風の中の小鳥

35度の猛暑の中

京都市立美術館であったボストン美術館展に行ってきました。
d0007913_032185.jpg

べラスケスやレンブラントからバルビゾン派やモネなどの印象派、20世紀のピカソやマティスら80点が展示されてました。
最近の美術展は、ガラス越しではなく直接見られることがあるんですが、ここもそう。
絵具のタッチまではっきり見えて、迫力がありました…が、人が多くて暑かった…・

実はこの日は、絵を見るのが主目的ではなく、8月に夫の祖母の33回忌の法要を営むので、その時の粗供養を探しに行ったんですよね。
来ていただくのはほんとに近親の女性だけなので、あると便利だけど、自分では買わないようなもので、しかも、綺麗で記念になるものはないかな~と、考えてるとなかなか難しくて。
そういうものはやっぱり京都かな、と京都に詳しい友人に一緒に行ってもらいました。

おかげさまで、あちこち歩き回って、綺麗な絽の小風呂敷をゲット☆

汗だくになりましたが、行った甲斐がありました♪

この炎暑の中を、なんと物好きな、とは思ったんですが、着物を着て行ったんですよ~(劇汗)
d0007913_020773.jpg

この着物は、母が結婚前に着てたもので、私も学生の時に浴衣代わりに着ていました。
その後、どこにあるのか分からなくなってたんですが、先日実家へ帰った時に見つけたんです☆
紫地に撫子の花を白く染め抜いていて、大好きな柄行きなので、少し派手かなと思いましたが、また着ることにしました~。

麻で、家で洗えるのが嬉しいんですが…・昔のもので、染めが悪いらしく、洗う度に色が落ちるのが難点です(汗)
そもそもは撫子は真っ白だったんですが、だんだん桃色がかってきてるという・・・・(劇汗)
赤系統の色が落ちてるらしい…当然、紫の色もだんだん薄うくなってきてますわ…
d0007913_0292753.jpg


でも、さっと着てさっと洗えるのが夏には嬉しい一枚です!
[PR]
by nagiwi | 2010-07-22 00:32 | 着物 | Comments(4)
Commented by marie004 at 2010-07-22 21:56 x
撫子柄、モダンですねえ~!
雑誌の表紙で綾瀬はるかさんがよく似た柄の浴衣を着てらっしゃいましたよ!
夏帯かな?兵児帯かな?いいお色ですね。夏が来た~!という感じです。
Commented by nagiwi at 2010-07-22 23:16
marieさん
ありがとうございます☆
大昔の着物なのに、モダンに見えますか?
その上、綾瀬はるかさんと似た柄なんて、嬉しいなあ~♪・・・めっちゃ若づくり、と言うことかも(笑)
帯は絽で少し絞りが入ってます。
Commented by lilakimono at 2010-07-23 04:40
いかにも夏らしい、綺麗な色のお着物ですね~。
笑顔が素敵ななぎさんに、きっとよくお似合いだったろうと思います。

京都の暑さは、またひとしおだと聞きますが、気合入れば大丈夫!?
いつもなぎさんのお元気さに励まされる気がします。
Commented by nagiwi at 2010-07-24 14:29
りらさん
有難うございます☆
いつもはいろんな色を組み合わせるのが好きなんですが、あまりの暑さなので同系色にした方が涼しそうに見えるかな~と。
この日の最高気温は36度ぐらいだったそうで、立ってるだけで目眩がしそうでした(笑)
<< トロッコ列車と保津川下り あすか塾セミナー「日本国号の成立」 >>