
この飛行機の窓から撮れました・・・わかるかな?
キナバル山は標高4095メートル、ボルネオ島の最高峰です。
d0007913_13221252.jpg
コタキナバル~ブルネイ間はマレーシア航空とロイヤルブルネイ航空の共同運航で、
飛行時間は50分ほど、となってるんですが、
実際には飛び立って降りるまで、20分ぐらいかしら。
名古屋と大阪間、って感じ?
とにかく近いです☆

ブルネイのバンダル・スリブガワン空港では、アルコール持ち込みの申請をしました。

ブルネイは英連邦の一員ですが、結構厳格なイスラム教国なので、マレーシアでは可能だったホテルでもアルコールは禁止です。
ただし、イスラム教徒でない人がアルコールを持ち込んで、部屋の中で飲むことは可能だとか。
だから、アルコール持ち込みを申請してそれを室内で飲むのはOKです☆

ブルネイはとても小さな国ですが、石油や天然ガスのおかげでとってもお金持ち☆
所得税も教育費も医療費も無料だそうで、GDPは日本以上・・・・と聞いていたので、興味津々だわ☆

空港には友人が迎えに来てくださってて、そのまま市内観光へ。
お目にかかるのは数年ぶりですが、ご無沙汰の時間をあっという間に飛び越えて、
相変わらずテキパキと有能感満載で懐かしい♪
まず第一に連れて行ってもらったのは、布地やさん!
一枚、帯にできるようなバテックの生地が欲しいと思ってたので、自分の目がらんらんと輝くのがわかりましたわ(笑)
青色地の花柄の生地を買い込みました☆

次に行ったのは、市場。
d0007913_13224349.jpg
知ってる野菜も知らない野菜も、たくさん並んでました。
d0007913_13223279.jpg
魚市場には、美味しそうなカニにエビ☆
d0007913_13225125.jpg
コタキナバルに比べると、広くて清潔でした。

次に向かう途中で雨が降り出しました。
さすが南国の雨期、ドバ~~~って感じ!
それで予定を少し変更して、先にランチをしてから、王室資料館に向かうことに。
ランチはブッフェスタイルでした。
私の前には、いろんなものを取ったお皿と麺の鉢がありますが、
この麺はフォーとも違う、どっちかっていうと中華麺でした。
d0007913_13284918.jpg
マレーシアでもブルネイでも、12月は冬休みだそうで、このレストランも子供連れでいっぱいでした。

住宅街の中にいきなり現れたオオトカゲ(?)
1mぐらい?もっと大きい?
d0007913_13230965.jpg
いつもこの辺にいるそうです・・・・・

王室資料館は、今の王様に関する資料が収蔵されてるんですが、どこを見ても、
金、大理石、金!
d0007913_13232060.jpg
凄いですね~、戴冠式の時の王様の乗り物だそうで、この金もホンモノだそうです(汗)
d0007913_13232925.jpg
富に圧倒されましたわ・・・・・

つぎに、ブルネイ川にある水上集落見学(カンポン・アイール)へ。
d0007913_13233919.jpg
船着場からボートに乗ったんですが、これが、まあ、早いのなんの!
暴走ボートって感じ?(笑)
d0007913_13235083.jpg
水上集落って言葉からは、ニッパ椰子で屋根を覆った木造の家々、を連想しませんか?
実際には、現代的な建物が立ち並び、集落には学校もモスクもあります。
とは言っても、家から家には、手すりのない木製の橋を渡っていくんですよね。
ちょっと怖かったわ~。
ここでは、現地の方のお宅訪問!
お茶とお菓子も出ました。
椰子の葉で巻いて蒸したお菓子や、カスタードみたいな緑のお菓子や、カステラみたいなものとか。
この緑色は、バンタン・リーフという木の葉で色付けしたものらしくて、
パンにも、ジャムにも、色付けとして使われてるそうです。
そういえば、コタキナバルのホテルで鮮やかな緑色のパンがあって、
何で色付けしたのか聞いてみたら、バンタン・リーフと。
このあたりでよく使われるらしいですけど、鮮やかな色がいかにも南国的!
d0007913_13240087.jpg
屋内は思ったより広々してて、特にリビングルームはたくさんのお客さんを招けるようになってました。
イスラムのラマダン明けの時など、親せきやお知り合いがお互いを訪問しあうそうで、
そういうときにはこの広い部屋で、ご馳走が振舞われるんでしょうね。

このあと、ブルネイ川をボートでマングローブを見学。
d0007913_13241313.jpg
これがマングローブ。
マングローブって、海水か汽水の波の少ない所に生えてて、大気中に根を出して呼吸する(気根)そうです。
この木から垂れ下がってるのがその気根。

町からほんの10分かそこらの距離を行っただけなのに、ワニやテングザルがいました。
d0007913_13242562.jpg
雨のせいで水は濁ってますが、川面に映る木々の姿も美しい。

この後、モスクへ。
d0007913_13243883.jpg
これは新モスクかな?
旧モスクかな?
忘れちゃいましたが(汗)絵のようです☆→上の写真の水上のでっかい玉ねぎが旧モスクで
大小いろんな大きさの玉ねぎさんが写ってる下の写真は新モスクだそうです!(12月23日追記)
d0007913_13244853.jpg
とにかく、ゴージャスの極みです。
d0007913_13245699.jpg
これは王宮!
王様は車がお好きだそうで、王宮の地下には2000台のコレクションがあるそうです!!
d0007913_13250685.jpg
門前にはブルカ兵が二人門衛を務めていて、時々かっこよく動いてました☆

この後、友人宅にお邪魔して、夕食をご馳走になり、泊めていただきました。
あ、ワタクシ、友人宅のプールでひと泳ぎさせていただきましたわ~~ん♪

プールにポカ~~んと浮かんでると、青い空に白い半月がかかっていて。
それが少し時間が経つと、空は紺色になり、月は黄色に色を変えていました。

赤道直下のプールに浮かんで見た黄色い半月を、私はきっと忘れないでしょう。










[PR]
Commented by 友人 at 2016-12-22 21:40 x
このたびはよくおいでくださいました。
水辺の向こうにでっかい金の玉ねぎ、白っぽい壁の建物は旧モスク
回廊の向こうに中規模の金の玉ねぎと小規模の金の玉ねぎ
そして縁取りのある建物は新モスクです。
最後の写真は王宮です。
Commented by nagiwi at 2016-12-23 22:29
友人さま(なんか変ですね・・・・・ま、いいか)(笑)

この度はほんとにお世話になってありがとうございました!
またとない機会を頂いて、二度とできない経験をたくさんさせていただいて、とっても楽しかったです☆
お帰りを奈良でお待ちしております♪
Commented by marie004 at 2016-12-24 09:46 x
これこれ!
予想通りのゴージャスさですね~!
イランみたいだけど違うのね。どこかのどかな雰囲気が漂っています。

なぎさん、洋装姿を久しぶりに見ましたが、ステキですね!お顔も色つやよくってお元気そう!!
眼鏡はいつからおかけになってるのですか?
Commented by nagiwi at 2016-12-26 10:13
marieさん

コメントありがとうございます☆
ブルネイはどこもかしこもゴージャスでした~!
メガネはね~、老眼なんですよ(涙)
旅行に行くと、小さい文字を読む機会が多くて老眼鏡は必至なの。
レンズに少し色を入れて、サングラスっぽくしてあります。
by nagiwi | 2016-12-22 15:16 | 旅行 | Comments(4)