真夏の苦行(笑)その2日目

7日・・・この日もカンカン照り!
陽光きらめく晴天の下、JR奈良駅からシャトルバスに乗り込んで平城宮跡に向かいました。
このバス、無料だし、便利ですよね~。

d0007913_22284735.jpg
真っ青な夏空と大極殿と近鉄特急。
いかにも暑そうですが、思いのほか風があって、しかもその風が爽やかで心地いい、東京とは空気が違う、そうです☆

この日は、遣唐使船と大極殿を見るのが主な目的なので、先に平城京歴史館に入る整理券をもらったところ、入場までに30分ほどあったので、朱雀門へ。
d0007913_22332321.jpg
朱雀門広場では木簡体験をやってました。
d0007913_22471973.jpg

和紙に墨でメッセージを書き込み、それを木の筒にいれると、平城京の希望の場所に埋納して下さるというもの。
d0007913_2242319.jpg
良い墨の香りがしてました。

遣唐使船はやっぱり人気が高いです☆
d0007913_22504066.jpg

見れば見るほど、小さい…これで海を越えるのって、怖いですね~。
平城京歴史館のそのほかの展示はそんなに期待してなかったんですが、VRシアターは良かった!
ほんとに平城京を俯瞰してるような気になりましたわ~♪

さて、歴史館から大極殿迄は炎天下を歩くことになります。
東京からの友人たちは普段は歩きつけてないので、途中で倒れるかも?と、冷えぴたやアイスノンを準備。
梅干しを水のペットボトルの中に入れ、大極殿目指して出発!
d0007913_23102979.jpg

帽子にサングラス…なんだか怪しい一行ですね~(笑)
d0007913_23121539.jpg


大極殿には四神と十二支の壁画が描かれ、高御坐もありました。
これは復元されたシビ
d0007913_2316427.jpg

大極殿からは朱雀門までが見通せて。
謁見を求めて朱雀門からやってくる一行が見えたんでしょうね。

タクシーを拾って西大寺まで行き昼食。

昼食後、駅前から丁度やって来たバスで秋篠寺に向かいました。
d0007913_2324991.jpg

競輪場の横を通り過ぎる(笑)とバスは静かな住宅街にはいるんですが、そこに秋篠寺はあります。
d0007913_23243870.jpg
綺麗な苔が印象的なこのお寺は、伎芸天で有名ですね☆
d0007913_2325275.jpg
瞑想的な表情と優雅な立ち姿の伎芸天は、頭部は奈良時代の脱活乾漆造、体部は鎌倉時代の木造。
後世の補作ですけど、違和感はありません。

秋篠寺は素敵なお寺なんですが、興福寺の国宝館に行くには足の便が悪くて。
タクシーを呼んだら、乗務員さんの名前の上に、「まほろば検定一級合格」の文字を発見☆
わ、私も頑張らねば…

で、国宝館でゆっくりして次に向かおうとしたら、ここで一人脱落(笑)
やっぱり暑さにやられはったんでしょうか・・・・・タクシーでホテルに帰って、夜の部に備え休息を取らはることになりました。

残りのメンバーは依水園の前の道を通って東大寺の裏に出、二月堂へと向かいました。
d0007913_23415895.jpg

何度通っても素敵。絵になる道ですね。

まず三月堂を拝観したんですが、ここは今修理中でいつもと違う雰囲気ですが
いつもは薄暗い中でしか拝観できない日光、月光菩薩が間近で見られました。
受付の方に、四月堂拝観を勧められて初めて入りました!

ここで、なんだか見慣れた集団に遭遇。
首からかけたIDカードに見覚えがあるなあと思ったら、奈良大のスクーリングの一団でした!
炎天下のスクーリングを思い出し、思わず「頑張ってください!」と声をかけてしまいましたわ~。

修二会の時は、松明を持った童子がこの階段を登ります。
d0007913_23425176.jpg

二月堂からの眺めは最高でした!

大仏殿の横を通って(中に入らず)ホテルに戻り、着物に着替えて(!)
夕食のレストランに向かいます。

この日の夕食はフレンチのラ・ヴィ
若くてハンサムなシェフの御主人と、可愛い奥様とが二人でやっておられるんですが、とっても美味しいの☆
d0007913_23541561.jpg
小さくて可愛いお店で、応援したくなります♪
4周年だそうで、その感謝コースと言うのを頂きましたが、とってもゴージャスでした~。
d0007913_015664.jpg

途中脱落した友人も無事復活し、みんなで美味しく楽しくいただき、ホテルに戻りました。

さあ、あと一日だ!
[PR]
Commented by marie004 at 2010-08-18 22:01 x
写真を拝見しているだけで、あづいですぅ~!
すごい夏空ですね。みなさん、この下を歩かれたんですか? お疲れ様でした。遣唐使船も大極殿も在りし日の姿は色鮮やかで華やかなものだったんですね。
秋篠寺の技芸天は、大学の時の指導教授のお気に入りで、研究室の旅行で見に行きました。当時は、阿修羅のほうがいいなあなんて。

みなさん、2着目のお着物ですね。さすが着慣れてらっしゃいますね。
Commented by 朱雀 at 2010-08-18 22:22 x
東大寺とスクーリング・・・そういえば何年か前このパターンでnagiwiさんと出会いましたね。こちらはまだ現役生を謳歌しています。卒業予定は最速で13年4月になりそうです。
Commented by nagiwi at 2010-08-20 18:40
marieさん
それはもう、暑かったですが、午前中は風があって比較的しのぎやすかったので助かりました!
奈良って、極彩色の華やかな都だったんですよね。
わびさび、って言うのが出てくるのは江戸時代ぐらいから?

伎芸天は久しぶりに見ました。
秋篠寺がとっても綺麗になってて良かったです。
Commented by nagiwi at 2010-08-20 18:42
朱雀さん
そうそう、あの真夏のスクーリング、思い出しますね☆
スクーリングって、真夏か真冬か、どっちかでしたね。
スクーリングに、また行きたいわ~♪
by nagiwi | 2010-08-18 00:03 | 奈良 | Comments(4)