もはや夏かも?

20日の夜21日のガイドの要請が入りました。

私、今月後半と6月はガイド予約メールの受付のかかりなので、そのメールを受けたのは、私。
ぎりぎりになっての予約なので、受けて大丈夫かどうか先生に電話したら、明日は手の空いてるガイドさんがいない・・・・「あなたどう?」「あ、はい、行きます」ということになりました(笑)

この日のゲストは、アメリカから来たカップルです。
お知り合いから「奈良に行くならガイドはYMCAに頼むのをお勧めする」と言われたそうで、そう聞いたら、これは頑張らなくっちゃ、って思いますよね。

近鉄奈良駅で待ち合わせたんですが、この日はもう夏日!
すごく暑くなりそうだし、概してアメリカ人は歩くのが苦手だし、で、ゆっくりと歩き始めました。
鹿と東大寺、という一般的な観光コースをご希望だったので、東向き商店街を少し南下して写真館の横を興福寺境内へ。
五重塔の説明をして、一の鳥居を潜り、春日大社へ向かいますが、このルートは比較的日陰の中を歩けますね。
神社の式年造替の意味とか、神道の神々の性格など、結構突っ込んだ質問が来て焦りました~!
春日大社から若草山の麓へと向かうと水谷川に出ますが、このあたりの道がとても気に入ってくださったようで、
「ほんとに静かで心地いい」「京都に比べて人も少なくて、素晴らしい」と喜んでくださいました。
あちこちで鹿せんべいをやりながら、ぶらぶらゆっくり、がこの日のゲストのペースのようです。
若草山の麓から二月堂の舞台に上り奈良市内を一望、東大寺へと下りましたが、その途中で、逆ルートで回る同じくYMCAのガイドツアに遭遇。
この二月堂ルートが素敵だという思いはガイドならみんな同じかも。

東大寺が見てみたかった、というご希望通り、大仏様の大きさにとっても感動されたようでした。
何度も大仏殿に来てるので、その大きさが当たり前に感じられるこの頃ですが、初めての方にとってはやっぱり大きいんだわ、と再認識しました。
あちこちで見かける狛犬の口が片一方開いていて片一方は閉じてるのはなぜ?と聞かれたので、
「あ、は平仮名の始まりで、ん、は終わりなんですよ」と説明したら、ものすご~~~く納得されました。
これ、ガイドの定番です(ニヤリ)

南大門の金剛力士像の筋骨隆々とした迫力と、大仏様のどっしりした風貌と、京都で見てこられた定朝様式の仏像の違いをちょっとお話したところで、そろそろお疲れ(笑)
お昼ご飯に「ジャパニーズパンケーキ」が食べたい、と。
??
おお、お好み焼きですね、それ!
と言うわけで、東向き通りまで戻り、お好み焼き屋さんでランチしてお別れしました。

いつも思うのですが、ガイドを頼んでくださる方は皆さん知的好奇心が旺盛で、お話するのがとっても楽しいんですが、この日のゲストさんも同じでした~。

しかし、暑かったな・・・・
[PR]
by nagiwi | 2016-05-28 16:25 | ボランティアガイド | Comments(0)