東大寺ミュージアムが開館しました☆

南大門の横で建設中だった東大寺総合文化センターが完成し、
10月10日に開館しました。
この文化センターは、元の東大寺学園の跡地にできたんですが、
図書館、ミュージアム、収蔵庫、寺史研究所、華厳学研究所、金鐘会館が含まれた複合施設です。

開館日には、ミュージアムで開催されている「奈良時代の東大寺」展に300人の行列ができた、という新聞記事が出てるし、
ポスターには不空羂索観音立像が~♪
これは、正倉院展が始まる前に見ておかねば!と、行ってきました☆

入場料は、東大寺と共通だと800円、ミュージアムだけだと500円ですが
13の国宝を含む全60点の作品が、展示替えをしながら来年の春まで出品されています。
d0007913_172047.jpg

ミュージアムの正面、銀杏の紅葉が始まってました。

平日の午後に行ったので混雑はしてませんでしたが、それなりの人出。

入った所に、大仏殿の前の八角灯篭の羽目板があって、本物を見るのは久しぶりなので、ときめいちゃいました☆
なんとなく幸先が良いような気がしたのは当たりだったようで、金堂の鎮檀具がずらりと並び、中でも、銀の小さい壺の狩猟文の細工の見事だったこと!
正倉院御物にも引けを取らないわ・・・
例の、陰陽の剣は修理中で見られなかったのは残念でしたけど、流石東大寺、水晶の合子やガラスの玉などの色の鮮やかなこと、細工の綺麗なことに見とれました。

そして、勿論、今回の東大寺展の白眉は不空羂索観音立像でしょうね~。
左右に日光、月光菩薩を従えて、悠然とお出ましでした☆
宝冠は修理中とかでありませんでしたが、法華堂より明るいミュージアムの中では、
額の第三の目や衣文のひだの細部に至るまではっきりと見ることができ、
しばし動くことができないほどの感動でした☆
あわされた両手の中には大きな水晶があったそうですが、今は取り外されてました。
そのために両掌の間には少し空間があって、指先がなんだかとっても柔らか。
堂外での公開は初めてだそうで、法華堂の修理が終わったら元に戻られるそうです。

それに加えて、日光、月光菩薩!
不空羂索観音は乾漆ですが、日光月光菩薩は塑像。
塑像って、結構劣化してるのが多いんですが、こちらの両菩薩は表面の色はほぼ落ちているものの、
日光菩薩の袖口には緑の色も残ってて、状態がすごく綺麗で、。
ことに、輪郭の線がすっきりとシャープで、ふっくらとした口元には笑みを浮かべておられましたが
その笑みはちょっといたずらっぽくさえ見えましたわ~。

他にも、賢愚経や五月一日経、東大寺要録など興味深いものもあったんですが、
ひたすら、不空羂索観音と日光月光菩薩の前に立ち尽くしてた気がします。

会期中にもう一、二度は来たいものだわ、と思いつつ外に出ると…・

ものすごいガキ・・・・もとへ(汗)、お子様(笑)の群れが!
d0007913_1104768.jpg

考えてみれば、今は遠足とか修学旅行とかの大シーズンですよね・・・
南大門のそばの駐車場にバスで乗り付け、お子ちゃまたちの団体さんが大挙して東大寺の参道を歩いて行きました。
それがまあ、賑やかなこと、賑やかなこと。
ピ~~ピ~~、きゃ~~、きゃ~~、すごかったです。

入る時にも少しは居たんですが・・・・・よく見ると、そこらじゅう、人の群れ。
鹿もお疲れのご様子でした(笑)
d0007913_1151638.jpg


当初は興福寺の国宝館と三重塔も見るつもりだったんですが、人出に怖気をふるったのと、時間も遅かったので、帰宅しましたが、良い物を見たなあ~っていう充実感がありましたわ。

お勉強のモチベーションも少し上がったような(笑)
[PR]
Commented by marie004 at 2011-10-15 10:32 x
東大寺ミュージアムなんて、すてきだわ~
ぜひ不空羂索観音立像見てみたいです。仏像はお寺さんの中に鎮座されているとこまかいころがよく見えなくって……きっと昔は黄金色や極彩色に輝いていたからちゃんと見えたんでしょうね。

でも、修学旅行の群れにはあんまり遭遇したくない…(笑)あの年頃の子が見てもそんなに感激しないんじゃないかしらん~
Commented by 朱雀 at 2011-10-15 14:40 x
東大寺ミュージアムのことは新聞に出ていました。もう少し、シーズンが過ぎたころに出かけて、しっかり見ようと思っています。
Commented by nagiwi at 2011-10-16 00:37
marieさん
東大寺ミュージアムと興福寺の国宝館はお勧めですわ~!
仰る通り、お堂の中では見えない細部まではっきり見えました。
観音は漆塗りの上に金箔を重ねてあって、金箔はかなり落ちてるんですが、漆のつやつやした黒と少し残ってる金とが何とも神々しかったです。
おこちゃまの群れは大体は大仏殿の方に行くようで、ミュージアムの中にいたのは中学生以上かな。
この子たちはみんな熱心にメモをとったりしてて、良い感じでした☆
Commented by nagiwi at 2011-10-16 00:39
朱雀さん
今であの程度の込み具合なら、観光シーズンを外したらガラガラになって、とっても見やすいかもしれません(笑)
Commented by lilakimono at 2011-10-17 05:14
また一つ、奈良に伺う楽しみができましたね~。
伺えるのは・・・また真夏?!
修学旅行シーズンではないことだけは確実ですが・・・・
Commented by nagiwi at 2011-10-18 01:15
りらさん
東大寺に収納庫がなかったために博物館などに預けてあった物が色々展示されるようですね。
時々は企画展などもしてくれると楽しみが倍加します~♪
ミュージアムの中は真夏でもちゃんとエアコンが効いてるから、涼しいと思います(笑)
by nagiwi | 2011-10-14 01:19 | 奈良 | Comments(6)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi