風の中の小鳥

飛鳥京跡外郭北部調査の現地説明会に行ってきました。

飛鳥寺の南側で、飛鳥京跡の外郭北部が調査され、
飛鳥時代後半の石組溝や、石敷広場とその付属施設、掘立柱列が検出されました。
この辺りはしょっちゅう発掘調査をしてて、橿原考古学研究所がやってる分だけで、今回が164次。
他に、奈文研もやってますし、明日香村の教育委員会でもやってるし…
全部を足したら一体どのぐらいになるのか?
それでも、明日香を全部調査って無理よね・・・
明日香はどこを掘ってもなんかね~。
調査報告書

今回は、飛鳥京の北部の様相と北限を調べるためのもので、
二つの区画が発掘されています。
一区は飛鳥寺の南東で、ここからは掘立柱塀と
d0007913_18144420.jpg
東西方向の石組溝、飛鳥寺南の石敷き広場(昭和31年に奈文研によって発掘調査された)を南北に走る石組溝の延長が見つかりました
d0007913_18145332.jpg

溝の中からは大量の土師器や須恵器が出土したんですが、これは、はそう(瓦偏に泉)
胴の丸い穴に竹か何かを差しこんで注ぎ口にしたんでしょうね。
お酒でも入れたのかな?
d0007913_18233976.jpg


二区からは、飛鳥寺南の石敷き広場の一部と、東西方向の石組溝、
d0007913_18301097.jpg
南北のU字状の石組溝が出土し
d0007913_18302543.jpg
東西の溝は飛鳥川に向かっています。向こうに見えるのは甘樫丘。
d0007913_18303998.jpg

飛鳥に都があったとき、この飛鳥寺の南辺りにも、石敷きの広場が広がってたんでしょうね~。

これらの遺構には、正方位のものと東西に振れたものが混在していろそうで、
それが今回の発掘の特筆すべき点だそうです。

実はこの日は、かるほさんの弾丸ツアほどではないにしても、あちこち見て歩こう!
との意欲に満ちていたんですが、
朝寝坊してでるのが遅くなったせいで、来客や電話につかまり、
出発がお昼前になってしまいました。
で、この現地説明会の説明を聞き終わったときには2時。
この後どうしようかな~と考えて、ふと、岡寺に行ってみようかな、と。
岡寺はものすごく急な坂の上にあるので、ん十年前に一度行ったきりだったんですよね。

飛鳥寺から岡寺の鳥居下までぶらぶら歩き、さあ、坂を上ります…
この坂は、もう、ほんとにすごくて、もうおしまいかと思うと、もっと急になる(汗)
この日は晴れてましたが、雨でも降ったら滑り落ちそう。
d0007913_18505379.jpg

岡寺は草壁皇子の岡宮跡に義淵僧正によって建立されました。
厄除と西国観音めぐりで有名で、本堂には日本最大の塑像の如意輪観音が。
d0007913_185472.jpg

岡寺はまた、龍蓋寺ともいわれるんですが、この名前は人々を苦しめた龍を、義淵僧正が封じ込め龍に蓋をしたことから付いたといわれていて、境内には龍蓋池と言う池があります。
この下に龍がいるらしい。
d0007913_190447.jpg

境内を登っていくと、瑠璃井という井戸が。
d0007913_1905957.jpg
これは石窟の中。
d0007913_1913858.jpg


石楠花の間を登っていくと、義淵僧正のお墓もあります。
d0007913_1924711.jpg

ここまで登ると、相当高いんですよ~。
上から望む本堂。
d0007913_194244.jpg

明日香はずっと下の方・・・・ここを登ってきたんですから、しんどいはずやわ…
d0007913_1951961.jpg


仁王門を出たところに、治田神社があります。
d0007913_1975474.jpg

創建当時の岡寺はこの治田神社の境内にあったらしく、
d0007913_1991973.jpg
この辺りから発掘調査で礎石や瓦が出土しているそうです。

久しぶりに行った岡寺ですが、沢山の参拝客でにぎわってました。
治田神社のそばに駐車場があって、皆さんそこまで車で来られるらしい。
次回は私もそうしたいものです・・・・坂なんて、大っきらいだ!

