風の中の小鳥

ソムリエ二人と行く花吉野☆

4月16日、かるほさん、yumekoさん、ゆずさん、私で吉野山に行ってきました☆

吉野山は上千本、中千本辺りがちょうど見ごろ♪
普通、吉野にお花見に行くには、近鉄で吉野まで行き、昭和4年開業の日本最古のケーブルに乗車、
竹林院前から金峯神社前までバスに乗って、そこから徒歩で下山する、
というのがもっとも一般的なコースです。
が、かるほさんから送ってもらったスケジュールによると、
橿原神宮前7:17分発、吉野神宮8時5分着の電車で移動、そこから金峯神社までタクシーで!
これなら時間のロスがほとんどありません!

素晴らしい計画だわ~♪

ということで、朝は5時起き!
「吉野の桜を見てきます」というメモだけを夫に残して、出かけました。
・・・・前日に言っておくのを忘れたんです~(汗)

平端あたりでゆずさんと久しぶりにお目にかかり、あれこれお話してる間に橿原神宮前。
かるほさん、yumekoさんとも合流し、高校生でいっぱいの通学電車で吉野神宮につきました。
d0007913_16475657.jpg

駅前で待っていてくれたタクシーの運転手さんのお勧めで、まずは吉野神宮へ。
明治25年創建の吉野神宮は、祭神が後醍醐天皇。
京都の御所へ帰還される事を熱望されていた後醍醐天皇のため、
本殿も拝殿も京都の方角を向いてるらしい。
d0007913_16483951.jpg
静かな境内
d0007913_16483022.jpg
ここを行くと大峯奥駈け道・・・・

ここから金峯神社まではタクシーでひとっ走りですが、運転手さんはとっても親切で、
如意輪寺の近くにこんな素晴らしい景色があるのを教えてくれました!
d0007913_1649886.jpg

これを見ただけでも、来た甲斐があったかも…


金峯神社のバス停は坂の下
d0007913_1649045.jpg

前回バスで来た時はこの坂をゼ~ゼ~言いながら登った覚えがあるんですが、さすがはタクシー!!!
金峯神社のまん前に到着しました☆
d0007913_16493833.jpg
前回の時よりずいぶんきれいに整備されてる・・・・
鳥居から神社に至る道の両側のうっそうとした木立はばっさり伐採されて明るくなり、
桜の若木が植えられてました。

義経隠れ塔を見た後、さあ、西行庵と苔清水へと向かいます。
ここって…・確か登り・・・でも、金峯神社までタクシーだった分、とっても元気のはずですが、
足元がジュクジュクで滑るわ・・…所々には柵が整備されてましたが・・・・ここでも林が伐採されて
桜が植えられてました。
そのせいで見晴らしがよくなり、谷底がはっきり見える分、足元が結構怖かった~。
d0007913_1649382.jpg
こんな人里離れたとこで庵を結ぶなんて、西行さんのいじわる~!(笑)
もともとは鳥羽上皇に北面の武士として仕えていた西行は、23歳で出家。
各地を転々とし、数々の歌を残したことで有名ですね。
現在放映中の大河ドラマでは、オットコマエの俳優さんが西行をやったはりますが、
ほんとはどうだったのかしら~(笑)

とくとくと 落つる岩間の苔清水 汲みほすまでもなきすみかかな 西行
露とくとく心みに浮世すすがばや  松尾芭蕉

その後は順調に山を下って(この日は暑くも寒くもなく、歩きやすい下り道で、とっても気持ち良かったので、つい鼻歌が出てしましました☆)吉野水分神社へ。
d0007913_1650314.jpg

正面の3箇所に破風があって、中央に春日造左右に流造の三殿を横に繋げた有名な形の屋根は、
綺麗に葺き替えられてました☆

またしばらく下ると、花矢倉。
ここは世尊寺跡と三郎鐘(吉野三郎)のすぐ下です。
ここからは、眼下に蔵王堂まで続く花の道が☆
d0007913_16502677.jpg


ここらあたりでそろそろお腹が減ってきたので、佐藤忠信の花矢倉の下あたりで昼食。
目の前に満開の桜を見ながら、持って行ったお弁当を楽しみました。

この朝のタクシーの運転手さんから「白い蔵のところを曲がると、人の知らない桜のスポットがあるよ~」と
教えてもらったんですが、白い蔵を首尾よく発見。
半信半疑で下っていくと
d0007913_16511229.jpg

手入れの行きとどいた庭のある別荘らしき家々が並び、桜が咲き誇っていました。

元の道に合流して竹林院前まで来たところ、バス停には長蛇の列が!
d0007913_1651815.jpg
うわ~、これから登らはるんや・・・・ご苦労様です・・・・

竹林院の枝垂れ桜は満開ですが、さすがに人が多くて、なんだか暖かい。
d0007913_16514697.jpg


ぶらぶら降りて行くと桜本坊(さくらもとぼう)
d0007913_16513230.jpg

ここへ入るのは初めてでしたが、思いのほか奥の深いお寺で、崖に立った大広間からは、絶景が!
d0007913_16521085.jpg


しかし、ここで雨が降り出し・・・・やむなく、勝手神社や吉水神社に立ち寄るのをカットし、
金峯山寺へ。
d0007913_1652531.jpg

この時期はちょうど秘仏公開中☆
いつもながらこの山の上にこんなでっかいお堂や仏像を作るなんて、
昔の人はすごいな~と感嘆致しましたわ。

ここから吉野山を振り返ると、雨で靄った山肌いっぱいに桜が・・・

この吉野山に桜が多いのは、役行者が大峰山系で修業を積んだ結果、金剛蔵王菩薩が現れたので、
その姿を桜の木で彫ったのが起こりとか。
それ以降、この山で修業する人たちは、桜を神木として大切にし、蔵王権現に祈願する時には桜の苗木を植えていったそうです。

桜は決して勝手に生えたものではなく、人の手によって育てられ、増やされてきたんですね。

そのおかげで、今日の私たちは美しい桜を楽しむことができます。
そして、今も、新たに木を植える試みが続いているのは、今日の道筋でもあちこちで見受けられました。
あの若木が大木になるころ、植えた人はもうこの世にはいないかも・・・・・木を植える、ってそういうことなんですよね。

この日は雨が本降りになってきたのと、翌日は宇陀に行く予定だったので(!)、
体力温存のためケーブルで下山しました。

ソムリエ二人に案内してもらえて、贅沢な花吉野でしたわ~♪
[PR]
by nagiwi | 2012-04-20 16:59 | 奈良 | Comments(2)
Commented by かるほ at 2012-04-20 23:40 x
桜漬けな一日楽しかったね。
一応、コーヒー飲んでのんびりってのも雨振る前にできたし。
この吉野神宮駅と吉野神宮の鳥居の写真ステキ!
わたしのとったアングルだと、あかんかった…(涙)
もらっていってもいい?自分ちで使ってもいい?
Commented by nagiwi at 2012-04-21 00:15
かるほさん
ほんと、漬かりきったね~(笑)
雨も肝心なとこを見てからだったし。
写真、良い感じ?嬉しいな~♪
良かったらどんどん使ってくだされ~☆
<< 爛漫の宇陀♪ 還暦同窓会! >>