大遣唐使展に行ってきました。

奈良博物館でやっている大遣唐使展が今度の日曜日でおしまい。
行こう行こうと思ってる間に、あと三日になってしまい(汗)しかも、連日の梅雨空(大汗)
運転のできない私は、雨脚が強いと駅までの自転車が辛いんです(涙)
天気予報によると、金曜日は一日中大雨、土曜は雨のち曇り、日曜は曇り、
と言うことだったので、土曜日に行こうかな~と空を眺めていたら、
お昼前から小降りになって、空は真っ暗でしたが、有難いことに雨はほんの小雨。

これ幸いと、行ってきました☆

終了近いせいでしょうか、並ぶことはなかったものの、博物館の中はそこそこの人出。
皆さん熱心に見ておられました。

先に行った人から、展示品が多くて見るのに時間がかかるよ~、と聞いてたんですが、
まさにその通り!
これでもか、これでもか、と珍しい物のオンパレード☆

入っていきなり、薬師寺の聖観音と唐代の石仏が並んで立ったはりました。

この聖観音は、小学生の時に初めて見て、仏像の美と言うものを実感した、私にとってもメモリアルな観音さまだったので、間近にお目にかかってほんとにうれしかった~♪
前から後ろから、思う存分拝見してきました。
唐の石仏と聖観音はほぼ同じ大きさですが、素材の関係か、文化の違いか、
聖観音さまの方が優美でしたわ~ん♪

それから、これは手の上に乗るぐらいの大きさの、菩薩半跏像の精緻な美しさには驚かされました☆
先日行った河内観心寺の如意輪観音に少し似た面差し。

安祥寺の十一面観音も綺麗だったし♪
唐の画家が描いた白馬の絵(脚が短い)とか、
興福寺と東大寺の鎮檀具(金塊とか銀とか、水晶とか、真珠とか、ほんまにすごかった!欲しかった!)(笑)や、
トルコ語と漢字で書かれた石碑の拓本(国際的じゃ~!)とか、
唐の皇子の墓室の壁に描かれた仕女(采女みたいなものか?)とか(高松塚に似てる)、
唐三彩の壺やら枕(かたくて寝れなそう)(笑)やら、

興味深いものが次から次で、一つ一つ見るのに必死!


井真成の墓碑もありました。

それから、もちろん、吉備大臣絵巻☆
信貴山縁起絵巻よりカラフルで、保存状態が良いのかくっきり鮮やか!
それに、登場人物のどれもこれも、ほんとに表情豊かで、今にも動き出しそうでした☆
いや~、さすがに絶品だわ~、吉備大臣ったら、かわゆい(笑)
良いもの見たな~♪

しかし、全部で250以上の出展作品で、見終えた時には3時間以上たってました。
結構真剣に見たこともあって、ちょっとヘロヘロ。

これは二度以上見た方が良かった、早く来るべきだったわ…と反省。

だってね~、天寿国繍帳を見損ねたんです~。

くちおしや~~~~(涙)
[PR]
Commented by lilakimono at 2010-06-22 12:05
私、見てきました!!天寿国繍帳!
wikipediaで・・・・・だはは
存在も名前も知りませんでした。
日本って、ホントにすごいぞ!っと胸張って威張りたくなる国宝ですねぇ。

なぎさんのところに伺う度に、私って本当に物知らずっと実感しますんです。
Commented by nagiwi at 2010-06-23 00:22
りらさん
天寿国繍帳って、飛鳥時代に作られたものが、何度も修繕されながら今日に至ってるんですよね。
で、その刺繍がすごく見事らしいんです・・・・欲しい(笑)
奈良って、今は田舎の小さな都市ですけど、1300年前は日本文化の中心だったことを、こういう古い文化財が教えてくれるように思います~。
Commented by かるほ at 2010-06-26 01:35 x
天寿国繍帳?あったっけ?
ってあれは展示品かけかえだったのかあ。残念★

私ももっとさらっと見られるものかと思っていたら、
思いのほか時間がかかってしまったから…。
鎮檀具はわたしも欲しかった(笑)
レプリカ売らないかなあ~♪

Commented by nagiwi at 2010-06-26 21:20
かるほさん
最初の一週間ぐらいだったみたいよ<天寿国繍帳
残念無念…
それ以外も、すごく充実した品ぞろえだったわね。

鎮檀具のレプリカ、売り出したらきっとはやると思うけどなあ(笑)
あの数珠、欲しかったよ~
by nagiwi | 2010-06-19 00:57 | 博物館&資料館美術館 | Comments(4)