江戸から昭和の着物展

奈良県立美術館で行われてる Kimono Beauty 展を見に行って来ました。

奈良駅に着いたのは丁度お昼前。
腹が減っては戦はできぬ、ので、まず腹ごしらえ(-_^)
近鉄奈良駅近くの「百夜月」というお蕎麦屋さんです。
d0007913_18304997.jpg
最初は大人しくお蕎麦だけを頂くつもりだったんですが、前の席の方がお酒を注文されたのを見て、私達も…
d0007913_1830529.jpg

朱雀門、美味しかったです!
d0007913_18305360.jpg

お蕎麦は10割のミョウガぶっかけ☆
オクラも入ってて、なかなかの歯ごたえでした。

近鉄奈良駅を見たところ。
行基さんに屋根ができました。
d0007913_1830544.jpg


今回の特別展にはボストン美術館から出展の婚礼衣装が12領ほどあって、その保存の良さにビックリ‼
その他の出品物も量も質も充実してて、満足満足。
それに着物姿の人が結構多くて、楽しかったです♪

この日は天気予報より気温が低く風もあって、過ごし安かったので、猿沢池そばの遊中川に行きました、が、人が多い…
ここは穴場の筈だったのに^^;
d0007913_18305555.jpg

店内も改装されてて、多数のお客さんに対応できるようになってたし、カフェも一部かわってましたが、無事お茶してきました。
ケーキとコーヒーを前にご機嫌の私です。
d0007913_18305671.jpg


穴場が穴場でなくなるのは、嬉しいような悲しいような。
またどこか、人が少なくてオシャレで、長い時間落ち着いて座れるところ、探さなくちゃ!
[PR]
Commented by marie004 at 2013-06-08 09:44 x
江戸から昭和の着物って、もろツボです~!!
あの時代の着物っておもしろいですよね。、
婚礼衣装というと、さぞ贅を尽くした豪華な着物でしょうね。
見たい……

お蕎麦おいしそう。お蕎麦といったら、わたしなら冷酒ですね。ああ、これぞ着物でいただくたべものという感じがします。
Commented by nagiwi at 2013-06-09 00:03
marieさん
刺繍や染めの技法の粋をつくした美しい着物がたくさんあって、目を奪われましたわ~♪
特に婚礼衣装は・それはもう素晴らしくて。
大正ぐらいまで、婚礼衣装は黒、白、赤の三つ重ねだったそうで、色違いの地色で同じ模様の三枚のうちかけを重ねて着たそうですよ。
三枚揃ったものはなかったんですが、白地と赤地のセットとか、赤地と黒地のセットのが出品されたました。
これがね~~、二枚とも刺繍や絞りをちりばめた同じ模様なんだけど、少しづつ模様の大きさが違ってて、ほんとに見事でしたわ☆
見たら、きっと着たくなります(笑)

by nagiwi | 2013-06-02 18:01 | 博物館&資料館美術館 | Comments(2)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi
プロフィールを見る
画像一覧