てくてく生駒

18日の日曜日、かるほさんに誘ってもらって生駒をテクテクしてきました☆

生駒山に登るのって何年ぶりでしょう?
息子たちが小学生ごろには、遠足や子供会の行事で山上遊園地に時々行きましたし、それ以前にも宝山寺や大阪側の枚岡神社に行ったこともあります…思い返せば枚岡神社から歩いて上ったことも・・・・歩いて上るなんて、私も若かったのね(笑)

今回は、「登りは歩かないでケーブルだし、美味しいランチもあるよ~」というかるほさんの惹句にイチコロ(笑)

いつものように何もかもお任せで行ってきました♪

生駒駅中央口で久しぶりに再会し、ケーブルカーで宝山寺に向かいました。
このケーブルカーは、鳥居前駅から 宝山寺駅間の宝山寺線と、宝山寺駅から生駒山上駅間の山上線からできてて、宝山寺線は創業大正4年、日本最初の営業用ケーブルカーです。
宝山寺までは通勤や通学の人もいるらしく、結構な本数が運転してますが、山上線は40分に一本!しかも、車体には、猫やら犬やらケーキやら、いろんなものがペイントされてて・・・・・まあ、可愛い、のかな(笑)
ケーブルカーはこんな感じ
摺れ違う時は、子供に帰って手を振ったほうが良いような気分になります(笑)

いくら登りは歩かない、とは言っても、宝山寺駅から宝山寺まではぜ~んぶ階段!
ぜいぜいいいながら振り返ると、こんな感じ☆
d0007913_11175.jpg

宝山寺は、役行者によって開かれた修験道場が始まりで、これが本堂
後ろに写ってる岩場が、役行者も修行したと云われる般若窟。
d0007913_113459.jpg

境内には吉村松太郎によって設計された洋風の二階建ての客殿もありますが、これは非公開でした。
境内をずっと登っていくと階段の両側にはずらりとお地蔵さまが並んでいて、そろいの赤いよだれかけを掛けておられました。
どなたか、寄進される方があるんですね…
d0007913_114914.jpg

どんどん登っていくと奥の院本堂が。
遠慮なく上がらせていただいてお茶を一杯ごちそうになり、アフリカにいる息子一家の家内安全を祈ってお蝋燭をあげさせていただきました。
で、そのまた奥の大黒堂をぐるりと回ると、平群谷を一望する素晴らしい眺望が広がっていました!
d0007913_1291.jpg

こうして矢田丘陵を見ると、思いのほか低いような気が・・・・生駒山が高いのかな?
この辺りが宝山寺の最高地点なので、あとはのんびり下り・・・・というほども下らないで、ケーブルの梅屋敷駅に出ました。
d0007913_123019.jpg

駅自体が階段になってる!…・後刻、これが苦痛の種になりました・・・・

この日のランチは梅屋敷駅近くのグリーンテラス生駒山の斜面に建ってて、見晴らしがすごい!
d0007913_131384.jpg

1500坪あると云う広いお庭にいくつかの建物が散在してて、お食事はその中の一つでして、お茶はまた別の建物でいただきました。
これはお食事した部屋。
d0007913_133252.jpg

クリスマスの飾りつけですね~♪
d0007913_135886.jpg
ハムや卵などの前菜
d0007913_141239.jpg
有機野菜や、海老フライ、ビーフシチューなど。勿論パンがついてます。
d0007913_142941.jpg
お腹いっぱいになったところで、なぜか、こんにゃく蕎麦が。
こちらの名物料理だそうで、これがないと常連さんから苦情が出るそうです。
美味しく頂いたんですが、この日のランチは私たち二人っきり。
コーヒーをいただきながら、暖房費ぐらいは出たんだろうか、と不安になりました(笑)

時間さえあれば一日中でも座っていたいところでしたが、この日のメインはこれからの山下りなので、そそくさと失礼しました。
が、それでもちょっと遅すぎたようで、梅屋敷駅横の階段に出たところ、後ろからケーブルの登ってくる音がしました(汗)
勿論、私も必死に階段を駆け上がったんですよ!
しか~~し!
階段が多すぎる(汗)急すぎる(冷や汗)登りの階段なんて大っきらい(大汗)私は来年還暦やし(劇汗)その上体重が重すぎる(劇劇汗)
などの事情により、ケーブルは会えなく私たちを追い越して去って行きました(涙)

次のケーブルがやってくるまでの40分、駅に座ってお喋りして居りました・・・・・・このコースを行かれる方は、時間に余裕を見ておかれることをお勧めします。
やがてやってきたケーブルで生駒山上駅に到着。
d0007913_151445.jpg

ここには生駒山上遊園地があるんですが、冬季は休業です。
寒いもんね~。
遊園地の中を突っ切って、電波塔の横を通り過ぎると、道が二つに分かれています。
ここから暗峠へ左手の近道を下っていきました。
d0007913_154038.jpg

この道が、ちょうど高取城からの下りを思わせるような、細くて急な道なの~♪
こういう自然な道が大好きなので、急に元気が出て、それまでずっとかるほさんのあとについてきたのに、ここからは先に立ってどんどん下りました!
d0007913_16053.jpg

この日はとってもいいお天気だったのと、道が南に向かっているせいもあって、木々が覆いかぶさった道なのに、なんだか明るくて歩きやすい。
やがて、この道は信貴生駒スカイラインと交差してました。
これが私たちが下ってきた道をスカイラインから見上げたところですが・・・・どこから来たのか分かりませんよね(笑)
d0007913_162883.jpg

この後、どこまでもどこまでも道は下りで、同じような細い山道が続き、もう一度スカイラインと交差して、また山道を下る、って云う感じ。
d0007913_165027.jpg

