風の中の小鳥

合ってますよね☆

半襟を白ではなく、色のあるものに組み合わせたら、私好みになりました☆

d0007913_14433575.jpg
d0007913_14414835.jpg










小さくてよく分かりませんけど、この半襟は
撫子の模様。
撫子って、秋の七草に入ってますね。

万葉集にも山上憶良の歌で、

「萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤袴 朝顔が花」 

と歌われて、私の大好きな花です。
[PR]
by nagiwi | 2005-10-10 14:55 | 着物 | Comments(7)
Commented by marie004 at 2005-10-11 00:07 x
ナデシコといえば、大和なでしこですね。
楚々として可憐な花がさりげなく半襟にチラリ! う~ん、粋な感じがします。
なぎおねーさまは青はお似合いにならないの? そんなことないと思うけど・・・・・もっとはんなりした(雑誌で勉強した言葉です・笑)色合いがいいのかしら?
わたしは足袋にうさぎさんの刺繍したのを買いましたが、早く履かないと季節遅れ(そんな言葉あるかしら?)になってしまいます。
Commented by 茶葉 at 2005-10-11 00:20 x
わあ、とっても良い感じの半襟ですねえ~好みだわ~(^^)
ナデシコは大好きな柄で、お人形用の帯など持っております。
夏の花だと思ってましたが、山上憶良にそんな歌があったとは…
この色だと秋にも良いですねえ~。
先取りなら臙脂の帯だけれど、お天気がよい日には濃すぎるかな?って~ちょっと迷うところかも…
ちょうどしっくり来る素敵な組み合わせになりましたね、さすが(^^)
Commented by なぎ at 2005-10-11 23:33 x
万葉集に歌われてるのは、自生の「河原撫子」。夏から10月頃まで咲くそうです
marieさん
青を着るとどうも肌色がくすむように思うんですよね。青は美人色だそうですし(涙)・・・・
ウサギさんの足袋って、季節あるかなあ?
お月見の秋、雪ウサギの冬・・・春のウサギも可愛いよ!

茶葉さん
今日は雨模様でしたけど、気温が低かったので、着物姿が快適でした。
なでしこって、夏の花みたいな気がしますよね。でも、秋の七草の一つで、秋の季語なんですよ。
Commented by marie004 at 2005-10-15 09:43 x
わたしはまた、ウサギさんはお月見専用かと思ってました(笑)
かわいいお花がついたのも買ったんですよ。
その人その人によく映る色合いって、たしかにありますね。
「風と共に去りぬ」でスカーレットが「青目の女が緑色のドレスを着ると肌の色がかびたチーズみたいに見える」なんて言ってましたっけ。好きな色が必ずしもよく映るわけではないのが残念~
茶葉さんはお人形に着物を着せてらっしゃるから、そのへんよく研究がおできになれるのでは?
Commented by なぎ at 2005-10-15 23:16 x
外国だと、目の色や髪の色との相性も大きいでしょうね<自分に似合う色。
私たちだと、映るかどうかは肌色で決まることが多いのかしら。
でも、かびたチーズみたいな肌って・・・気持ち悪~(笑)

お花の足袋も可愛い!marieさんには可愛い感じが似合いますよね。
Commented by 茶葉 at 2005-10-16 23:38 x
ウサギさんの布買ってあるんだけどお月見限定なのかしら??とちょっと考えてました~(^^)

秋の七草というと萩、ススキ…と思い浮かべるのは憶良の歌の影響だったんでしょうね。
おみなえしや藤袴は古代から咲いていたという雰囲気がありますね。
あとは秋になると良く生けるリンドウやワレモコウを思い浮かべてしまうんですが(^^;

>marieさん、
お人形は肌の色がすごく違うので、似合わないのは徹底的に似合わないので苦労します~。
日本人のベージュの肌と黒っぽい髪はかなり合わせやすいほうなんじゃないかしらね?
黴びたチーズみたいに見えるってのはすごい…
血色が悪く見える色とか、ありますけどね(^^;

秋のタイプの人、とかカラーリングでは似合う系統の色は決まっていると言いますよね。
じっさいには青と言っても色々な青があるから~お似合いの色は絶対あると思いますよ。
メークの色を微妙に変えても違ってくるし…
半襟でなさってるように~顔に近いところで工夫するのも大きなポイントでしょう~(^^)
Commented by なぎ at 2005-10-17 18:25 x
あの山上憶良には、こういう歌もあるんです。
「秋の野に 咲きたる花を 指(および)折り かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
秋の七草って言うのはここから来てるんだそうです。

で、その七草の中で「あさがお」は、桔梗のことだとかいや槿(むくげ)だとか、定説はないらしいですね。
ただ、ちょっと面白いなあと思うのは、萩、なでしこ、葛、おみなえし、あさがお(桔梗だとしても槿だとしても)は、秋というより夏の終わりに咲く花ですよね。
ほんとに秋だなあ、涼しくなったなあ、と思うようになってから咲くのは、藤袴と尾花だけ・・・・
その頃は秋に咲いてたのかしら?それとも、秋の気候が今と違うの?

吾亦紅、あの花の形も色もそれから、名前も大好きです。
<< 夏期スクーリングの 久しぶりに >>