風の中の小鳥

山辺の道 黒塚古墳から箸墓まで

大学の先輩から、来月山辺の道をハイキングに行くのに道に迷いそうだ、と言う相談を受けたので、一緒に下見に行って来ました。
ルートは黒塚古墳から箸墓までという、一体どこで迷うのか不思議なくらいポピュラーなものなんですが…
先輩のなかには東京から来られる方もあるそうで、うっかり迷ったら何を言われるか分からないらしい(笑)
それに、考えてみればこのルートを歩くのって久しぶりかも、と言うわけで、行って来ました☆

待ち合わせはJR柳本駅前に午後一時。
d0007913_18494296.jpg

ここから黒塚古墳、長岳寺へと進みました。
d0007913_18494383.jpg
黒塚古墳では場所を確認して資料を頂き
d0007913_18494489.jpg
長岳寺は門前に立っただけ(汗)
d0007913_18494613.jpg
今日は下見だから、とのことでした。
普段なら、え〜入らへんの〜つまんない〜とブ〜タレるところですが、先輩のお供なのでガマン、ガマン(笑)

ここから行燈山古墳と櫛山古墳へ。
d0007913_18494776.jpg
櫛山古墳は双方中円墳です☆
d0007913_18494889.jpg

近くに万葉集の歌碑が。
玉かぎる 夕さり来れば さつ人の 弓月が岳に 霞たなびく 作者不詳

ここからはいかにも山辺の道らしい道が続いて、歩くのが楽しかった〜♪
曲がり角には道標がキチンと整備されて、あんまり迷う要素は感じられません…が、たしかに渋谷辺りはちょっとややこしいかも。
d0007913_18494825.jpg
渋谷公民館の横を入ると、渋谷向山古墳が見えてきました。
そして、渋谷向山古墳を過ぎて、そこここのコスモスを楽しみながらあるいていると、神籬、という道標が。
d0007913_1850023.jpg
これ何?と思いつつ右に少し折れて振り向くと、今通ってきた渋谷向山古墳が黄金の稲穂の海の向こうに見えました☆
このきせつならでは、の絶景です☆
d0007913_184949100.jpg
説明によると、このあたりの小字名が、神籬、だそうで、小さな石碑がたってました…
d0007913_18495029.jpg


つぎの目的地は、穴師坐兵主神社。
その手前から纒向一帯を見晴らせます。
d0007913_18495198.jpg
この神社は相撲神社という別名がありますが
d0007913_18495215.jpg
その名の通り、こんな石像が!
d0007913_18495331.jpg
げっ、こんなんあった?
d0007913_18495433.jpg
当麻毛速と野見宿禰が日本初の天覧相撲を取ったのがここだそうで
、それを記念して土俵と石像ができたそうです。
こんなになってるなんて、知らなかった〜
d0007913_18495521.jpg
神社を出たところ。
これなら私も見覚えが(笑)

ここから桧原神社へは、舗装された車道のしかもゆるい登り。
つまらん(笑)
車道が終わるところに、芙蓉の大きな木が!
d0007913_18495622.jpg
間も無く桧原神社に到着☆
d0007913_18495864.jpg
鳥居の間に二上山が見えました☆
ここで3時ぐらい。
d0007913_18495985.jpg
三鳥居ですね。

このあと、箸墓を見て巻向駅まで戻りました。
私としては、腹ごなしに丁度良い(笑)三時間ほどの行程でした。

先輩は細かく地点と時間をチェックされてて、当日のプランを決められたようです。
当日は、穴師坐兵主神社から巻向に下る人と、桧原神社まで行く人と、二手に分かれることになりそう。

この日は稲刈り前の田んぼが金色に輝いて、楽しかったです☆
[PR]
by nagiwi | 2014-10-14 15:05 | 奈良 | Comments(4)
Commented by marie004 at 2014-10-18 18:31 x
さすがは奈良ですねえ~
当麻毛速と野見宿禰が日本初の天覧相撲を取った場所が特定されて残ってたり、神籬が行われた場所が地名として残っていたり… ロマンを感じます。
二千年の時が経っても、言い伝えや地名は滅びないものなんですね。

3時間のピクニックが腹ごなしだなんてなぎさんすごいですね。
わたし、この頃めっきり脚力が衰えました。
Commented by りら at 2014-10-20 13:53 x
毎回毎回、足萎えの私は「ひぇ~!」とうめいてしまうような「腹ごなし」でらして・・・
三時間ほどで距離としてはどれくらい歩いてらっしゃるんですか?
先日NHKの「歴史秘話ヒストリア 謎の巨石文明~目覚める 飛鳥“石の女帝”」を見まして、あ!ここはなぎさんのブログで見た見た!と次々門前の小僧状態になりました。
このコースもまた見どころ満載ですね。
本当に見に行こうと思ったら、春とか秋とかの時季に・・・なんて言ってたら実現しませんわね!
Commented by nagiwi at 2014-10-21 13:53
marieさん
神籬や相撲神社の近くには神奈備と言う地名もあって、恐ろしいほど由緒正しい場所らしいです〜(笑)
山辺の道は、自然の中を歩くかんじですが、山道のようなアップダウンは少なくて、歩きやすい、いい道です!
いつの間にか歩いてしまった、って感じでしょうか☆
Commented by nagiwi at 2014-10-21 14:00
りらさん
私、平らな道は得意なんです(笑)
古墳や神社などを見るのにしょっちゅう立ち止まるのてわ、三時間で6㎞ほどしか歩いてないと思います。

巨石好きの女帝のテレビ番組、私も見ました!
1500年も昔のことですけど、ついこの間のことかしら?と思わせてくれるところが、奈良や飛鳥にはあって、そこが私は大好きです。

今日が一番若い、ってよく言いますよね(笑)
<< 秋の博物館 その1 鳥獣戯画 まほろば検定講座 >>