正倉院展と法事@菊水楼

11月に入って奈良公園へ三日続けて行きました。

まず、1日は正倉院展に。
10月26日から始まった正倉院展ですが、博物館そばのお店でオツトメをしている方から、それほど混雑してないとの情報を得て、半信半疑で(笑)1日に行ってきました。
到着したのは午後1時半ぐらいでしたが、確かに入館する人の行列がない!
お~~、やったね~~、と喜びながら入館。

今回の目玉は、「平螺鈿背円鏡」と「漆金薄絵盤」「聖武天皇遺愛の屏風」などでしょうか。

平螺鈿背円鏡は、宝庫のなかで一番美しく保存されたものと、鎌倉時代に盗難にあって割れた鏡が明治になって修復されたもの、同じく鎌倉時代に割られた鏡の断片、、の三種類が出展されていました。
綺麗に修復されてた・・・・・・・・ていうか、鎌倉時代にそんなに沢山盗まれてたのね?
ほぼ粉々に近いほど割っちゃうなんて、ひど~~いい!!

「漆金薄絵盤」の周りは例のグルグル巻きが出来てましたが、私の興味は、この盤の上に置いて使われたらしい、「黒漆塗香印押型盤」とその蓋のような「黒漆塗平盆」のセット。
漆金薄絵盤は蓮華をかたどった香をたくための台で、彩色が見事で、皆さん見入っておられましたが、私は人垣の後ろから拝見したあと、このお盆セットに引きつけられてしまいました☆

盤は高さ4センチほど、蓋は3センチ余り。
盤には蕨手の模様の溝が一筆書きで彫り込まれていて、この盤に粉末のお香をギュッと押し込んだあと、蓋をかぶせてひっくり返すとお香の一筆書きが出来あがるんですね。
で、そのお香の一端に火をつけると、端からジワジワと燃え続けるらしい。
蚊取り線香や巻線香と同じ構造です!
盤と蓋のコピーを作って実験したら、7時間余り燃え続けたとかで、その写真も掲げてありました☆
素敵ですね!!

あと、私は刀子が大好きなんですが、今回は「白牙把水角鞘小三合刀子」が面白かった!
象牙の把の、のこぎり、槍鉋、刀子の三本が水牛の角の鞘に入ってるんですが、この鞘は三本が一つにくっつけてあって、言わば三位一体(笑)
スゴクちっちゃい(5~6センチ?)ののこぎりや槍鉋は、飾りとして帯から下げてたのかな?
なんで、のこぎりや槍鉋を?(笑)
ほかにも、帯執が鞘と同じ象牙から掘り出された美しい「斑犀把紅牙撥鏤鞘刀子」もありましたよ~♪
刀子、大好き☆

他にも、高さ3センチほどの「金銀絵小合子」や同じぐらいの大きさの「紫檀銀絵小墨斗(小型の墨つぼ)と糸車」という、絶対実用品とは思えない可愛い代物(おいおい)もあって。
刀子もとっても小さいし、奈良時代の人は、ミニチュアが好きだったのかしら?
それとも、お人形遊びでもしたのかな(笑)

混雑がそれほどでもなかったので、どれもこれもゆっくり拝見できて、なかなか良かったですよ☆

ただ・・・・・連休以降は時間帯によってはしっかり混雑しているそうです・・・・・早めに行ってよかったわ~。


で、その翌日2日は一の鳥居そばの菊水楼で親せきの法事がありました。
本来は夫が出席するはずだったのに(夫の親戚の法事です!)なんだかお友達のパーティが今話題の(笑)リッツカールトンであるとかで、私にピンチヒッターが回ってきました。
ま、菊水楼だし、良いかな、と(笑)
明治時代の木造三階建て
d0007913_1232638.jpg
お水取りのお松明ですね。
d0007913_123248.jpg

玄関の天井に菊水の模様
d0007913_1232584.jpg

本館でお食事をするのは初めてでしたが、器もお味も結構でした。
ただ、周りを夫の伯母さまたちに取り囲まれていて、料理の写真を撮るのがはばかられたのが、残念です・・・・・私だって気を使うことはあるのですよ、はい(笑)

鷺池ではそろそろ紅葉が始まって。
ナンキンハゼは色が綺麗ですね
d0007913_1232763.jpg

[PR]
Commented by かるほ at 2013-11-07 22:22 x
おお、なぎさんも、アレがお気に入りだったのね>一筆書きお香うずまき♪
あんなのうちにあったらテンション上がるだろうなあ。
あの線香あったら買ってしまいそう~(香木が高そうだから、無理かな)
Commented by nagiwi at 2013-11-08 18:55
かるほさん
そうなのよ~、あれ、良かったよね<一筆書きお香☆
お土産にあるかと思ったけど、無かったよね。
博物館グッズにあったのは「天平の香り」とか言うお香と香立てがだったけど、絶対こっちが可愛いと思う♪
蕨手香とでも名付けて、売り出すべきだと思うわ(きっぱり)。
by nagiwi | 2013-11-05 22:03 | 博物館&資料館美術館 | Comments(2)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi
プロフィールを見る
画像一覧