あんまり人にも逢わないし、なんだかとってもいい感じでした~♪

どれぐらい下ったか、ぽっと暗峠に出ました。
この石畳は江戸時代郡山藩によって敷かれたものですが、残ってるのはこのあたりだけとか。
こんなに細い道なのに、国道308号線!
大阪側から自転車で登ってきた赤いシャツの青年が汗まみれで奈良側へと下って行ったり、奈良側から来た車が、坂道を登りきれなくてエンジンがゴウゴウいってたり、ドラマがありますね~(笑)
d0007913_171446.jpg

私たちも奈良側へと下っていったんですが、ほんとに急な道だわ~。
標高差が相当あるんだから、普通なら九十九折りになるのが普通だと思うんですが、この道はひたすら山を駆け下りる感じにまっすぐドンドコ下りでした。
d0007913_174267.jpg

で、振り返ると生駒山の電波塔がこんな感じに見えました。
結構下ったんですよね~。
d0007913_18581.jpg

下りが大好きな私ですが、さすがに少し疲れたところで、ラッキーガーデンでお茶!ここにはヒツジさんもいましたよ。
d0007913_181989.jpg


この後、またまたドンドコ下って、竹林寺を目指しました。
竹林寺ってなんとなく生駒山にあると思ってたのですが、生駒山を下り第二阪奈道路の横手あたりにあるんですね!
知らんかった~!
このあたりでそろそろ辺りが暗くなり始め、竹林寺に着いたときは辺りが暗くなってて、行基のお墓はおぼろげにしか見えず
d0007913_193257.jpg

忍性のそれも何が何だか…
d0007913_194828.jpg

どちらの写真も真っ黒だったんで、帰ってきて明度を調整したら、写ってましたわ。
こんな風だったのね~。

竹林寺の参道横には前期の前方後円墳らしい竹林寺古墳があって、それを見られたのも嬉しかったです☆

この辺りはまるっきり不案内だったんですが、かるほさんはかつてお住まいだったそうで、さっさと歩いて行かれて、無事近鉄の駅に出ました。
ほんとに頼もしい案内人だわ!
この後、近鉄で生駒まで出て、そこでお別れしました。

いつものことながら、かるほさんのルート選択と時間配分には舌を巻きます!
今回は、私の行ってみたかった竹林寺と宝山寺にひたすら下りの山道、という、ベストなチョイスで、ほんとに楽しい一日でした。

かるほさん、ほんとにありがとう!

・・・・4時間ばかりずっと下ったので、さすがに次の日はふくらはぎが攣っておりました…・
[PR]
Commented by かるほ at 2011-12-26 11:14 x
大変お疲れ様でございました。
ケーブルカーでの猛ダッシュはホンマ、もう、すまんかったです(拝)
あれは私の時間配分ミス。あんまりティールームの景色が良かったので
つい長居をしてしまって…。あれに乗れていれば、竹林寺もまだ明るいうちに行けたと思う。
でも、新しい太い道から竹林寺に行ったのは正解だったわ。
暗くなりかけで、竹林まみれの細い道を行ってたら、ものすごく気味悪かったと思うし。
今度は通らなかった急坂の方に行きましょう!
あっちには美味い蕎麦屋があるし、タクシーでもいけるはずだから。
(しかし、雪道は登れないと思うので、季節が良くなったらね^^
Commented by nagiwi at 2011-12-26 22:56
かるほさん
色々ありがとうございました☆ほんとに楽しかったわ~♪
あのレストラン、とっても素敵でもっとゆっくりしたかったよね。
薄暗い竹林を行く道も興味ある~(笑)
美味しい蕎麦屋?!?って、食べる話になるとすぐ反応する私(笑)
暖かになったらまた歩きにつれて行ってね♪
Commented by 朱雀 at 2011-12-29 23:13 x
生駒は大阪府との境界にあるのですが、いつも電車で素通り。毎朝(イヤ気の向いた時)の散歩で淀川の堤防に出ると生駒のテレビアンテナがよく見えます。
Commented by lilakimono at 2011-12-30 17:50
えー?なぎさんでも歩いていかない場所があるのですか?!っと・・・
それにしても、奈良近辺は本当に名所旧跡の宝庫で、いつもTVの番組でも見ているように楽しませていただいてます。

今年はお目にかかれて、楽しい時間をありがとうございました~。
色々と大変な年ではありましたが、こうして終わっていくのですよねぇ。
新しい年が、なぎさんご一家の皆様にとり、良い年となりますように!!
来年も、よろしくお願いいたします。
Commented by nagiwi at 2011-12-31 11:46
朱雀さん
淀川の堤防からもテレビ塔が見えるんですか!
結構高いんですよね…そうですよね、あの塔はテレビの電波を大阪方面に飛ばすためのものなので、見えて当然かな?
Commented by nagiwi at 2011-12-31 11:51
りらさん
歩くのは大好きですが、登るのはぜ~~~~ったい願い下げです(笑)
こちらこそ、今年はお目にかかれてとっても嬉しかったです!
りらさんにっても今年は大きな出来事のあった年でしたね。
来年はもっといい年になりますように♪
この一年ありがとうございました☆
Commented by 独楽 at 2011-12-31 21:41 x
お==ソムリエ試験への予行演習ですね。いいなあ^^^生駒山から下りて暗峠に出られるんですね・・何だかこの頃取り残されてしまってさみしい・・来年春には是非・・
Commented by nagiwi at 2012-01-01 02:02
独楽さん
この頃ちっともお目にかかれなくてさびしいです~!
この日のコースは下りばっかりで、独楽さんや私にぴったりでしたよ(笑)
是非また奈良においで下さいね。ご一緒に歩ける日を楽しみに待ってます☆
by nagiwi | 2011-12-25 01:16 | 奈良 | Comments(8)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi