真冬の京都へ

いつもの友人から、京都へ行こう!とのお誘いがあって。
私が選んだのは、東福寺と泉涌寺。
彼女の友人の建築家さんがご一緒でした。

東福寺は紅葉の名所としてとっても有名で、その時期には京阪の駅からお寺まで、
それはもう、ものすごい混雑なんですよね~。
でも、今は京都も奈良もシーズンオフで、あたりは閑散としてます。

塔頭の白壁越しに、ピラカンサスの実が真っ赤。
d0007913_21224094.jpg


東福寺の境内にあるたくさんの楓の木々は、この時期にはすっかり葉を落としていますが、
その楓の木々の向こうには、通天橋がこの世とあの世をつなぐ幻の橋のように浮かんで。
d0007913_21323042.jpg
人影のない通天橋
d0007913_22185377.jpg
屋上に閣を持つ、他に類例を見ない開山堂。
d0007913_22192625.jpg
この日の朝は冷え込んでたようで、手水鉢には薄氷が張ってました。
d0007913_22205680.jpg

この日の写真の殆どは、ご一緒した方が撮ってくださったもの。
d0007913_22322623.jpg

三門。
カメラも腕も違うんでしょね~。すごく綺麗に撮れてます☆

東福寺から泉涌寺へと向かいます。
長く皇室の菩提寺であったため「御寺」とよばれるこのお寺に行くのは何十年ぶりかなあ。
d0007913_22312023.jpg

これは重要文化財の仏殿。
「一重もこし付入母屋造り本瓦葺き、唐様建築」で、
運慶作と伝える阿弥陀・釈迦・弥勒の三尊仏が御本尊と言うことなんですが、
なんというか、アンバランスなんです~。
二層になってる屋根の二層目は一層目に比べてうんと高いし、
内部の天井には、天井板は無くて、何故か裳腰で飾られてる!
建物の内部に裳腰が付いてるのって、初めて見た気がします…
しかも、一階部分は、なんの飾りもなくがらんとしてるし、
御本尊は建物の割に小さいし…・
しかも、瓦を葺くのに土は使ってないとか???
変なの~(笑)
宋様と和洋と禅様が混じり合ってる、と建築家さんに教えて頂きました☆

有名な楊貴妃観音や、普段は公開されていない霊明殿なども拝観して、
ゆっくりまったり過ごしました。

その後、京都木屋町で熱燗におでんを食べ、バーで一杯。
ギリギリ終電に間に合って、深夜に帰宅しました~♪
ああ、面白かった☆
[PR]
Commented by 独楽 at 2010-01-31 23:07 x
なに?熱燗におでんにバーですって!!私の好きなものばかりだ~~。京都は人が多いのが玉にきずですが、寒い冬なら人も少なく、おいしいお酒や料理も楽しめるんですね?む~~~ん・・
Commented by nagiwi at 2010-02-01 00:46
独楽さん
友人に連れて行ってもらったおでん屋さんは、とっても小さくて定員10人ぐらいかな。
おばさんが一人でやってて、お客さんが買い物に行ったり(笑)
でも、すんごく美味しいかったし、とっても安かったし。
熱燗が五臓六腑にしみわたりました~!
Commented by lilakimono at 2010-02-03 01:14
お洋服姿のなぎさんって、ブログでは珍しいですよね~。
暖かそうなコートが素敵です。
楊貴妃観音なんてあるんですか!
興味津々ですわぁ。

今回も画像もとても綺麗ですけど、いつもなぎさんの画像はお上手だなぁっと思ってます。
Commented by nagiwi at 2010-02-04 18:42
りらさん
楊貴妃観音は玄宗皇帝が楊貴妃に似せて作らせたという伝承のある中国・南宋時代の等身大ぐらいの大きさの観音像です。
この観音像にお参りすると美人なるとか、ならないとか(笑)

この日の写真は、ほとんどが一緒に行った建築家さんに撮っていただいたものなんですよ~。
構図がすごくいいですよね!
by nagiwi | 2010-01-30 22:51 | お寺と仏像 | Comments(4)

「まことにはかなきものは、ゆくえさだめぬものおもい。風の中に巣をくう小鳥」(作高橋睦郎・・・多分)私なぎの物思いの幾つかを・・・


by nagiwi