風の中の小鳥

高遠の桜☆

4月22日、23日と、友人の運転で高遠城跡へ桜を見に行ってきました☆
江戸時代、高遠藩には馬の姿が桜の花に埋もれて隠れたという桜の馬場があったそうです。
明治になって荒れたままになっていた高遠城址に、旧藩士達が馬場の桜を城址に移植したのが
公園の桜の始まりだとか。

高遠の桜は、高遠小彼岸桜。

これは染井吉野より少し小ぶりで花びらに赤みがあって、園内には約1,500本以上の桜があり、
古くから「天下第一の桜」と称されてきました。
その城跡にあふれんばかりに咲く桜を見ようと、当初は16日から行く予定だったのですが、
今年は開花が遅かったため、一週間遅らせたんです。

そのおかげで、まさにちょうど満開の桜に出会えることになったのは良かったんですが、22日は朝から雨!!

お昼前に彼女にピックアップしてもらってから、宿泊先の伊那市仙流荘に到着するまでずっと雨降りで、天竜川沿いのこの宿は霧に煙っていました。
宿の前には高遠小彼岸桜が、山から流れてくる霧の中で美しく咲き誇っていました。
d0007913_1636149.jpg

早めの夕食を取ったのですが、
d0007913_1636050.jpg

この日の最高気温は15度で、食堂にはストーブがたかれていました(ブルブル)
d0007913_16363274.jpg

このお宿では、夕食後夜桜バスで高遠城跡まで連れて行ってくれます。
相変わらずの小雨の中、高遠城跡に着くとそこにはライトアップされた桜の城が!
d0007913_16362554.jpg

怪しいほどの美しさに息苦しいほど・・・・
小一時間ほど散策した後、宿に戻ってお風呂に入り(露天風呂もあってとってもいいお風呂でした!)早寝しました。
お宿の人に聞くと、雨だったら少々遅くても駐車できるけど、朝晴れていたら早く行かないと駐車場はあっという間に満員になるというし、お天気は回復傾向にあったので、7時半には出発しようと云うことになったのです。

そして、それは、大正解でした!

6時に部屋の窓から見た天竜川沿いの山々に霧は掛かっていましたが、時折薄日もさし、桜の色は昨日よりピンクが濃いですわ~♪
d0007913_1637115.jpg

城跡の駐車場に首尾よく駐車し、登っていくと、そこはまあ、満開の見事な桜で埋め尽くされていました!!!
d0007913_16365487.jpg

しかも、8時前の城跡に人影はまばらで、桜独り占め~♪
美術館横の桜
d0007913_16373646.jpg
どこもかしこも、桜でいっぱい!
雨を吸って膨らんだ桜の美しさ☆
d0007913_16373350.jpg

この木を高遠より暖かい所に持って行って植えたら、花の色が薄くなるんですって!
大阪の造幣局の通り抜けに、この高遠小彼岸桜があるそうですが、花はもっと白っぽいとか。
不思議ですね~!
9時過ぎると大型バスが到着し出し、人も増えてきました・・・・
d0007913_16375945.jpg

桜を見た瞬間、みんな一様にため息をついてはりましたわ~。
お城の周りにもそこここに見事な桜が咲き誇ってて、桜に酔う心地がしました☆
d0007913_16375634.jpg


お天気が回復してきたこともあって、お昼前には結構な人出になってきたので、帰宅の途に着きました。

離れた所から高遠城跡を振り返ると、大きな桜の花束が空に浮かんでるみたいでしたわ~。

雨に降られたのは残念とも言えますが、そのおかげで人影まばらな桜を堪能できて、却ってラッキーだったのかも。

見事な桜を満喫した旅になって、ほんとに楽しかったです☆

で、この次の週は、角館に行ったんですよね~。
我ながら、ようやる(笑)
[PR]
by nagiwi | 2012-05-03 16:41 | 旅行 | Comments(2)
Commented by かるほ at 2012-05-07 22:05 x
おおう、ここの桜の開花が遅れていた「おかげ」で吉野も宇陀もいけたのよね(笑)
繰り延べたから、ここも満開だったし。
なぎちゃんのアソビの采配と、今年の天候のおかげだな~
>今年の桜三昧。
桜に酔うって本当ね。奈良から帰ってしばらくは頭ぐるぐるな感じだったし。
今年はたくさん桜実、もとい、桜見したねー。
秋はイチョウを見に行こうね(笑)
Commented by nagiwi at 2012-05-07 23:32
かるほさん
そうなんよ~、全体に開花が遅かったおかげで、宇陀と吉野に行けたんだわさ(笑)
しか~し、開花が遅かったのに、どこでもちゃ~~んと満開に行きあうなんて、我ながら何たる強運(笑)
ほんまにうまいこと行けました☆
わたしって、桜中毒かもね。
秋には銀杏を追いかけよう~!
<< 桜、フィナーレ・・・・・・角館☆ 爛漫の宇陀♪ >>