下りも坂をよろよろ下ってバス停まで来たら、なんとまあ、バスが来た!
川原寺を通って岡寺駅まで行こうと思ってたんですが、急遽中止し、バスに乗車。
で、飛鳥寺のバス停で、現説を終えて乗ってきた人になんだか見覚えがあると思ったら…・
朱雀さんでした☆
明日香村の現説に来て朱雀さんにお目にかかるのは、これで三度目ですね~。
他ではお会いしないのに、なんでかなあ?
お目にかかるのはほぼ一年ぶりですね、とか、無事合格された卒論のお話などをうかがって
旧交を温めました♪
朱雀さんとは橿原神宮前駅でお別れ。

バスに乗ったせいで時間があったので、橿考研博物館に行きました。
平城京発掘展をやってたのと、
先日秋津遺跡の現説の帰りに行った宮山古墳の出土品が、確か博物館にあったと思ったので。

やっぱりありました!古墳のまつりの角っこに、宮山古墳で見た石棺や靫形埴輪~!
それに、小さい勾玉をたくさん連ねた頸飾りもあって。
何度も見たはずなのに、現地に行ってもう一度見直すと、思いは深まりますね。
ん~~、満足だわ~。

ふと気づけば、もう閉館の時間で・・・・

御機嫌で帰宅したら、ゴルフに行った夫がとっくに帰宅し、
昨日のうどんすきの残りをぱくついておりました(笑)。
[PR]
by nagiwi | 2010-02-15 19:26 | 現地説明会 | Comments(6)
Commented by lilakimono at 2010-02-16 08:39
今回もまた、なぎさんの健脚ぶりに感嘆!です。
見下ろす画像がすごいですねぇ。

この岡寺で張られている幕は初午のものなんでしょうか?
初午って、お稲荷さんのお祭りですけど、お寺とお稲荷さんって関係があるのですね。

奈良って、土地に住んでいながらも見所満載なんですねぇ。
あ、いや、灯台下暗しで、意識すればどの地方でも色々あるけど気が付かないってこともあるのかも知れないなぁ、などと思いました。
でも、こうして新しい遺跡が次々見つかるというのは、奈良ならでは(シャレちゃった!)ですよねぇ。
Commented by nagiwi at 2010-02-16 19:38
りらさん
いつもありがとうございます☆
このお寺、鳥居から本堂まで徒歩10分ぐらいかな?
距離にしたら短いんですが、傾斜がすごいの~。
もう二度と歩いては参りたくありません(笑)

幕は初午のものです!
何でも岡寺は日本最古のや厄除け霊場だそうで、大鏡かなんかに、「初午には岡寺で厄除けすると良い」と書かれてるそうです。
昔の人もあの坂を上ったんですね…(汗)

あるくなら、みるなら、ならです(にやり)
Commented by かるほ at 2010-02-17 19:53 x
ミニ弾丸ツアーおめでとうございまする(笑)
ついで見学が岡寺とはまた渋いのぉ~。
わたしもカンス塚古墳の現地見学のあと、歩いて岡寺行ったっけ。
しかも雪の日に★
上るのは登れたが、降りるに降りられなくなったのだな。
怖かったよ~。
初めて岡寺行った時はレンタサイクルで(!)行き、
最後の坂で自転車焦げなくなって、引っ張って登ったさっ!
そしてあの駐車場に唖然としたのは私も同じ。
今度行くときはタクシー相乗りしてくださいませ(ははは)
Commented by nagiwi at 2010-02-18 00:23
かるほさん
弾丸なんてとんでもない!
私のはとろとろゆっくり、せいぜいカーリングツアってとこかな(笑)
かるほさんが雪の日に滑った話を思い出して、ふっと行く気になったのよ<岡寺
前に行ったときにあの坂がトラウマになってて、ほぼ40年行ったことがなかったの~(汗)
次回は絶対タクシーよ!!
Commented by 流水 at 2010-03-08 11:52 x
なぎ さん
「岡寺」と「治田神社」には、善さんと自転車で登った思い出があります。かなりキツイ坂道だったのを覚えています。
また、「治田神社」は善さんと何か関係があると伺っていました。なつかしく思い出しています。(汗を流した記憶・・)
Commented by nagiwi at 2010-03-09 01:07
流水さん
あの坂を自転車で?
それは凄いですね~、まさかギーコギーコとこいで登ってらっしゃらないですよね(笑)
あの坂道の上にお寺を作るなんて、昔の人は偉かったと思います…・
<< オペラとソムリエと 節分の懸想文 >>